2018.02.21 (Wed)


今日の虎ノ門ニュースが河野外相をベタ褒め


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ようやく普通の国になって来た日本
国際的に通じる一流の人材


今日の虎ノ門ニュースは藤井厳喜(国際問題アナリスト・評論家)と井上和彦(軍事ジャーナリスト)の両氏が出演して河野外相を高く評価したのが印象的だった。

⇒虎ノ門ニュース(2017/2/21)
河野太郎外相、独の安保会議で中国に警鐘「操られないよう注意しなければならない」

(1:44:00 から)

産経新聞の記事の一部を紹介して河野外相を高く評価。

⇒産経新聞(2018/2/19)
河野外相 対中連携訴え 「操られないように注意」


2018022101.jpg
河野太郎外相(斎藤良雄撮影)

 河野太郎外相は17日夜(日本時間18日未明)、一連の外遊日程を終えてドイツを出発し、18日帰国した。外遊中は独南部で開かれた国際シンポジウム「ミュンヘン安全保障会議」の討論では、北朝鮮への圧力継続を訴えただけでなく、世界で影響力を高める中国への警鐘を鳴らした。
 河野氏は中国に対しても、名指しこそ避けたが、中国による「現状変更」が海洋進出だけでなく、広域経済圏構想「一帯一路」などアジアやアフリカ、中東へのインフラ投資も手段に行われていると指摘した。その上で「操られないよう注意しなければならない」と強調し、国際社会の対中連携も訴えた。

2018022104.jpg

井上和彦(軍事ジャーナリスト)
「ボクは一言、河野さん、本当によく言ってくれてる。まずは感謝申し上げたい。


(中略)

各国の権謀術策、パワーポリテイクスが今の世界を形作ってるわけだけども、そのなかで中国がなんかいやらしいことをやってるなとみんな分かりながら言わなかったのに、言っちゃうんだもん!

(中略)

ちょっと自民党の中でもなんか異端な感じのした部分もありますよね。
だけどこんな国民の思ってること、そして国家が言うべきこういう姿勢をちゃんと代弁してくれる
ほんとに『ダ・イ・ギ・シ(代議士)』って思いません?これ」

藤井厳喜(国際問題アナリスト・評論家)
「よくやってるね!」

井上
「よくやってますよねえ!」

藤井
「安倍さんの登用でしょうけど、これからの自民党を担っていく間違いなく人材の一人で、安倍首相の元で河野外務大臣が出てきて日本の外交が非常に普通の国の外交らしくなって来た
国益というものを踏まえてちゃんと堂々と発言し、相手に何か言われても動じないで日本の国益を堂々と主張する。
立派な外務大臣が出てきましたね
悪いけど、前の人が存在感が薄かったので、このくらいの人が本当は自民党に5-6人居ないといけないね」

(中略)

井上
日本の国益を考えて発言してくれるこういう外務大臣は久しぶりじゃないですかね」

藤井
「今後は慰安婦問題についても是非正論を、日本の汚名を晴らすような行動をお願いしたい」

井上
「オーストラリアで慰安婦像が出来ると聞いて藤井さんが現場に駆けつけて色々やられた。しかし日本政府はまったく取り上げなかった。いま安倍政権になってようやく日本の外交が熟成してきた」

藤井
「民間人の方が動きやすい部分もあるので、官民一体となってジャパンハウスの予算もこっちに回して欲しい」

井上
「漫画や寿司は日本の名声を広める上ではいいが、日本の名誉を傷つけることに対して、名誉を回復するためのジャパンハウスであって欲しい」

2018022102.jpg

藤井
「信用してるがもっと高いと思った」

井上
「87%ならまあまあ信用している。昔、河野さんが批判を浴びていた時ににくらべたのいいじゃないですか、これ」

藤井
国際的に通じる一流の人材ということですよ」


大化けしたといわれる河野太郎外相。
「ごまめの歯軋り」という公式サイトがあるが、日本はごまめの歯軋りを止めて世界に堂々と自己主張していこう。
これからも父親と日本の汚名をそそぐべく活躍して欲しい。

反日メディアは予算委員会で河野外相が居眠りをしていると批判しているが、居眠りできないほどの緊張感を抱かせる質問を野党はしろ。

また下らない予算委員会で時間を取られて海外出張できない河野外相は土日を利用して海外出張しているとか。

⇒産経ニュース(2018/2/19)
河野太郎外相、苦肉の「土日外交」 中国政府に「借り作った」 ツイッターで不満爆発


 1月22日の通常国会召集以降、河野太郎外相が苦肉の「土日外交」を強いられている。平日は朝から夕方まで国会審議に対応し、海外出張が可能なのは「土、日」にほぼ限られているからだ。今後も国会審議に過度に縛られれば、肝心の外交交渉で国益を損なう懸念もある
 「腕を組んで目を瞑(つぶ)る暇に仕事させてほしい!」。河野氏は14日、自身のツイッターで同日の衆院予算委員会に不満を爆発させた。この日は外交・安全保障をテーマとしたテレビ中継入りの集中審議だった。河野氏も終日、出席した。
 ところが、質問は働き方改革関連法案に集中し、外交に関する議論は低調な上、答弁機会の少ない河野氏が閣僚席で目を閉じている姿に、ネット上で「寝ている」との指摘が相次いだことも不満爆発につながったようだ。
(以下略)

もっと河野外相を海外で働かせろ。
やっぱり河野外相の専用機を用意してもいいのかもと思ったりして・・・

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





19:19  |  安倍政権  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.20 (Tue)


政権の足を引っ張るだけの野党の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

猫も杓子も学士様では国がもたない

国会は今日も無駄な論議で我々の税金を無駄遣いしている。
政府の答弁に引用した裁量労働制に関する厚生労働省データが間違っていたと分かり、安倍首相は謝罪したが野党は許さない。
ここぞとばかりに政権を揺さぶって野党の健闘を有権者に示そうと躍起である。

⇒産経ニュース(2018/2/20)
安倍晋三首相vs野党、裁量労働制調査めぐり応酬


 安倍晋三首相は20日の衆院予算委員会で、裁量労働制に関する厚生労働省データが不適切だった問題について「結果として性格の異なる数値を比較していたことは不適切であり、私からも深くおわびする」と謝罪した。野党は質問時間の多くをこの問題に費やし、「捏造(ねつぞう)だ」などと批判を強めた。
 立憲民主党の長妻昭代表代行は、首相が1月29日の予算委で裁量労働制の人の労働時間について「一般労働者より短いというデータもある」と答弁したことを「無責任だ」と批判。首相官邸がデータ作成を指示した可能性を問いただした。
 首相は「こういうデータがあるとの答弁資料が厚労省から上がっていると、(予算委当日の)朝の勉強会で説明された。私や私のスタッフが指示したことはない」と強調した。裁量労働制の対象拡大を盛り込んだ「働き方改革関連法案」は、予定通り今国会に提出する考えを示した。
 希望の党の山井和則氏は「データは、森友・加計学園問題と同じように(官邸への)忖度(そんたく)により改竄(かいざん)されたと思う」「裁量労働制の拡大で過労死は増える」などと批判した。
 一連の質疑はデータ問題の責任の所在などに関する応酬が多く、堂々巡りとなる場面も目立った。首相は裁量労働制の拡大に伴い、医師の面接指導などの新たな健康確保措置を設ける考えも強調した。だが、措置が十分なのかといった野党の追及は緩く、本質的な論戦は深まらなかった。


(引用終わり)

警察が被疑者に対して「お前がやったんだろう!」と権力を笠に着てるのに似ている。
それもなんの証拠もなく批判しているのだから手に負えない。
野党は相変わらず物事の本質を論議するのでなくて、僅かな敵失をネタに執拗に攻撃して政権の足を掬おうとしているだけである。
希望の党のデマノイはモリカケをまだ引きずっていて、厚生労働省が安倍首相に「忖度」してデータを捏造したのではないかなどと、何ら具体的な証拠も提示せずに妄想で政権批判をしている。
「安倍首相がヤレ!と言ったか、厚労省が忖度したかのどちらかだ」と。

これでは、良識のある国民はその愚かさに呆れて白けるばかりである。
せめてもう少しうまい攻め方をしてくれと。
政権の緩みを指摘する声も聞こえてくるが、政権を緩ませているのは野党の責任でもある。

 安倍政権は「幼児教育・保育の無償化」を提唱しているが、高等教育の無償化には首を傾げざるを得ない。
貧乏で大学に行けない学生には奨学金があるが、奨学金を返せない学生が多いという。
昔は育英資金を受けた苦学生は就職して社会人になったら長い年月を掛けても借りた金を返すのが当たり前だった。
しかし、いまや奨学金破産が1万5千人に及ぶとか。
何か甘えすぎていやしないか。
差別はいけないといって猫も杓子も学士様。何でもかんでも横並び。悪平等のなせる技である。

以前にも書いたが、昔は八百屋の息子は八百屋、魚屋の息子は魚屋と親の稼業を継ぎ、大学など行かなくても幸せな一生を送ることが出来たという。
しかし、いまは誰もが学士様にならなければ人ではないかのような大学指向。
やっぱり民主主義の悪平等、差別は何でも反対が災いしている。

憲法改正を目指す自民党が教育無償化を謳う維新の党を取り込もうと苦労している。
憲法改正の眼目は自衛隊の明記であり、ゆくゆくは憲法2条の破棄である。
それにくらべて教育無償化を憲法に取り込むなど細事である。

⇒産経ニュース(同上)
憲法改正、教育無償化で自民は「財源確保」と「維新」の狭間で苦慮


 20日の自民党憲法改正推進本部執行役員会で示された憲法26条改正案に「経済的理由によって教育を受ける権利を奪われない」との文言がなく、出席者から異論が噴出した。執行部が「経済的理由」の文言を入れなかったのは財源が膨らむことを懸念したためだが、多くの改憲勢力を確保するためには文言の挿入にこだわる日本維新の会の協力を確実にした方がいいとの声も根強く、執行部はどういう表現にするか落としどころに苦慮している。
(以下略)

そもそも維新の党は高等教育、つまり大学まで無償化せよというが土台ムリである。
国にカネがない。
そんなカネがあるなら、イージスアショアや高高度防衛ミサイル(THAAD)をアメリカ様から買って中国や北朝鮮に備えて欲しい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:49  |  政治  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.19 (Mon)


朝日新聞が謝れないのは販売店が潰れるから!?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「大人気ない」共産党とパヨクたち

安倍首相が公園を散歩中に、ジョギング中の男性がすれ違いざまに「憲法を改正しないで」と言ったそうだ。
そんなことを突然言われても安倍首相は返す言葉も無く無視したと朝日新聞が報じた。

⇒朝日新聞(2018/2/18)
散歩中の安倍首相に「憲法改正しないで」 返事は…


安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸近くを約1時間半、散歩した。代々木公園ではジョギング中の男性から「憲法改正しないでください」と声をかけられたが、言葉を返さずに歩き続けた。
 首相の散歩は珍しいが、今月12日に続いて2週連続となった。記念撮影に応じたり握手をしたりする場面もあり、私邸に戻ると記者団に「気持ちよかったです」と語った。


ジョギング中に偶然出合った安倍首相にすれ違いざま「憲法を改正するな」と声を掛けるというのは、なぜかワザとらしい。
もしかしたら朝日新聞の身内のものかもしれないし、朝日新聞の作り話かもしれない。

しかしこの記事を読んだらしい共産党の小池晃が記者会見で「対応しないのは大人気ない」と安倍首相を批判したという。

⇒時事ドットコム(2018/2/19)
首相対応「大人げない」=共産・小池氏



 共産党の小池晃書記局長は19日の記者会見で、公園を散歩中の安倍晋三首相が男性から「憲法改正しないでください」と声を掛けられたことについて、「そういう声がちまたに満ちあふれていることの一つの証左ではないか」と述べた。その上で、首相が何も対応しなかったことに関し「大人げない。なぜ改正が必要なのか語ればいい。国会でも公園でも議論を避けるのか」と指摘した。


一人のジョガーの声が巷に溢れていることの証左だと?
走り去っていく男を呼び止めて、「なぜ改正が必要なのか」と説明しろと?
バカも休み休み言って欲しい。

安倍首相は国内の反対の声を押し切って平昌五輪の開会式に出席した。
ペンス米副大統領との共同作戦で招かれざる客の北朝鮮を無視し、文大統領に釘を刺してテロに遭遇することもなく、無事帰国した。

しかし、無事帰国したと安堵するのはバカで、帰国したいまでも安倍首相の訪韓は間違いだったと言い募る者も居る。
これもタメにする議論だろう。

北朝鮮は安倍首相を「招かれざる客だ」と怒り心頭だ。
五輪の主催国でもないのに。

⇒時事ドットコム(同上)
安倍首相は「招かれざる客」=五輪開会式出席を非難-北朝鮮紙


【ソウル時事】18日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は、平昌冬季五輪の開会式出席のため訪韓した安倍晋三首相について、「同族間の和解の雰囲気に冷や水を浴びせようとした招かれざる客」と決め付け、非難した。また、文在寅大統領との会談で、五輪後に米韓合同軍事演習を再開するよう求めた首相の発言を「妄言だ」と批判した。(以下略)

北朝鮮を怒らせたということは訪韓の成果があったということだ。

文在寅大統領は平昌五輪を政治利用した北朝鮮に前のめりだとの批判を受けて、軌道修正しようとしている。

⇒朝日新聞(2018/2/17)
南北首脳会談「みなさん急ぎすぎ」 文大統領、記者団に


 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は17日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を取材する報道関係者の拠点、メインプレスセンターを訪れ、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長から提案を受けた南北首脳会談について「多くの期待があることは知っているが、(みなさん)気持ちが急ぎすぎているようだ」と述べた。

 急ぎすぎなのは「みなさん」ではなくて「お前さん」だろう。

朝日新聞といえば、故吉田清治の慰安婦捏造報道と故吉田昌郎元福島第一原発所長のダブル吉田誤報の責任を取って辞任した木村伊量前社長が文春2月号に書いた記事が話題を呼んでいる。

⇒文春オンライン(2218/2/19)
朝日新聞前社長が初めて綴った「W吉田誤報」の内幕


その年の8月の検証記事掲載にあたっては危機管理の観点から、編集幹部もまじえた役員の会合で何度も議論しました。当初の紙面案には「おわび」がありましたが、それまでの朝日の慰安婦報道への全面的な謝罪だと読者に受け取られかねない、という意見が数人から表明され、ある役員は「謝り過ぎだ。これでは店(販売店)がもたない」と強く異論を唱えました。(一部抜粋)

「謝り過ぎると販売店がもたないという異論」には心底驚く。
それが天下のクオリティペーパーかと。
ジャーナリストの矜持と販売店の死活問題とどちらが大事だ。
朝日新聞本社は販売店と共に倒産すればいいのだ。
そのくらいの国家的な犯罪であり、いまでもその後遺症に日本は悩まされているのだ。

ところが、この「販売店が持たない」という言葉にいたく同感している愚か者が居る。
先般の衆議院選挙で維新の会から千葉1区に出馬して最下位で落選し、供託金を没収された元フジテレビフアナの長谷川豊である。

⇒長谷川豊公式コラム(同上)
「朝日が謝罪できなかったのは販売店が持たなかったから」という理由は実はとても深い


ハンドルネーム「くま」さんからのコメント。そう。そこに気が付いてほしい。

「一番胸を打たれたのは朝日新聞が謝罪しない理由が「販売店がもたない」でした。
そこまで思い至らなかった自分の考えの浅はかさに悲しくさえなりました。
間違った事は謝るというのは最も正しいことだと信じてました。
謝罪して誤報新聞だと認める事が零細企業の販売店を潰す事に繋がるなら何が正義かわかりませんね」

そう。
無責任な立場にある人間はもともと好き放題言うもの。
なのでしょうがないのだが、朝日は部数稼ぎの為に「煽り」「扇動」「誤報」は普通にやってきている。それが日本の国益を損なったことは疑いようもないことだろう。

が、そうでもしなければ部数はここまで売れていないし、販売店の従業員にも家族がいる。プライドだけではなくてそういった色んな事情もあったのだろうと思う。


(中略)

今の日本は『自民党にシッポ振ってるか』が最大のポイント。
これが日本を閉塞感に導いている原因。
安倍さんはいいと思うが、その周辺の自民党の「安倍人気に群がってる軍団」をどうにかしないと日本は改善が全くできない。
朝日が謝れなかった。
そこには深い人間関係がある。
それを自民・安倍応援団が四の五の言ってるのも滑稽。
自民の金魚のふん軍団は全く同じ存在。人間関係としがらみだらけでロクに大胆な改革が出来ていないのは同じ。謝罪できない朝日と同じ。
橋下徹氏のような突然変異が生まれなければ日本は変われない。変わらない。


(以下略)

はししたトオルかあ!
トオルの言う事が正しければあなたは当選できたのだよ。

まあ個人が好き勝手なことをネットで言うのはいい。
しかし、共産党にせよ、朝日新聞にせよ組織なんだよ。
ひとつは公安から破防法の調査対象だとそれている共産党、もうひとつは反日勢力の朝日新聞だ。
共産党も朝日新聞も共に日本にとって害あって益なし。
早急に潰れることを望んでいる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






21:47  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.18 (Sun)


今日のTBS「サンモニ」は北朝鮮との対話を強調


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

圧力の強化を要求する世論と乖離

日米が歩調をあわせて北朝鮮に圧力を掛けて核武装を放棄させようとしているのに、TBS「サンモニ」は今日も北朝鮮と対話せよという。
いままで六カ国協議などで北朝鮮に何度も経済援助をして核開発を止めさせようとして失敗して来たのに、まだ対話などと馬鹿なことを言っている。
これはもう三浦瑠麗の「スリーパーセル」(一般市民を装って潜伏している工作員やテロリスト)どころか、目をパッチリ明けた世論誘導の工作員そのものではないか。

TBS「サンモニ」(2018/2/18)
風を読む "ポスト五輪外交"

寺島実郎
「北朝鮮に対しても大きな転換期に来ている」

目加田説子(中央大学教授)
日本のプレゼンスが余りにも弱くないかなと懸念する。
安倍さんは『対話のための対話には意味が無い』と仰っているが、何か日本は圧力だけが目立ち過ぎるのではないか。
いま審議している予算案でもイージスアショアを購入したり、敵地攻撃能力を増強が審議されていて、なにかそれだけが鮮明に出て来ている印象を持つ。
でもいつかは外交によって解決するしかないわけで、南北の対話であったり、あるいはもしかしたら米朝会談が実現されるかもしれないという岐路に日本は立っているわけで、そこで日本のメディアはもうちょっときちんと示していかなければいけないと思うし、そういうことを国会できちんと議論して欲しいと思った」


このセンセは現状認識がまったく出来ていない。
日本とアメリカが協力して北朝鮮にと南朝鮮に圧力を掛けているというのが現状だ。
日本だけが圧力を掛けているのではない。

また、イージスアショアも敵地攻撃能力も日本の国民を北朝鮮の暴発から守ためのものだ。
このコメントはその前にペンス米副大統領が北朝鮮と対話する用意があるといった楽観的な解説の流れの中でのコメントだが、アメリカは北朝鮮が核開発を止めるという前提なしに北朝鮮と対話する気など毛頭無い。

谷口真由美(大阪国際大学准教授 全日本おばちゃん党)
「安倍さんは『対話のための対話は意味が無い』と言うが、そうすると対話のきっかけはどこで作るんだという話だと思う。その門を閉ざしてしまったら、一言も発せられないという事になると思う。
もうひとつ、オリンピック憲章を読み直してみたが、根本原則は平和な社会の促進を目指すために人類の調和の取れた発展にスポーツを使うということ。
国際オリンピックの目的も、平和の促進ということが凄く出てくる。
やぱり我々はオリンピックを何のためにやるのか、アスリートの方の華やかな場というのもあるけど、それによって何が齎す価値があるのかということを考え直さなきゃいけないと思う」


安倍首相は「対話は意味が無い」といってるのではなくて「対話のための対話は意味が無い」と言っているのだ。
いままで「対話のための対話」で北朝鮮に核開発のチャンスを与えてしまったという周辺諸国の反省の上に立った発言である。
北朝鮮と南朝鮮のオリンピックの政治利用が批判されているなか、谷口おばちゃんの乙女チックな妄言は笑止千万である。

青木 理
「昨日、文在寅大統領がオリンピックのメインプレスセンターを訪れて、『南北首脳会談について皆さん急ぎすぎた』と言っている。だから彼自身もそんなにすぐ出来ると思ってない。
だから問題は4月に米韓合同軍事演習が予定されているので、それまでに何とか米朝の対話環境を作れないのかというのが、おそらく韓国の最大の望みだ。
アメリカも揺れている、ペンス副大統領も言ってる事が揺れている。ティラーさん国務長官が昨日、北の意向に耳をそばだてると言っている。
最近、トランプ大統領の暴露本を読んでみたら、やっぱりトランプ政権の内実は5割引きしても相当ハチャメチャだ。
むしろどう動くか分からない不安定さがあって、その時の気分でどっちに行くか分からない。
外交スタッフも決まったないし、だとすると、むしろ日本が積極的にトランプ政権を米朝会談に持っていくような役割を果たすべきではないかという気すらボクはしている」


口を開けば対話しか言わない青木センセ。
ついにその音頭を安倍首相が取れと言い出した。

「14日付の米紙ニューヨーク・タイムズは複数の米政権高官の話として、ペンス氏の訪韓の結果、トランプ政権は北朝鮮が非核化に向けて行動しないかぎり対話しないとした従来の姿勢から、予備対話には応じると軌道修正したと報道。南北対話に踏み切った同盟国との亀裂を避ける米国の判断だとし、『韓国の勝利だ』との見方を示しました。(しんぶん赤旗)

ペンス副大統領は「北朝鮮との対話は核放棄が条件になる」と言っている。
その部分を抜かしてパヨク達はペンス副大統領が対話するといっていると大喜び(笑)

⇒朝日新聞(同上)
河野外相、北朝鮮との対話「あるもの無いと共通認識」


(日本政府としては、米国と北朝鮮の本格的な交渉前の「予備的協議」にも慎重であるべきかとの記者の質問に)北朝鮮に対して今、圧力をかけるというのが大事なことだ。ただ、北朝鮮に対してきちんと核とミサイルを放棄して、対話のテーブルにつけということを伝える、あるいはそれに対する北朝鮮の反応を聞くという意味で「接触」というのは大事だと思う。
 ペンス副大統領が「talk」と言ったものを、「対話」と訳したメディアがあったが、正確には「接触」というふうに訳すものだと思う。そういう接触を否定するものではないが、今、対話をすることに得るものはないというのが日米韓共通の認識であることで変わりはない。(訪問先のドイツ・ミュンヘンで記者団に)


大化けしたと言われる河野外相。
外相専用機を「オネダリ」するなど少し暴走気味のところもあるが、結構頑張っている。

日テレニュース(同上)
NNNがこの週末に行なった世論調査によると、北朝鮮へ対応については、「圧力の強化が望ましい」が48.0%で、「対話を重視」が29.5%だった。

北朝鮮の金正恩委員長は、韓国の文在寅大統領に、早い時期に、北朝鮮を訪れて首脳会談を開くことを提案しました。あなたは、北朝鮮に対して、圧力の強化と、対話の重視とでは、どちらが望ましいと思いますか?

(1) 圧力の強化 48.0 %
(2) 対話を重視 29.5 %
(3) わからない、答えない 22.5 %


反日メデイアよりも国民の方がよほどしっかりしている。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:20  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.17 (Sat)


佐川長官に面会求める野党議員パフォーマンスの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

パヨク裁判所に向かう原告団を連想

 森友学園問題にいては「近畿理財局のチョンボと蓮池被告のゆすり。土地は買い戻して国損なし。これで終わる案件」(高橋洋一氏)のはずだが、野党と反日メディアはまだこの案件を引きずろうとしている。

TBS「News23」(2018/2/16)
確定申告スタートも・・・
納税者が怒りの声

ナレーション
「佐川前理財局長は国税庁長官に就任以来記者会見を一度も行なっていません」

国税局の職員役の声優
「逃げ回っているようにしか見えない。国税局のトップがこれでは確定申告に携わる現場は苦しくなる一方だ」


さらに、佐川氏を批判する元国税庁職員のインタビューも。

納税者は怒っていると番組はアピールするが、怒っているのは「アベ政治を許さない」市民活動家だけだ。

2018021705.jpg

2018021706.jpg

国税庁の前にデモ隊の市民活動家のプラカードには「このままでは蓮池夫妻は死んでしまいます。長期拘留は憲法違反!」とある。

2018021704.jpg

蓮池夫妻に対して左翼活動家や反日メディアはその愛国教育を許せないと罵声を浴びせていたのではなかったか。
それが今では安倍政権の犠牲となった殉教者扱い。
パヨクのダブスタにはいまさら驚くことでもないが・・・

野党議員のパフォーマンスが笑える。
佐川長官の不在を承知の上で面会をもとめる姿をメディアに意図的に露出。

2018021702.jpg

前列左から森ゆうこ(自由党)、福島みずほ(社民党)、川内博史(立民党)、
後列左から松尾秀哉(民進党)、今井雅人(希望の党)、その右は共産党?

パヨク裁判所の判決日に反日勢力の原告団が勢ぞろいして傍聴に向かう写真を連想してしまう。

スタジオでは・・・

"雲隠れ" 佐川長官にデモ
任命責任は?

2018021703.jpg

星 浩キャスター
「そもそも佐川さんを国税庁長官にしたのは麻生財務大臣ですよね。
それから佐川さんに国会答弁させないのも政府与党が決めてるわけですね。
その最高責任者が安倍総理ということなので、佐川さんの問題はやっぱり安倍さんが責任を持って対応すべき問題だと思いますね


やはり最後は「アベ政治を許さない」だった。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





22:04  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT