2017.03.15 (Wed)


籠池前理事長 菅野 完に接近の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

菅野 完に利用された籠池前理事長に失望

 今日の「ミヤネヤ」の録画を見て驚いた。
あの元シバキ隊の菅野 完がジャーナリストという肩書きでインタビューしているではないか。
あれほど応援していた籠池前理事長がこともあろうに菅野 完に相談して何か動き出そうとしている。
記者に囲まれて得々として喋る菅野 完に心底腹が立った。
同時に籠池氏はとんでもない間違をしでかしたと思った。

日テレ「ミヤネヤ」(2017/3/15)

2017031601.jpg

菅野 完
「‭東京に来たら僕に会えると思って(籠池氏は)東京に来た」

「今日記者会見をドタキャンした理由はボクは言えない。理事長は逃げ隠れしてるのではなくて、僕には全部話したがってますので」

「この人(迫田英典元財務省理財局長)の単独インタビュー取ってきたら話をしてあげる」

「当時の国有地の売買の責任者はこの迫田だ。あの国有地の売買に何か問題があればこの迫田が何か問題を起こしたということだ」

「この人達(迫田英典元財務省理財局長と松井一郎大阪府長)こそがワルだ」

「あまりにも稲田さんが人間として美しくないので・・・」

「稲田隆二と稲田朋美の夫婦はあの人達(籠池夫妻)の弁護士だった。最高裁まで行きたかったが弁護士の判断で高裁でストップした。本人が納得しないとFAXをした。恐らくその事を言っているのではないか。弁護士が元クライアントに対して『失礼なことがあった』とか『不愉快であった』とかは職業倫理的にどうなのか。おかしいでしょ。防衛大臣になって国会議員のバッチつけてないフツーの弁護士がメディアの前で『私の元クライアントが私に対して不愉快なことをした』とか言うたら多分懲戒○○を掛けられる」


「国民が見ているテレビカメラの前で政治家が一個人のことを『失礼だ』と言うた。人権問題だ」

「籠池さんが持っているものが全部出てきたら、おそらく内閣がふたつぐらい飛ぶ」


「安倍晋三みたいなのはどうでもええという話になるぐらいの話になると思う」

「いかがわしい連中が大阪府庁に中に陣取ってるのがよく分かる」



宮根誠司
「防衛のトップの方フラフラフラフラしていてはやっぱり我々も不安になっちゃう」


橋本五郎
「防衛庁の中をちゃんと把握してるのか」

稲田防衛相が集中攻撃されていた。
何か裏に底知れない力が働いていることを感じる。







↓↓↓クリックをお願いします



FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.14 (Tue)


森友学園不発で反日メディアが新しい爆弾を


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

そっちがダメならこっちがあるさ

土日が休みでウィークデイだけのワイドショー番組は、今日の月曜日になって先週の籠池理事長退任のテーマを取り上げている。

TBS「ひるおび」(2017/3/13)
森友学園 理事長退任表明 "後継者" は長女


「いくつもある疑問がこのままになっちゃうんですかね」

八代英輝(弁護士)
「いや、それを許してはいけないというのが国民の空気だと思うんですけど、この空は空気を政治家の方々、特に与党自民党がどう取り上げるのかというのが注視されていると思うんですね。
(中略)もうこれ以上追求してもという空気が漂いかねないのも分からなくはないですけども、政治家の口利きがあったんじゃないかという問題は全く解決してませんから。これで幕引きというのはちょっと納得できないですね」


国民の空気を盛り上げようと反日メディアは必死だが、さすがにおバカな視聴者も何時まで経っても政治家の口利きを証明出来ない野党とメディアににもうそろそろ見飽きてきたのではないか。

アンチ安倍の石破茂は籠池氏を証人喚問せよと言って安倍首相の足を掬おうと企んでいる。
しかしもっと具体的な立証が出来ないと、今のところは想像でものを言っているに過ぎない。

横江公美(政策アナリスト)
「延期だというまた新しい部分を作ろうとしているのかなあという風に思いましてね、許したくはないですよね、これは」


2017031402.jpg

立川志らく(落語家)
「この人のおかしい所は、ただでさえキャラが濃いわけですよ。それと女将(おかみ)もキャラとっても濃いでしょ。そこで止(と)めときゃいいのに、息子と娘を出してきた。これまた実にキャラ濃いワケですよ。特に息子なんかがね。
折角マスコミが少し森友学園に飽きてきてるのに、また格好な餌与えたみたいになっちゃってね。自分で広げてるみたいなね。
でもそれは我々にとっては非常に良いことで・・・


「我々にとっても非常によい」というコメントはヤバイと思ったのか、恵がちょっと口を挟もうとすると・・・

立川
「いやいや、これで終わらせちゃ、与党なんてこれで終わった方がいいんだけども、やっぱり何らかの関与があったって、それが残ってる限りはきれいしてもらわないと。お金があったかなかったかはわからないですよ。でもやっぱり総理の女将さんが、奥さんが広告塔になっていたってのは事実なんだから。それ印籠にはならないといっても『やっぱり政治家の奥さんがこう言うんだからちょっと』というのは人情なんだから、それはあってもいいんだけれど、お金が絡んでいたらとんでもないことだから、それは徹底的にやるべきでしょうね」


和服姿の立川志らくは落語家・故立川談志の弟子だというが、まだ政治を語るのは筋違いだ。
まだ落語の芸を極めなければいけない芸人がテレビのワイドショーに出て物知り顔でコメントするなど見ていられない。
もっとも立川談志自身が伝統的な落語界のなかでは異端児だったが。

⇒ヤフー智恵袋で・・・

manna552さん
2017/3/7 19:26:55

いまの自民党内には森友学園の籠池理事長ほか疑惑の関係者を証人喚問に呼びたいと思ってる国会議員が実はそれなりの数、いるのではないですか? もうひと押しが有れば どどっ潮目が変わるのではないかと思ったりするのですが?
もしかして石破茂議員とかは積極的に動いているではないでしょうか?

●ベストアンサーに選ばれた回答
junto_2005さん
2017/3/8 15:57:15

森友学園の籠池は、もうすぐ警察に逮捕され、有罪になるでしょう。上告して伸ばすにしても、こんなに悪質だと保釈は認められないでしょうから、国会には呼べないし、裁判中の人間に国政が介入するのも好ましくないとなるから、
逮捕されるまであとちょっと辛抱・我慢すれば逃げ切れると考えているのではなかろうか・・・・・。

●ベストアンサー以外の回答
ibxuenp21295さん
2017/3/7 20:19:01

法令違反がないと証明するのは悪魔の証明で事実上困難だ。
だから法令違反だと言うのであれば、法令違反を主張する側に立証する責任がある。
これを挙証責任、証明責任という。
分かったかな蓮舫よ。


(以下略)

ベストアンサーではない方が籠池氏の土地購入の経緯を詳しく解説していて、こちらの方がどう見てもベストアンサーだった(笑)

2017031401.jpg

 左翼メディアの方々、心配するには及ばない。
森友学園の話題に飽きた視聴者に、都民ファーストの会の音喜多駿都議が爆弾を投げ込んだ。
「土壌Xデー」と言うのだそうだ。
いかにも世渡りのうまそうなおときた駿は小池都知事旋風を利用して「都民ファーストの会」を作り、7月の都議選に落選しないようメディアに露出して売り込んでいる。

今度は豊洲移転問題で東京都が東京ガスを脅かしてきたというメモが百条委員会の資料の中から出てきたというのである。
「土壌Xデー」というそうである(テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」)

かくして反日メディアの世論誘導はつづく。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:22  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(20)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.13 (Mon)


毎日新聞よ教育勅語のどこが悪いと産経新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国のために戦ってはいけないと毎日新聞

毎日新聞系のTBSが反日偏向番組「サンデーモーニング」で寺島実郎コメンテーターが森友学園が教える教育勅語は国民を戦争に巻き込むものだと批判したことは過去記事でご紹介した。

「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」つまり「日本が戦争に巻き込まれて危うくなったら国のために戦う」という一文を「戦争が起きたら国のために死ぬんだという教育」はいけないというのである。

寺島センセイのお言葉に感涙するのは中国と北朝鮮と韓国だけだろう。いやロシアもアメリカもそうかもしれない。

産経新聞の阿比留瑠比記者がそんな毎日を批判した。

⇒産経ニュース(2017/3/13)
【阿比留瑠比の視線】
教育勅語のどこが悪いというのか 毎日新聞よ、無知と偏見の他者攻撃はみっともない


稲田
参院予算委で社民党の福島瑞穂氏の質問に答弁する稲田防衛相=8日午後


 明治天皇が人が生きていく上で心掛けるべき徳目を簡潔に示した教育勅語がメディアに「悪者」にされている

 「教育勅語の精神は親孝行、友達を大切にする、夫婦仲良くする、高い倫理観で世界中から尊敬される道義国家を目指すことだ」

 稲田朋美防衛相は8日、参院予算委員会でこう述べた。その通り、教育勅語の口語文訳は次のようである。

 「私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲むつまじく解け合い…」

 これのどこが悪いのかさっぱり理解できないが、毎日新聞は翌9日付朝刊で次のように批判的に報じた。

 「稲田氏に対し、資質を問う声が上がる可能性がある」

 まさか毎日新聞は、親不孝や友人への不義理、夫婦のいさかいや国家的な不道徳を推奨しているわけではあるまい。
 とはいえ、毎日新聞は3日付の社説でも学校法人「森友学園」が運営する幼稚園が教育勅語を園児に暗唱させていることを問題視し、こう書いている。

 「明治憲法下の教育理念である教育勅語は忠君と国家への奉仕を求めていた。1948年、『基本的人権を損ない、国際信義に対して疑いを残す』などと衆参両院で排除と失効確認が決議された。公式決議の意味は重く、教育現場での暗唱はふさわしくないはずだ」

わざわざ連合国軍総司令部(GHQ)の占領下で、その意向に従わざるを得なかった時代の決議を持ち出して、教育勅語を否定しようとしている。

 確かに教育勅語には「法律や、秩序を守ることはもちろんのこと、非常事態の発生の場合は、真心をささげて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません」という部分もある。だが、これも基本的人権を損なうような過激な主張だとは必ずしも思えない。
 憲法が思想・良心の自由を保障している国の一私立学校の教育方針に対し、いちいち新聞が「ふさわしくない」というべき話かという疑問もわく。

 そもそも政府は、教育勅語を学校現場で用いることに特に問題はないとの見解をすでに示しており、閣僚の一人としての稲田氏の答弁は何もおかしくない。
 平成26年4月の参院文教科学委員会で、和田政宗参院議員が「排除・失効決議に関係なく、副読本や学校現場で活用できると思うがどうか」とただした際に、文部科学省の前川喜平初等中等教育局長はこう答えている。

 「教育勅語の中には今日でも通用するような内容も含まれており、これらの点に着目して活用することは考えられる」

 また、同様に下村博文文科相も次のように指摘した。

「教育勅語の内容そのものについては、今日でも通用する普遍的なものがあるわけで、この点に着目して学校で教材として使うのは差し支えない」

 つまり、「教育現場にふさわしくない」と決め付けた毎日新聞の方に無理があるということになる。 毎日新聞は、安倍晋三首相が「侵略の定義は定まっていない」と述べたときにも、「侵略を否定したと受け取られかねない発言をした」(25年12月27日付社説)などと執拗(しつよう)に首相を批判した。

 だが、これについては村山富市首相(当時)も7年10月の衆院予算委でこう答弁していた。

 「国際法を検討してみても、(中略)侵略というものがどういうものであるかという定義はなかなかない」

 安倍首相は、従来の政府見解をそのまま述べたにもかかわらず、危険な発言をしたかのように非難されたのである。
 己の無知と偏見に基づき、他者を攻撃するのはみっともない。もって他山の石としたい。(論説委員兼政治部編集委員・阿比留瑠比 あびるるい)


 本当に産経新聞というものが無かったら、世の中は反日メディア一色で、国民は完全に洗脳されてしまうだろう。
いやもう既に大部分の国民が洗脳されてしまっている。

私事で恐縮だが、その昔 Ponkoがある競技会で準優勝した時、大きな産経杯のトロフィーを貰った。
帰りのバスの中で成績のよくなかった上級選手から「大きいトロフィーでいいなあ」と冷やかされた記憶がある。
その頃、サンケイは名前だけ知っていたが、小さな地方紙くらいの感覚しかなかった。
もちろんノンポリ時代のPonkoである。
そのサンケイがいまや多くの左翼メディアの中で唯一の保守派メディアとして存在感を保っていることは感慨深い。

阿比留瑠比氏のようなジャーナリストが今後もどんどん増えていって欲しいものである。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:03  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.12 (Sun)


森友学園叩きを止めないTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

教育勅語は国のために戦えと言っているからダメ?

毎日新聞系のTBS「サンモニ」は籠池理事長が退任した後も森友学園叩きを止めようとしない。
それに関連して教育勅語を「道義国家を目指す日本はいまでも大事だ」と国会で答弁した稲田防衛相までも叩いている。

これはもう国有地の安い払い下げ問題(「産業廃棄物が埋められていたので安くなるのは当たり前の話」(飯島勲「ビートたけしのTVタックル」)から歴史認識の問題に話が飛んでいる。

反日テレビメディアの偏向を何年か後にふりかえって検証してみるためにアーカイブとして記録する。

TBS「サンモニ」(2017/3/12)
籠池理事長が会見
「森友小」申請取り下げ

寺島実郎
「愛国者を装う虚偽、欺瞞の人なんては世の中いっぱい居るんですがね。この構造を国民としてどう見抜くのか。これボク一番大事なのはね、志を同じくするっていう政治家という人たちが共鳴心を働かせているからこういう問題が背景に起こってきたわけですよね。
そこで教育勅語なるものを、たとえば問い掛けられた政治家が『道義国家を目指す日本というのは今でも大事なんだ』というあたりで教育勅語が大事だという考え方を持っている人が居るってことですね。

だけど教育勅語って何なんだということなんですけども、明治の天皇制絶対体制の下で教育勅語が出てね、本質はね、最後の所が実は大事で、みなさん一度よく読んでみたらいい。
『一旦緩急あるときには義勇公益に準じ』(原文は一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ)と、つまり分かりやすく言ったら、戦争があったら国のために死ぬんだという教育を目指すんだということが本質のわけですよ。
そのあたりのことをよく考えてね、戦後民主主義の真価が問われてる問題なんだということを、よくこの問題について考えるべきだとボクは思います」


「共鳴心を働かす」なんて変な日本語だ。
「共鳴する」となぜ簡単に言えないのか。

「戦後民主主義」とは自分の国が外国に攻められて戦争になっても戦わないことだとは知らなんだ。

寺島実郎はルーピーハトヤマこと鳩山由紀夫元総理大臣の外交ブレインとして日米中の正三角形外交を主張し、離米親中を主張して日本を危うくした張本人である。
本来ならばこんなところで大きな顔をして御託を並べている筋合いではないの筈だが。

「戦争なっても国のためには死ぬな」という戦後教育が大事だということか。
いや、そもそも日本は戦争を禁じられている国だから外国から攻められてもヘラヘラ笑って両手を上げるだけでいいのである。
そういう考えが蔓延して戦後の日本はダメになった。
GHQの狙い通りの日本になった。

「戦争か起こったら山の中か外国に逃げる」と言って失笑を買ったのは経済評論家でオタクの森永卓郎やホリエモンである。
日本は世界最低の11%とかいう統計数値もかつてあった。
11%でも高いぐらいだろう。

関口 宏(司会)
「そこまでは良いことが書いてあるんですよね、教育勅語というのは。だからそこだけでこれを評価している人もいるけど、最後んとこが大事ですよねえ


岸井成格のピンチヒッターとして与良正男が登場。

与良正男(毎日新聞専門編集委員)
「逆に言うとこれ(森友学園の土地購入価格の問題)が出てなかったら、こういう、いま寺島さんが言ったような学校が大手を振るってですよ、堂々と出来てたかもしれない。
さらに言えば、昭恵さんも名誉校長辞めなかったんじゃないか。
そういう事を忘れちゃいけない。
焦点は今後の参考人招致ですよ」


教育基本法にも触れていない私立学校の建設を「大手を振るって堂々と建設」とヘイト、バッシングするのはどうよ。

関口
「ねえ」

与良
「理屈になってないですよね。それと民間人は呼ばないと。民間人を国会に呼ぶというのは慎重にというのは確かなんですけども、当然疑惑は全然晴れていないわけですから当然国会に呼ばなくちゃいけない。
理事長辞めるからもういいだろうという声が自民党からあるようですけども理屈になってません」


これ以上籠池叩きをして何になるのか。決定的な証拠もなく何が疑惑か。

あっ、これは日本人の感性ではないな。
やはり中国や韓国の人達の感性だな。
と合点が行った次第。

やはりこういう連中には教育勅語を叩き込まなければならない。
それももう遅きに失したか。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

19:21  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.11 (Sat)


稲田防衛相の資質を問うた朝日新聞の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

朝日と福島転校生を自殺に追いやる生徒は教育勅語を読め

 森友学園の籠池理事長は理事長を退任し小学校の申請を撤回した。
籠池氏を連日連夜バッシングし続けた朝日と毎日をはじめとする新聞やテレビとパヨク達はさぞや大喜びしていることだろう。
財務省は出来上がった校舎の解体と更地にした上で土地の返還を求め、賠償金も求めるという。
正しい日本人を育てるための教育は消滅し、教育勅語に悪のレッテルが貼られる。
入学を予定していた子供達は新しい学校を探さなければならない。

本当にこれが正しい解決方法だったのか。

反日メディアと野党の狙いは森友小学校の開校を阻むことではなく安倍首相の首を取ることたった。
しかし安倍首相と籠池理事長との関係は立証できなかった。
そういう意味では反日勢力の狙いは失敗したのである。

そしてその犠牲になったのが子供達だ。
今日の産経新聞の産経抄は教育勅語を否定し、稲田防衛相の資質を問うとした朝日新聞を批判している。
資質とは持って生まれた天性であり、思想信条で天性を否定するのは間違っていると。
それは福島県から避難して来た転校生を苛めて自殺に追いやる心無い生徒と同じで、そういう人間達こそ教育勅語を読めといっている。

ヘイト法案を錦の御旗に掲げみずからはヘイトやバッシング行為をする反日メディアこそ正しい日本人によって糾弾されるべきである。

⇒産経新聞(2017/3/11)
【産経抄】「稲田大臣の資質を問う」朝日新聞は随分差別的な発想ではないか


 「学校も先生も大きらい。いままでなんかいも死のうとおもった」。9日付の小紙朝刊に、東電福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難し、いじめを受けた中学1年の男子生徒の手記全文が載っていた。住み慣れた自宅を離れ、新たな居場所を求めた先で黴菌(ばいきん)扱いされた生徒の心境を思うと、胸がつぶれる。

 ▼朝日新聞と福島大の今井照(あきら)教授が今年1~2月に実施した共同調査によると、避難先でいじめや差別を受けたり、被害を見聞きしたりしたことがある避難者は62%に上る(2月26日付同紙朝刊)。大人でもそうなのである。

 ▼「お米はすべて福島県産を使用しています」。安倍晋三首相夫人の昭恵さんも時折利用する首相官邸2階の食堂には、こんな貼り紙がある。政府は風評被害払拭を図っているものの、人の心に巣くう偏見や思い込みは、なかなか取り除けない。

 ▼根拠のない不条理ないじめや差別が後を絶たない背景には、新聞やテレビ、一部政治家らが過度に放射能の危険をあおったこともある。大人社会の偏見は子供に伝染し、心をむしばむ。小紙も轍(てつ)を踏まぬよう肝に銘じたい。

▼「稲田大臣の資質を問う」。朝日新聞は10日付の社説でこう記し、教育勅語を評価した稲田朋美防衛相の資質に重大な疑義を表明した。手元の岩波国語辞典を引くと資質とは「生まれつき」「天性」のことである。思想や考え方で、持って生まれた性質まで否定するとは随分差別的な発想ではないか。

 ▼教育勅語は、友人とは互いに信じ合い、行動は慎み深くし、他人に博愛の手を差し伸べるなどの徳目を教えている。避難してきた同級生をいじめる子供らや、扇情的な言説に陥りがちなメディアにこそ、読んで心に刻んでもらいたい。






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

08:24  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT