FC2ブログ

2011.05.21 (Sat)


やはり菅首相の人災だった

「偽メール」と民主党の傷ほじる枝野氏の愚

被災者への支援は素早くかつ十分になされるべきだが、同時に福島第一原発事故に対する政府の対応が適切だったかどうかも精査しなければならない。
菅首相と補佐官達は対応が間違っていなかったと強弁しているが、どうやら真実ではないようだ。
菅首相が激怒して事態をますます悪化させたことが次第に明らかになってきている。

安倍元首相が「首相は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき」とメールマガジンで書いたら、枝野官房長官が「偽メール事件にならなければいいが」と皮肉った。

民主党の偽メール事件をみずから思い出させるような枝野氏の言い掛かりには笑える。
偽メール事件で議員資格停止処分を受けて辞職し、失意のあまり自殺してしまった永田寿康議員は哀れであった。前原誠司民主党代表は辞任したが、民主党は血も涙もないのか。
いかにも内ゲバや総括がお得意のサヨク政権の特徴を示している。


産経ニュース(2011/05/21)
震災翌日の原子炉海水注入 首相の一言で1時間中断

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発1号機に関し、3月12日に東電は原子炉への海水注入を開始したにもかかわらず菅直人首相が「聞いていない」と激怒したとの情報が入り、約1時間中断したことが20日、政界関係者らの話で分かった。
 最近になって1号機は12日午前には全炉心溶融(メルトダウン)していたとみられているが、首相の一言が被害を拡大させたとの見方が出ている。 政府発表では3月12日午後6時、炉心冷却に向け真水に代え海水を注入するとの「首相指示」が出た。だが、政府筋によると原子力安全委員会の班目春樹委員長が首相に海水注入で再臨界が起きる可能性を指摘、いったん指示を見送った。
 ところが、東電は現場の判断で同7時4分に海水注入を始めた。これを聞いた首相が激怒したとの情報が入った。東電側は首相の意向を受けてから判断すべきだとして、同7時25分に海水注入を停止した。その後海水注入でも再臨界の問題がないことが分かった。同8時20分に再臨界を防ぐホウ酸を混ぜたうえでの注水が再開されたという。
 自民党の安倍晋三元首相は20日付のメールマガジンで「『海水注入の指示』は全くのでっち上げ」と指摘。「首相は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき」と断じた。これに対し枝野幸男官房長官は20日夜「安倍氏の発言が偽メール事件にならなければいいが」と牽制。首相周辺も「激怒はしていない。安全を確認しただけだ」と強調した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:03  |  東日本大震災  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.10 (Tue)


ヘマな菅ではダメと黒鉄ヒロシ

英断と褒めちぎる木村太郎

菅総理の唐突な浜岡原発停止の要請の裏にはアメリカからの一ヶ月に亘る日本への圧力があったと青山繁晴氏が、テレ朝「サンデー・スクランブル」(5月8日)で明らかにした。
9日、中部電力は菅首相の唐突な要請を大人の対応で呑んだ。
菅首相はしてやったりと相好を崩して喜んでいたが、国民は決して手放しで喜べない。
これで日本経済はますます疲弊し、東日本大震災の復興は大幅に遅れるだろう。

菅首相は新しい防潮堤ができるまでと言っているが、果たしてほんとうか。
それにしても中電は防潮堤の建設に2-3年かかると言っていたが、素人判断でもおかしい。
突貫工事でもっと早くできるのではないかと思っていたら青山繁晴氏氏も同じことを言っていた。

青山繁晴
「そんな悠長な事を言っていないで、さっさと半年なら半年で防潮堤を作って工場が逃げないようにすることが大事なんですよ」


中部地方の製造業が一部海外に移転する空洞化の恐れがあるからだ。
海外の企業は日本への部品の発注を中国に移す危険性があるから早く手を打たなければにならない。中国や韓国はもう日本を狙って動き出しているという。
企業間競争は弱肉強食だ。日本が弱っていれば食べられてしまう。
東日本大震災のためだけなく、民主党政権になってから日本は弱っている。

黒鉄ヒロシ(コメンテーター)
「決断の方向性は僕いいと思うんですよ。ただ、菅さんという人が今迄やって来た事見ると全部ヘマですわね。ですから 政治的に悪かったから今度100点取りますよってなことで、全然期待できないですよ。これから巻き起こすヘマによって起きる混乱の方を気にします

岸 博幸(慶応大学教授 元経産官僚)
「政策はいろんなデータを集めて科学的に決めなきゃいけないんです。でも今回の決定も含め、菅総理のやってる事は全部感覚で決めてますから、そりゃダメです、絶対に

青山繁晴
まあ感覚っていうか、保身で決めてると。だから総合的なエネルギー政策を出しながら今回はやるべきだった」


両者の意見を総合すれば、保身のための動物的な感覚だけは鋭いという事だ。

リーダーシップや決断力をアピールしたいだけで、狙いは政権浮揚」(伊藤惇夫政治評論家)が正しい見方だろう。

ところがこの菅総理のアピールを英断だと称賛する声が多い。
その多くはリベラル左翼である。
先程、日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」でも反日サヨクの在日映画監督崔 洋一氏が英断だと称賛。
あの木村太郎氏も英断だと評価していたが、最近の木村氏は思想的に転向したらしい。

フジテレピ「スーパーニュース」(2011/5/9)

木村太郎
「菅さんに求められているのは、指導力や決断力がないじゃないかと言われて、まさにこれは指導力と決断力を発揮した決断だと思う。それを今さら独断専行だというのはちょっと僕は当たらないと思う(中略)日本はこれから脱原発の方向にこれからずうっと突き進むことになる。そのためのひとつの境目を判断を下したということで、これは大変な決断をした。日本のエネルギー問題に対する大変な物の考え方をガラッと変えるひとつの決断をしたと思う

ベタ褒めだが、そんなに深い意味の決断だったら、二年後に浜岡原発が再稼働してもいいとか、浜岡以外の原発は止めなくていいとか言うのは中途半端ではないか。
菅総理には木村氏が買い被るほどの深い意味を持った決断ではないことは、あの常に泳いでいる目線を見ても明らかである。

米倉経団連会長
民主党の時代になって分からないのは、結論だけポロッと出て来る。そして思考の過程が全くブラックボックスになっている。政治の態度を私は疑いたい

米倉さん、ブラックボックスとは褒め過ぎ。その中には何にも入っていない空洞、つまり空き菅だからである。

住田健二(大阪大学名誉教授)
『要請』という政府の言葉はずるい。停電で会社の生産が打撃を受けて裁判になれば、責任は全部中部電力に行く

政府は法律上、原発停止を命令出来ないらしいが、要請すなわち命令である。
ズル菅は英断と賞賛されつつも逃げ道だけは抜け目なく作っているのか。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:59  |  東日本大震災  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.04 (Wed)


断交後、衆院副議長が初の訪台

政治的目的ではないと言い訳しつつ

東日本大震災への救援隊について中国と韓国には政府高官が出迎えたが、台湾にはしなかった。
震災後真っ先に援助を申し入れた台湾を婉曲に断り、中国の救援隊を受け入れた後に受け入れた。
中国には支援の御礼に特使が赴いたが台湾には誰も行かなかった。
そんななか、衛藤征四郎衆院副議長(自民党)が今日、台湾を訪問し謝辞を表した。
「政治的な目的ではない」と中国に気兼ねしつつ訪問したのは情けないが、訪問したのは良い事だ。
これを機会に日台の交流がさらに高まることを期待したい。


産経ニュース(2011/5/4)
衛藤衆院副議長が台湾訪問 衆参の正副議長で断交後初

 台湾の中央通信社によると、衛藤征士郎衆院副議長が4日、2日間の日程で台湾を訪問した。1972年の日中国交正常化に伴う日台断交以降、衆参両院とも正副議長が訪問した例はなく、台湾は「衛藤氏はタブーにあえて挑戦する初の政治家」(台湾紙、聯合報電子版)と歓迎している。
 中国は、領土の一部とみなす台湾が、外国と公的な関係を結ぶことを批判しており、日本も要人の訪台を控えてきた。
 ただ今回の衆院副議長の初訪問でも、台湾側要人との会談は「敏感な問題のため、全て公開しない」と外交部(外務省)の報道担当者は述べており、中国の反発を避けるための日台双方の配慮がうかがえる。
 中央通信社によると、衛藤副議長は台北近郊の空港に到着後、「訪台の目的はただ一つ。東日本大震災での台湾の支援と協力に感謝することだ」と述べ、訪問に政治的目的がないことを強調した。(共同)


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:52  |  東日本大震災  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.04 (Wed)


復興構想会議は看板倒れか

五百旗頭議長ら宮城県を視察

東日本大震災を受けて菅首相は復興構想会議を立ち上げ、反日勢力の一人である五百旗頭真防衛大学校長を議長に任命した。
メンバーにも首を傾げたくなる委員が多い。

TBSの日曜早朝番組「時事放(呆)談」で司会をしている御厨 貴、臓器移植や原発に反対の梅原猛、横綱審査委員だった内館牧子などなど。
被災地からも岩手、福島、宮城の三県だけでいいのかという声も上がっている。
官僚が一人も入っていないところが、いかにも菅首相の思いつきによる「政治主導」を示している。

今日そのうちの6人のメンバーが宮城県を視察した。
地元の要求を聞くのは結構だが、復活構想では無くて復興構想であり東日本と日本全体の将来を見据えたグランド・デザインを創るのが会議の目的であるはずだ。
こまかな要求をいちいち取り上げて対症療法を講ずるのではなく、まず最初に大きい構想を構築するのが会議の目的ではなかったか。
五百旗頭氏はいきなり増税論をぶち上げたり、被災地の要望を聞きに回ったり、順序が逆であろう。

「復興構想会議」などと大袈裟なネーミングで始めた以上、帰納法ではだめであり、演繹法で行くべきである。
「国家戦略室」などという看板倒れの組織を造るのがお好きな民主党のことだ。
羊頭狗肉にならなければいいがと生暖かい目で見守っている。


産経ニュース(2011/5/4)
復興構想「現地事情踏まえ提言」 宮城県知事に五百旗頭氏

 政府の東日本大震災「復興構想会議」の五百旗頭真議長(防衛大学校長)らは4日午前、宮城県庁で村井嘉浩知事と会談した。知事は「軸足を地域に置いて議論し、提言をまとめてほしい」と要望。五百旗頭氏は「現地の事情を踏まえることが何より大事だ」と述べ、6月中に予定する第1次提言に地元の意見を反映させる考えを示した。
 五百旗頭氏は「宮城県が最も力強い復興への歩みを示しており、敬意を表したい」と強調。知事は「住まいや仕事の一日も早い回復を何より優先すべきだ」と指摘した。
 視察には議長代理の建築家安藤忠雄氏、特別顧問で哲学者の梅原猛氏らも参加。午後には、津波被害を受けた気仙沼、石巻両市を視察。菅原茂、亀山紘の両市長とそれぞれ意見交換する。
 復興構想会議の被災地視察は2日の福島県に続き2回目。7日には岩手県を訪問する予定だ。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:45  |  東日本大震災  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.04 (Wed)


台湾に無礼を働いた菅総理

台湾の日本に対する温情と、それにもかかわらず菅政権が台湾に対して如何に無礼な振る舞いをしたか「正論」6月号で永山英樹台湾研究フォーラム会長が書いている。

「3月28日、(台湾の)テレビ各局が合同開催したチャリテイーでは、4時間半で約21億5千万円もの義捐金が集まり、日本人を驚かせた」

中国の成金が一杯いる経済特区の話ではない。あまり裕福でない台湾の一般市民から集められた義捐金である。

「そうした台湾の友情を日本の被災者の前で直接体現したのが、あの国から駆けつけた救援隊である。ところが日本は、国民は立派でも政治家は最低だった。菅直人・民主党政権が『恩を仇で返す』ような行為に及んだのだ

台湾の総統は地震発生から一時間以内に菅首相に救援隊の派遣を申し出たが、被災地が混乱しているから後で通知すると断った。日本政府が受け入れのは13日。台湾は中国の一部と主張する中国の救援隊が13日に入国し、その日の夜台湾の救援隊もようやく受け入れられた。
台湾に一番乗りされて中国の面子を潰したくなかったというのが日本政府の考えではなかったのか。

「中国隊は被災地で台湾隊を見ると『帰れ!ここに来る必要はない』と罵り、あるいは各国隊の前で台湾の制服にある中華民国旗を指し、『これは(中華人民共和国の)台湾地区の標識だ』と侮辱するなどしたというから、あの国の台湾イジメは相変わらずだが、日本政府もまた中国の顔色を見ながら、それと同じ事をやっていたわけで、唾棄に値する」

江戸時代の火消組である「め」組の喧嘩ではあるまいし、日本政府のだらしなさにも呆れ果てる。
「あの国の台湾イジメは相変わらず」というが、このまま反日民主党政権が続けば、いずれ日本は中国の一地区に成り果て、「日の丸は中国の日本地区の標識だ」と日本もイジメられることになるのを忘れてはならない。

反日勢力のひとつNHKもひどかったらしい。

「NHK総合が4月2日に放送した報道番組「海外ネットワーク」で映った「海外からの支援物資(外務省まとめ)なるフリップには、枠ごとに各国の支援物資の内訳が表示されていたが、「台湾」のそれは「中国」の枠内に書かれていた。(中略)NHKは中国の宣伝と歩調を合わせるため、そこまでして国民に誤情報を押し付けたいのか」

「中国になんといわれようと、堂々と台湾と付き合おう。あの国の国民が見せてくれた尊い真心、友情に報いよう。正義と道義を重んじる勇気ある日本に、もう一度生まれ変わろう。それが『新生への道』である」


戦時中の日本は台湾と交流し日本の精神を植え付けた。その本家の日本が戦後、日本の精神を忘れ、台湾の方が日本の精神を維持していることは台湾の中高年層の言動やその教育を受け継いだ若者たちの言動からうかがわれる。
日本は台湾から古き良き日本の姿を学ばなければならない。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:47  |  東日本大震災  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT