FC2ブログ

2009.07.27 (Mon)


民主党はブレた

ブレたと言いたくないTBS

民主党は23日、政策集「INDEX2009」を発表したが、「インド洋上の給油活動に反対」を削除した。
あれほどまでに反対し、一旦出港して活動中だった海自を呼び戻し、再び出港させて国際社会に恥を掻かせた民主党の姿勢は一体何だったのだろう。
これは単にブレたなどというものではなく、外交方針がまったく定まっていない、反対のための反対をしていただけに過ぎない政党であることを証明している。
しかし、産経新聞は24日の社説で「現実路線選ぶなら歓迎だ」と肯定的。「廃案にした責任を総括せよ」と民主党に迫るが腰砕けでは説得力がない。
変態反日TBSの「サンモニ」は勿論肯定的に報道した。
社民党、国民新党、共産党などの野党は民主党のブレに反対しており、例え民主党が政権を取っても混乱は免れない。

TBS「サンデー・モーニング」(2009/7/26)


岡田克也民主党幹事長
何が何でも反対と言うわけではなかった政権取れば法案の改正も出来るわけだから」


いまさら何を言うのだ。理屈の通らない言い訳で答えになっていない。

小菅信子(山梨学院大教授、平和研究)
ブレようが何しようが、それが良いと思うんだったら良いで構わない


麻生首相がブレたとマスコミに非難された時にそう言って欲しかった(笑)

江川紹子(ジャーナリスト)
「『ブレる』は否定的表現で、『柔軟』は肯定的表現だ民主党がブレているのか柔軟なのか分からない。民主党は外交については立脚点が分からなくて困っちゃう」


番組の性質上、否定できなくて曖昧に誤魔化す江川。

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
政権が近づいて現実路線にシフトした


今までの民主党は非現実的で、無責任で、反対のための反対をしてきたという事だ。
こんな政党に日本を任せていいか。

浅井信雄(国際政治学者)
政権が近づいて来ると、どんな場合でも野党では起こることだ


当然の現象と浅井は肯定的。

100歩譲って、麻生首相も民主党もブレたとして、麻生首相が内閣改造をしなかったとかと言う事と安全保障や外交のブレとどちらが重要な問題なのか国民もよく考えてみよう。

以前からこの番組は反日偏向そのものであり、総務省は放送免許を剥奪すべきである。
こんな番組を支援するスポンサーは次の通り。


【提供】
NEC
日立ビルシステム
信用金庫
Otsuka
Fuji Film
アイリスオーヤマ
Daiwa House
ジャパンエナジー
三菱地所
ヘルシア
三菱電機
YAMADA
小林製薬
DUNLOP


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:20  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/983-9825e40f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |