FC2ブログ

2009.06.19 (Fri)


「愛」のない民主党輿石議員

臓器移植 急がなければ死んでしまうわけではない

党首討論で「人の命が大切か財源が大切か」と大見得を切った鳩山民主党代表の身内の輿石参議院会長が一日も早く心臓移植を受けたい子供の命を「急がなければ死んでしまうわけではない」と問題発言をした。
一刻も早く愛児の臓器移植をしたい親にとっては何という冷酷な言葉だろう。
一日経って、審議の引き延ばしはしないと軌道修正したものの、輿石議員の冷酷さを如実に示した発言であった。
山梨県の日教組出身の輿石議員は、政治献金や教職員の選挙活動要請など黒い霧に包まれている。
「教育に中立はない」と今年の日教組の新年の挨拶で檄を飛ばした男である。
こんな男が政権を取って文科相にでもなったらとんでもないことになる。日の丸、君が代の禁止、歴史教育の改悪など日本を滅ぼす政策を地球愛を説く鳩山首相と共に次々と打ち出すことだろう。
マスメディアがジャーナリズムを気取るなら、こういった民主党の政治理念を有権者に明確に伝える責務がある。

海外での臓器移植については・・・
●海外での手術料金は大幅に値上げされ、5億円の保証金を要求する病院もあり、外国での移植は困難になってきた。
●日本の子供はかなり重篤なので、ウェイティングリストの上位に割り込む形になり、日本人をなぜ優先するのかと海外では日本人の患者を排斥する動きがあり、ますます困難になってきた。

と聞く。脳死が人の死と断定することに批判はあるかもしれないが、国内での子供の臓器移植の道が閉ざされているのは問題である。
Ponkoの知人の夫も1年以上眠り続けている。
いったん延命装置をつけるとはずせなくなるという。

安っぽい「愛」を説く鳩山民主党代表や冷酷な輿石議員の計り知れない重い現実があるのだ。


産経ニュース(2009.6.18 23:09)
【臓器移植】民主・輿石氏「急がなければ死んでしまうわけでもない」

民主党の輿石東参院議員会長は18日の記者会見で、「臓器移植法案を最優先でやらなければいけないとは思ってない。急がなければ死んでしまうという話でもない一日も早く救いたい気持ちは分かるが」と述べた。
 輿石氏はまた、民主党が国会に提出している母子加算手当を復活させる生活保護法改正案を挙げ、「母子加算(法案)のとのかねあいもある」と指摘、同法案の審議状況をにらみつつ、臓器移植法改正案の審議に臨む考えを示した。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:02  |  反日政治家  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

他人の命をなんとも思わない
教職員と家族の人数は自分の票
教職員の給料は自分の政治資金
輿石東
noname |  2009.06.22(Mon) 14:14 |  URL |  【コメント編集】

★売国奴・輿石東

「教育に中立はありえない」という輿石東、国歌国旗を否定する日教組が息を吹き返せば自虐教育に逆戻りです。
ponko |  2009.06.30(Tue) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/910-6dac33e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |