FC2ブログ

2009.06.15 (Mon)


鳩山(弟)辞任の疑問

ほんとうに正義の味方なのか?

麻生首相は鳩山総務相を切った。
鳩山氏は辞任後、「世の中、正しいことが通らない時があるんだな」と涙目で語ったが、政治家としてあまりにも甘ちゃんではないか。
石原慎太郎都知事が「鳩山クンはすこし張り切りすぎではないか」と述べたのに
Ponkoの気持ちも近い。
「一年以内に私が正しかったと証明できる」と鳩山氏は見栄を切ったが、自分が担いだ麻生首相を窮地に追い込んで、民主党政権になったら間違っていた事を証明することになろう。

今回の一連の騒動に何か腑に落ちないものを感じる。
正義の味方、国民の見方の鳩山総務相を切った麻生首相はますます支持率を落としている。
なぜ鳩山氏は内閣不一致、麻生首相の決断力のなさを印象付けるような行動を敢えて取ったのか。
なぜここまで頑なに西川社長の首を取ろうとしたのか。それが単なる正義感や国民を代表する使命感から出たものとは到底思えないのである。
そもそも問題になったかんぽの宿ももともと西川社長の責任ではない。

鳩山兄と一脈通じてというのは穿ち過ぎだとしても、いままでの彼の政治行動を見ると数回にわたり政党を簡単に離脱したり復帰したりしている。
今回の騒動で鳩山(弟)支持は高まり、総選挙での当選は約束された。今後の政界再編にはフリーハンドでどのグループにも三顧の礼をもって迎えられるだろう。

麻生首相は鳩山氏に西川社長を切れと支持し、いざとなって裏切って鳩山氏を切ったと鳩山グループとジャーナリストは公言している。
その裏切りをアドバイスしたのは前日に会った安倍元首相と菅選対副委員長だという。
安倍元首相までもが悪者にされている。

テレ朝「スパモニ」でも西川社長続投賛成派の山本一太(自民党)が、反対派の馬場龍治(自民党、鳩山5人組の一人)、原口一博(民主党)、上杉隆(ジャーナリスト)、三反園訓(テレ朝コメンテーター)らに鳥越俊太郎を加えて散々苛められていた。

産経新聞ですらこのように報道している。

「西川氏続投は郵政民営化を推進した小泉純一郎元首相の改革路線に「すり寄る」狙いもあったとみられるが、逆に足元の反発を招き、世論を読み違えた格好となった」(産経新聞)


郵政改革は国民の多くが期待していたのではなかったか。「すり寄る」などという言葉自身が記事を書いた記者の政治姿勢を示している。

総選挙直前のこの騒動を、「博士の独り言」は参院選挙前の「絆創膏」騒動に似ていると指摘している。
「絆創膏」騒動は阿部政権に取って致命傷だった。
Ponkoにはこの騒動の裏には大きな力が働いているように思える。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:32  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/902-2588cca8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |