FC2ブログ

2007.10.09 (Tue)


アッパレ小沢氏の論理破綻

武力行使は憲法違反ではない
アッパレ小沢一郎氏

小沢一郎民主党代表が、岩波書店の雑誌「世界」(サヨク出版社のサヨク雑誌と言うところが笑わせる)で、国連のお墨付きがあればアフガニスタンで活動するNATO主導の国際治安支援部隊(ISAF)に参加して武力行使してもいいというトンデモ論文を寄稿した。

米国主導のテロ対策は気に入らないが、NATO主導ならいいという。
「国連」教条主義の小沢氏は論理的に破綻している。
日本の「敵国条項」をいまだに削除せずに、負担金は米に次いで多く、常任理事国の仲間にもいれてくれない国連がそんなにいいのか。
反米の姿勢を示して共産党との共闘で衆院選挙を勝ち取ろうという魂胆であろう。

アフガニスタンの地上戦で自衛隊が血を流してもよいと言ったわけである。
つまり憲法を改正しなくとも、国連の名の下に武力行使が可能と認めたわけだ。
他国の為に血を流せというくらいだから、当然日本が自衛のために武力を行使してもいいと言うわけわけだ。

海上の給油だけなら危険はないがアフガンの地上戦は危険だとビビっている自民党幹部よりよほどご立派。

「武力行使は憲法違反ではない」という小沢氏に悪乗りしてみようではないか。


小沢氏は政権奪取のためには悪魔にも魂を売ると思う方はクリックを!
***
FC2バナー2
***

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

19:53  |  反日マスメディア  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★http://d.hatena.ne.jp/sadatajp/

小沢が考えてる武力行使はこれです。

メルマガ国際平和 No.28
http://www.jaip.org/backnumber/030629.htm

小沢が思い描いてるのは国連至上主義の発展形である世界連邦運動の世界連邦警察軍です。日本の自衛隊を国連に献上しようといってるのが小沢です。日本の為には戦わせも死なせもしないけど、国連の為なら戦わせるし、死なせもします。と言ってるのが小沢です。
便乗は非常に危険です。
sadatajp |  2007.10.09(Tue) 21:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/74-bb238d2a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★パリ不戦条約と憲法9条

パリ不戦条約とは1928年8月27日に、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、日本、イタリア、ベルギー、チェコスロバキアによってパリで署名された「戦争放棄に関する条約」(Treaty for th...
2007/10/10(水) 15:24:35 | 憲法改正社

▲PageTop

 | BLOGTOP |