FC2ブログ

2009.03.21 (Sat)


小沢代表、引かれ者の小唄

なぜ再び強気に転じたか

小沢代表はブレまくっている。
最初、大久保第一秘書が逮捕されたとき、国権の乱用だと大いに息巻いていたのに、二回目の会見では無暗やたらに笑顔を振りまいて、トーンダウンした。24日の結果で進退を考えるとまで言った。それが今度は24日の結果がどうであれ、「検察と徹底的に戦う」とまた元の木阿弥に戻った。
いったい、なぜこのようにブレるのか。
青山繁晴氏によれば、かつて小沢の接待を受けた検察の1人は記者時代の青山氏に問い詰められて、お茶の入った湯飲みを持った手がぶるぶると震えたと言う。その男はその後、検察の高い位置に上り詰めたと言う。小沢の息のかかった幹部がまだたくさん検察にいるらしい。

検察は小沢の事情聴取を断念したというニュースも流れて、小沢が再び強気に転じた理由がなんとなく分かる気がする。
勝利を確信したのか、それとも窮鼠猫を噛むのか。

政治に少しでも関心のある方ならば、田中・金丸・小沢の金権政治の系譜は常識である。
その小沢がいまさら潔白であり、企業の政治献金を全廃すると言い出しても誰も信用すまい。
国民の総意は小沢代表の辞任・辞職である。
同時にそれはいつまでも小沢代表を擁護する自浄能力の無い民主党に対する国民のNOの意思表示でもある。


毎日jp(2009/3/19)
小沢代表:「徹底して戦う」続投を示唆 鳩山幹事長と会談 

民主党の小沢一郎代表は19日夜、鳩山由紀夫幹事長と東京都内で会談し、自らの資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件に関して「検察がどういう判断をしようと徹底して戦う」と述べ、逮捕された公設第1秘書の処分が決まる24日以降も代表を続投する意向を示唆した。
 鳩山氏によると、小沢氏は「今回のあまりにもひどいやり方に対して戦う」と述べ、規正法違反による強制捜査への疑問を改めて強調。そのうえで「自分の身分に関して未練があるという話じゃない。しかしここで戦わなければ、政権を取っても同じことが続く」と述べた。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

00:21  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/733-59efc967

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |