FC2ブログ

2007.10.08 (Mon)


「拉致日本人、これ以上居ない」

「不幸な過去」という不幸

盧武鉉・金正日会談で、金は「拉致日本人はこれ以上いない」と述べたという。
朝鮮半島人同士で何を言おうが勝手だが、金正日は完全に福田首相の足元を読んでいる。

福田首相のメッセージとは「拉致問題で譲歩してくれれば『不幸な過去の問題を清算』してもよい」ということだった。

「過去の清算」とは北朝鮮にご迷惑を掛けたと1兆円を上回る賠償金を私達の税金で払うということだ。

金総書記は「拉致日本人はこれ以上いない」と言ったというが、福田政権ならば拉致問題の進展がなくても日朝国交正常化が実現し、日本から賠償金をふんだくれると自信を持った証拠である。

安倍前首相の「拉致問題の解決なくして国交正常化なし」から「圧力より対話を」という福田路線に180度転換したのだから当然のことだ。

日本の政治家はいつまで「不幸な過去」を念仏のように繰り返すつもりなのか!

日韓条約を締結した後も金をせびり、日本に難癖をつける朝鮮半島人は日本にとってこそ「不幸な過去」であろう。


イザニュース(2007年10月8日19:16 )
金総書記「拉致日本人、これ以上いない」

 【ソウル=久保田るり子】南北首脳会談で韓国の盧武鉉大統領が、北朝鮮による日本人拉致問題などを指す「過去の問題を清算し日朝国交正常化を目指す」との福田康夫首相のメッセージを金正日総書記に伝えたところ、金総書記は「拉致日本人はこれ以上いない」と述べていた。首脳会談に同行した韓国・延世大の文正仁教授が8日、明らかにした。
 この日、ソウル外信記者クラブで記者会見した文教授によると、拉致問題は解決済みとの立場を示した金総書記に対し、盧大統領はそれ以上、拉致問題について話さなかったという。
 盧大統領が続いて「日朝関係が改善すれば南北経済協力によい影響がある」と述べたところ、金総書記はこれには同意したという。
 盧大統領は南北首脳会談後の5日、福田首相と電話で会談し、日本の立場を金総書記に伝えたと説明。金総書記は日朝関係の懸案解決に期待感を示したとされていた。また、同日に訪日し高村外相に説明した韓国外交通商省の沈允肇次官補は「(金総書記は)福田政権の出方を見守りたいと述べた」としていた。
 一方、青瓦台(大統領府)報道官は8日の定例記者会見で、金総書記の拉致に関する発言の事実関係を聞かれ「首脳会談で扱われた議題は関連国にはお知らせするが、メディアにはすべてを公開しない」と答えた。


拉致問題の解決なくして国交正常化なしと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2
***

テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

21:51  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

SATを派遣して、日本人拉致被害者全員奪還する作戦行動を起こさなければ、いつまでたっても解決はされないであろう。また金正日になめられるだけであろう。朝鮮北部を占拠している暴力団金正日一味には、ビタ一文たりとも渡してはならない。経済制裁に加えて、軍事制裁も視野に入れなければなりませぬ。
一庶民 |  2007.10.08(Mon) 23:57 |  URL |  【コメント編集】

★北。滅びるどころか、優勢ですか??

あんなヤクザ独裁国家北朝鮮に対し柔軟姿勢をしめつつあるアメリカが許せない。日本をどこまで操り同盟国と謳いながらやっていることは結局はアメリカ様の国益だけ。馬鹿にしていますね。
日本は今のところお金持ってるだけ。それをアメリカにもシナ、朝鮮にも利用されるだけ利用されてるだけな気が。
そのうち破産して国内で深刻な暴動が起きる直前まできっと、政治家も含め国民も目が覚めないんでしょうね。

憲法改正、そして核武装是非内密にやってほしいな。
あんな低脳貧乏泥棒拉致犯罪独裁国家でも核保有した途端アメリカ黙らせるんなら、国際信頼なんか、もういらないよ。
これ普通でしょ?真面目にやってたらこんなとんでもない犯罪国家が核持った途端、アメリカ様がへこへこしたらふざけんなですよ。
(あくまで個人の感情です)
裏機関で内密にやってくれていたら・・・と夢見る毎日(涙)

みゆ |  2007.10.09(Tue) 01:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/72-f486a788

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |