FC2ブログ

2009.02.27 (Fri)


カルデロン一家の退去命令

強制退去と入国管理局の失態

入国管理局のHPによれば、出国命令制度には「出国命令退去強制の二つがある。

「出国命令」は不法残留(オーバーステイ)している外国人がみずから出頭した場合で、日本での犯罪歴もなく今まで出国命令を受けたことの無い外国人。しかも速やかに出国することが確実であること。この場合1年間は再入国不可。

カルデロン一家の両親は不法残留ではなくて偽造パスポートを使った不法入国者といってもよい。母親はみずから出頭したのではなく逮捕された(父親については不明)。速やかに出国することを拒否している。
どうみても「退去強制」に当てはまる。

「退去強制」は摘発を受けたもので、収容され退去強制命令書が発付され強制送還される。この場合5-10年間は再入国不可。
http://www.immi-moj.go.jp/keiziban/happyou/seido01.html

毎日新聞(TBS)は数年前からこのカルデロン一家を擁護するキャンぺーンを張って来た。

埼玉・蕨のフィリピン人一家不法滞在:仮放免期限目前 同僚「あきらめるな」◇中1娘、置いては帰れない…「5倍の努力、認めて」(毎日新聞夕刊 2/25)

毎日新聞(2009/2/27)
強制退去:フィリピン人一家に10日間の仮放免延長

 強制退去を命じられているフィリピン人のカルデロン・アランさん(36)=埼玉県蕨市=と妻サラさん(38)、1人娘のノリコさん(13)に対し、東京入国管理局は27日、3月9日まで10日間の仮放免延長を認めた。
 夫妻は92年と93年にそれぞれ他人名義の旅券で入国。06年にサラさんが出入国管理法違反(不法残留)容疑で逮捕され、強制退去を命じられた。一家は日本で生まれ育ったノリコさんのため在留特別許可を求めているが、入管は家族全員でか、娘を残して帰国するよう通告している。
 この日入管に出頭したアランさんは「仮放免の延長はこれが最後で、どちらか決めなければ3人とも強制収容すると言われた」と話した。【稲田佳代】


【入国管理局の失態】
●偽造パスポートで入国されても見破ることができなかった。
●その後16年間も不法滞在を摘発できなかった。
●妻を逮捕して強制退去を命じても4年間執行されなかった。(訴訟された)
●その後もたびたび仮放免を延長している。
▲一家に正式(?)なパスポートを発行した日本のフィリピン大使館

この結果を固唾を呑んで見守っているのは不法在留中あるいは不法入国を企んでいる韓国人や中国人であろう。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:09  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/667-e2dafcde

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |