FC2ブログ

2009.02.15 (Sun)


首相揶揄する産経ニュース

首相も芸能ニュースネタ扱い

最近の産経ニュースはタブロイド版夕刊紙並みの軽薄さであきれ果てる。
例えば、介助犬に舐められた首相を茶化す次の記事見出し。


産経ニュース(2009.2.13 18:38)
なめられた首相? 介助犬が「表敬訪問」

麻生太郎首相は13日、首相官邸で障害者の日常生活をサポートする介助犬エルモ、シェリー、レイ3頭の「表敬訪問」を受けた。
 故橋本龍太郎元首相夫人で日本介助犬協会会長の久美子さん(68)らが、介助犬不足の実態を説明すると、首相は「もっと増えるといいですね」と応じた。
 首相がエルモにほほをペロペロとなめらるというハプニングもあり、首相は「犬だけには好かれる」と笑いを誘った。
 郵政民営化をめぐる自らの発言を小泉純一郎元首相に批判されたばかりとあって、ほんのひととき、心が癒されたようだ。


新聞では流石にこの見出しではマズイと思ったのか「犬には好かれる」というタイトルに変えた。
今確認するとウェブも「好かれるのは犬だけ?介助犬が首相を表敬訪問」(2/13 19:03)に修正されていた。さらに今日は、小中校を視察した麻生首相を子供には人気が高いと揶揄。


産経ニュース(2009.2.14 19:14)
麻生首相、子供らに高い支持率 小中一貫校視察で終始ご機嫌

麻生太郎首相は14日、全区立校での小中一貫教育や早期の英語授業など教育改革に取り組む東京都品川区の小中学校を視察した。日頃は「答弁が分かりにくい」と批判にさらされがちな首相だが、この日は児童に国会の仕組みを説明して「分かりやすい」と拍手をされるなどし、終始、笑みがこぼれた。
 品川小学校では各学年の公開授業を視察し、1年生の英語の授業で得意の英語であいさつ。国会の仕組みを学ぶ6年生の社会科では“専門家”として、貴族院からの歴史をひもとくなどして衆参両院の違いや3分の2再議決の仕組みを説明。児童に「すごーい。分かりやすい」と拍手されると「臨時教師として雇ってもらおうか」とおどけた。
 児童と炊き込みご飯などの給食も味わった首相は視察後、記者団に「給食はうまかった。子供がハキハキして、行儀もいいし」と上機嫌。最後は校庭に集まった児童の握手攻めに笑顔で応じ、手を振りながら学校をあとにした。


これに限らず、産経ウエブニュースと産経新聞の見出しや記事内容が必ずしも同一ではなく、総じてウェブニュースは表現が軽薄・過激で、新聞でトーンダウンしている。
明日の産経新聞はどのようにトーンダウンさせるのか見ものである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

00:07  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/643-4528b712

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |