fc2ブログ

2021.09.21 (Tue)


高市首相しかないことを痛感する本


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


202109210.jpg


自民党総裁候補の一人、高市早苗氏の近著「美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」がアマゾンの総合売上ランキング1位をひた走っている

発行から僅か2週間後の29日に自民党総裁選があり、高市氏が日本初の第100代女性首相にならなければ、売り上げはほぼストップする。
その危険を犯してまで出版したワック社はアッパレである。

いやもう十分、モトを取ったのかもしれないと下司は勘ぐっている。
いま3位につけている高市氏が総理になれば、売り上げは倍増するに違いない。

すでに日本の保守派論客である櫻井よしこ氏との対談動画などで高市氏の評価は上がるばかりだ。

いや保守であるか否かに関わらず、日本の歴史と伝統を守り、世界制覇を目指す習近平の支那共産党から如何に日本を守かは今や日本の喫緊の課題である。

最悪の場合でも支那に融和的な河野太郎候補の野望を、石破茂、小泉進次郎の支援者とともに阻止しなければならない。

本書は高市氏の思想信条とその業績を知るうえで大変参考になる小冊子であり、まだお読みでない方にお勧めしたい。
アマゾンのキンドル版(電子書籍)でダウンロードすれば、僅か880円で即座に読むことが出来る。

日本は法政大学を始めとして、大学が軍事研究あるいは軍事に利用できる基礎技術に関与することを禁じている。
その一方で支那からの留学生は・・・

「日本の国立大学在籍中に日本政府の科学技術研究子補助金を受領し、JAXA関連にも出入りし、中国に帰国後は超高速分野の新型実験装置の開発に成功した中国科学院の研究員もいる。この実験装置がJAXAの実験装置と類似しているとの指摘もある」

日本の科学技術や基礎研究のノウハウが支那にタダ漏れなのである。

著者は「日本経済強靭化計画」を「サナエノミクス」と呼称して解説している。

「少し間抜けな引きで残念だが、基本路線は『ニューアベノミクス』である。
第1の矢『金融緩和』、第2の矢『機動的な財政出動』、第3の矢『大胆な危機管理・投資・成長投資』を総動員して、物価安定目標であるインフレ率2%」の達成を目指すものだ」


「アベノミクス」というネーミングに比べて、字余りで間延びがしていて最初から気に入らなかったが、本人も承知していたらしい。
しかし安倍前首相のアベノミクスを継承発展させていくという意味では、まあいいか。

アベノミクスは第三の矢で需要拡大を狙ったが、財政収支にこだわる財務省の抵抗で志(こころざし)半ばに終わったかに見える。
マスゴミは「トリクルダウン」などという怪し気なカタカナ語を使って、一般庶民はアベノミクスの恩恵に与(あずか)っていないとデマを飛ばした。

今回の「サナエノミクス」では「災害、感染症、テロ、紛争、海外の景気低迷などの要因による『緊急時の大型財政措置』に限定するという。

「企業は借金で投資を拡大して成長するが、国も、成長に繋がる投資や、将来の納税者にも恩恵が及ぶ危機管理投資に必要な国債発行については、躊躇すべきではない」

「『政府の借金』が増えることは、『国民の資産』が増える事である」

「国の借金があ!」と国民の恐怖を煽るデマは既に論破されている。

読みどころは沢山あるが、支那の国家戦略に対して日本がどう立ち向かっていくかが焦点になる。
著者は「技術流出を防ぐための法制度整備」「インテリジェンス機関の強化」などを挙げているが、政府としては様々な立法や法改正による安全保障の強化が必要となる。
マスゴミに脳をやられた国民の意識を変える広報活動も必要だ。

そして「結章」にある日本国憲法の制定に行きつく。
ここで著者は「敵基地攻撃能力」の必要性を説く。

「時代のニーズに応えられる『日本の心を持った、日本人の手による、新しい日本国憲法』を制定することが、政治家として最大の目標だ」

夫婦別姓論については・・・

「世界に誇れる優れた戸籍制度を否定し、夫婦親子を別氏(べつうじ)にしてしまう夫婦別氏推進論についても、私は常に積極的にその課題を指摘してきた」

しかし紙数の関係で十分に期すことが出来なかったので「正論」6月号を参照にして欲しいとしている。

本書で述べられた国家観、歴史観、国際感覚に比べて、河野太郎、岸田文雄、野田聖子らの総理候補のそれは皆無に等しい。

安倍政権の正当な後継者としての高市早苗候補の選出を望んで止まない。

【目次】

序章 日本よ、美しく、強く、成長する国であれ!

今を生きる世代の責任
日本人の素晴らしさ
自信と誇りを忘れずに
日本と日本人の底力を信じて
かけがえのない生命を守ることが最も重要
日本を守る責任。 未来を拓く覚悟。

第1章 私の『日本経済強靭化計画』とは 
     「サナエノミクス」の提案

危機管理投資と成長投資を優先
「改革」から「投資」への転換

第2章 「危機管理投資」と「成長投資」
    「アフターコロナ」を見据えて

必需品の国内生産・調達
医療提供体制と検疫の強化
創薬力の強化
情報通信機器の省電力化研究開発
安定的な電力供給体制の構築
太陽光パネルの課題解決の必要性
再生可能エネルギーへの期待
防災・食・住の変革
日本に強みがある技術を伸ぱす
半導体分野
産業用口ボット分野
マテリアル分野
量子工学分野
漫画一アニメ・ゲーム分野
「AI敗戦」からの復活戦へ
人材の強化

第3章 経済安全保障の強化
  深刻な「中国リスク」

中国の『会社法』
中国の『国家情報法』
脅威の「極超音速兵器」に必要な日本の技術
迂回貿易にも注意が必要
中国の国家戦略
技術流出を防ぐ為に必要な法制度整備
日本を守るインテリジェンス機関の強化
10年間を要した法整備
それでも残る『国防動員法』と『国防法』の脅威
国際標準化機関への影響力強化を
「日本的経営」の再評価

第4章 サイバーセキュリティの強化
     一一「成長に向け…

サイバー攻撃の急増
医療分野における脅威
自動車分野における脅威
金融・クレジット分野におおける脅威
多様な分野における脅威
日本が実行するべき対策
最も困難だが、最も重要な対策

第5章 地方の未来を拓く一3つのキーワード

コロナ禍を乗り越える為に
新しい働き方、暮らし方
デジタル・トランスフォーメーション
地産地消型エネルギー需給体制の梢築
地方交付税の改善

第6章「生活者の視点」を大切に一松下幸之助.

「主権者の代表」として
医療機関の電波環境の改善
「ゴミ出し支援」の特別交付税措置を創設
『公職選挙法』の改正を
「高齢者等の雪下ろし支援」の特別交付税措置を創設
「防災行政無線の戸別受信機」の普及
多くの災害現場を訪問して改善したこと
家族介護者の負担軽減対策
保育施設の安全対策

第7章 分厚い中間層を再構築する税制
     …安心と成長のための改革を

「ベビーシッター・家事支援サービスの利用」に税額控除
「災害損失控除」の創設を
「内部留保課税」よりも、「現預金課税」で・
「炭素税」の在り方
「給付付き税額控除」の導入を

結章 新しい日本国憲法の制定

技術革新に伴う国防力の強化を
日本国の権威と名誉を守り抜く決意
「日本の心を持った日本人の手による、新しい日本
安定的な皇位継承の在り方について

資料提供者・ヒアリング協力者・参考資料・引用文献



↓↓↓賛同頂けた方はクリックをお願いします



FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:24  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★こんにちは♪

高市さんの書籍のことは知らなかったので 紹介していただき有り難いです
総裁選がなかったとしても 知っておいたほうがいい内容ですね

菅内閣の時は
「女性の閣僚がいない」「なんで日本は女性の政治家が活躍できないのか、北欧を見習え」なんて散々言ってたマスコミが
高市さんに冷淡で、辻褄の合わないことばかりやってるなーと思います


太陽光発電推しの河野太郎センセイの弟がソーラーパネルの会社やってるという件
周りで知らない人が多いので遅まきながら 自分のブログでも記事にしてみました
河野センセイの中韓大好きぶりが 少しでも多くの人に知ってもらえるといいのですが……。

raffine |  2021.09.21(Tue) 13:23 |  URL |  【コメント編集】

★特定野党の断末魔

メディアの気持ち悪い程の河野太郎推しでも
自民党総裁選は今や誰が勝つか全くわからない。
少なくとも国民を不幸にする多くの政策を掲げる、
「小石河」のボンクラには絶対に政権を獲ってもらいたくない。
高市政権で我が国に蔓延る外敵を駆逐してもらいた。
そんな中、惨めな状態なのが立民を含む特定野党だ。
もはや多くの国民の目には、存在感は皆無である。
枝野のはアベノミクス検証が出来たと言いながら
最大の功績である「失業率」の最小化は無視する始末。
ちびっ子ギャングこと安住に至っては、自民党ばかり放送する
テレビ局をBPOに訴えるなどと、頭がおかしくなっている。
こんな事しかできない無能野党は、今回の総選挙で完全に埋没するだろう。
ゴン太 |  2021.09.21(Tue) 15:51 |  URL |  【コメント編集】

★中国を牽制できるのは高市氏しかいない!

台湾の蔡英文総統と高市早苗氏がリモート会談を行った。
https://japan.cna.com.tw/news/apol/202109200007.aspx

今台湾・香港は、固唾をのんで総裁選の行方を注視。
親中派の3氏(野田聖子は蚊帳の外)に総理総裁の椅子を渡してはならない。

さらに、河野の同族会社「日本端子」がHuawei等と共同出資し、別会社を設立する模様。社長は共産党員とか。

日本端子については、ウィグル人問題も関わっており、到底日本人として容認できるものではない。
https://www.youtube.com/watch?v=xYmECOzNxjM
https://www.youtube.com/watch?v=BwGfhkRu6gQ

こんな国賊が日本の総理になっては、安全保障上極めて危険。
高市氏しか選択肢はあり得ない!
高市氏支持 |  2021.09.21(Tue) 15:57 |  URL |  【コメント編集】

★勝利を唯々祈念

今晩は。

ponko様の言われる通り、第100代総理大臣に選ばれなければ、売り上げもストップ…と思い、高市さんの勝利を祈る気持ちで購入しました。

高市さんについては、総務大臣の時に、放送免許はく奪の件での踏み込んだ発言が印象に残っているものの、政治家として特に目立つ方ではなかったと思います。それでも地道に政策を構想し、議員立法にも尽力して来たことでその芽が今まさに出ようかという秋なのでしょう。

一念岩をも通す、とたとえ通りに大願成就し、我が国の窮乏を救う偉業を成し遂げて頂きたいと切に願っています。
素浪人 |  2021.09.21(Tue) 23:22 |  URL |  【コメント編集】

 台湾といえば、李登輝元相当が来日しようとしたところ、シナが「ビザを発給しないように」と圧力をかけてきた。当時の森喜朗総理が毅然として対応し、ビザを発給した。
 シナの意向を無視して、台湾の要人と対話できるのは森ー安倍ー高市ラインしかない。
 
 安倍氏だけではない、森氏も高市氏を応援している。
初の女性総理を誕生させることで、森氏に「女性蔑視主義者」というレッテルを貼ったメディアに是非とも恥をかかせたいものだ。

 とにかく、今シナに対して必要なのは、台湾や東亜諸国、アメリカ、インドも含めた対支大同盟。他の3候補ではとてもできまい。
我は高市派 |  2021.09.22(Wed) 06:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/6312-0ac24857

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |