fc2ブログ

2021.07.04 (Sun)


「正論」8月号で批判されたメディアと政治家など


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


櫻井よし子女史は菅首相を高評価

202107040.jpg

202107041.jpg

高山正之氏が読み人知らずの「折節の記」を書いていた頃から、「正論」誌を手にすると真っ先に読んでいた。
当時は巻頭にあったが、どういう訳か本誌の末尾を飾ることになった。
しかし、昔からの癖でまず「折節の記」を読むことにしている。

8月号は東京五輪に絡めて朝日新聞を皮肉った。
「中止の決断を首相に求める」と社説で大見得を切った朝日が「五輪競技をどう報道するのか、今からワクワク、ゾクゾクする」と。
ブログ主もワクワク、ゾクゾクしている。

まさかカラー写真満載の五輪特集ページは出すまいな。
オフィシャルパートナーとして五輪協賛広告は出すまいな。
甲子園の全国高校野球大会は無観客でやるだろうな。

LGBT法案で残念な稲田朋美氏(阿比留瑠比)

日本はコロナ禍への対応、中国との対峙という大問題があるのに、わざわざ夫婦別姓やLGBT法案という自民党を二分する議論を活発化させる政治センスが分からないと。
まったく同感である。

一部は漏れ聞いていたが、LGBT法案が揉めた状況が理解できた。
与野党の実務者が合意した文言の・・・

「性的指向および性自認を理由とする差別は許されない」

・・・の「性自認」は自民党案では医学用語の「性同一性」だったが公明党の横槍で「性自認」になった。
また立憲民主党の意向で「差別は許されない」と付け加えられた。
自民党案はLGBTへの「理解増進」だったのが、「差別禁止法案」にすり替わった。

「現在の自民党はリベラルに足を引っ張られて幼稚化している」と。

阿比留氏は言っていないが、その上、現在の自民党と日本は二階幹事長などの親支那反日派にも足を引っ張られている。

稲田朋美議員は「極言御免」で批判した阿比留氏を「歪曲だ」と非難したが、誰が見ても稲田氏は変節したのである。
安倍前首相が日本初の女性首相としてキャリアを積ませようとしたのに、果たして恩返しになるのかと結んでいる。

脇道から入ってしまったが、本誌の特集は「『平時』からの脱却」。

櫻井よしこ女史は菅首相が国際舞台で(予想に反して)立派な仕事をしていると高く評価。
しかし高圧的な支那に対し日本は専守防衛という「無意味な思考」は止めろと注文。
敵基地攻撃能力の保有が日本の防衛力強化につながると。
そうすることで「東アジアの安定に大きく貢献できる」と。
公明党の反対を押し切ってそうすべきだと言うが、草加の婦人部の協力無くしては当選できない情けない自民党議員が居る限り、果たして可能か。

「対中非難決議阻む国会の闇を告発する」(長尾 敬自民党衆議院議員)

支那非難決議案が流れた経緯を報告。
幹事長室で二階氏が承認しようとすると、傍から林幹雄幹事長が押しとどめた経緯が生々しく書かれている。
公明党議員も「わが党は腐っている」と嘆いていたが、山口代表がブレーキを踏んだと。
支那の工作が永田町にも及んでいるという。

武漢ウイルスとの戦い
日本は敗北したのか(八幡和郎・木村盛世)


日本は敗北なんてしていない、日本の感染者数は世界規模で見れば紛れもなく「さざ波」だと元厚労省技官。
いや経済の落ち込みをみれば敗北だと八幡氏。
尾身先生は空気を読み過ぎだと八幡氏、憤りすら覚えると木村女史。

木村
「テレビによく出ているようなお医者さんを多数派だと思ってはいけませんよ。
サイレント・マジョリティはいるわけで、金銭や名誉にこだわらず、地道に仕事をしている医師は多いのです。
尾身先生のことを苦々しく思っている医師も結構、多いと思いますよ。」


尾身氏に限らず、テレビに毎日出ている医師達も同じ穴の貉である。

木村
「尾身先生は東京五輪が近くなって、五輪が開けないかのような、何かよくわからないことを言い出しています。いいかげんに世代交代して欲しいものです。
尾身先生は医者というよりは官僚、もっといえば政治家だと思いますけど」


特集2は「切り崩される保守」

「自民党の左傾化を恥じる」とコワモテの西田昌司議員。

今や保守が危ない。

特集3は「自衛隊は便利屋に非ず」
ブログ主が常日頃ぼやいているところ。
憲法を改正して軍隊とするしかない。

特集「メディアぶった斬り」は産経・日経・朝日の3紙が取り上げられている。
産経新聞は元産経論説委員長が書いているが「ぶった斬り」には程遠く、昔話と激励である。

以前書いたように、「WILL」「Hanada」は週刊誌的な味付けをした「読み易い」言論誌であるのに対し、 「正論」はお堅い言論誌であり、3誌を読み比べてみることも一興かと。


↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:31  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★ewkefcの投稿に対する読み方

ewkefc
こいつは、基本的に中韓マンセーだから、日本国内の問題点について論じて来たときには、それでは中韓についてこいつはどう論じているのかをみればよろしい。

中韓のデタラメぶりに対する批評は大体スルーする、或いは自分の都合の良い論文で誤魔化す。

知能が低い云々とよくのたまうが、大した実力もない奴がマウントするためによくこう言うことが多い。

彼の国のDNAが為せる言動であろう。

それに、こいつの意見は常に反対のための反対であって、議論する姿勢が全くない。

つまり、他人のブログにへばりついて荒らす目的で投稿している寄生虫野郎だと言うことだ。

だから、お前に言いたい。

そんなにまでして言いたいなら、人の土俵でなく、自分でブログを立ち上げて思う存分主張すればいいんだよ。お前の主張が、的を得た共感を得るものなら、人気のブログになるだろうし、カスだと判断されれば、捨て去られる運命となろう。

またここに投稿して来たら、お前は、自分のブログを立ち上げる勇気、知性、教養のない、意気地なし野郎、寄生虫野郎とみなす。



Y |  2021.07.04(Sun) 09:40 |  URL |  【コメント編集】

★中性人間を認めるなら区別は、必要だろう。

人間には男性・中性・女性と言う3通りが有ることを規定しなければいけない。
中性人間の性がに、男女どちらの比重が高いかで風呂の入浴を加減しなければややこしいことになる。
したがって世間的に中性人間の風呂もトイレも下に関する事は、区別の対象にしなければならんのではないか?
こう言っては何だが中性人間は、中途半端で出来損ないと言う事になる。
アダムとイブの世界に中性人間は、存在していない。
何時頃から出現し始めたのか歴史的に知りたいものである。
katachi |  2021.07.04(Sun) 11:18 |  URL |  【コメント編集】

★現「菅総理」が10年前の「菅総理」のマネをしでかさないよう!

櫻井氏は現総理の政治的力量・信条・国家感(多分”空白”)ならびにその周囲状況を良くご存じの力量ある保守言論人です。

したがって、総理の背景(2F一党)力学を十分承知の上で、菅総理を「敢えて高評価」する文脈の中で、「貴方は(日本国総理として喫緊課題である)安保を必ずや有言実行すべし!」と叱咤しているものと解釈します。

市井の一皮肉屋としては、現「菅総理」が結果的に10年前の「菅総理」のようなマネを仕出かさないことを念じるのみですね。

皮肉屋かも |  2021.07.04(Sun) 18:11 |  URL |  【コメント編集】

ヘイトスピーチ解消法の施行から5年を迎えるにあたって成立に尽力した与野党の有田氏他4人の議員が国会内で記者会見していますが、そこで西田議員は「ヘイトは、恥ずかしい行為だと認識してもらう効果があった」と仰っています。なんか日本人がヘイト民族みたいな言い方ですね。
この法は定義の曖昧なまま日本人の正当な主張が差別的だとか侮蔑と糾弾され日本人の言論封殺に繋がっています。片や、あいちトリエンナーレのように日本人に対するヘイトは芸術だとか表現の自由だとか言って文科省からお金まで貰っています。日本人が感じるこの不平等感を国民の代表である議員はどう考えているのでしょうか。マスコミが取り上げないとスルーし、マスコミが取り上げるマイノリティこそが、人権だとばかり掬い上げ多くの国民を従わせようとする。外国人の権利を守る時は堂々と意見を言い溌剌としている議員が、日本が主張すべきことにはだんまり。溜息がでますね。
なつみ |  2021.07.04(Sun) 23:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/6231-20eb62ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |