fc2ブログ

2021.06.15 (Tue)


野党が内閣不信任案提出の茶番劇


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

土地利用規制法案が廃案になる危険

野党が今日の午後、内閣不信任案を提出する。
否決されることを織り込み済みの提出である。
与党もそれを承知の上での茶番劇。
解散するぞと二階幹事長がコケ脅しするのも茶番劇。

武漢ウイルス退治と東京五輪の開催を控えてそんなことをしている場合か。

産経ニュース(2021/6/15)
内閣不信任案を提出 午後の衆院本会議で否決へ


立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は15日午前、菅義偉(すがよしひで)内閣に対する不信任決議案を衆院に共同で提出した。16日までの国会会期の3カ月延長を与党が拒否したことを踏まえた。不信任案の提出は安倍晋三内閣時代の令和元年6月以来。与党は15日午後の衆院本会議で否決する方針だ。秋までに行われる衆院選をにらみ、与野党の攻防は激化している。
不信任案提出をめぐり立民の枝野幸男代表は一時、慎重な姿勢も見せていたが、与党が会期延長を拒否したことに加え、先の党首討論などを踏まえ、「戦後最大の危機であるコロナ感染症から国民の命と暮らしを守る責任感や危機感が全く感じられない」として、提出にかじを切った。衆院選を控え、対決姿勢を鮮明にする狙いもある。
自民党の二階俊博幹事長は不信任案が出された場合の対応について「首相に解散を進言する」と語っていた。ただ、首相は衆院解散・総選挙の時期について「最終戦はコロナ対策だ」としている。


支那のスパイが自衛隊や原発周辺の土地を確保する事を防ぐ土地利用規制法案の成立阻止が野党の狙いかも知れない。

産経ニュース(2021/6/14)
内閣不信任案提出 与野党で思惑一致


16日の国会会期末を目前に控え、内閣不信任決議案をめぐる与野党の攻防が最終盤を迎えた。野党は不信任案を提出しても菅義偉首相による衆院解散・総選挙には直結しないと判断し、提出に踏み切ることになった。一方、新型コロナウイルスワクチンの接種拡大に自信を深める政府与党は本音では選挙を急いでおらず、不信任案を粛々と否決する方針だ。

「菅内閣不信任決議案を4党共同で提出することで意見が一致した。不信任に値する事項はあまた存在している」

立憲民主党の枝野幸男代表は共産党の志位和夫委員長、国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の福島瑞穂党首との会談後、そろって記者団の取材に応じ、不信任案提出の理由をこう強調した。
 枝野氏は政府の新型コロナ対応を「戦後最大の危機から国民の命と暮らしを守るという責任感、自覚、危機感が全く感じられない」と強調。
志位氏が「国民に長期間にわたる我慢を強いながら東京五輪・パラリンピックを強行しようとしている」と批判すれば、玉木氏も「困窮している家計や事業者への支援が弱い。補正予算を組んで速やかに対応すべきなのに、全くやる気がない」と糾弾した。
7月の東京都議選や秋までに行われる衆院選を前に、政権との対決姿勢を鮮明にするため不信任案の提出を決めた野党だが、枝野氏はかねて煮え切らない態度を見せてきた。

 提出は事実上、首相に衆院解散・総選挙を求めるものであり、「新型コロナ禍で野党が政治空白を招いた」との批判を浴びることを懸念したとみられる。

枝野氏は衆院解散について記者団に「内閣の専権事項だ。いつ、どういうタイミングでやるか判断するのは、ひとえに内閣にかかっている」と述べた。
首相が万が一、衆院解散に踏み切っても、野党に責任はないと予防線を張った形だ。

 ようやく提出を明言した枝野氏だが、その決定までに10、14日と2度も野党党首会談を開いたことに関しては「迫力が感じられない」(国民民主幹部)との不満も出ている。
 自民党の二階俊博幹事長は14日、首相と官邸で面会後、不信任案が正式に提出された場合、首相に衆院解散を進言すると述べた。ただ、政府与党内では、二階氏の発言は野党を牽制(けんせい)する「脅し」ととらえる向きが強い。
 首相がコロナ収束の切り札と位置づけるワクチン接種の拡大を見据え、与党幹部は「選挙を考えれば任期満了近くの解散が有利だ」と語り、国民の安心感を醸成した上で衆院選に臨みたいとの思惑をにじませた。
 一方、不信任案を否決するまで国会審議は止まるため、土地利用規制法案などの成立が危うくなる可能性もある。政府与党はあくまで16日までの会期内に決着させる方針で、野党の抵抗も予想される。(原川貴郎、永原慎吾)


ZAKZAK(同上)
野党4党、内閣不信任案を共同提出 与野党攻防に疑問の声…
識者「左派野党の選挙向けアピール、いずれブーメラン」


「政治評論家の伊藤達美氏は「左派野党は、菅内閣がコロナ対応優先のうえ、東京五輪の開会式(7月23日)が近いため、『衆院解散に踏み切る可能性は低い』とみて不信任案を出すのだろう。選挙向けに対決姿勢をアピールするような姿はむなしい。国会は攻めた方が責任を持つ。いずれブーメランとしてはね返る」と指摘する。」

ブーメラン野党は健在だ。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:35  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★ひょっとして・・・

どうせ例によっての「唯一の存在主張アピール=不信任決議案提出」なんでしょう。一種の「勧進帳」ポーズ(笑)。

実は「地利用規制法案の成立を阻む」活動の一環かもしれない点は要注意ですね(マジ)。
皮肉屋かも |  2021.06.15(Tue) 15:20 |  URL |  【コメント編集】

★駆け引き

野党は問題外として(どうあがいても政権奪取はできないという意味)、二階さんの思惑は複雑でしょう。

コロナが治まって任期満了の選挙で勝っても、二階さんの幹事長続投はないでしょう。
ここで無理して選挙をさせ、中国の諜報網の支援を得て中国親派を総動員して自民が勝てば、二階さんの幹事長続投ありで中国の期待にも応えられます。

私としては、それが最悪のシナリオとして心配していましたが、どうやら杞憂のようですね。
菅さんは、オリンピックを成功させ、コロナの収束を見越した時点の選挙で大勝と行かないまでも何とか勝利し、二階さんに花を持たせ交代させることが出来るのではないでしょうか。
そうあって欲しいと希望的観測をしています。
かわた |  2021.06.16(Wed) 00:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/6212-4c918e9e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |