fc2ブログ

2021.01.24 (Sun)


支那の「静かなる支配」が始まった


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今日見つけた二つのいい話

トランプ前大統領を日米のメディアはどうしてあのようにコキ下ろすのか。
尋常ではない。
まるで親の仇であるかのようである。

そんななか、今日は二つの正論を見かけたので概要をご紹介。

文芸春秋1月号
それでもトランプは歴史的大統領だった
バイデン民主党のどうしようもない空虚さの正体
エマニュエル・トッド(歴史人口学者)


202101240.jpg

米国大統領選はバイデンの勝利に終わった。

この選挙結果は「米国の民主主義が復活したことの証しだ!」
「自国ファーストから米国が世界に戻ってきた!」

と、米国内だけでなく世界中で、概ね評価されている。
「過去4年間のトランプ政権への不満や批判」がそう言わせているわけだが、私はむしろ「トランプこそ米国大統領として“歴史に足跡を残す”ことになるだろう」と見ている。

つまり、1980年代初めに登場したレーガン(およびサッチャー)による政策転換(「新自由主義」)が、その後の30~40年間(1世代)の米国(および世界)を方向づけたように、「保護主義」「孤立主義」「中国との対峙」「ヨーロッパからの離脱」といった“トランプの政策”こそが“今後30年(1世代)の米国のあり方”を方向づける。

今回の大統領選挙を見ていて抱かざるを得なかった最大の疑問は、「勝利したとは言っても、結局のところ、バイデンとは何か? 民主党とは何か?」だ。
バイデン陣営が最も前面に打ち出したのは“反トランプ”。
しかし“反”のみで自らを定義するのは、あまりに“空虚”だ。
あるいはそもそも“空虚”だから“反”でしか自己を表現できない


このところは、そっくりそのまま日本の野党についても言える。

民主党が打ち出したもう一つのスローガンは“反コロナ”だ。
トランプ政権のコロナ対応には問題もあったと思うが、しかし“コロナ対応”それ自体は、本来の意味での“政治的選択”ではない。大統領選挙で有権者に問うような“政策”ではない。

“反トランプ”と“反コロナ”。この二つのネガティブな形でしか自己定義できない民主党が“(空虚な)政策”として無理矢理ひねり出したのが、「人種問題」「黒人問題」だ。
それに対して“(実のある)政策”として「経済問題」を打ち出したのは、トランプの方である。
本来の意味での“政治”は「人種」ではなく「経済」を問題にしなければならない。
ところが、それができないからこそ、民主党は「人種問題」に特化したのだ。

そもそも「人種問題」を“政策”として掲げることは、「人種」というものを“本質化”してしまう恐れがある。「黒人」「白人」といった“カテゴリー”や「人種」という“概念”を絶対視すること自体がある種の“人種主義”に陥る危険があるのだ。いまの民主党には、まさにその傾向が見られる。


日本のリベラルが言う「性差別」や「ヘイトスピーチ」も同じだ。

WILL増刊号(2021/1/24)
アメリカで何が起こっているのか


202101241.jpg

アメリカの警察力が弱体化し治安が乱れて来た。
BLM(ブラック・ライヴズ・マター)が大きな運動になったのがトランプ氏が当選した1年後の2017年。
何人かの黒人女性運動家がサンフランシスコで「黒人未来研究所」という組織が出来た。
この団体に金を出したのが「華人進歩会」という中国資本。この研究所は「トランプ政権を倒す」という目標を掲げた。
2020年5月のジョージ・フロイド事件をきっかけに全米で「警察を解体せよ」というスローガンを掲げて「トランプは絶対再選させない」と全米で非常に過激なデモを扇動した。
BLMの人達は「自分達は訓練された共産主義者だ」と動画で自分で喋っている。
中国の金でトランプを叫んでデモという名の略奪・放火・殺人を繰り返したグループが2020年に動いたのは疑う余地も無い。日本では知られていない。これを書いたのは僕ぐらいなもんだ。


(BLMは組織化された動きではないとどこかで読んだ記憶あるが、嘘だ)

何でこれをみんな研究しないのか。隠してないか。
ここから
先は陰謀論めいて嫌がる人もいるだろうが・・・

WHOのヘドロス事務局長はエチオピアの「革命人民戦線」という暴力革命によって共産化しようとする団体のリーダーだ。
彼は1月3日に緊急事態宣言が出るまで放置した。
中国の春節が終わるまで出さなかった。
その間に大量のウルスがアメリカに持ち込まれたから、アメリカはその後トランプが完全に国境を封鎖した。
入国禁止したのにアメリカが一番酷かったというのは、そこに共産主義者達の陰謀・策謀が無かったかという事を検証しなければならない。
緊急事態宣言をした時にヘドロスは北京にいって習近平と会った。武漢に行くべきではないか。
武漢に行かずにそのまま帰った。
これは陰謀論ではなくてファクトだ。
日本の大手メディアも月刊WILLも検証して行かないといけない。


このあと米国カリフォルニアの慰安婦問題とBLM運動の構造がまったく同じで、BLMの本部もカリフォルニアにあり、ナンシー・ペロシの選挙区だと指摘。
歴史を仕掛ける人達のある種の拠点だと。

民主党がホワイトハウスに入り、大統領も上院も下院もトリプルブルー(民主党)になった。

ポンペオは辞める日に「ウイグルでジェノサイド(人民虐殺)が起きている」と足跡をつけた。
民主党はこれをひっくり返せるのかと民主党に置き土産を残した。
非常に戦略的で素晴らしいことだ。
去年の春から「サイレント・インベージョン(静かなる侵略)」と言われているが、もはや「サイレント・ドミネーション(静かなる支配)」が始まっている。


続いてメディアは「最大の戦犯だ」と指摘していた。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:11  |  2020 米大統領選  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★差別利権

差別を作り出し、利権化させるのもサヨクの特徴ですからね。
差別が依り細分化して不満分子が増え、不満が高ければ票に成り金に成ったりで得をするのがサヨクの特徴ですので、実は差別を解消する気が、全く無いのもサヨクの正体です。

民主党のバイデンが不法移民の大量受け入れを表明したのは、社会的に恵まれない層を作り出して、支持勢力を増やしたい狙いが有ると見られてます
昔の左翼は、共産主義にユートピアを見てましたが、今のサヨクは資本主義でデストピア建設を目指してる居るんでしょうね。
ソ連を含む東欧圏、共産圏の崩壊が、世界を複雑に依り不幸にしてしまうとか、皮肉ですね。

そんな、闇に覆われそうな世界の希望の光がトランプ大統領の存在でしたね。
シベリア帰り |  2021.01.24(Sun) 23:30 |  URL |  【コメント編集】

痛快とも言えるこの記事で鬱々とした心が晴れました。
ありがとうございます。
もも吉 |  2021.01.25(Mon) 10:56 |  URL |  【コメント編集】

★チャイナ・北朝鮮・バイデン(株アメリカDS)

このトップの状態を見るとこの先メタメタになりそうである。
北朝鮮・チャイナ・(株)アメリカとも影武者が、居るようで問題児ばかりが世界のこの先を左右しそうである。
一度影武者達を並べて見てみたいね。
寅さんは、アメリカ共和国を創ることで奔走している。
日本も本来の日本に立ち戻る精神的自立国家が、必要かと思う。
菅さんは、頼りない。チャイナ族議員の排除も必要であろう。
今年は、尖閣で海警の砲撃が、ありそうだ。海自の潜水艦で一発撃沈できるチャンスだ。
そうすればチャイナは、チジミあがって何もできないだろう。
日本が自立すれば周辺国は、手も足も出ない。
katachi |  2021.01.25(Mon) 12:05 |  URL |  【コメント編集】

★日本を追い込み買い叩く

>>あるいはそもそも“空虚”だから“反”でしか自己を表現できない。

>このところは、そっくりそのまま日本の野党についても言える。

 そうですね。彼らは、アンチとかカウンターでしか自己表現ができません。既存のものを否定しこき下ろす手法しかないのです。
 それを扇動して他人のカネと労働力と、そして流血でもって実現しようと企みます。成果は自分たちが取るつもりなんです。変な宗教のヒエラルキーと同じです。共産党の非民主主義と下っ端党員の有り様と同じ。彼らは、新しい全体主義なのです。

武漢肺炎の災厄のために、飲食店が休業廃業に追い込まれています。これにつけ込んで、店舗を買い叩く転売ヤーがいないか気がかりです。転売先は、昨年のマスクと同じ特定外国の企業かも知れません。
弓取り |  2021.01.27(Wed) 10:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/6065-7185abac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |