fc2ブログ

2020.12.28 (Mon)


女性をめぐり今日感じたこと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

妊娠したベトナム女性

いまNHKのニュースを脇見していたら、妊娠したベトナム女性の問題を取り上げていた。
実習生として日本に来たが、研修期間中に妊娠してしまった。
借金はあるし生活が困るのに、採用した会社は配属先も決まらない内に妊娠したとしてクビにするという。
可哀そうな女性は日本の支援者に現在支援して貰っている。
政府は国際交流と言いながら労働力不足を補うのが目的だと司会者は憤慨していた。

確かに異国に来て妊娠してしまった女性は可哀想だ。同情する。
だが、待てよ。
妊娠するには相手が要る。
政府の責任というより女性を孕ませてしまった男の責任がまず第一だろう。
妊婦にも責任が無いとは言えない。

番組は雇用主が女性にきつい言葉で叱っている音声を再現していた。
女性には人権ナンタラ協会という支援者が付いて居たから、おそらく彼女に密かにテレコを持たせて音声を録音させたのだろう。

卑怯である。

ネットで「ベトナム実習生 妊娠」と調べたら次々と事例が出て来た。
支那人やベトナム人の嬰児死体遺棄事件がここ数年起きている。
どうやら日常茶飯事らしい。

朝日新聞は相変わらず悪いのは政府のような言い方だ。

朝日新聞(2020/12/11)
「妊娠ばれたら帰国…」双子の乳児死体遺棄 実習生起訴


実習生の妊娠をめぐる問題は全国で起きているが、制度の周知や支援は進んでいない。

松野信夫弁護士は「外国人技能実習制度は建前で外国人に技術を身につけてもらうことを趣旨とするが、実際は日本の労働力不足を低賃金で補っているのが実態」と指摘。


制度や支援に問題があるかのような内容だ。
労働力不足と女性の妊娠とは関係はない。

話変わって、「夫婦別姓」問題で野田聖子議員が気炎を上げている。

自民党内の保守派の努力で「夫婦別姓」の法律改正を「さらなる検討を進める」と譲歩してなんとか食い止めたのは既報の通り。

しかし、あの野田聖子議員が「さらなる検討を進める」と明記したことを「前進だ」と評価した。
その上で、「子ども家庭庁」の創設を提言した。

いまでも乱立した省庁に、更に下らない庁を新設してどうする。

時事通信(2020/12/27)
夫婦別姓、政府計画で前進=「子ども家庭庁」創設を
野田聖子氏インタビュー


自民党の野田聖子幹事長代行は時事通信のインタビューに応じ、政府が25日に閣議決定した第5次男女共同参画基本計画で、選択的夫婦別姓について「さらなる検討を進める」と明記したことを「前進だ」と評価した。
一方、政府の従来の少子化対策は「ピントがずれている」と指摘。司令塔となる「子ども家庭庁」を創設し、まとまった財源を確保して包括的に取り組むよう訴えた。

 主なやりとりは次の通り。

 ―夫婦別姓をめぐる表現は後退との指摘も。

 「検討」でもベクトルは前だ。私は一番深く関わってきたが、ずっと議論させてもらえなかった。今回、党内で政策闘争になり、反対派が「議論の場をつくれ」と言ったのだから、実を取った。

 ―党内の雰囲気も変わってきた。

 衆院予算委員会(の質疑)で、菅義偉首相が賛成というのが明らかになった。推進派は若手の男性議員が主導し、国民に寄り添う自民党の多様さを見せてくれている。


安倍前首相のような歴史観や国家観が無い菅首相には辞めてもらうしかない。

 ―政府の少子化対策は。

 本質的な議論がなく、ピントがずれている。このままだと少子化で国がぺしゃんこになる。だが、男性議員が不妊治療政策を手掛けるなど様変わりしてきた。皆が女性政策だと思っていたものが、実は国民政策だと気付き始めている。


夫婦別姓で少子化に歯止めが掛かるとはお馬鹿さんである。


 ―少子化克服へ、妊娠出産支援や仕事との両立支援など政策の優先順位は。

 全部「いっせいのせ」でやりたい。司令塔を担う「子ども家庭庁」をつくり、未来投資として交付国債のような形で相当の財源を付ければ劇的に変わる。


税金の無駄遣いは止めてくれ。

 ―政府は待機児童対策の財源を児童手当縮小で捻出する。

 付け替えでは駄目だ。せっかく不妊治療にお金を付けて出産を増やすのに、出産一時金は増やさないなど、トータルな流れができていない。パッケージでやるべきだ。

 ―党総裁選へのスタンスは。

 総裁選にはいつも「出る」と(言っている)。だが、女性だというだけで味方がいないし、無派閥で孤立している。「野党に来れば」とよく言われるが、自民党を変えなければ国は変わらない。


10名の推薦人が集まらないので総裁選に出られない議員は野党に行けばいい。
石破茂議員と同じ。

 ―何を掲げるか。

 主義としてではなく、プラグマティック(実用的)なジェンダー平等。女性がアクティブになれば子どももおのずと増える。女性がいっぱいいっぱいで子どもを諦める現状は国の大損失だ。


女性が社会的に「アクティブになれば」子供はおのずから減る。

 ―菅氏は無派閥で総裁になった。

 菅首相はずっと私の天敵だった。安倍政権下で総裁選に出ようとするたびに盾になり、応援してもらったことはない。だが、今は無派閥という負荷を背負いながらここまできたという仲間かな。派閥に依存していない分、自分で判断する癖は似ている。

野田は安倍前首相と一緒に講演するときは必ず「安倍さんと私は同期です」と自己宣伝していた。
いやな女である。

 ―菅政権の現状をどう見るか。

 世界中が新型コロナと闘っていて、答えがないときはいら立ちが生まれる。首相はマスコミの目をそらすような戦略的なことをせず、剛速球。それが取りえでもあり心配だ。 


この対談でも野田議員の浅はかなところがよく分かる。
広く知られている家庭事情は敢えて問わない。

女性の味方を装っているが、決して味方ではない。権力への執念があるだけだ。
いまは二階幹事長の添え物になっているが、一刻も早く野党に行くがいい。
間違っても首相にさせてはならない。
間違う事は無いだろうが。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:11  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★アメリカを見習え!

 アメリカのグローバリストに対する反グローバリストの戦いを見習い、我が国のグローバリストの絶滅を図る運動を期待したい。

 親中・韓派の自民党、野党の大方の議員、および財界、司法界、報道界のそれらを絶滅したいものだ。

 掲題の安倍氏の同期が自慢の野田聖子など、”野党に行けばよい”どころか議員資格の剥奪が正当だろう。
tbsasahinhk |  2020.12.28(Mon) 23:43 |  URL |  【コメント編集】

★ラジオでも

NHKは女性・外国人は被害者・善という報道ばかりで、猛烈に違和感があります。男・日本人でも被害者にもなるでしょうに。また少子化は景気を良くするのがいちばんの対策の筈なのに、何を言っていたのか。それから待機児童と謂うけれども長時間保育は悪影響があるのでは?今、言う人がいなくなりましたが。
雨老人 |  2020.12.29(Tue) 00:19 |  URL |  【コメント編集】

★税金を取ろうとしただけ

今晩は。

元々、女性の社会進出は、自然発生的なことではなく、アメリカでウ~マンリブ運動を利用して、女性が労働者としてカウントされ、所得税を取りやすくしただけのことがきっかけです。それにより、単純計算で、男性の所得が女性に移転して、男性一人だけの収入では一家を養えなくなってしまっただけの話なのです。

男性並みに社会人として働きたいと考える女性はいつの時代にも少数は居たでしょうから、そうした人達を愚生は否定はしませんが、飽く迄少数であろうというのが本来の近代以降の人間社会です。

ですから、多くの女性が社会で働くのは結婚まで、というのは実に合理的な社会である訳で、決して女性蔑視とかそんな低次元の話ではありません。多くの老若男女が不自然な状態に置かれて、物心両面で不幸になっているだけなのが現代社会です。

過ちを改むるに憚ることなかれ、は先人の素晴らしい言葉で、現代人はよく噛みしめて実践すべきでしょう。
素浪人 |  2020.12.29(Tue) 02:34 |  URL |  【コメント編集】

★こんにちは

私も野田さんは国の舵取りに関わる人間ではないと思います、考え方も私生活も問題ありです。

マスコミが伝えない大事なことを今年も教えていただき ありがとうございました。

どうぞ良いお年を。

raffine |  2020.12.30(Wed) 10:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/6032-ba94ef91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |