fc2ブログ

2020.12.04 (Fri)


バイデン側の不正行為が次々と明らかに


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


バイデンの不正行為を報じない日米メディア

12月2日(米国時間)に行われたトランプ大統領の一時間近い演説を、日本のメディアの多くは完全に無視した。

ネットで調べてもその全文はまだ見つからない。

Total News Worldによれば、反トランプのCNNが「演説は民主主義の価値を貶めた」と猛批判。

CNN(2020/11/4)
トランプ大統領の演説、民主主義への危険性示した46分間


過去4年の間、民主主義が厳しい局面を迎える場面は幾度もあったが、ここまでその価値がおとしめられたことはなかった。2日の午後、不平不満を46分間にわたりまくし立てたトランプ米大統領の狙いは、選挙結果の無効化だった。

トランプ氏が演説で持ち出した数えきれないうそと陰謀論をここで繰り返すつもりはない。演説は以下の壮大な宣言で幕を開けた。「これは私が今まで行った中で最も重要な演説になるかもしれない」。なぜ重要かと言えば、この演説こそまさに退任の決まったこの大統領が望んでいることだからだ。つまり、メディアが自分の発言を報じてくれるからだ。その結果、うそが粉飾され、何か新しい、より意味のあるものに見えてくるのをトランプ氏は願っている(そして一部のメディアは、実際にそれを行うのだ! 保守系の放送局や出版社は、この演説を正当な大統領演説のように報道するだろう。すでに虚偽と証明されたくだらない話を、大統領の口から出たそのままに伝える。まるで実際には議論の余地がある内容であるかのように)。

今回のトランプ氏の行動は、くだらないもしくは恥ずかしいといった次元を超えてしまった。今や事態は、まさしく危険な領域に突入している。
(以下略)

プロジェクト・ベリタスはCNNの「トランプ大統領を追い込む」という上層部の毎朝の電話会議の内容を暴露した。

このアカウントはその後「凍結」された。

大紀元も報じている。

大紀元「電話会議のリーク、CNNは大慌て」

毎日のようにトランプ叩きをしている新聞は・・・

毎日新聞(2020/12/03)
追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載


米大統領選での敗北を認めていないトランプ大統領は2日、「広範な不正があった」などと主張する演説の映像を自身のフェイスブックに掲載した。根拠のない「不正説」に批判が高まり、政権に近いメディアですら報道を控えることが増えている。追い込まれたトランプ氏が支持者に直接訴える手段に出た形だ。
(中略)
(演説では)いずれも立証されていない事例を列挙した。 【ワシントン高本耕太】


毎日新聞も「トランプを追い落とせ」という編集会議の内容を録音されないようご注意あれ。

今日の「虎ノ門ニュース」では藤井厳喜氏が選挙に不正があったと証明している。

藤井厳喜
「これが真っ当な選挙か、真っ当な民主政治か?
民主党も共和党の一部の人達もそこまで堕落している。
トランプ大統領を引きずり降ろすまでどんな不正選挙をしてもいいという所まで来ている。」

「日本ではアメリカで起きている状況をまったく正確に伝えられてない。
産経新聞まで『トランプは根拠のない主張をしてるんだ』と言って恥じない。
いったい特派員は何をやっているのか」


ワシントンの黒瀬悦成・平田雄介両記者の記事は2日に記事でご紹介したが、その前に一面に編集長の署名記事でトランプ大統領が勝利宣言をしたといわれのない非難をしたのはご承知の通り。

ハインションでお馴染みの「闇の熊さん」は今日も絶好調!

ジョージア州の集計所では、共和党員が席を外した隙に何千もの投票用紙が追加された映像が監視カメラに録画されていた。

CNNによればバイデンは・・・

「自分が大統領になったら100日間、国民にマスクを付けてもらう、これで(感染の)大幅な減少が見込める」

・・・と言ったそうな。

熊さん
「お前らさあ、安部さんがマスク配った時に、アベノマスク! こんなの意味あるか!と超バカにした。
なんでこんな時にバイデンさんを褒め讃えてるの!
大丈夫か日本のマスコミ」


インターネットが無い時代だったら、真実は誰も知らなかっただろう。
しかし、今は既存メディアの嘘や悪意に満ちた世論誘導を暴くことができる。

大統領選挙の行方はまだまだ分からない。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  2020 米大統領選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★WWⅢが始まっている!

 大統領選挙の戦いは、トランプ氏とバイデン氏の戦いという限られたものではなく、20世紀初期から続いている表社会と裏社会の戦いが表面化した壮絶なものだということがはっきりしてきたものだと云える。

 裏社会の闇の力は、想像を絶する強力なもので、一つの国を陰で操れる工作員を金で縛り、目立たずに威力を発揮していたのだが、今回はしなくも表に出ざるを得ない作戦に見事に引っかかったのはトランプ氏のおかげだと思う。

 どちらが勝つかは、現状ではアメリカ国民の力量にかかっているとしか言いようがないが、アメリカの国民が裏の社会に敗れるということは、我が日本を含め全世界の世情が一変するといってもいいほどの影響がある。

 アメリカが国内戦争で戦っているのに、我が日本の現状は、相変わらず”桜、モリカケ,学術会議未承認問題”しか討議されない議会、事態の沈黙を守るマスコミの体たらくは何を意味するのか。

 ただトランプ氏側の勝利を切にに願って、祈っているだけの自分が情けない。
tbsasahinhk |  2020.12.05(Sat) 13:15 |  URL |  【コメント編集】

★それを言ったらオシマイよ

電話会議の内容のことです。
トランプ氏は未だ法的には現役の大統領。
何をするか分からへんで!
茶どら |  2020.12.05(Sat) 13:33 |  URL |  【コメント編集】

大統領気取りでテレビの前でスピーチするバイデン氏。マスコミにお膳立てしてもらい、それを知る多くのアメリカ国民の前で数々の不正で手に入れようとしている汚い大統領の椅子でも嬉々として座るバイデン氏の小者感が半端ない。恥ずかしくないのか。マスコミが国の将来よりも自分達の目先の利権を優先する世界。まさに多民族国家のなれの果てではないだろうか。



なつみ |  2020.12.05(Sat) 15:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/6004-11ac64c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |