fc2ブログ

2020.11.01 (Sun)


学術会議の真相が分かる「Hanada」12月号


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

もはや解体しかない

202011010001.jpg
目次2(1)目次1(1)

長谷川幸洋氏の「学術会議騒動の悲劇的結末」は今回の騒動の本質を突いている。

「菅政権の下で、学術会議は大きく姿かたちを変えるだろう。その結果、左翼は必死に守ってきた既得権益を手放さざるをえなくなる。赤旗が始めた政権攻撃は、会議の抜本的見直しという『左翼にとって悲劇的な結末』を迎えそうだ。」

学術会議の真相が明るみに出るにつれて、反日メディアや共産党などの野党は「学問の自由」という声を上げなくなった。
「学問の自由」を奪ったのは学術会議そのものだということが明らかになって来たからである。

学術会議は即刻、解散せよ!(島田洋一)

島田教授は産経新聞のコラム「正論」でも「廃止しかない日本学術会議」と書いている。

菅首相は学術会議の会員の大部分が旧帝国大学の教授だと指摘した。
福井県立大学の島田教授は勿論会員ではない。

蓮舫は一点の曇りない愚かさだと批判している。

「立憲民主党の蓮舫代表代行が、政府による6人の任命見送りを『まさに密室政治そのものではないか』と批判したが、学術会議の候補決定過程こそ密室政治そのものだ。
 蓮舫氏はまた、「学問の自由に対する国家権力の介入であり、到底看過できるものではありません」とした立憲民主党の声明を引きつつ、「声を上げ続けてください。間違いは世論の力で正せます」ともツイードしている(10月10日)。
私はそれを見て「利権にしがみつく俗物左翼のためになぜ納税者が声を上げねばならないのか。国民はそこまで馬鹿ではない。蓮舫らしい、一点の曇りもない愚かさだ」とSNSで発信したが、首相官邸の前でシュプレヒコールを上げる人々なならいざ知らず、政治家ならもっと深い構造に目を向けるべきであろう」


首相官邸の前で、はずされた小沢隆一(東京慈恵医大教授)はシュプレヒコールを上げていた。

学術会議の暗部
共産党に牛耳られた「巨塔」
驚くべきその正体とは(鼎談:櫻井よしこ・門田隆将・奈良林 直)


櫻井よしこ氏「言論テレビ」の収録版。
この三人に掛かっては日本学術会議も形無しだ。

あの「安倍首相を叩き斬ってやる」の法政大学山口二郎センセに科研費4億円とか。自分を殺す相手に4億円もの税金を呉れてやる馬鹿は居ない。
学術会議が如何に税金の無駄遣いか、無駄遣いどころか反日組織の資金源になっている。
この番組をNHKは地上波で流して欲しいものだ。
おなじ税金の無駄遣いをしている放送局として。

武漢ウイルス、中国に賠償請求は可能か(九段靖之介)

「主権免除」という国際原則があるものの生物兵器との関連が証明されれば可能だという。

 トランプはオバマ・ケア廃止以外の主な公約をほとんど実行した。公約に正直だ。そのトランプが大統領選で勝てば、中国に責任を取らせるとした公約の実行が期待できる。バイデンには何の期待もできない。
 各国の経済成長率が揃ってマイナスを示すなか、中国だけが1.4%増の見通しだ。世界中に悲惨な被害を撒き取らしながら開き直る中国に何のペナルティも科さずに済ませるわけにはいかない。


NHK元会長が提言
「尖閣に米軍基地を」(籾井勝人・遠藤誉)


支那通の遠藤氏と革新派故にNHK会長を追い出された籾井勝人氏の対談。
支那は安倍前首相の実弟である岸信夫防衛相就任にショックを受けたらしい。
岸氏は台湾派だからである。
ブログ主は岸信夫氏は将来首相になるものと期待している。
尖閣に自衛隊が出れば支那は反発するから米軍基地を。
しかしメディアが猛反発するだろうと言う籾井氏に対し、日本のメディアはジャーナリズムとしての矜持が全くないとマスゴミ批判。
メディアの言うように支那は孤立などしていない、支那経済を強くして軍事力を強化してとはならないと遠藤氏。

「ベルリンに"大量生産" 慰安婦像」(山岡鉄秀)

ベルリンの「売春婦像」は撤去命令が出されたものの撤回された。

「今回、ゲアハルト・シュレーダー前首相と彼の5人目の妻である韓国系のキム・ソヨン氏が、慰安婦(同上)撤去反対運動に加わっていた」

ドイツでは反ナチ教育が徹底され、彼らにとっては昭和天皇はヒトラーだと。
とんでもない話だ。
一緒にしないでくれ。
菅首相は直接メルケル首相に電話して撤去を要請すべきである。

「若者」に見離されて朝日新聞、激減(門田隆将)

安倍政権を支えたのはオールドメディアに騙されなかった若者達だった。
オールドメディアは神通力を失った。
若者たちは「モリ・カケ・サクラ」の印象操作に騙されなかった。

 安倍政権発足前、ドリーマーメディアの象徴的存在だった朝日新聞の都数はABC公査の数字で約760万部。しかし、安倍退陣の2020年8月、ついに500万部を割り込み499万部となった。
減った部数は260万部を超える。毎日新聞の発行部数をはるかに超える数の購読者を朝日は失ったのだ。
 かくて、若者を味方につけた安倍政権は、印象操作報道に打ち勝った。史上最強政権は、その上で去っていったのである。


蒟蒻問答
「トランプの相手は武漢ウイルスだ!」(堤 暁・久保紘之 対談)


第一回目のトランプ・バイデン討論会を見た久保氏が「ボクと堤さんの蒟蒻問答みたい」と思ったそうだ。
バイデンが喋ろうとすると一気に畳みかけるトランプ。
自分はバイデンだと。
蒟蒻問答を読むといつもそう思っていたので笑った。
学術会議は国費の無駄遣いだからヤメテマエと両氏。賛成である。

日本のメディアは第一回目のトランプ大統領の態度を批判していたが、今日、いやあれはトランプの勝ちだとする主張を読んだ。
いまやトランプ最後の巻き返しでトランプ勝利の声が上がって来た。
ブログ主は期待も含めてトランプの勝ちだと最初から思っているが。

「バイデン氏、韓国との同盟強化を約束、米軍縮小の脅し使わず」(ロイター10月31日)ではダメだ。

話はまったく変わって、「ボケない食事」(白澤卓二)から。

「俺より先にボケてはならぬ 
俺より後にボケてもならぬ
オリーブオイルで俺もおまえもピンピンコロリ」


105歳まで活躍していた日野原重明先生は毎朝100%のフレッシュジュースに大匙1杯のオリーブオイルを入れて飲んでいたそうだ。

「明日やろうは、バカやろう」
いますぐやる、がボケないための第一歩である


現役バリバリのあなたもどうぞ。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:55  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★旧帝国大学と言っても。

戦後GHQによって左翼学者に入れ替えて続いた世襲学者だろう。
保守系は、誰一人いない。
共産党が、絡んでいるのがその証拠だ。
共産党は、国から助成金を貰わないと言っているが、こう言うところから税金をくすね赤旗を全国の市町村に押し売りして金を搾取し、組合からも搾取する。自民は、助成金と寄付金だろうけど。
共産党だって金は、必要だ表面の清貧の姿を国民に見せ裏は、搾取だ。
共産党本部の建物も何処から出た金か解ったものじゃない。
左翼学者の限界が、見えて来た。
今後、中立的立場の学者を大学に入れなければ科学の進歩は、絶望的になる。
左翼思想には発展性がなく息詰まるだけだ。
今迄の共産国のノーベル賞は、平和賞のみだろう。
世界に実質何も貢献しないんだよ。
共産主義者DSの悲惨で閉塞的な自己満足思想に過ぎない。
似非ユダヤの自己処罰的破壊思想とでもいyか精神病の典型だよ。
katachi |  2020.11.01(Sun) 11:48 |  URL |  【コメント編集】

★タイは頭から腐る。サヨクは全身がくさってる。

学術会議危機一髪ですね。いいぞ、どんどんやれ。

「大鉈を振るうべき学術会議と弁護士会」八幡和郎
なんかも興味深いです。
これらは、構造的に似ている印象がありました。元弁護士会長で、都知事選にも出馬した餃子の人なんかも、何かワンパターンな学術会議弁護するんじゃないかと、笑う準備をして待ってるのに、まだかな。
弓取り |  2020.11.02(Mon) 00:12 |  URL |  【コメント編集】

★【 相撃ち 】


 問題は二つある事を忘れては成りません!

 日本学術会議が不適切に運営されているのでは無いかと云う疑惑と、菅総理の行為が日本学術会議法と憲法第73条1号の法律誠実執行責務に反しているかも知れないと云う疑惑です。

 菅総理の遣ろうとしている事は正しくても、遣り方が不適切なのです。

 日本学術会議が適正に運営される様に成ったとしても、菅内閣が1年経たずに総辞職する可能性もあるのです。

 日本学術会議が適正に運営されることは国益ですが、菅内閣によって法律が捻じ曲げられる事は、国民の不利益です!
三角四角 |  2020.11.03(Tue) 21:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5966-6abde5b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |