fc2ブログ

2020.09.30 (Wed)


安倍首相の功績纏めた「WILL11月号」も永久保存版


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍総理ありがとう

20200931(1).jpg

2020093009(1).jpg

「WILL 11月号」は「Hanada」と同じく安倍総理ありがとう特集号。
どちらもそれぞれ優劣を付け難いが、今回は有意義な対談の多い「WILL」に軍配か。
「Hanada」の「蒟蒻問答」の向こうを張った「甘辛問答」(石原慎太郎・亀井静香)は別として。

「朝日調査 安倍評価71%の意味
国民は安倍さんを待っている」
(櫻井よしこ、ケント・ギルバート対談)


辞任表明の記者会見での記者の態度は酷かった。
「お疲れさまでした」と言ったのはただ一人。
後のバカ記者は「後任は誰か」「モリ・カケ・サクラの責任を果たすのか」などと言い募るばかり。支那の脅威や日米関係の質問はゼロ。

ケント
「今回の引き際は見事。無礼な記者とは違って、まっとうな日本国民は安倍さんに感謝している。朝日新聞はなぜ安倍さんが嫌いなのか」

櫻井
「答えは簡単、本気で憲法を改正しようとしたから。
石破さんは事実上の護憲派」

ケント
「メディアは石破さんの『裏切りの歴史』をまったく報じないどころか、モリ・カケ・サクラを党内から追及した "勇気ある政治家"などと紹介している」


安倍外交の実績にも触れている。
大国のリーダー達を動かした安倍外交には舌を巻く。
今まで、このような総理は日本に居なかった。

日本時間の今日午前、トランプ・バイデンの公開討論会が行なわれたが、支那は民主党のバイデンの勝利を願っている。
対支那の関税を即刻引き下げると公言しているかウェルカムだ。
民主党政権になれば尖閣諸島で中立を宣言し、醜菌兵と三度も会談したライス元大統領補佐官が要職に就くという。
日本もアメリカも民主党政権になったらオシマイだ。

「安倍総理が日本を取り戻してくれた」
(阿比留瑠比・小川榮太郎対談)


安倍総理の動向に詳しい産経新聞の阿比留論説委員と「徹底検証『森友・加計事件』――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の著者である小川榮太郎氏の対談。

阿比留
「政治家は選挙が命です。その選挙に6度続けて大勝利を収めたトップに対して、自民党内では感謝の気持ちが見受けられない。まるで自分の力で勝利したような顔をしている。
モリ・カケ・サクラのときに、自民党の有志が集まって、みなで検証し、その上で発表するなど、そういった応援姿勢があればよかったのに」

阿比留
「それまで朝日の報道に反発する政治家なんていなかった。
朝日の主筆だった若宮啓文氏は『安倍の葬式はウチで出す』とまで豪語しましたが、朝日からすると、安倍さんの存在そのものがトラウマであり、もはや生き甲斐なのです」

小川
「安倍晋三だからこそ叩き甲斐がある。朝日の気持ちもわからないでもないな(笑)
そうなると、安倍さんの再々登板を誰よりも望んでいるのは朝日というわけか」

阿比留
「そういうことですよ。石破さんや野党のチャンスが『反安倍』キャンペーンなのですから、再々登板を切望してやまないのではありませんか」

小川
「実際には、まだまだ『安倍さんの季節』は続くでしょう」


安倍前首相と朝日新聞の確執は・・・

それにつけても憎っくき朝日新聞」(増 記代治「世界日報」メディアウォッチャー)

「かくして安倍家と朝日の闘いは『60年戦争』となった。安倍氏は一政治家に戻っても拉致被害者を取り戻し、悲願の改憲を果たすには病との闘いだけでなく、朝日とも闘わなければならない。『60年戦争』はいよいよ最終戦へと向かう。
心ある国民は安倍晋三氏と共にあるだろう」


「安倍外交の勝利 中・韓のゴリ押しは許さない」
(高山正之・武藤正敏対談)


ご存知、武藤正敏元駐韓大使と敬愛してやまない高山正之氏の異色の対談。

「政府はなぜ尖閣学術調査を拒むのか
ゴーマン中国ら『ノー』と言え」
(加地伸行・城内実対談)


これも異色の対談だ。

「世界の要人から寄せられた安倍総理への称賛とエール&イヤミ」も秀逸だ。
「Hanada」にはイヤミは載っていなかった。

テレビで辞任会見を見て「泣いちゃった」と云った松任谷由実を罵倒した白井聡、それをフォローした米山隆一。
その男と最近結婚した室井祐月は「お祝いに泡の出る飲み物(ビール)を飲みたい」と。

「安倍に言いたい、お前は人間じゃない。叩き斬ってやる!」の山口二郎、青木理、鮫島浩一、前川喜平、立川談四楼、高田延彦、ラサール石井、ビートたけし、指原莉乃などの香ばしい人々の「祝辞(?)」が並ぶ。

アンチ安倍の連中も安倍ロスを味わっているようだ。

精神の高潔
安倍総理はなぜ硫黄島の地に伏したのか」(橋本琴絵)


突然、滑走路で跪かれ。埋められている遺骨を確認するかの
ように撫でられた。そして、合掌し、深く瞑目された・・・


2020093005.jpg
2020093006.jpg

「WILL 11月号」も永久保存版である。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:06  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5928-79fed9e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |