FC2ブログ

2020.09.22 (Tue)


度し難き支那・韓国に日本は強く当たれ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

狡猾で生意気な支那と韓国

日本でのマイナンバーの普及率が低い事とその問題点について昨日ご紹介したが、日本はスパイ天国であると同時に外国人泥棒天国であると以前から言われている。

朝日新聞が取り上げ、韓国の中央日報がそれを報じた。

監視カメラの増設は人権侵害だと批判し、住基ネットカードは「国民総背番号制」で個人情報ダダモレだと国民の不安を煽った朝日新聞がよくぞ言えたものだ。

朝日新聞(2020/9/20)
「日本は韓国より空き巣しやすい」 男が語った防犯事情


日本の家は空き巣に入りやすい――。兵庫県警が今年、窃盗などの容疑で逮捕した韓国人の男(72)は、取り調べにこう話したという。隣国同士で街並みも似たように見える日韓。だが防犯をめぐる事情はだいぶ異なるようだ。
 「なぜ、わざわざ日本で空き巣をしたのか」。捜査関係者によると、取調官の質問に、男は通訳を通してこう答えたという。

 「韓国では小さな路地にも監視カメラがあり、住宅地にも大阪・ミナミくらいの数のカメラが設置されている。泥棒はできない」

 県警によると、この男は2019年に韓国から2人の仲間と空き巣を目的に来日。仲間たちは兵庫県警に逮捕されたが、男は逮捕を逃れ、韓国に帰国した。
 男は別の仲間3人を誘い、今年2月に再び空き巣を目的に来日。2月末から3月にかけて、兵庫、大阪、奈良の3府県で空き巣を繰り返したとして県警に逮捕された。男は神戸地裁で9月、計6件の窃盗事件で現金や貴金属品など計約2700万円相当を盗んだとして、懲役6年の実刑判決を受けた。
 県警に昨年11月に逮捕された別の韓国人の男(48)も、捜査関係者によると、「仲間から日本は監視カメラが少ないと聞いて来た」という趣旨の供述をしたという。盗んだ貴金属品はお菓子とともに国際郵便で韓国に送っていたという。
 警察庁の統計によると、刑法犯などで逮捕や書類送検されるなど検挙された来日外国人(永住者やその配偶者らを除く)の数はピークの2004年に比べ、近年は半減している。刑法犯で検挙された人に占める来日外国人の割合は、1990年代からほぼ2~3%の間で推移している。
 国籍でみると、韓国は約6%(2019年)。全体に占める割合は多くないが、特徴的なのは、窃盗犯の手口別でみた時の空き巣の割合の高さだ。
 捜査関係者によると、逮捕された韓国人の容疑者はおしなべて「日本は韓国より空き巣をしやすい」と話すという。

 どういうことか。
 韓国事情に詳しい神戸大の木村…
(以下有料記事)


韓国人犯人は有罪となり、懲役6年の実刑判決を受けたというが、6年間も日本国民の税金で飯を食わせるのか。
こんな犯罪者は犯罪人引き渡し法に基づいてトットと本国の韓国に送り返し、二度と入国させないようにすべきである。

朝日新聞は外国人の犯罪は半減し、韓国人は僅6%だと強調するが、通名が当たり前の現在分かったものか。

韓国人の通名はいますぐ廃止すべきだ。
少なくとも報道は通名ではなく韓国名を使うべきだ。

彼等は日本政府に無理矢理改名させられたと主張しているのだから。

中央日報(2020/9/21)
「日本は韓国より空き巣しやすい」…日本に「遠征窃盗」の韓国人の告白


支那の醜菌兵はトランプ政権を「一国主義だ」と批判したという。
自国民はもとより、ウイグル族を虐待し、香港を我が物にして世界制覇を目指す醜菌兵がよくぞ言えたものだ。

産経ニュース(2020/9/22)
習氏「一国主義は八方塞がり」 国連ビデオ演説で米政権批判


菅首相はその醜菌兵と25日に電話会談するという。
最初が肝心だ。
醜菌兵の訪日も含めて絶対に譲歩するな。
香港問題や尖閣諸島問題について触れないようであれば、国民は菅首相を見切るべきだ。

産経ニュース(同上)
菅首相、習近平中国主席と25日に電話会談へ 就任後初


菅義偉(すが・よしひで)首相が中国の習近平国家主席と首相就任後初の電話会談を25日に実施する方向で最終調整していることが22日、分かった。複数の日本政府関係者が明らかにした。首相が就任のあいさつをするとともに、両首脳は日中が重要な隣国であることを確認し、懸案も含め意思疎通していくことを確認するとみられる。
日本の首相が中国の国家主席と電話会談するのは、平成30年5月に安倍晋三前首相が習氏との間で行って以来。新型コロナウイルス感染症を理由に延期している習氏の国賓訪日が話題になる可能性もある。首相はこれまで「具体的な日程調整を行う段階ではない」と話している
首相が中国公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺への領海侵入や、香港問題を話題とするかも焦点となる。
新型コロナ感染症対応では連携を図る考えで一致するとみられる。


総理ではないという立場だから言えるかもしれないが、甘利氏の発言を参考とすべきだ。

産経ニュース
中国「恫喝も平気」 自民・甘利氏、国際機関での影響力拡大を懸念


経済再生担当相を務めた自民党の甘利明税制調査会長が産経新聞の取材に応じ、国際機関で事務局トップなど多数の要職を獲得し影響力拡大を図る中国に関して「米国の力が弱まり、自信をつけている。恫喝(どうかつ)も平気だ」と述べ、国際社会に高圧的な姿勢で臨む中国に強い懸念を示した。甘利氏は会長を務める「ルール形成戦略議員連盟」で、日本人による国際機関の幹部ポスト獲得強化に向けた戦略を練っている。取材での主なやり取りは以下の通り。(以下略)

「日本人による国際機関の幹部ポスト獲得強化」は大事だ。
国連組織については発展途上国(正しくは未開発国)からの候補者を優先的に任命するというルールがある。
韓国の潘基文国連事務総長の任命もそうであったし、WTO事務局長には同じく韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が5候補に勝ち残っている。
もっともトランプ大統領はWTOからの離脱を示唆しているし、来年はWHOからの離脱も表明している。
国際機関とは名ばかりで、一帯一路で支那に取り込まれた中小国からの代表者が支那の顔色を窺うだけというのはテドロスWHO事務局長が良い例である。

「国連機構の幹部ポスト獲得強化」を狙う甘利氏の活躍に期待したい。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  支那/韓国  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

欧米は手を差し出せば手を差し返す。
日本人は頭を下げれば頭を下げ返す。
奴らは頭を下げれば後頭部を殴りにかかる。
そういった文化だから日本人と同様の対応はしてはならない、隙を見せず一罰百戒で臨む必要がある。
kazusa |  2020.09.23(Wed) 07:33 |  URL |  【コメント編集】

★スパイは、日本で本当の情報を得られているのか?

天国と言えども情報は、玉石混交であろう。
ガセネタ掴んでるケースも多々あると思う。
日本に正しい情報筋と言うのが有るのだろうか?
日本の旧民主党議員は、ガセネタ掴んで自殺したケースもあって逆にもっともらしい嘘を信じ込ませる事も可能であり日本から情報を得られるのは意外と隙があり過ぎて難しいのではないか。
つまり情報に遊びが、多いと言う事である。
katachi |  2020.09.23(Wed) 12:13 |  URL |  【コメント編集】

街角の監視カメラは人権侵害というのはトサカの赤い人種の言い分であり、
そんなものに惑わされることはない。防犯目的のカメラは社会犯罪防止の大きな役目を担っている。現在の世の中では犯罪防止に最重要である。人権侵害とかなんとか言って陰でこそこそしたい人間のいうことなど一切取り上げる必要はない。負けずに声を大にして防犯カメラの必要性を皆で訴えよう。
K&G |  2020.09.23(Wed) 17:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5920-43d9fb40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |