FC2ブログ

2009.01.15 (Thu)


憎まれ口をもう一度

赤羽女医無事帰国

エチオピアで武装集団に誘拐され5ヵ月ぶりに解放された女医の赤羽圭子さん(32)が13日無事帰国した。
命を落とさなくて良かった。

空港に着いた彼女の母親と兄を迎えに出たのは「世界の医療団」日本支部長の外国人理事長。赤羽さんとたびたびキスをして無事再会を喜んでいた。普通なら職場の友人とか上司が出迎えに来るはずなのにと不思議に思う。
この外国人理事長は「(誘拐犯と)金銭取引なしで解決できた」と述べたという。(産経新聞1月14日付) 5ヵ月もの間、人質を拘留して何の金品も受け取らなかったと信じるものは誰もいない。

彼女の帰国の挨拶は

「9ヶ月ぶりの日本。今日でやっと終わったという感じ。多くの方に支えてもらい、心からお礼を申し上げます」(産経新聞)

申し訳ありませんでしたという謝罪の言葉はない。
こんな時の通常の日本人の挨拶は「お騒がせして済みませんでした」である。
自分が悪くなくてもこう言うのが普通である。
(外国生活の中で、自分が悪くなくてもソーリーと言う事の非は別として)

日本政府は間違いなく裏でエチオペア政府を通して犯人と交渉したと思うが、国や国に税金をはらっっている国民に対して明確な謝意の言葉も無い。多分、彼女は日本人ではなく地球人なんだろう。

マスコミも通常なら赤羽さんに記者会見を申し入れて、人質になった時の様子や拘留中の様子をしつこく聞くはずである。それを一切しない。マスコミは出来るだけ表に出さないで、無かったことにしようみたいな態度だ。

今後の国際ボランティア活動のあるべき姿について国民がみんなで考えるいい材料になるのに隠蔽してしまった。マスコミはもう忘れたかのように「定額給付金」だ「造反」だ「増税」だと騒いでいる。

この件に関して前に書いた記事「赤羽女医解放に憎まれ口を叩く」に左翼リベラル派が遊ぶお花畑から反論が出ているようだ。
なかには「2人(拉致被害者)は死んでしまえと言うのか」と。
興奮しているからとは言うものの、言う事が短絡的である。
だからこのような人たちとは話し合う気は一切ないのである。
しかし、憎まれ口はこのぐらいにしよう。
身の危険を感じるからである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:21  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/585-0f640917

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |