FC2ブログ

2020.07.28 (Tue)


Hanada 9月号紹介


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


2020072802.jpg

HNNADA9月総力大特集「中国の底知れぬ恐怖」
但し表紙のド真ん中は「安倍総理逃闘争宣言」と「菅官房長官、覚悟を語る」の二大独占インタビューとなっている。

「新型コロナ 第二波は来ない」と表紙のど真ん中に置いたWILL9月号と同様な手口。

ポンペオ長官が集金PAYを名指しで批判し、ヒューストンの支那領事館を閉鎖したことで米支の対決が鮮明となった事件は9月号には間に合わなかったが、櫻井よしこ氏が集金PAYの蛮行を暴いている。

習近平の蛮行「世界大改修戦略」(櫻井よしこ)

支那が7月1日に施行した「国家安全維持法」は香港を対象にしているだけでなく、全世界を対象にしている。
尖閣諸島は日本の領土だと言えば反逆罪を適用することもできる。
支那の航空機で韓国に観光旅行をすれば「韓・支間の犯人引き渡し条約に基づいて機内で拘束される危険性もある」という。

集金PAYはいずれは人民元を世界の基軸通貨にしようとしている。
日本に支那と言う選択肢は無いがアメリカ頼みではいけない、まず第一歩は憲法を改正することだと。

この悪法の詳細を明らかにしたのが「恐るべき香港国案の中身」(福島香織)、香港の優秀な若者を受け入れることを提案している。

「安倍総理、闘争宣言」(編集長インタビュー)

7月上旬に行ったインタビュー。
悪評高かった「アベノマスク」や「星野源とのコラボ動画」の内幕、憲法改正への固い決意その他について語っている。
アベノマスクが叩かれる理由はないことも納得。
朝日新聞を始めとする反政権メディアは、相変わらず叩いているが・・・

朝日新聞(2020/7/27)
布マスク、今後さらに8千万枚を配布 不要論でも発注済


2020072900.jpg

 政府が新型コロナウイルスの感染防止策として始めた布マスクの配布事業で、介護施設や保育所など向けの布マスクの発注と製造が続き、今後さらに約8千万枚を配る予定であることが厚生労働省などへの取材でわかった。全戸向けの配布は6月に終わり、すでに店頭でのマスク不足も解消されて久しい。配布はいつまで続くのだろうか。
 「忘れた頃に突然、という感じだった」。東海地方にある保育園には、4月に続いて6月にも、職員用の布マスクが届いた。
園長(53)は「万が一の時のために備蓄しているが、今のところ出番はない。自分で使うなら、もう少し呼吸しやすい形のマスクを選びます」と困惑気味だ
(以下略)

「呼吸しにくい」というのは真っ赤な嘘。
実際に着用してみると、柔らかい綿のため顔に密着するにもかかわらず呼吸が楽だ。
上下を気にすることもなく、不要にデカいマスクで顔を覆う必要もない優れ物だということも分かる。

次期総理候補の声がやや薄らいだものの、菅官房長官のインタビューと併せ必読。
菅官房長官はブログ主の一押し。

石破だけは絶対にダメ
ポスト安倍の通信簿(八幡 和郎)


次期総理候補を挙げて論評。
石破、岸田、小泉、茂木、河野、稲田、野田、高市などの名前が上げられている。
石破・野田に厳しいのは同意。
「安定感抜群」と評価する高市には賛成だが、リベラル化した稲田の評価が高いのは今となってはやや疑問。

「石破茂が次の総理なら、喜ぶのは中国」(有本 香)

「安倍総理が国賓として招いた集金PAYの来日を止めてくれというのは礼儀に反する」と主張する石破茂を批判している。
当然である。
それよりも驚いたのは、菅官房長官に外国人ビザの発給の緩和を求めた(支那からの観光客を認めろ)鈴木北海知事が市長時代に支那に2億5千万で叩き売った不動産物件が「別の華人資本に10億円以上で転売され、放置されている」という事実だ。
地上波テレビでは「若きイケメン知事」と持て囃され、吉村大阪府知事に次ぐ人気者だが、ネットでは大村愛知県知事と同様に叩かれているとう。
赤い大地の北海都道が支那の資本に買い取られてるというのは誰でも知っている事だが、鈴木知事もそれに加担していしたとは。

空自出身議員が重大証言
ブルーインパルス妨害工作の「犯人」(渡邉康平)


医療従事者ーの感謝と敬意を表したブルーインパルスの飛行に反対した左翼の面々

立憲民主党(蓮舫、小西ひろゆき等)
共産党(志位和夫)
タレント(ラサール石井、志葉玲、蓮井透、立川談四楼)
その他(米山隆一、お馬鹿タレント室井祐月と最近結婚した元新潟県知事)


あのブルーインパルスの飛行に感激するどころか批判した者は日本人ではない。

大村愛知県知事のリコール問題を語る高須クリニック院長と河村たかし名古屋市長の対談も一読の価値あり。
愛知県議会では否決されたが、「このリコール運動を通して、死ぬ前に私の本当の姿を見せたい」という高須院長は死を予感している。

「嘘で塗り固めた女手一坊、小池百合子」(堤 暁・久保紘之 対談)


「俺はテレビで小池の顔を見るたびにヘドが出る思いだ」


分かる分かる。

女帝「小池百合子」(石井妙子)は20万部だとか。
カイロ大学首席卒業の大嘘にも花が咲く。


「小池は不快だから話題を変えようや」


・・・と支那の国家安全維持法の話題、二階俊博に気をつけろと話は尽きない。


「安倍はまだまだやれる」

久保
「トランプが再選できれば安倍四選の声も出てくるけど、あのザマじゃねえ(笑)」


「あのザマ」がトランプ大統領の事だとすれば、トランプ大統領の二選は間違いない。
「あのザマ」が安倍首相の事だとしても、四選してもらわなければならぬ。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:37  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★石橋を叩いて渡る

ponko様!いつも拝読しております。

>石破だけは絶対にダメ ポスト安倍の通信簿(八幡 和郎)
---の記事の紹介があります。
小生もその通りだと思います。

以前に、石破氏自身があるTV番組のインタビューで「小さい子供が、TVで私の顔を見ると泣き出す---と言われたことがあるんだよねえ」と云っていました。
日本の諺で、慎重の上に慎重を重ねて行動する事を「石橋を叩いて渡る」と云います。
この表現の漢字の一部を替えれば「石破氏を叩いて渡る」ともなります。
いわゆる「同音異義語」ですかね!
日本の国民・国家の為にも「石破氏を叩いて渡る」ことは重要です。
ダジャレではありません!!
日乃本太郎 |  2020.07.29(Wed) 06:00 |  URL |  【コメント編集】

★次期総理が、誰であっても日本を考えた総理で有って欲しい。

総理になる事が、目的化し日本国を考えた動きをしていない。
これには国民の命・財産・安全が、セットされている。
踏み絵を踏まされる様な行き当たりばったりの政府では困る。
日本の立場は、厳然と民主主義の国でありアメリカの同盟国である。
日本領尖閣をチャイナに脅かされながら日本の立場が、不明瞭なのは国民に目が向いていない何処を向いて政治をしているのか?
2Fは、日本の為に政治をしているのか?随分疑わしい人間である。
2Fや安倍は、アメリカに敵対するつもりか?何を考えているんだ!?
臭菌餅国賓は、当然無しだよ。天皇陛下謁見などとんでもない事だ!!
国情を見て判断しろよ。
katachi |  2020.07.29(Wed) 12:57 |  URL |  【コメント編集】

★石破?!

石破は媚中・媚姦なのはもちろんだが、そもそも人の批判や揚げ足取りだけでビジョンがない。
媚中・反日なら媚中・反日でビジョンを描け。それなら売国ながらあっぱれとなるがね。
Naga |  2020.07.29(Wed) 14:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5848-f259b412

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |