FC2ブログ

2020.06.14 (Sun)


黒人犯人圧死は人種差別だとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今日もお気楽なコメンテーターたち

TBS「サンモニ」(2020/6/14)
黒人差別に揺れる米国
"トランプ" 包囲網


2020061410.jpg

 アメリカでは共和党員ですらトランプ離れが起こっていて、パウエル元国務長官やブッシュ元大統領もトランプ氏には投票しないとCNNが報じているそうだ。
日本に当て嵌めれば自民党の石破茂党員や中谷元防衛相が安倍総理には投票しないとテレ朝(朝日新聞)やTBS(毎日新聞)が報じたようなものだ。

例えば・・・

朝日新聞(6/7)
自民・石破氏「説明不足なら自民党が終わる」と危機感


今週始まる予算委員会で首相がどういう説明をするか。国民が「そうだよね」と言ってくれる説明をなさるかどうか。Aを聞かれたら(論点をずらして)Bを答えるとか、あるいは閣僚席からやじを飛ばすとか、そういうことになったら国民が納得しない。それをやったら、もう自民党は終わってしまう。その危機感は持っている。

朝日新聞(6/11)
自民・石破氏「先週から衆院解散取り沙汰されるが・・・」


「マスクの配り方にしても、お金の使い方にしても、GOTOキャンペーンの内容にしても、色々なことにきちんと答えられないと(いけない)。
野党が支持率が低いから大丈夫だということは決して威張れた話でもなくて、野党が駄目だから自民党、ということがいつまでも続いてはいけない。(11日、派閥の例会で)


朝日新聞(5/19)
自民・中谷氏「許されない答弁、国民の理解得られない」


「(検事長の定年延期について)国会の審議を見ていても、決定の基準はこれから検討しますということで、非常に許されない答弁が続いている。これでは国民の理解は到底得られない

CNNの世論調査ではトランプ大統領が劣勢だと。

2020061400.jpg

姜尚中
「トランプ大統領のまずさで党内がガタガタになってる感じだ。
オバマ政権の10年間はなんだったろうかと。
黒人系の大統領で10年も続いたの何だったのか。
副大統領のバイデン氏は本当に今の人種差別に向きあえるような人なのか。
アメリカは二大政党制でニッチモサッチモ行かなくて、黒人系の反対してる人達にとってはドッチもドッチだ。」


姜センセ、 畳語(じょうご 繰り返し言葉)がお好きなようで・・・

リベラル派オバマ政権のポリコレにうんざりした白人が中心になってトランプ政権を生んだ。
トランプ大統領は日本にとっては危なっかしい所があるものの、今のところ安倍首相が上手くハンドルしている。

風をよむ レイシズム(人種差別主義)

2020061403.jpg

姜尚中
「対岸の火事で見てはいけないと思う。
私自身の中に内なる白人がある。
小さい頃からアメリカ映画に憧れて、何が美しいか何が醜いかは白人の視線で見てきた。
何が価値があるのか、歴史の中の何がメインなのかも全てやっぱりそれで見てきた。
自分の中にこびりついてる。」


いやこれには驚いた。
姜センセは自分を白人だと思っていたのか。
センセには白と黒のふたつしかないらしい。
ブログ主は自分は日本人だと思って今まで生きて来た。

姜尚中
「それは多分20世紀がアングロサクソンが中心になる時代だったからだと思う。
人種差別主義の究極はホロコーストになってドイツは批判された。
フランスもベトナムとかアルジェリアで痛い目に遭った。
ところがアメリカとイギリスだけは戦勝国としてずうっと一貫してこのまま来ている。
この中で今回初めてアングロサクソン的な世界が表している、資本主義も含めて、これはおかしいじゃないかと。
これが白人の人達の中でも出てきたとのは新しいと思う。
私達の時代は人種差別主義と帝国主義と植民地主義とナショナリズムの4点セットだ。この4点セットがいま噴き出していて、これを見直したいという動きが出ていると考えると、日本にとって非常に大きな問題を投げかけられていると見た方がいいと思う」


資本主義やグローバリズムは入っていないのか。

御高説はさて置き、黒人犯罪者のフロイドを圧死させた白人警官は間違いなく悪い。
しかしそれをここまでの大騒動(集団ヒステリー)に仕立てたのは一体何処の誰だ。
誰が得をして誰が損をするかと考えると、姜センセが指摘しなかった支那の存在が浮かび上がってて来る。

元村有希子(毎日新聞論説委員)
「イギリスやアメリカで銅像を倒すと言うのは分かり易い行動だ。
白人中心史観を問い直す動きだと思う。
アジア系の私達にとっても、いままで何か片寄った歴史だと思っていた所を問い直すのはいいことだが、銅像を水に沈めて終わりというのはちょっと違っていて、バンクシ―さんも銅像を引き倒している人も含めて銅像に残した方がいいと言っている。
バイジニズムという言葉が出て来ている。
つまり衛生的である事とレイシズムの合成語で、アメリカでやってるような中国原因説が広まって行く事がとても心配だ


バンクシーとお友達らしい。
武漢ウイルスは支那が原因である事は間違いないのに「とても心配だ」とは世界中の国から賠償金の請求書を突き付けられるのを「とても心配している」支那の味方か。

安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
「差別やヘイトの問題は日本の中でも深刻な状態で残されている。
ネットの書き込みなども非常に深刻だ。言葉の暴力が身体的暴力に比べて軽いという事もこの問題で伝えて行かなければならない」


我田引水でピントはずれ。

松原耕二(BS-TBS「週刊報道LIFE」キャスター編集長)
「差別の根っこにあるのは異なるものへの恐怖心があると思う。
トランプ大統領の支持者の白人の話を聞いた時に、オバマ大統領、つまり黒人が大統領になった事で今度は自分達がやられちゃうんじゃないかと疑心暗鬼が始まったと。
今後、白人がマイノリティになるなかで、どういう風になっていくのか。加速するのではないかというのを物凄く懸念する」


アンカーとしては随分お粗末なまとめだ。

関口 宏
「むつかしい問題です」


お気楽なMC。

殺されたジョージ・フロイドは心理学者のフロイトを思い出して何か違和感があるが、白人警察官と過去にガードマンとして一緒に働いていたという。
顔馴染みだったというから何かワケがあったかもしれない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:34  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★内なる白人とは、洗脳されている意味が、ある。

姜尚中は、未だに内なるアメリカを抱えているのか?
多くの日本人は、そんな表層的アメリカを脱却している人が、多いと思う。
歴史的に見てアメリカを正当化出来る歴史は、ほとんどないと言ってよろしい。
全て白人の欲が、生み出した戦争で有り略奪である。
それに反旗を翻したのが、先の大戦ではないか。
特に日本は、大義名分が、有った。ドイツ・イタリアは、どうであったろうか?
日本は、白人に抗して良く戦い連合国と言う複数国のいじめにあって負けはしたがアジア諸国の独立と民族解放を勝ち取り多大な貢献をした。
白人の横暴に比べ、何ら恥じる事の無い無我無欲の戦いであったと思う。
この心理を白人は、永久に理解出来まい。
アメリカは、白人優位の既得権を守ろうと必死であるが有色人種の人口増加で白人は、劣勢に立たされている。
日本は、弱肉強食のアメリカの様な国を手本に出来ない。
まるで動物の淘汰でしかないではないか。
姜の内なる過去のアメリカは、でっち上げられた下等なものである。
katachi |  2020.06.15(Mon) 11:07 |  URL |  【コメント編集】

黒人差別デモというよりは、黒人暴動にしか見えないんですけどね。よくアフリカなんかで起こっている反体制暴動、内戦、果てはコロナ等の災害が起こった時に見せた食料の奪い合い。何十年たってもテレビを通じてのユニセフからの呼びかけ「アフリカ難民に寄付を、子供たちに食べ物を」は、終わらない。それこそ暴れるばかりでなく左翼がよく言う「話し合い」で解決すればいいんじゃないでしょうか。また、差別のない日本でも大阪、東京で外国人少数が前面に出て後は多数の日本人が参加したデモがありましたね。共産党の小池氏も参加されていたようです。それよりも三蜜になるのでコロナの方が心配なんですけど・・・。国会議員なのに呑気ですね。
松原氏は、政権批判が仕事だと思っているのか何も勉強してないようで、いつも中身スカスカです。身構えだけは取り繕っているようですが。
なつみ |  2020.06.15(Mon) 13:59 |  URL |  【コメント編集】

6月15日12時のNHKのニュースで黒人が警官に射殺される時の映像を見たら
飲酒運転で逮捕されそうになった黒人が逃げ出し、それを追いかける警官に、
逃走中の黒人が振り向きざまに銃を向けて発砲している感じであり、打たれて
も仕方がなかったのではないだろうかと思った。その逃走犯が白人でも同じ状況
だったら打たれていたと思われるから、黒人差別とは言えないと感じました。
米国のあの騒動は某国が裏で煽っているのではないかとも感じています。
おっさん |  2020.06.15(Mon) 16:26 |  URL |  【コメント編集】

★達観・諦観!

 日本の政界、財界、報道界、司法界等の劣化が尋常でないと思っているが、アメリカのそれも大差ないのではないか。

 トランプという個性の強い、カリスマ性のある大統領をもってしても、昨今のアメリカの情勢を如何ともし難い現実を見ると、”民主主義””の限界を感ぜざるを得ない。

 人間の産み出した民主主義が他のどの制度よりベターだと多くが認めてきたものの、人間の知恵の限界を見る思いであり、この先の運命は神の摂理によってどのように変化するのか、自分の目の黒いうちに見られるのかどうか見てみたい気もするが大いに不安である。
tbsasahinhk |  2020.06.17(Wed) 21:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5798-993ac2d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |