fc2ブログ

2020.04.11 (Sat)


「新型コロナ恐慌後の世界」(渡邉哲也)のご紹介


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


202004110001.jpg

多くの著書や、ネットの「教えて! ワタナベさん」でお馴染の渡邉哲也氏が、いつものように分かりやすく支那武漢ウイルス問題を解説し、支那を巡る世界の今後の情勢の変化を予知した好著。

テレビのワイドショーを見る前に本書を読んでおけば、コメンテーターの連中の嘘を暴くことが出来る。

著者はEUからイギリスが離脱したいわゆるブレグジット(BritainとExitを結語した造語)について、いままで詳しく解説して来たが、グローバリズムの恩恵を受けて急成長した支那とGAFA(グーグル、アップル、フェースブック、アマゾンの4社)に危機が迫っているという。

行き過ぎたグローバリズムや支那に依存したサプライチェーンの弊害が、今回り武漢ウイルス事件で計らずも明らかになったのは不幸中の幸いか。

支那の傀儡WHOの(へ)ドロス事務局長の祖国は支那の一帯一路に犯されたが、「国際機関のトップは貧しい新興国から選ばれるという不文律がある」とは知らなんだ。
そういえば国連のかつての事務総長は韓国人の潘 基文であった。
国連内で韓国人贔屓をしたためにクビになったと噂されていたが。

支那は本書が上梓される前、新型ウイルスを退治したと誇示し、封鎖していた武漢を開放した。
喜んだ武漢の何万人もの人々は集金PAYに感謝しながら各地に飛び出していった。
そもそも武漢ウイルスを世界にまき散らしたのは春節(正月)に何十万という武漢民が世界に飛び出していったからだ。
またもや感染が心配である。

トランプ大統領は支那を経済的に追い込んでいこうとしているが、軍事的にも優位を保とうとしている。
いま入ったニュースによれば、横須賀所属の米駆逐艦「バリー」が支那と台湾の中間線を越えて支那側に航行していたことが分かった。

産経ニュース(2020/4/11)
【独自】米艦が新型コロナでも挑発の中国に対抗か
米艦、台湾海峡の中間線越え


2020041111.jpg

著者は「アメリカの現状を見据えて、チャイナリスクを『損切り』する必要がある」と強調し、損切りできなかった日本政府の失態だと厳しい。

同時に武漢ウイルスの感染拡大とインターネットの拡大では日本のメディアに打撃を与えるという。
結構なことだ。

「メディアの支配構造は、グループ資本による新開、ラジオ、地上波、BS放送の独占という縦糸(産経フジ、朝日テレ朝、毎日TBS、読売日テレ、日経テレ東)と、電通、博報堂、大手芸能プロダクション、大手制作会社という横糸により成立していた。
 しかし、現在、このどちらもが苦境にさらされている。
(中略)
ワイドショーや報道番組は賞味期限が短いため、コンテンツの再販が難しいからだ。
(中略)
新型コロナウイルスの感染拡大は、メディアにもっとも大きな影響を与えるものと推測される」


しかし「皆様のNHK」は子会社を作って再放送の代わりにDVDを製作販売している。
観てもいない視聴者から高い受信料を強制的に徴収している一番許せない存在だ。

「すでに電通も赤字化しており、テレビ局や新聞社も体力が低下しているなかで、イベント中止の損害は計り知れないものになっている。そして、どこかが倒産すれば、その負債の連鎖により制作会社など弱いところから連鎖倒産が始まるることも予測される」

今回の武漢ウイルス事件は「日本の親中派に大きなダメージを与えた」と筆者はいう。
もはや集金ペイの国賓招待は来年になっても無いのではないか。
政財界の支那への過度な傾倒が今回の武漢ウイルス事件で明白となった。
インバウンドがあ!とかサプライチェーンがあ!とか言い募って来たメディアやコメンテーター達が間違っていることも明かになった。

日本は支那への過度の依存を断ち切る時に来ている、今がそのチャンスだと本書は訴えている。

目次を見ると思わず読みたくなるところは実に本作りが上手い。

【目次】

プロローグ
「新型コロナ」恐慌で始まる負の連鎖

 過去最大の暴落が繰り返された理由
 新型コロナで中国への資金の流れがとまる
 中国とともに巨大化したGAFAに迫る危機
 金融破綻寸前の「第2のサブプライムローン」
 資金枯渇で中国のIT企業は壊滅する
 アメリカはこの機に中国との「縁切り」を加速
 中国と手を組むグローバル企業への批判
 世界中でGAFA規制が強化
 次々と頓挫GAFAの新規事業
 新型コロナは中国とGAFAの「終わり」の始まり

第1章
「武漢ウィルス」で中国はどこまで崩壊するか

 グローバリズムにとどめを剰したブレグジットと新型コロナ
 そして中国から外国人がいなくなった
 中国をとことん追い込んでいくアメリカの目論見
 感染爆発を生んだ中国の情報隠蔽と初動対応の遅れ
 チャイナマネーで機能不全を招いたWHO
 日本の技術が世界を救う
 瓦解へ向かう中国経済
 崩壊する世界的なサプライチェーン
 各産業へ広がる深刻な被害
 世界経済損失は100兆円以上にのぼる!?
 中国のデカップリング(切り離し)が始まる
 感染はアジアからヨーロッパへ 
 操業を再開した中国への懸念と始まった言論弾圧

第2章
アメリカは弱り目の中国を、こうして潰す

 アメリカと中国の「第1弾合意」の本当の意味
 「第2弾合意」は実現可能か
 新型コロナで「脱中国」がやりやすくなった
 中国の切り離しを加速させるECRA
 新型コロナによって中国人との共同研究が潰れる
 SDNリストに入れば金融制裁が発動
 日本でもアメリカと連携した脱中国が一気に進む
 「中国製造2025」の実現はもう不可能
 日本経済を守るためにも憲法改正は必要だ

第3章
危機を乗り越え日本は繁栄する

 新型コロナが日本に与える影響
 中国を損切りできなかった日本政府の失態
 日本の対応変更を急げ
 新型コロナで透けて見える日本メディアの終焉 
 メディアと政治の関係が変わる
 ネット参入を目論むNHKの問題
 日本にまともな野党がいない弊害 
 新型コロナで見えてきた「次の首相」「次の次の首相」
 ポスト安倍総裁をめぐる党内の混乱
 ハイテク製品の根幹を握る日本の強み
 新型コロナによる景気悪化には財政投融資を活用せよ
 コンパクトシティで日本を強靭化せよ
 動き出した日本政府の「スーパーシティ構想」

第4章 
グロ―バリズムの終焉で逆転する世界

 冷戦終結からグローバル化が加速して世界経済
 グローバル化のなかで中国に吸い取られた日本企業
 新たな冷戦と脱グロ―バリズム
 世界貿易戦争後から反中に向かった世界
 独立派が勢いづく台湾
 両岸問題と「一国二制度」という欺瞞
 脱中国で感染拡大を阻止、高まる台湾の存在感
 台湾でも中国への投資は半減
 日本もアメリカも台湾を中国の一部としては認めていない
 強化へ向かう日米台の連携
 「台湾はすでに独立している」

第5章
新型コロナ後の世界

 遅すぎたWHOの初動対応
 日本の親中派には大きなダメージ
 西側諸国が「バンブーカーテン」を構築
 難民危機がふたたびヨーロッパを襲う
 新型コロナの感染はどこまでいくか
 中東の感染拡大が世界に与えるインパクト
 アメリカの中東関与はますます縮小
 新型コロナが引き起こす国際秩序の変化

おわりに



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:14  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★2Fの存在価値は無くなった。

臭菌餅の来賓は、日本の土を踏めないだろう。
これだけ世界に新コロを拡散してどの面下げて来れるのか?
陛下もご迷惑な話だろう。
安倍は、2Fに押されて臭菌餅を招き入れようとしたが国民の大半は、反対である。
今チャイナは、武漢を開放し始めたが2波が、襲って来るのでは無かろうか。
日本は、またもやチャイナを入れようとしている既に新たに3000人入国との情報が、流れている。
日本の誰が、許可しているのか?是非知りたいものである。処罰者だ。
国は、勝手にチャイナ人を入れ国民に金も払わず自粛を要請?何様だ!!
内閣の議員は、国に金返せ!危険を撒き散らす国賊は、安倍と言う事になる。


katachi |  2020.04.12(Sun) 10:33 |  URL |  【コメント編集】

★日本の位置

イラクのサダムフセインはアメリカの支援を受けて勢力を拡大したが、反米路線を取ったら戦争を仕掛けられ殺された。

イランもパーレビ国王の時代は親米だったが、イスラム革命でホメイニ師が帰国して反米に転換し、今ではアメリカの次の戦争相手第一候補になっている。

アメリカ(の外交政策を決めるユダヤ国際金融資本)は、自分の味方で言うことを聞く国は同盟国と見るが、ひとたび反米になりると戦争も辞さない。つまり、日本が反米親中国家になると、またアメリカとの戦争に引き摺り込まれる可能性がある。
 
この意味で、親中はあり得ない。中国は強欲で信用できない嫌な隣人だと知った上て付き合うしかない。
さよならサヨク |  2020.04.12(Sun) 10:56 |  URL |  【コメント編集】

★集近閉厳禁

思えば、武漢肺炎ウイルスは
キンペーの国賓来日阻止を実現し
支那の国家としての脅威をあからさまにしたという「功」の面もある。
当方は3密厳禁を集近閉厳禁と呼んで、自らの行動を戒めておりますwww
くるみ |  2020.04.14(Tue) 09:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5723-8f328514

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |