FC2ブログ

2020.03.29 (Sun)


武漢ウイルス、今の政治は信頼出来ないと青木理


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


フジTVの「日曜報道 The Prime」に比べてTBS「サンモニ」の武漢ウイルス論議は予想通りまことにお粗末だった。

ロックダウンに否定的な理由を挙げて編集。
青木理センセは日本の政治に対する不信をぶちまけていた。

関口 宏
「ちょっと細かい話になりますが、パンチコは良いですか?あれで」


堀 賢(順天堂大学大学院教授)が失笑しながら良くない理由を説明していた。
関口はパチンコは良いと言って欲しかったのか。

番組はドイツの「ホームドクター制」を賛美していた。

ナレーション
「ドイツのホームドクターは患者の一人ひとりの病状を把握しているため、電話でも重症化するリスクが高いかを判断できるといいます」


電話だけで判断できるとはドイツの医者は占い師か。

ナレーション
「そしてリスクの低い軽症者には自宅待機を指示し、患者によってはPCR検査を手筈を整えるなど振り分けを行います。
こうした仕組みを通してドイツでは現在、徹底的なPCR検査を行っています。
その結果、症状に合わせた医療が提供され、命が守られているのです。」


ドイツは素晴らしい!
それに比べて日本は・・・

2020032901.jpg

「日本のPCR検査は圧倒的に少なく・・・」、

ナレーション
「医師が検査が必要だと判断しても、保健所から断られた事もあったと言います」


堀賢(順天堂大学大学院教授)に「日本には日本の理由がある。検査の数が少ないから日本が悪いというワケではない」と反論されていた。

青木理
「スペインとかイタリアで医療崩壊が起きたのは財政難で医療予算や社会保険をカットした事が原因になっている。
一方で、ドイツはかなり緻密な医療体制で致死数を抑え込んでる。
韓国はMARSの教訓でかなり検査体制を早期に充実させた。
台湾はかなり早期に抑え込みに成功したことを日本もキチンとみて、今後の日本の医療体制をどうするかを見なくちゃいけない。
日本は世界一の高齢化社会率で、国の借金もひどい。」


「国の借金」というデマをまだ性懲りもなくばら撒いている青木理センセ。

青木
「完全にシャットダウンした方が感染は止まる。経済的に見れば死人が出る。
両方とも正しい。
この正しいことを調整するのはまさに政治の役割だ。
その政治を信頼できるのか。
今回、東京はワンテンポ遅い。
ボクの先入観かも知れないけれど、オリンピックの延期が出るまで、まったく動きが無くて、突然、小池さんが出て来てロックダウンだと言う。
これって、ひょっとしてたオリンピックのために検査を抑えてたんじゃないかとか、危機感を煽らない様にしてたんじゃないのかという疑念を僕は持つ。
こういう事をしてると、政治や行政に対して、やっぱり信頼を持てなくなる。
今回、良く目を凝らしてこの政治は果たして信頼に値するかという事を考えなくちゃいけない」


証拠も無く、思い込みだけでデマを流すのは評論家に値しない。
この緊急事態に「政治を信頼しない」と言って何が出来るのか。
戦時中に国民が一体になってアメリカと戦っている時に、足を引っ張ったのはゾルゲなどロシアのスパイや支那のスパイなどのコミンテルンだったということを忘れてはならない。

【追記】

 北海道新聞、中日新聞(東京新聞)と共に西日本新聞は反日3大ブロック紙だが、今日の西日本新聞は何故かマトモである。

西日本新聞(2020/3/29)
PCR検査、なぜ受けられない? 幅広い検査に三つのデメリット


聖路加国際病院(東京)QIセンター感染管理室マネジャーの坂本史衣さんは「感染の発生状況、医療体制などによって、誰を対象にどのように検査するかは異なる。国や地域の人口規模と件数だけを見て単純に比較できるものではない」と言う。その上で「軽症者や症状がない人など、幅広く検査することはデメリットの方が多い」とし、三つの問題点を挙げる
 一つは検査の不確実性だ。感染していても「陰性」と判定される偽陰性、感染していないのに「陽性」となる偽陽性が一定数生じる。PCR検査の場合、正しく陽性と判定できる割合(=感度)は高くて7割、専門家によっては3~5割とされる。偽陰性となった人は自由に動き回って感染を広げる恐れがある一方、偽陽性は入院となり行動が制限されてしまう。
 二つ目は検査の手間と人員不足の問題。検査技師であれば誰でもできるわけではない。トレーニングが必要で「いくら検査キットがあっても、技術者がいなければできない」と言う。
 最後に「軽症者が検査を求めて病院へ行くことには、基礎疾患がある人にうつすリスクがあり、非感染者の場合は逆にうつされる可能性もある」と指摘する。
 早期発見、早期治療を求める声については「早く見つけても重症化を防ぐことはできず、対症療法以外にできることはない。ただ、症状が悪化した人には人工呼吸器の処置などを素早く進める必要がある。軽症の人で病床をふさぐのではなく、必要な人がきちんと検査を受け、入院できる病床を確保すべきだ」と話す。
 現在、国内で行われるPCR検査の目的は(1)重症者の発見と救命(2)クラスター(感染者の集団)の発見と対応-という2点。検査件数について韓国と比較されることも多いが「韓国ではメガクラスターといわれる大規模な集団感染が複数起きており、状況が違う」。
 国の検査基準に首をかしげる専門家も一部いるが、クラスターが疑われるケースでは軽症の人も検査している。坂本さんは「『感染者数を少なく見せるために検査をしていない』という陰謀論も聞くが、そういったことは一切ない。一人一人が限られた医療資源を大切に使うことを考えてほしい」と話している。 (本田彩子)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:05  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

-「パンチコは良いですか?あれで」-
って、関口氏がこんな事を言うなんて、何か裏がありそうですね。まあ、どうせこの時期は客が入らなくて、減収で苦しい状況にあると思う。ならば、国に規制されて休業となれば補償金をたかれます。その時は、団体をあげて法外な金額を要求してくるでしょう。その下心があって、関口氏に言わせているのではないでしょうか。

なつみ |  2020.03.29(Sun) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

★なつみさん

なるほど!
それで合点が行きました。
ponko |  2020.03.29(Sun) 23:53 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。
相変わらずノー天気にケンサガーをしているワイドショーがあるのですね。
偽陰性、偽陽性の問題を除いても
絶賛する韓国でさえ5000万人中25万人しか検査していないのでほとんどの無症状の感染者は野放し、検査をしても拡大防止にはならない。
軽症者を検査しても治療法はないので風邪と同じ処置しかない、ならば陰性陽性にかかわらず、風邪の症状が出たら安静にして人に移さないように心がければよいだけだ、人の集まる場所に行くなど愚の骨頂、よって検査不要。

感染の疑いの濃い人間や濃厚接触者に絞り込んでいるのだから感染が広がり、対象が増えれば検査数は心配しなくても多くなる、今の状態は感染が広がっていないことだと気づかないのでしょうか?

他国とに比較より日本国内での検査数推移をモニタリングした方が良い、検査数が増えれば感染拡大している証拠、ここで下手に検査の基準を変えればモニタリングできなくなる。
kazusa |  2020.03.30(Mon) 07:54 |  URL |  【コメント編集】

★サンモニ役立たず

自主規制をしないパチンコ屋、そこに頻繁に通う愚か者。ここ絡みで、感染なかったのか疑わしいですね。コロナが済んでも、客足が遠ざかることを願う。

日本の補助金に、まっさきに殺到するのが外国人となるのは、本末転倒です。わかりやすい例として、ちょうせん学校が日本の補助金を当然のように要求し、それに応じる自治体がある異常さ。地獄の民主党政権でのお子ちゃま手当てで、不適切な祖国在住を含めた数十人の申請があったことなどが挙げられます。

サンモニって、日本のメディアの悪いところを濃縮したような番組なんですね。
弓取り |  2020.03.30(Mon) 10:11 |  URL |  【コメント編集】

★ホームドクター制ってドイツだったのか。

戦前の日本は、ドイツを手本とした医療制度だったからそう言えば昔、医者が一般家庭に往診していたなと言う記憶がある。
戦前の医者が未だ現役で戦後も動けていた時代ですね。カルテもドイツ語だった。
離島では、町医者の家庭往診が、有るみたいだけど。
アメリカ式に変わってから家庭の往診は、僻地・離島を省いて無くなった感じです。

志村けんさん亡くなりましたね。お悔やみ申し上げます。
katachi |  2020.03.30(Mon) 10:40 |  URL |  【コメント編集】

★ドイツ首相スピーチ: 武漢肺炎について18.03.2020

ドイツ首相スピーチ: 武漢肺炎das Wuhan-Virusについて18.03.2020
-

里美です。

【Ein Fernsehnachrichtenprogramm in Deutschland】

Das Fernsehnachrichtenprogramm <ARD tagesschau> aその2

[ARD EXTRA] "Es ist ernst!" - Merkel-Ansprache zur Corona-Ausbreitung [18.03.2020]
[Frau Angela Dorothea MERKEL (in Hamburg, Westdeutschland 17.07.1954-) war 10.04.2000-07.12.2018 Bundesvorsitzende der CDU und ist seit dem 22.11.2005 Bundeskanzlerin der Bundesrepublik Deutschland.]
https://www.youtube.com/watch?v=4YS20YQbVE4
A敦子 |  2020.03.30(Mon) 13:42 |  URL |  【コメント編集】

katachi 様
この内容とは関係ありませんが、今でも千葉県柏市柳戸には家に来てくれる
医院があります。不便な地域ではありますが。
おっさん |  2020.03.30(Mon) 16:21 |  URL |  【コメント編集】

韓国か中国へ行け
ななし |  2020.03.31(Tue) 00:24 |  URL |  【コメント編集】

>証拠も無く、思い込みだけでデマを流すのは評論家に値しない。
いやいや、青木理さんは政治コメディアンであって、評論家ではないですから。
証拠もなく、対案もなく、ひたすら失笑を買うことを目的としているのです。
名前非公開 |  2020.03.31(Tue) 20:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5707-5a260d25

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |