FC2ブログ

2020.02.15 (Sat)


支那に迎合するTBS報道特集「News23」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

支那武漢発の新型ウイルスを批判せず、
護衛艦「かが」の空母化を批判


和歌山県の病院を金平茂紀キャスターが深刻な顔をして支那武漢ウイルスの取材をした。
仁坂吉伸和歌山県知事は笑みを浮かべて「大事なことは全部言って置く。あの辺が危ないとワアワア言ってもしょうがないでしょ。だから正しく情報を管理する」と語っていた。

笑みを浮かべて語るのは不謹慎だと思うが、深刻面をした金平茂紀キャスターへの皮肉か。

賀来東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授
中国とのリンクがない、関係が追えない感染例が増えて来たので、新しい段階になったと考えて行くことが必要。
日本全国どこでも感染が起こりえる状況だ。封じ込めるというのではなくて、この現実を見てどうするかということを考える一番重要な時期に来ている」


封じ込めるのではないというなら、どうすれば良いのか。
日本は封じ込めに失敗したということなのか。

「中国とのリンク」は決して消えない。
集金PAYが昨年暮れに新型ウイルスを公表さえしていれば、世界中に支那武漢ウイルスを撒き散らさなくて済んだはずだ。
この時既に何万人かの支那の国民が海外に出てコロナ菌を拡散している。
集金PAYが武漢新型ウイルスを認めていれば、国際社会にこれほど大迷惑を掛けずに済んだ筈だ。

いち早く新型ウイルスの危険を医者仲間に知らせた医師は官憲に一時拘束され、患者の治療行為の中で感染して死亡した。
現場をネットでリポートして政府の対応を批判していた青年は行方不明になった。
全て支那の共産主義独裁政権のせいである。

日本を始めとして国際社会に大迷惑を掛けた支那の集金PAYを日本政府は今年4月に国賓として迎えるのか?
ちとえ4月前にウイルス騒動が終息したとしても、あり得ない話だ。

度々書いているように、天安門事件で国際社会の批判を浴びた支那が天皇陛下(現上皇)を利用したという過去の失敗を繰り返してはならない。

なお同番組は「現代によみがえる空母」と題して、「戦争は嫌だ」と兄が戦死した89歳の女性に語らせ、護衛艦「かが」の空母化を批判していた。

ナレーション
「安倍政権は本格的な議論を尽くさないまま、護衛艦の空母化を決めてしまった。憲法学者は専守防衛が形骸化したと指摘する」


2020021505(1).jpg

青井美帆教授(学習院大学法科大学院)
「憲法の扱いが軽いという事も恐らくあって、少なくとも戦後日本国憲法が出発した時に防衛のためのみならば防衛力を持つことが出来るけれども、他国に出掛けて行く事はないというのが常識だった。
かつて理解された専守防衛では少なくともない筈」


当たり前だ。
アメリカさんに憲法を作った貰った74年前の1946年とは国際状況がまったく変わっている。
74年間も憲法を改正しない愚かな国は世界広しと言えども日本国だけである。

古庄幸一元海上幕僚長
「みんな反対だと思う」

ナレーション
「政府が空母化に固執化する理由は中国の海洋進出だけではない。
トランプ大統領に売りつけられる戦闘機を運用する見方が強い」


悪いのはアメリカであり買わされる日本だとTBS。

基地監視団体「リムピース」の男がインタビューで「爆買いだ」と政府批判。
「爆買い」は支那からの観光客のことだが?

伊藤俊幸元海将
「上から降って来た。NSC(国家安全保障会議)からやれって来たから」


ご存知の様にアメリカNSC日本版を創設したのは安倍晋三首相である。
それが悪者になっている。

香田洋二元自衛艦隊司令官
「空母を正当化するために垂直離着機にしている。
海空自衛隊がアタフタしているのは自分達が考えてもいないことをやらされているという事」


いつも正論を唱える御両人とは思えない。
発言を切り取りされたのではないか。
当ブログの過去記事でも、「いづも」の進水式に支那が難癖をつけたと書いた。

空母化を批判しているのは支那だ。
という事はTBSは支那の走狗ということになる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:16  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

時々思うのですが、スパイ防止法のない日本ではどれだけの人がマスコミなどで、或いはそれ以外の所でそれなりの高い地位などにつき日本脆弱化に加担しているのだろうかと。憲法学者ってそもそも憲法の研究者という事なんだろうけど、9条の番人のような存在にもみえる。日本国憲法は、読んでみると確かに理想的である。しかし、日本一国だけが保持していても世界は平和にならない。全世界が同一にこの憲法をもってこそ意味があるのだから、学者は日本にばかり細かくこだわるのではなく、この憲法を広めるべく世界中を行脚すべきだと思う。
なつみ |  2020.02.16(Sun) 00:50 |  URL |  【コメント編集】

自衛隊の元高官が空母保持に抵抗を示されるのは、現憲法下で手足を縛られた
自衛隊が空母を持ってもまともに使えないことを心配して言っておられるのだ
と思います。それよりも早く憲法を改正して、自衛隊ではなくまともな軍隊にし
なければならないのではないでしょうか。
おっさん |  2020.02.16(Sun) 06:49 |  URL |  【コメント編集】

★ウクライナに学ぶ

ニュース女子♯248で、 ナザレンコ・アンドリー氏(ウクライナ人留学生・政治評論家)が日本を脅かす「間接侵略」の問題点を指摘していた。
それは、①スパイ工作 ②サボタージュ(破壊工作) ③影響力工作--だ!
日本はロシアに間接侵略されたウクライナから学ぶべき点が多い!
もちろん、日本を狙っているのはChinaだ!!
この番組はYouTubeでの視聴がまだ可能です。
皆様!ご覧あれ!!
日乃本太郎 |  2020.02.16(Sun) 07:41 |  URL |  【コメント編集】

HTMLタグが見えてますよ💦
通りすがり |  2020.02.16(Sun) 15:06 |  URL |  【コメント編集】

初めまして。
ちょっと気になったので初めてコメントさせて頂きます。

>「空母を正当化するために垂直離着機にしている。
これ、恐らく殆どの方が「空母」と言えば米軍の戦闘機が
カタパルトから轟音立てて発艦するシーンを思い浮かべると思いますが
実際あの種の装備を搭載した空母は世界広しと言えど
米軍しか保有出来てません。
何故ならその費用がトンデモナイからです。
射出システムしかりです。
その証拠に、軍拡に熱心な露中ですら発艦システムは
甲板が、せり上がりのジャンプ台式ですからね。
垂直離着陸式なのは、最新米戦闘機にも見られるように
様々な経費的理由に依る部分が大きく影響しているからです。
仰るように、切り貼りコメントか元自衛官の発言を
何か変な印象誘導のような発言に見えたので
コメントさせて頂きました。
今国 護 |  2020.02.17(Mon) 13:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5659-3438974c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |