FC2ブログ

2020.02.03 (Mon)


ウイルス猛威、支那と野党を批判した櫻井よしこ女史に喝采


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本政府にも注文をつけた

メディアは武漢発の新型ウイルスのトピックス一色である。
阿鼻叫喚の支那の現状、新型ウイルスは怖いか怖くないかの論争、品不足のガーゼやネットで特効薬とされる飲食物を求めて狂乱する人々。
ウイルスの感染者は爆発的に増え、死者も急増。3次感染まで認められている。
しかもこれは表面的な数字でしかないという予感。
こういう非常事態にそれぞれの国民性があらわれて来る。

櫻井よしこ女史の主張はいつも説得力があるが、今朝の産経新聞「美しき勁き国へ」は特に切れ味鋭く、溜飲の下がる思いがした。

新型ウイルスに対処できない支那の独裁者・集金PAYと枝マメ某やR4を始めとする日本のお馬鹿さん野党を徹底的に斬り、返す刀で政府に対支政策の展望を示せと注文をつけた。
いちいち御尤もである。

緊急条を盛り込む憲法改正の必要性も説いている。
昨日ご紹介した「サイテーモーニング」の青木某は「憲法に緊急事態条項が必要だなんて、とんでもないことを言う人も出て来る」とコメントしていたが、櫻井女史はその「とんでもない人」の一人である。

櫻井女史の「美しき勁き国へ」はネットでは登録会員限定になっているが、広く読んで頂きたいので、部分的に引用させて頂く。
産経さんごめんなさい。
今回だけご容赦。
一人でも多くの人に産経新聞を購読して欲しいという一念からである。

櫻井よしこ
「美しき勁き国へ」(2020/02/03)


新型肺炎 対中戦略示せ

 習近平体制の限界か。
 中国全土と世界20力国以上に拡散した新型コロナウイルスは、中国共産党一党支配は本質的に人間を幸せにしない、中国は国際社会における信頼に足るリーダーはあり得ないと世界の人々の心奥深くに改めて刻み込んだのではないだろうか。
その認識は国際政治の潮流に大きな変化をもたらさずにはおかないだろう。
 この局面で、わが国の与野党双方が重要な課題を突きつけられている。外交・安全保障に直接の責任を負う政府および与党は、新型ウイルス問題がえぐリ出した一種絶望的な体質の中国共産党に対する21世紀の日本の大戦略を描いてみせなければならない。また、国民の命を守るために緊急事態条項を設けるべく、憲法改正を急がなければならない
 野党は課題に優先度をつけ、国民の生命・安全の保持に現実的に取り組むことが求められている。
 中国共産党も習近平国家主席も明らかに17年前の重症急性呼吸器症候群(SARS)から学んでいない。当時、情報隠蔽を世界から厳しく非難されたが、今回も同じだ。またもや失敗したのだ。
 世界保健機構(WHO)は中国の強い影響力を受けて、1月22-23日の会議で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」も宣言せず、当該ウイルスには人から人への感染は認められないなどの誤った情報まで出した。同時進行で、中国政府は発生源の都市、武漢封鎖を1月23日午前2時すぎに通知したがすでに500万人が武漢を離れていた。

(中略)

 習氏と中国共産党は決して自らの失敗を認めようとしないが、そんな身勝手な一党独裁政権の思惑はウイルスには通用しないのである。
 にもかかわらず、WHO事務局長のテドロス氏は1月30日、ようやく「緊急事態」を宣言し、こう述べた。「中国国外の感染者数が少ないことについて、中国に感謝しなければならない」
 中国マネーの効用だろう。
自然を尊び畏怖する人々や国々は謙虚に恐れるが、習氏ら中国共産党の指導層は異な
る。彼らの最高の指導者は天でも自然でも神でもない。彼ら自身だ。中国共産党が君臨し、そびえ立つ。それが「入類運命共同体」の幸福の条件だと考える。だからこそ、懲りない隠蔽体質で国内世論を誤導する・マネー作戦で中華圏を確立しようとする。

テドロス氏の祖国、エチオピア国は支那の「一帯一路」政策を受け入れて「債務のわな」に陥ったとして・・・

 だが、「債務のわな戦略」国の「一帯一路」政策を受け入れも新型ウイルス問題が経済に及ぼす負の影響でさらに行き詰まるのではないか。それ以前に、世界は中国が弱小国や弱小勢力にどれほど無慈悲に振る舞うかを、ウイグル、香港、台湾の事例から知ってしまった。債務のわなに落とし込んだ国の繁栄も、その国の国民の幸せも、中国は考えていない。自国の民の健康や幸せにさえ十分目配りしてこなかった。そんな政権が持つはずはないだろう。
 尋常ならざる危機に習近平政権は直面している。この状況下で、ひと月後に迫った全国人民代表大会(全人代)を開催できるのか。米中貿易協議、日中外交など、まともに展開できるのか。日本は習体制の可能性と限界をどこに見てとるのか。対中政策の展望を政府は国民に示すべきだ

 他方野党は、まず目の前の新型ウイルスの危機に対処するために現実に基づいた議論にまともに参加する責任がある。政府・与党の足らざるところを的確に指摘し、万全な対策につなげていかずして、何のための野党か。
 にもかかわらず、国民民主党や日本維新の会を除く野党は一体、何なのか。1月29日の参院予算委員会で立憲民主党の蓮舫副代表は質問時間全てを「桜を見る会」に費やした。中国に残された日本国民のことなど念頭にないのか
 国民の反発を受けて、野党はようやくウイルス問題を議論し始めたが、政府の初動を「後手後手だ」などと非難するだけでは無意味だろう。立憲民主党こそ、いち早くウイルス問題でただすべきであったろうに。
 「桜」ばかりただしておいて政府を非難する資格があるとも思えない。武漢市を含む湖北省にはまだ帰国できていない邦人がいる。その人々を一刻も早く日本に連れてこられるよう、真剣に取り組め。
 航空自衛隊の輸送機は空飛ぶ集中医療室、機動医療装備室を搭載し、重症患者を運ぶ能力がある。中国の人民解放軍が拒否した結果、飛べていないが、日本国民搬送のために、自衛隊機の受け入れを、政府・与党とともに中国政府に要請するのが野党の責任でもあろう。まず自国民を守り、中国にも救援の手を差しのべる。さらに友邦台湾のWHO加盟にも汗をかく。そうした前向きの議論を野党主導で展開してみせよ


今日の産経新聞の広告欄を見ると、月刊誌「テーミス」の広告が出ている。
そのなかに・・・

「安倍首相・習近平の靖国参拝を策す」
 国民や自民党内から『国賓反対』の声湧くが官邸は逆手に取った秘策を練っているとも」


とある。
安倍首相自身が靖国参拝を躊躇しているのに、いくらなんでもそれは無いだろう。
テーミスに連載された高山正之氏の「日本人が勇気と自信を持つ本」(2007年)の単行本を読んで目から鱗がおちたブログ主としてはいささか遣る瀬無い気がする。

むしろ今回の新型ウイルスの始末次第では集金PAYは来日出来ないかもしれない。
それよりも東京五輪への影響が無いよう一刻も早く収束させて欲しいものだ。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:57  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★キンペー来日阻止の行動を

>今回の新型ウイルスの始末次第では集金PAYは来日出来ないかもしれない。

来日させないように断固反対の意見を官邸に何度でもメールしましょう。
くるみ |  2020.02.04(Tue) 08:46 |  URL |  【コメント編集】

★臭菌兵(餅)来日と重なるコロナウイルスのピーク。

来ない方が、無難です。
katachi |  2020.02.04(Tue) 16:58 |  URL |  【コメント編集】

習近平には消毒ですと言って空港でコロナウイルスをかけてやれ
ななし |  2020.02.05(Wed) 22:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5645-b7fd36d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |