FC2ブログ

2020.01.03 (Fri)


毎日新聞の元旦社説も安倍首相批判


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ポピュリズム政権で民主主義が危ういと

天下のクオリティペーパーである朝日新聞の兄弟である毎日新聞の元旦社説も日本の民主政治の退廃を嘆いた。
世界ではポピュリズムが蔓延し、「民主主義の原理が危うい」と。

毎日新聞社説(2020/1/1)
民主政治の再構築 あきらめない心が必要だ


2020年が始まった。
先の大戦から75年、冷戦終結から30年が過ぎた今、民主政治のほころびが目立っている。
我々に安心感を与えてきた人権保障、権力分立、法の支配などの基本原理が危うさを増している。
深刻なのは、民主政治の起源でもある欧米の多くの国々で、ポピュリズムが大手を振っていることだ。
共通しているのは、敵か、それとも味方かの二分法で分断を深める政治手法だ。選挙で多数を得た力は、本来、異論との間で接点を探るために使われるべきである。しかし、実際は多数派の論理で異論を排除する光景が日常化している。


「選挙で多数を得た力」が政治を司どるのは民主主義の原則だ。
日本では野党が「モリカケ」「桜を見る会」その他の政治の本質とは掛け離れた問題を無駄に追及し、「疑惑が益々深まった」と悦に入っているお粗末。
政権側は政策の対案でもない「異論との接点」など探るべくもない。

世界はポピュリズムが蔓延し、安倍首相もポピュリストだと批判の矛先は本題の安倍首相に向かう。

12年に自民党総裁に返り咲いた安倍晋三首相は国政選挙で6連勝中だが、野党の異論に耳を傾けないどころか、敵視する姿勢さえ際立つ。それで強固な支持基盤を獲得する手法は、ポピュリズムの潮流に沿う。
 ただ、選挙の勝利は強固な支持層より「代わりがいない」という消極的選択に支えられている側面が強い。日本の民主政治は欧米に比較すれば、まだ安定しているようにも映るが、政策を実行に移す段になると、多方面に配慮せざるを得ないというのが実相だろう。このため、目立った成果はあげられていない


代わりが見つからないから安倍首相が続いているが、目立った成果は上げていないそうだ。

安倍政権の成果は経済政策や国際社会での活躍だけでなく・・・

「教育基本法」
「防衛庁・省昇格法」
「特定秘密保護法」
「憲法改正の国民投票法」
「改正学校教育法」
「安保障関連法」
「TPP関連法」

など十指に余るが、毎日新聞にはまったく見えないらしい。
いやむしろ目障りな成果である。

最後はフランスの経済学者と東京大学の宇野重規教授(政治哲学)の言葉を引用して「あきらめる心にあらがいたい」そうだ。

宇野重規とは何者かとウィキペディアで調べると、「この節は大言壮語的な記述になっています。
Wikipedia:「大言壮語をしない」を参考に修正して下さい。(2017年2月)」とあるが投稿者が訂正した様子も見えない。

おのれの主張を裏書きするために学者の言葉を引用する朝日新聞のお家芸を模倣している。
TBSと合わせて日本の癌である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

令和2年おめでとうございます
    今年もよろしくお願いします
朝日も毎日も本当につまらない社説を書きますね。ポピュリズムのどこがいけないのか、民主政治のほころびとは何か、具体的に書いてくれないと、知ったかぶりだけ聞かされても、大衆にはうっとうしいだけです。また、
ー野党の異論に耳を傾けないどころか、敵視する姿勢さえ際立つー
とありますが、野党は「あべ辞めろ!」としか言ってない気がするし、むしろ敵視しているのは野党の側なんですよね。
身の安全な日本や民主主義の国に対して危惧しなくても、目の前にある中国共産党の香港弾圧をもっと批判するのがジャーナリストの使命だと思うが、日本のマスコミはホントに質が低い。

なつみ |  2020.01.04(Sat) 23:50 |  URL |  【コメント編集】

★「毎日」無視

毎日の朝日に負けじと、トンチンカンな反日ロジックを駆使していますね。

>多数派の論理で異論を排除する光景が日常化している。
 民主主義は、正当な手続きで多数決で決めることです。それをポピュリズムと変換する毎日のおつむは、どうかしています。

 日本の近隣にまっとうな民主主義制度が機能しているのだろうか。していない。自由な政治経済の環境をそれぞれの国民に提供しているだろうか。とても思えない。

毎日は、それらの国に助言してやればいい。日本は間に合っている。毎日は、日本について余計な心配しなくていいのです。むしろ、彼らがムキになって、変な言説を垂れれば垂れるほど、言えば言うほど迷惑ですね。
弓取り |  2020.01.05(Sun) 10:46 |  URL |  【コメント編集】

★少数の方を尊重せよ?ご都合主義過ぎる詭弁炸裂の反日パ賊

少数勢力を優遇せよとしか聞こえない毎ニヒのお莫迦捨説。それって単に民主制度の否定なんですがね。まあ当然こいつらに底意が有るのは明白です。つまり、

垢日・毎ニヒら反日勢力の上記の理屈=国内マイノリティーを優遇せよ≒在日・支那人らの外国人を日本国民以上に優遇せよ、

ということでしょうね。実際に創価朝鮮に牛耳られた酷交宦官府がもう公共交通機関等でやってますしね、少数勢力優遇を。

そしてもし仮に上記の支那人らが或る地域(例えば北海道・沖縄の自治体)で多数派になれば、今度は多数意見を押し通すのが民主制度だ、というダブスタを平気で抜かすと予想しますね。

だからこそ、反日パ賊に結果的に塩を送っている安倍政権の移民政策は絶対に止めさせねばなりません。
素浪人 |  2020.01.05(Sun) 11:18 |  URL |  【コメント編集】

★安倍総理の功罪

安倍総理の功績として挙げられた項目はどれも以下の失政と比較すれば、その影響の大きさにおいて、取るに足りません。
(1)2度の消費増税により、我が国のデフレからの脱却を挫折させた。GDPの伸びは微々たるもので、国民の実質賃金の低下に歯止めがかからなかった。
(2)中国の急速な軍拡を目の当たりにしながら、自衛隊の強化を怠り、彼我の軍事力格差を絶望的なまで拡大させた。防衛費の伸びは微々たるものだった。我が国は中国の脅威の前に国家存亡の危機に直面することになった。
(3)入管法(いわゆる移民法)の改悪により、大量の外国人の入国と定着を促進した。これは日本社会を非可逆的に破壊する重大な売国行為だった。
(4)緊縮財政を推進した。特に、科学技術予算のを削減は我が国の科学技術分野における国際的地位を低下させた。科学技術力は国力の源泉であるとの認識が不足していたのだろう。
stopchina |  2020.01.05(Sun) 18:46 |  URL |  【コメント編集】

★安倍総理の功罪(続き)

(5)少子化に歯止めをかけることができなかった。少子化の主因は若者の貧困化あるいは非正規雇用の増加であるとの認識がなく、有効な対策を打てなかった。
(6)21世紀のヒットラーである習近平を国賓招待するらしい。近年の安倍晋三の親中ぶりは目に余るが、これは決定的な失敗である。習近平は血に汚れた手で天皇陛下と握手することになる。許しがたい不敬行為だ。またこれはウイグル問題に目をつぶることを意味しており、倫理観の著しい欠如は国際的な批判を浴びることになるだろう。
(7)憲法改正について、安倍晋三は9条2項を維持したまま自衛隊を明記するという。2項は戦力不保持を謳っているわけだから、憲法内での矛盾をなくするには、「自衛隊は戦力ではない」と解釈せざるを得なくなる。ばかげた話であり、大混乱になるだろう。それくらいなら現行のままのほうがよほどましである。安倍晋三が改憲にこだわる理由は、長期政権(4選)の正当化を狙っているためではないのか。本人は口先では4選はないと言っているが、二階も麻生も4選を匂わせている。
stopchina |  2020.01.05(Sun) 18:47 |  URL |  【コメント編集】

いちいち新聞の社説チェックして安倍批判にムキになって必死だな安倍信者(笑)ほんとキモいわw
名前非公開 |  2020.01.06(Mon) 21:50 |  URL |  【コメント編集】

便所紙のチェックは身の安全につながるんだよw
アベガーのぱよちんもほんとキモいわwww
S |  2020.01.07(Tue) 10:36 |  URL |  【コメント編集】

>それくらいなら現行のままのほうがよほどましである。

一見保守系を装うぱよちんの成りすましバレバレwww
S |  2020.01.07(Tue) 10:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5611-2693cb91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |