FC2ブログ

2020.01.02 (Thu)


朝日新聞の元旦社説が素晴らしい


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

緊迫する世界情勢より「人類普遍」が目標だと

新年の各紙社説は論説委員長が腕を振るって主張を競う。

今年も何と言っても朝日新聞の社説が秀逸だ。
さすがに天下のクオリティペーパーだけのことはある。

2020010201.jpg

朝日新聞社説(2020/1/1)
2020年代の世界 「人類普遍」を手放さずに


「普遍」とは、時空を超えてあまねく当てはまることをいう。抽象的な言葉ではあるが、これを手がかりに新たな時代の世界を考えてみたい。
 国連の「持続可能な開発目標」(SDGs〈エスディージーズ〉)は、17の「普遍的な」目標を掲げている。

(中略)
「誰も置き去りにしない」という精神が、目標の普遍性を端的にあらわす。

もしかして、小学校の運動会で子供達が手をつないで横一線になってゴールインすることを指すのだろうか?

国連総長は2日「北朝鮮に懸念 非核化へ対話支持」(産経新聞)だとして「外交努力が第一」と強調したとか。

外交と対話で事が済めば金のかかる軍隊など要らぬ。

アカヒは世界平和に役立たずの国連を引用した上で・・・

 基本的人権の由来を記した日本国憲法の97条にならえば、「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」である。
帝国主義や植民地支配といった近代の負の側面を差し引いても、これらが国境を越えた物差しとして果たしてきた役割は、とてつもなく大きい。


リベラルを「リベラルという語は多義的だが、ここでは自由や人権、寛容、多様性を尊ぶ姿勢を指す」と定義した上で、プーチンやトランプの自国中心主義をナショナリズムだと批判。

自由と民主主義が押し込まれている。
プーチン氏は強権的なナショナリズムを推し進め、米国のトランプ大統領も移民を敵視し、自国第一にこだわる。
欧州では、排外的な右派ポピュリズムが衰えを見せない。
香港で続くデモは、自由という価値をめぐる中国共産党政権との攻防である。


そしていよいよ本題に入り、我が国の「不自由さ」と安倍政権の危うさを「固有の文化、伝統」は疑問だとして批判する。

■固有の文化、伝統?

 日本はどうか。
 「民主主義を奉じ、法の支配を重んじて、人権と、自由を守る」。
安倍政権は外交の場面で、言葉だけは普遍的な理念への敬意を示す。
しかし、外向けと内向けでは大違いだ。
 国会での論戦を徹底して避け、権力分立の原理をないがしろにする。メディア批判を重ね、報道の自由や表現の自由を威圧する。批判者や少数者に対する差別的、攻撃的な扱いをためらわない。
戦前回帰的な歴史観や、排外主義的な外交論も、政権の内外で広く語られる。


国会では「桜を見る会」で逃げ回る、良心的な朝日新聞を批判する、民主党を「悪夢のような民主党政権時代」と攻撃する、戦前の軍隊を持とうとする、韓国を排除する外交を展開する・・・と、どうしても社是である安倍首相の葬式を出したいようだ。

自民党が野党時代に作った憲法試案は・・・


「現行憲法がよって立つところの『人類普遍の原理』という文言を、草案は前文から削除してしまった。
 代わりに『和を尊び』『美しい国土を守り』などの文言を盛り込んだ。日本の『固有の文化』や『良き伝統』へのこだわりが、前文を彩る。
 この草案にせよ、現政権のふるまい方にせよ、『普遍離れ』という点で、世界の憂うべき潮流と軌を一にしていることはまぎれもない。」


しかし朝日に物申す。

第一に、日本国憲法は日本固有の憲法であるからして、世界における「普遍性」など求めるべきではない。

第二に、「和を尊び」は平和への希求であり、「美しい国土を守る」は世界共通の祖国防衛の概念である。

これは世界の普遍的価値観である。

「人類不変の原理」などという曖昧で抽象的な言葉より余程具体的ではないか。
どこが悪いのかサッパリわからぬ。

「人類普遍」「みんな仲良く」などというのはお花畑で遊ぶ天下のクオリティペーパー朝日新聞だけである。

北朝鮮の刈上げ男、金正恩はアメリカのトランプ大統領が相手にしてくれないのでヤケクソになり、大陸間弾道ミサイルをブッ放すと脅している。
金正恩は口喧嘩を止めて、いっそのこと実行すればよろしい。

そうすればトランプは動くだろう。
トランプは大統領選を前にして、なにが有利かいま模索中だ。
金正恩の斬首作戦が成功する可能性が高ければ断行するだろう。
しかし、いまの所、金正恩を宥めたりすかしたりして様子を見ている。

このままずるずると金正恩に時間稼ぎをされてしまうと取り返しがつかなくなる。

一方、支那の集金平は香港をいずれ自分のものにしてしまうだろう。
次は台湾であり、尖閣諸島であり南沙諸島だ。
いや南沙諸島はもうすでに支那のものか。

角度をつけ過ぎて、そういう時局にまったく触れないのはさすがに天下のクオリティペーパーではある。

ところで、旭日旗アレルギーの韓国が朝日新聞の社旗にまったく文句を付けないのはなんでだろう?

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:03  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★朝日の言うとおりにしては世界平和は実現しない

こんにちは。南関東は好天に恵まれました。

朝日のリベラル反日左翼クオリティは、相変わらず高いのですね。たしかに新聞の売り上げは低い方に合わせつつあるようですが、社員の方がたは販売店のサポートをしたりしないし、給与を世界的に低い方の基準に合わせる気構えは、まったくないらしいですね。どうしてかな。
貧困者にカネをばらまきたいなら、まず自ら大ナタを振るわないと、なんの説得力もありません。
他人に甘えてごねるだけなら、誰でもできます。世界中が他人に甘えてごねるだけの幼稚な人間ばかりになって、世界平和が実現できるとも思えません。

そして、朝日さんは、人権尊重を言うのなら、やはり中共シナを筆頭にあげて指弾すべきです。虐殺や民族浄化をやってますね。
無能を言うのなら、北朝鮮の庶民の困窮飢餓について、北朝鮮政府の無能を指摘すべきです。

大朝日が、ほんとうにリベラルなのかどうか、怪しくなります。リベラルを道具に、安倍批判をしたいだけでしょうね。
どこの報道機関だったか、安倍の葬式はうちが出すなどと宣言して、社会秩序を守るべき巨大組織が、品性の欠片もない不穏な方針で動いているそうです。
弓取り |  2020.01.03(Fri) 12:58 |  URL |  【コメント編集】

★朝日新聞はリベラルでは無い、朝鮮パヨクだ。

朝日新聞は50年前は自らを "左翼進歩的知識人" と称していた。岩波書店もそうだった。若者は進歩的と云うレトリックに騙された。本当のところ、左翼は革命を夢見る独裁主義者だから、歴史的には退行であるが、逆に進歩的と云うキャッチフレーズを繰り返して、若者に浸透した。こんなことに騙されるほど、受験勉強以外何も知らない高校を出たばかりの若者達は馬鹿だった。

このキャッチフレーズの効き目が無くなったので、朝日新聞は日本人が騙され易い外来語からリベラルを見つけ出して自称し始めているが、これも嘘だ。何かにつけ韓国を持ち上げるのは唯の韓国系日本人の発想であり、朝鮮原理主義に過ぎない。中国様の気に入らないことは絶対に報道しないのは、広岡社長の時代に中国様の家来になったからであるが、中国の少数民族弾圧を批判しないのはリベラルとは正反対だろう。

石破は金丸訪朝の際に性接待を要求してビデオを撮られたので、未だにそれをネタに脅されている。総連、石破、朝日新聞を繋ぐのは北の対日工作だ。

朝日新聞はリベラルでは無い、朝鮮パヨクだ。
さよならサヨク |  2020.01.03(Fri) 21:47 |  URL |  【コメント編集】

遅ればせながら、あけおめことよろです。
フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒは2020も
「平壌」運転ですなwwwww
くるみ |  2020.01.07(Tue) 11:31 |  URL |  【コメント編集】

★正しいアカヒ社説

追伸

フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒは
言論における論戦を徹底して逃げ回り、偽善的な人権を振りかざす。正当なメディア批判には耳を貸さず、公共の福祉を無視して報道の自由や表現の自由を濫用する。アカヒへの批判者や多数の安倍政権支持者を尊重せず、弱者利権だけを強調した言論弾圧的な主張をためらわない。
しかもGHQに強制された歴史観や、支那ゴキ擁護に偏向した偽善的でご都合主義的な外交論も、日本国民に押し付けようとする。
言行不一致の象徴である旭日社旗について徹底して口をつぐむアカヒはもや廃刊への道しか残っていないwww
くるみ |  2020.01.07(Tue) 16:26 |  URL |  【コメント編集】

★くるみさん

あけおめ。
今年もパヨクキラーコメよろしく!
ponko |  2020.01.07(Tue) 21:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5610-5da0bbf1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |