FC2ブログ

2019.11.08 (Fri)


テレ朝「モーニングショ-」が親韓のすすめ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本は徴用工に善意のカンパをせよと

今日の産経新聞一面トップは韓国が日本を騙して日韓首脳対話を演出したと批判している。
追詰められた韓国がいかにもやりそうなことだ。
ここまでして日韓友好の嘘をつこうというのか。
しかも韓国側の首相は「日本の発表は自己中心的だ」と怒っている。
大人と子供の喧嘩である。

2019110805.jpg

産経新聞(2019/11/8)
日韓首脳対話 無断で撮影
裏をかいた韓国 周到準備
(産経ニュースは「不意打ち」と見出しにある)

韓国大統領府が公表した安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による面談の写真は、韓国側が日本側に無断で撮影、公開していたことが7日、分かった。いわゆる徴用工判決で生じた日韓請求権協定違反を是正することなく日韓関係を改善させたい韓国が、一方的に首脳間の対話を内外に示そうとしたためだが、日本政府は用意周到な韓国側の“不意打ち”に対韓不信を強めている。(原川貴郎)

「あれは信義則に反する」。複数の日本政府関係者が口をそろえて憤る。両首脳の対話が発生したのは4東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議の開始前の控室。首相の同行筋によると、入室できたのは、各国首脳とその通訳のみのはずだった。
 しかし、韓国大統領府が公表した写真には、首相と文大統領、それぞれの英語通訳の計4人が写っている。複数の日韓外交筋は、撮影した人物を「韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長」と証言する。しかも韓国側は両首脳の接触から写真撮影、速やかな公表まで周到に準備した節がある。首相の同行筋は「首相は控室にいた10人の首脳と順番に握手し、最後が文大統領だった」と明かす。最後の位置にいる文大統領から話を持ちかけられれば、首相は断りづらかったと思われる。
 韓国政府は大統領府の公式ホームページ(HP)にこの写真を掲載し、韓国語、英語、日本語などで「文大統領が日本の首相と歓談」と発表した。一方、日本外務省はHPで文大統領との対話は紹介していない。日本側は正式な会談ではなかったとの立場だからだ。そもそも日本側は日韓首脳が対話すら事前には想定していなかった。写真撮影はなおのこと準備していなかった。
 2国間会談など首脳の写真撮影やその公表には、明文化されたルールがあるわけではない。ただ、外務省幹部が「個人のSNS(会員制交流サイト)でも、誰かと写った写真をアップするときは、相手の許可を得るのが常識だ」と話す。韓国側の一方的行為は「エチケット違反」(外交筋)というわけだ。
 日韓首脳の対話は平成30年9月に会談して以降途絶えていた。徴用工判決をめぐり韓国側は、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が5日、日韓の企業と個人から寄付金で元徴用工らに賠償の代わりとして支給する案を示すなど、日本との関係修復に躍起だ。
 7月以降の日本政府の対韓輸出管理の厳格化で経済に打撃を受けたためだが、日本政府は「あくまでボールがあるのは韓国側だ。韓国がしっかりした解決策を示すかどうかだ」(外交筋)と冷ややかだ。


日韓が大人と子供の喧嘩を繰り返すなか、日本のメディアに生息する「親韓の子供」たちが、勝手な日韓請求権協定の解釈をして、政治がいまくいかなくても、民間は仲良くやろうぜなどと言って、日本政府の足を引っ張っている。

最近、にわかに脚光を浴びているテレ朝モーニングショウの玉川徹らである。

テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」(2019/11/8)
2人の文氏が態度を軟化
韓国が "すりより" !?日本の対応は


羽鳥慎一(MC)
「文在寅の働きかけで日韓首脳の1年ぶりの対話が実現しました。
さらに元徴用工への賠償問題で韓国側から新たな提案も出て来ています」


正確には、文在寅の「働きかけ」ではなくて「不意打ちの騙し」だろう。

羽鳥慎一
「これを見ると急に決まったんだな」


決まったのではなくて騙し討ちなのだ。

2019110801.jpg

田崎史郎(政治ジャーナリスト)
「それはそうだ。会議前の控え室は首脳と通訳しか入れない所だ。
そこになぜか写真を取る人が居たという。
(カメラマンとは言っていないから、報道関係ではなくて、文在寅の近くに居た男だ)
ピントが合っていない
、ここに居た人がスマホで撮ったと思われる。」


2019110810.jpg

テレ朝が珍しく商売仇の産経新聞の記事を紹介した。
しかし、版が違うのか「裏をかいた韓国」の見出しはない。
肝心の「産経新聞」の頭もない。

金慶珠(東海大教授)
エチケットとか不意打ちとか無断で撮影とか、いかにお互いの不信感が強いかを表す言葉だ
韓国側も日本側も写真を巡ってエチケット違反をしていると報じている。
韓国はこの写真を韓国のHPに載せてアピールした半面、日本は外務省のHPに他の首脳との写真は全部掲載したけど、韓国だけわざわざ載せなかったと。
韓国は今回の首脳会談の意義を国内外、特に韓国国内の支持者とアメリカに向けてアッピールしたかったという事は言える」


「首脳会談」と嘘をつく金慶珠。

田崎
日本の外務省には写真がない。無いから写真の載せようがない!
韓国しかない写真だ。それを日本のメディアが使っているということだ。

同行した人たち3人位に話を聞いたが、怒ってない。」


韓国総理の即位の礼への参加のお礼と文在寅の母への弔問はあらかじめ決めていたらしい。


「日本政府に写真が無ければ韓国政府から借りられたはずだ。
不意打ちとか無断撮影とかの話ではない」

田崎
「韓国政府がHPに載せる事を知らなかった。載せたあと、貸してよというわけには・・・」


長嶋一茂が割り込む。

長嶋一茂
「写真があったら載っけるかという話だ。
あって載っけなればどういうハレーションが起きるの?
載っけないからって別に大した問題じゃないし、そんな事を問題する話でも何でもない」


お馬鹿キャラの長嶋クンは時たまキラッといい事を言う。
だがバカは馬鹿だ。
石原良純や高嶋ちさ子と「ザワつく金曜日」で面白おかしくやっていればいいのだ。

玉川徹
「お互いの政治家が、それぞれの思惑で、今回の件も悪化しているが、それによって迷惑してる人達も一杯て居る。後で出て来るけど」


番組のストーリーが決められているということだ。
打合せ通り、後半で朝日新聞の主張を述べると予告している。

GSOMIA破棄の韓国にアメリカが圧力

田崎史郎
「安倍総理も菅官房長官も共通の認識だが、いままでの日韓関係の中で、韓国が色々言って来た時に日本が譲って解決を図って来た。
しかしまた元に戻ってしまう。だからここはもう譲らないでやって行こうと。
実際に4年前に日韓慰安婦合意を纏めて、慰安婦問題は解決済みという立場だったのを、日本政府が10億円の金を出して財団を作ってという形にしたが、それも去年、韓国は反故にした。
だから約束してもまた元に戻ってしまう。
それならば初めから譲らない方がいいだろうと。
ここは。という発想だ」


「スティルウェル米国務次官と会った韓国は強硬姿勢で、日本側の姿勢の変化がない限り、我々の立場に変化はないと改めて言ったそうだ。」


アメリカは韓国に防衛費の分担金を5倍にしろ、さもなくば在韓米軍を削減すると言っている。

田崎
「GSOMIAの破棄以来、アメリカはずうっと言っている。韓国の失敗は日本を敵にしただけではなくて、アメリカを敵にしたことだ」

吉永みち子(作家)
「私達が日韓関係をどうしたいのかをまず考えて動かないといけない。お隣の国とこのままの関係を続けて行くことはお互いの国にとって不幸な事で、なんとか関係を修復したいならば、アメリカが韓国の自尊心を配慮して日本をと仲良くしろと言っている
このボールは日本に来ているのではないか日本がこのまま譲らなかったら関係修復はうまくいかないと思う」


吉永は本当にお馬鹿さんだ。
「ボールは韓国にある」が日本の立場だ。
何をいまさら「ボールは日本に」だ。

田崎
「安易な妥協はしないという事だ」

吉永
「安易な妥協というのは、お互いこのように崩れた時にはどこかで糸口を見付けなきゃいけない。
ハードルをお互いにどんどん上げていたら糸口は見つからない。」

玉川
「政府同士は泥沼にはまっちゃって動かない。こういう時こそノンガバメントの動きが重要だと思う。
後でそういう話が出てくると思うが、政府以外のところに知恵の出しどころがあると思う


政府と国民は一体だろうが。
政府がいままでの外交の失敗から学んで韓国に厳しい態度を取っているのに、国民が余計な動きをしてどうする。
それは売国行為だと呼んでもいいのではないか。

玉川
「日本もインバウンドで九州とか困っちゃってるから、ここはそろそろ知恵の出しどころだ」

長嶋
「ボクは韓国の友達が居るけど民間同士は仲良くやって行く。ボクは今迄どおり韓国の人達と仲良くやって行くしかない」

田崎
「必ずしも民間と分けきれないのは、徴用工の問題は韓国の最高裁が日本の企業に対して賠償命令を出して、原告団の人達が日本製鉄とか三菱重工とか不二越とかの日本の企業を差し押さえていつでも売却できる状況になっている。
それが売却されると、日本の企業が非常に被害を受ける。
知的財産権まで差し押さえられてるので、そこが簡単にいかないと思う」

長嶋
「それは大戦中の話だから、ぼくら分からない事もあるし、実はこうだったとかいろんな意見があるもん。
ボクのリサーチはもう無理だから」


全員失笑。

田崎
「1965年の日韓請求権協定で区切った」


玉川が大声で遮り、長嶋と二人で田崎氏を指さして糾弾

玉川
「それを言っちゃうと・・・」


2019110800.jpg

長嶋
「ボクには分かんない! 」


分からないボクちゃんはコメンテーターになるな。

玉川
「その話は、後で
(ムニャムニャ)」


「長嶋さんのおっしやるように、民間と政治を切り離した冷静な考え方を民間が持たなきゃいけないが、メディアも含めて政治的な関係が崩れてしまうと一気に国民感情が悪化してしまう。
それが日韓関係の難しいところで、だから政治問題は早急的に解決されるべき問題だと思う」


民間と政治を切り離せとは、日本の民主主義を否定するのか。
日本国民は韓国という隣国について大いに語るべきだ。
その上で無視すればいい。

文悲惨の提案について・・・

田崎
「日本国民や企業がお金を出すことになっている。これは請求権協定で解決済みなのに、なんで寄付しなきゃいけないかという問題と、もうひとつは5億円はあくまで慰安婦のためだ。目的が違う。
それで呑めない」

玉川
まあボクは悪くない話だなと思う、実は。もともとの出発点は韓国の最高裁の判決だ。
判決で個人の請求権が消えていないというのはほぼ正しい。
日本の裁判でも請求権は消滅していないと中国との関係で最高裁が認めている。
本来は条約に基づいて韓国政府が支払うべきはずだ
だけど、いま、スタックしちゃってる、泥沼に入っている。
解決しなければ行けない問題だとボクは思っているので・・・」

だったら「本来」どおりに韓国政府が払えば済むことだ。
日本は関知しない。


羽鳥慎一(MC)
「それはそうですね! 」

玉川
「だったら、徴用工の人達は可哀想でしょと。人道的な問題もあるよねと。だったら出したい人がお金を善意で出すんだったらいいんじゃないかとボクなんか思う。
つまり、寄付だから。
企業だって特定の企業でなければ払っていいという所があると思う。
だって韓国でいろんな物が売れなくなっているんだから。
賠償とかではなくて人道的な意味で私の企業は出すといったら、韓国の中でウェルカムになっちゃって、もっといっぱい売れるかもしんない(しれない)


そんな事をしたら韓国の日本製品不買運動に日本が音を上げた、大成功だと大喜びするだろう。

国と国との協定を国民が破ったら非国民あるいは売国奴だと言って良い。
文悲惨はこういうお馬鹿さんを期待して日本を舐め切った提案を出してくるのだ。
韓国の日本製品不買運動に日本が音を上げたと大喜びするだろう。


「ひとつだけ正さなきゃいけないのは、韓国の最高裁判決は日韓請求権協定で解決されていないので、更に賠償しろというものではなくて、日韓請求権協定とは別に不法行為に対する慰謝料を日本政府ではなくて企業に支払えという判決だ。
そこがまず違う

文さんのアイディアはそのひとつだ。
問題はお金の名目だ。慰謝料や賠償は受け入れられない。
(中略)
文さんのアイディアは決して悪くない。
お金を出してもいいという日本の企業も出ている。」


金を出すのは売国社長のユニクロぐらいだろう。
政府は訴追された企業に金を出すなと言っている。
さもなくば、国際条約はいつでも反故にされ、永遠に日本は韓国にたかられるからだ。

田崎
「日本と韓国で案を作ったが青瓦台が却下したという事例がある。
青瓦台の文在寅大統領と周辺の問題だ」

羽鳥
「そうなると首脳会談という事になる」


番組の筋書きどおりに動いていく。

つい、またダラダラと文字起こししてしまった。
腹が立って、どうしても合いの手を入れたくなってしまうからだ。
朝日新聞などの左巻きのワイドショーが如何に情報弱者を騙そうとしているかの証拠を残したいだけだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:24  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

アジア女性基金の顛末を報道しないといけませんね。
k |  2019.11.09(Sat) 01:01 |  URL |  【コメント編集】

★約束を履行せずこじらせ誤魔化す韓。

韓の問題であり日本にとってどうでも良い話である。
国際的規約によって過去にやるべきことを日本は、韓にやっている。
何もしてないのが、韓である。
今更日本の知った事か!!
戦略物資輸出規制は、全く個別問題の話であり韓のA待遇を外すのは、日本として当然の行為である。
それだけ韓の行動に不審な点が、でてきたからである。
国際的にも看過できない問題である。
ジーソミアは、韓の好きにすれば良い。日本の知った事か!

katachi |  2019.11.09(Sat) 01:10 |  URL |  【コメント編集】

★日本国内の「反日種族」

金おばちゃんの云う「日韓請求権協定とは別に不法行為に対する慰謝料を日本政府ではなくて企業に支払えという判決だ。」
---の「不法行為」って何ニカ??
例の「強制労働」ってヤツニカ??
日本国内にもウヨウヨ居る「反日種族」の連中にメディアが乗っ取られているのかな??
李栄薫氏の訓話をYoutubeの「李承晩TV」で聞いてみてはいかが??
日ノ本太郎 |  2019.11.09(Sat) 06:38 |  URL |  【コメント編集】

テレビ朝日の中間決算、タイム広告5.5%減、スポット広告7.1%減ww

放送法違反の番組や日本の国益を損なう番組に広告を出す理由を
スポンサーに聞きましょう。ますますテレビ朝日の経営が傾きます。

https://www.tv-asahihd.co.jp/ir_setex/data/2020/20191108.pdf
こんなときは |  2019.11.09(Sat) 07:43 |  URL |  【コメント編集】

★脱韓論は、正しかった。

今ある現状では無く昔から持てる鮮人気質が、日本とは相いれない連中である。
民族性を知れば付き合う相手ではない事を福沢諭吉は、説いている。
先人の失敗を繰り返すな。
半島はチャイナ・アメリカ・ロシアに任せろ。
金の必要が、有れば日本を頼るだろうその時日本は条件を出して日本の言い分を飲ませればよい。
海洋国家は、大陸に手を出すな。
条件次第で付き合う程度で良い。
巻き込まれない事が、肝要です。
巻き込まれて日本が、また第三次大戦の導火線にされたら目も当てられない。
katachi |  2019.11.09(Sat) 11:35 |  URL |  【コメント編集】

★媚韓マスコミの怖ろしさ1

あらゆる面で韓国(中韓朝鮮)に媚びるマスコミは、規制することはできないのだろうか?

高齢者や青少年や児童は、いまだに影響されテレビの言うことを信じてしまっている。ネット情報も調べ正しい認識のある者が説明しても、半分も伝わらないのが現状だ。

今朝もTBSの情報番組で「韓国人観光客激減で苦境の島…従業員を解雇した宿に閉鎖を選んだ観光施設」と題して、政治のせいで民間人が困っているアピールを展開していた。

対馬では、「4000万かけて作った牧場を閉鎖」というが、映ったのは小さな乗馬体験の広場と、関西弁なまりの金◯なんとかという名の主。馬を手放すのが一番辛かったと話すが、韓国人観光客だけの為の施設だったのが分かる。地元に根付いた施設なら、短期間にそんな展開にはなるまい。

別府では、「予約がゼロになり、アルバイトを解雇しなくてはならなかった。」と嘆く女将が、白紙の台帳を見せていたが、「韓国人だけが顧客の宿?」とは何だろうか?

街中に出ても、韓国人はほぼ見つからず、中国と台湾人ばかりだと嘆く。が、その街中映像では、「韓国人が激減しても、他国の観光客で溢れている」のが現実なのだ。
うさ |  2019.11.11(Mon) 16:28 |  URL |  【コメント編集】

★媚韓マスコミの怖ろしさ2

なのに番組はなおも、やっと見つけた韓国人観光客にインタビューし「日本旅行というのは隠して来た」という声に、政治のせいで両国民が仲良くできなくなったと強調する。

さらにグラフまで持ち出して、訪日韓国人の激減を示し、逆に日本人の訪韓は横ばいと比べて、韓国人の苦労を訴える。

つまり、“政治のせいで左右されているのは、韓国人だけ”なのだ。日本人は変わっていない。
観光地で “急激な経営破綻をしているのも、韓国系の人(や韓国人ターゲットの経営者)だけ”なのだ。

スタジオにいた若者達が、「観光客が減ったなら、僕たちがみんなで対馬に行きましょうよ!」と提案したように、韓国人が減ったなら日本人が行けば良い。
番組に取り上げられた経営者達が、日本人観光客をきちんと歓迎するならば、である。
彼らが街に溢れる中国人台湾人を顧客として受け入れずに、予約ゼロと訴え続けるなら、果たして日本人を受け入れるのか?はなはだ疑問ではあるが。

気の毒な経営者たち、と同情して応援してしまう日本人。その前に、いったん冷静になって彼らの訴えの矛盾に気づいてほしい!
本当に助けるべきは誰なのか?
うさ |  2019.11.11(Mon) 16:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5542-f5e90edf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |