FC2ブログ

2019.11.04 (Mon)


ドタキャンした筈の文悲惨が会議に参加


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

いよいよ文在寅の断末魔か

G20国会議長会議をドタキャンした筈の文悲惨がノコノコ日本にやって来て会議に参加した。
元徴用工問題解決の珍案を朝日新聞に披露したという。
朝日の記事は有料なので読めないが、「日韓の企業と個人から寄付を募る」そうだ。
日韓請求権協定に従い韓国政府が全て責任をもって支払うべきなのに、まだ日本企業や個人からの寄付をせびろうとしている。

朝鮮日報(2019/11/04)
文喜相国会議長「韓国内の世論納得させる徴用賠償法案作った」


2019100400.jpg

 文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は3日、朝日新聞とのインタビューで、最近の韓日確執において中核的な懸案である徴用賠償訴訟と関連、被害者と韓国内の世論が納得するに値する支援法案を作ったと明らかにした。文喜相国会議長は法案の具体的な内容を公開していないが、日本の反応を見た上で調べた後、国会に提出するかどうか判断するとしている。朝日新聞は、この法案が徴用被害者支援の財源調達のため、訴訟で被告になった日本企業のほかに、韓国企業の参加や韓国国民の寄付を受け付ける内容も入っていると語った。文喜相国会議長は、主要20カ国・地域(G20)国会議長会議に出席するため同日午後、日本を訪問した。(以下略)

文悲惨が悲惨である理由は、まだ「韓国内の世論を納得させる」ことしか考えていないことである。
だから日本の企業や一般人からも寄付を募ると言い募る。

日本政府は一切応じない方針だ。
ここで一歩譲れば、なし崩し的に韓国にたかられる。
いままで繰り返しになる。

韓国が大好きな朝日新聞が社屋を売却し現金化してあげればよろしい。
慰安婦問題で日本を売った朝日新聞のせめてもの償いである。

文悲惨は午前中の会議に出席して演説しただけで、午後の会議とレセプションは欠席した。
主催者である山東昭子参院議長に会見を拒否されたからである。

朝日新聞と韓国のメディアは文在寅がバンコクのASEAN首脳会議で安倍首相と対話したと喜んでいる。

朝日新聞(同上)
安倍首相と文大統領が対話 韓国発表「友好的に11分」


韓国大統領府は4日、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議でバンコクを訪問中の文在寅(ムンジェイン)大統領と安倍晋三首相が同日朝、11分間、歓談したと発表した。ASEAN各国首脳と日中韓首脳の会談の直前に、文大統領が促す形で対話したという。
 大統領府報道官によると、両首脳は両国関係が重要との点で一致し、懸案を対話を通じて解決すべきだという原則を再確認。文大統領が「必要があれば高位級の協議も検討したい」と提案すると、安倍首相は「あらゆる可能な方法を通じて解決方法を模索するように努力しよう」と応じたという。報道官は「非常に友好的で、真摯(しんし)な雰囲気の中で歓談した」と説明した。
 日本外務省も同日、両首脳が対話したと明らかにし、「安倍首相から、二国間の問題に対する我が国の原則的立場をしっかりと伝えた」とした。
(以下略)

青瓦台と日本の外務省の発表のニュアンスがまったく違う。
青瓦台の報道官は「友好的な雰囲気だった」と肯定的なのに対して、日本の外務省は「韓国は日韓請求権協定を守れ」と安倍首相が繰り返しただけだという。
韓国は日本に縋り付くように媚びを売って来るが、安倍首相は外交辞令を述べただけである。
早い話が相手にしていない。

文在寅に誤算があったと産経新聞は報じている。
これがリアルなニュースである。

産経ニュース(同上)
文氏に誤算 安倍首相と対話演出もGSOMIA問題苦慮


ソウル=桜井紀雄、バンコク=原川貴郎】安倍首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の約13カ月ぶりとなる面談は、文氏の呼び掛けで突然行われた。文氏は日韓対立を対話で解決する姿勢を見せはしたが、安倍首相は、韓国側がいわゆる徴用工判決問題の解決策を示すのが先だとの立場を維持し、溝は埋まっていない。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了期限を目前に、文政権は外交の仕切り直しも迫られている。
 「誰も予想できなかった瞬間」。韓国大統領府高官は、タイのバンコク郊外で4日朝に行われた日韓首脳の面談についてこう振り返った。日本政府は「日韓首脳のやりとり」と発表。会談でも立ち話でもなく、「言葉を交わしたという理解だ」(西村明宏官房副長官)と説明した。
 日韓両政府によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議を前に、文氏が先に控室でASEAN各国首脳と歓談していたところに安倍首相が到着。握手しながら、文氏は「ちょっと座って話しましょう」と持ち掛けた。「空いたソファに自然な流れで腰掛けて話になった」(西村氏)。

 内容の発表でも日韓に違いが出た。韓国側が両首脳の対話の意思に力点を置いたのに対し、日本側は、安倍首相が死去した文氏の母親への弔意を伝えたことや、天皇陛下のご即位に文氏が祝意を表したことなど儀礼的なやり取りを主に公表した。安倍首相は短時間の中でも徴用工判決問題での日本の立場に変更はないと念押しをしており、両国間の懸案で進展がなかったのは明らかだ
 文政権は対日外交をめぐって2つの誤算に見舞われている。
(以下略)

2つの誤算とはGSOMIA破棄を宣言して「日本の輸出管理厳格化」でアメリカの介入を期待したところ、逆に破棄を見直せと迫られていること。(外交カードが足枷になった)

もう一つは16日からのAPEC首脳会議が突然中止となって、日米首脳との接触の機会が失われたこと。

昨日、韓国の憲法裁判所がGSOMIA破棄は違法だとする保守団体の訴えを却下した。

産経ニュース(2019/11/3)
GSOMIA破棄「違憲」の訴え却下 韓国憲法裁


韓国憲法裁判所は3日までに、韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を決定したのは違憲だとする保守系団体などの訴えについて、審理対象ではないとして却下した。複数の韓国メディアが報じた。
 報道によると、団体側は(1)破棄決定は国会の同意手続きを経ておらず、国民の選挙権が侵害された(2)北朝鮮による侵略の危険性が増し、国民の生存権や幸福追求権を守れなくなった-などと主張した。
 これに対し、憲法裁は(1)破棄による選挙権などの侵害は認められない(2)破棄によって韓国が今後侵略戦争に巻き込まれるとは断定できず、幸福追求権の侵害可能性があるとは言えない-などと判断した。(共同)


司法の決定には逆らえないとしてきた文在寅。
GSOMIA破棄の宣言を取り消す訳にはいかない。
日本が延期してくれと哀願すれば延期してもいいという演出を目論んだが、日本は素知らぬ顔で取り付く島もない。

いよいよ文在寅の断末魔が始まった。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:26  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★どこまで続くのかな

 文政権の断末魔が始まるかどうか少し疑問だ。

 日本人には考えも及ばない支離滅裂の珍案を捻出して、自国民をたぶらかし続けるだろうから、もう少し時間がかかるのではないかと思う。
tbsasahinhk |  2019.11.05(Tue) 00:02 |  URL |  【コメント編集】

★珍案・迷案出しても基本は、変わらない。

韓が、自らやる事を遣れば良いのだ。
済んでいる話に日本を巻き込むなつ~の。
議長顔の文悲惨も術の無い人間だな。
韓は、存在自体がバカ。
katachi |  2019.11.05(Tue) 06:35 |  URL |  【コメント編集】

★劣韓議長が、出席ですか。

・・・・・・・・・・・・
katachi |  2019.11.05(Tue) 10:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5537-2ac3c698

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |