FC2ブログ

2019.09.26 (Thu)


「『韓国大破滅』入門」のお勧め


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

嫌韓のレベルを超えて、オサラバしよう

20190926000.jpg

著者の渡邉哲也氏は分かりやすく韓国問題を解説することでネットでも広く知られている。
「教えて ワタナベさん!」や「チャネルAJER」その他の動画をYouTubeで見ることができる。 

その渡辺氏が書下ろした本書はその集大成とも言える。
アメリカは日本と一緒になって中国寄りになった韓国潰しをしていると断じていることも頷ける。

「米中貿易戦争の真っただ中にあるアメリカにとって、信用できない味方ほど邪魔な存在はない」

日本には日韓関係を修復しようというリベラル派の動きがあるが、もはやアメリカが見放した韓国と関係を修復する必要が無い事を痛感する。

韓国がこれからも自滅の道を進むことは間違いない。
もはや好き嫌いを云々する関係国ではなく日本が滅びゆく国を静かに見送るという段階なのである。

日本政府が打ち出した対韓輸出管理の強化は著者が兼ねてから主張していたものだ。
杜撰な韓国に輸出入管理の基本を教えてあげたのも日本である。
(日本の100人規模の輸出管理体制なのに対し、韓国の係員は10人程度)

「韓国がホワイト国に指定されたのは2004年だが、ちょうどその頃、日本は韓国に技術指導を行い、輸出規制の仕組みまでつくってあげていた。逆に言えば、だからこそ韓国はホワイト国になりえたのである」

それなのに3年間も日本の疑義に回答しようとしなかった。
これはもう確信犯である。

この話は百田尚樹氏の「今こそ韓国に謝ろう。そしてサラバと言おう」もあるように、恩を仇で返す韓国のいつもの所業である。

GSOMIAの破棄も日本製品の不買運動も天に唾するようなものだ。
その結果はおのれの身に降りかかって来る。

「日韓GSOMIA破棄により、日本からの情報をアメリカが韓国に流すのも難しくなった。これは韓国の自殺行為といっていいだろう」

「日本が次のカードをきれば韓国は終わる」の項では著者の従来の持論が展開される。

●日本から韓国への送金停止
●日本のメガバンクによる信用状保証の停止
●日本の大物政治家による「韓国向けの債権には注視が必要」の口先介入
●ノービザ渡航の廃止
●外国人労働者受け入れ国からの排除
●留学生や就労ビザの不許可運用

などなど日本はまだ多くのカードを持っているという。

「韓国が提訴するというWTOはアメリカが2016年から委員の任命を拒んでいるため、現在は3人しか委員がいない上に今年12月に任期が終了して残る委員は一人だけになり休眠状態になる可能性が高い」

これもどこかで聞いた話。

しかし朝日新聞は安倍首相が韓国をホワイト国からの除外すると宣言した時、「米政府関係者」という漠然たる主語で日本政府を牽制した。
輸出三品目の管理強化を社説で「即座に止めろ」と言い放ったことは当ブログでも何度も書いた。

共同通信も中国の胡首相が危機感を示したとフェイクニュースを流し、世耕経産相(当時)が訂正を求めたが、共同通信は応じなかった。

日経新聞もサムスンの元幹部(現大学教授)が「輸出規制の影響は限定的」と述べたとフェイクニュースを流し、訂正を求められている。

慰安婦問題もそうだが、敵は国内にありということだ。

日韓基本条約、漢江の奇跡、通貨危機に陥った韓国の最大の支援国は日本、などなどの「おさらい」もできる。

「文在寅政権および文在寅を擁立する『共に民主党』の方向性もよくわかる。
北朝鮮こそが同胞であり、韓国を救ったアメリカ軍や国連軍は敵だというとだ」


著者は指摘していないが、朝鮮戦争の時、米軍のロジスティック(兵站)を担ったのは日本の米軍基地だ。
だから韓国を救った日本も敵ということだ。

「米中対立の本質は貿易や経済の問題ではなく、人権、自由、民主主義などをめぐる文明の衝突である」

そして韓国はみずから向こう側に行ってしまったのだ。

「アメリカとしては、中国側についた国の末路がどうなるかということを、世界中に見せつける必要があるのだ。言い換えれば、今後は日米が連動して "韓国潰し" に動くということになるだろう」

もはや嫌韓とかいう単純なレベルのものではなく、世界の動向のなかで日本がどう立ち向かうのかということが問われているのである。


「『韓国大破滅』入門(渡邉哲也著 2019年9月 Kindle版 1,458円 単行本 1,620円)

【目次】
プロローグ 自滅の道を歩みはじめた韓国

◎日韓対立から米韓対立へ
◎常軌を逸した文在寅政権
◎アメリカを否定しはじめた韓国
◎司令塔を失うサムスンは韓国没落の象徴

第1章 なぜ韓国はいま大暴走を繰り返すのか

◎韓国のGSOMIA破棄が意味すること
◎コレグジットヘ向かう韓国
◎韓国の半導体産業に迫る危機
◎なぜ韓国は「ホワイト国」除外にこれほど反応するのか
◎韓国がさらなる格下げになる可能性
◎日本が次のカードを切れば韓国は終わる
◎韓国のWTO提訴はまったく意味ナシ
◎韓国へ輸出した日本の半導体素材が不正流出
◎ホワイト国除外前に活発となったソースロンダリング報道
◎韓国および日本のメディアの異常な対応
◎善意の忠告を拒否しつづけた韓国の末路
◎キーパーツを日本に握られている韓国
◎無法状態になっている韓国の輸出管理
◎韓国経済を支えた日本への裏切り
◎韓国のホワイト国外しはアメリカの中国潰しと連動
◎日本が整備した韓国の輸入管理を悪用

第2章 自ら地獄へ向かう韓国経済の行方

◎日本製品不買運動による壮大なブーメラン
◎日本への便が減った韓国LCCは危機的状況
◎破綻したアシアナ、非常にヤバい大韓航空
◎仁川国際空港のハブ機能が崩壊する可能性
◎韓国の対抗措置は日本に影響なし
◎米中貿易戦争の余波が韓国企業を直撃
◎ウォン暴落で国家破綻の危機
◎文在寅政権の失政で若者失業率は10%近く
◎韓国が窮地に追い込まれる仕組み
◎トランプから「発展途上国を装うのはやめろ」と言われた中国
◎イランの核合意違反の裏に中国・韓国の影
◎韓国からイランへ禁制品が流れた疑惑
◎トルコルートで禁輸品が北朝鮮へ?
◎半島国家は世界の紛争発火点

第3章 アメリカは韓国を切り捨てると決めた

◎中国潰しに専念するアメリカ
◎中国にすり寄る韓国への怒り
◎ファーウェイ排除はサムスンにも大打撃
◎5G覇権で韓国は中国側についた
◎見せしめのために潰される韓国
◎いずれ韓国は中国への輸出を禁じられる
◎韓国をサプライチェーンから外したアメリカ
◎日米が韓国に科す3つの制裁
◎ECRAやFIRRMAと同様の規制が韓国を襲う
◎日本が韓国に与えた大きな「宿題」
◎戦時作戦統制権の返還で在韓米軍は韓国から撤退する
◎信頼できない友軍ほど危険

第4章 韓国への反撃で歴史戦に勝つ日本

◎2019年7月に発表された「新・河野談話」の衝撃
◎新談話は「旧・河野談話」を上書きする内容
◎旧・河野談話が招いた大弊害
◎慰安婦財団解散という韓国の蛮行
◎いつまでも慰安婦問題が終わらない理由
◎日韓合意が紡ばれた背景
◎トランプ訪韓を反日に利用した文在寅
◎「慰安婦像」は慰安婦がモデルではない?
◎多くの日本人が知らない徴用工問題の本質
◎約束を守れない韓国
◎日韓基本条約は日本に不利な条件だった

第5章 文在寅が韓国を消滅させる日

◎次元の異なる問題で意趣返し
◎日本の「戦略的放置」で自壊した韓国
◎韓国企業に圧力をかけるアメリカ
◎アメリカを裏切り、北朝鮮の言いなりになった文在寅
◎レーダー照射事件と韓国「瀬取り」疑惑
◎文在寅大統領が経済制裁対象者になる日
◎「南北『平和経済』で日本を凌駕」は妄想
◎アメリカが文在寅を徹底的に冷遇する理由
◎米朝両国から邪魔者扱い
◎アメリカが韓国を捨て、北朝鮮と国交を結ぶ可能性
◎北朝鮮は統一を望んでいない
◎「反共の壁」にすらならなくなった韓国
◎文在寅は歴代韓国大統領と同じ末路を歩むか?
◎自ら「清算」の対象となる可能性
◎在韓米軍撤退で何が起こるか
◎日本は韓国動乱に備えよ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

BBB⇓⇓⇓




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:21  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★自由民主主義圏から破門された韓。

敢えて伸びしろの無い斜陽の共産主義へひた走る韓。
自由主義国家圏からの支援が無ければ、自力更生は不可能。
遣れるものならやってみるがよい。
半島は、科科学的基礎が、全く無く自力で真面な物は、造れない。
出来ない者同士でどうやって自活するんだ?
親が子に問うような話だ。
グローバルの基本の本質が、これだもんな。
katachi |  2019.09.27(Fri) 00:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5483-5ebd8d4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |