FC2ブログ

2019.09.21 (Sat)


堕ちた朝日を叩く産経


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


別冊正論「墜ちたメディア」のお勧め

20190922000(1).jpg

20190929000(1).jpg

韓国特集の言論誌が溢れる中、産経新聞が既存メディアの腐敗を鋭く突いた「正論」別冊号を刊行した。
題して「墜ちたメディア」。
その墜ちたメディアの代表格・朝日新聞が特に槍玉に上がるのは当然のことだ。

同誌の巻頭言で、第4権力と言われたマスメディアが神通力を失ったのは、インターネット普及やSNSの浸透で国民が空理空論に躍らせれなくなって来たからだとし・・・

「今やどんな酔っ払いやろくでなしの類いでも朝日新聞のいかがわしさを口にできる。そんな時代になったのだ。マスコミは『マスゴミ』と悪し様にされ、マスコミが当たり前に行ってきた手法が悉く批判に晒されるようになった。正に『墜ちたメディア』である。」

・・・とハナから朝日新聞に臨戦体制。

産経ガンバレ!

本書は昨年と今年の「正論」に掲載されたメディア論を中心とした記事をまとめたもの。

朝日新聞の怒りを買った全15箇所(高山正之)

高山氏が無署名で「正論」誌に「折節の記」を書き始めた時、ブログ主は即座に高山正之氏であることを言い当てた。
自慢する積りはないが(半分自慢だが)、署名しなくても誰が書いたか分かるという独特の文体を持つことは物書きの鑑みでもある。
ブログを書き始めた14年前頃に高山氏の「日本人が勇気と自信を持つ本 朝日新聞の報道を正せば明るくなる」(テーミス新書)を読んで、触発された。
それ以来のファンである。
今でこそネット番組などでワイングラスを傾けながら雄弁に語っているが、その昔、30人位の小規模な講演会でお目に掛かった時はボソボソと話して(失礼)、文体から受ける鋭い切れ味と風刺は無かったのを記憶している。

その高山氏の「折節の記」(平成29年12月号)の朝日新聞批判記事に朝日が激怒して正論編集長宛に訂正を求める抗議文を送ってきた。
その内容を編集部が開示しひとつひとつ論破している。
詳細は本誌をご覧あれ。

「『放送法違反』しまくりサンデーモーニング」(上念 司)

寺島実郎センセの「株で儲けた高齢者が安倍政権支持」というコメントなど多くのフェイクを批判。

「私たちがいくら偏向報道の問題を指摘したところで、改善は絶望的かもしれない。しかし、国民共有の財産である電波を私企業が独占し、その私企業が法律を軽視する現状を放置することはできない。」

・・・として安倍政権がすすめようとしている「電波オークション」に賛同している。
「NHKをぶっ壊す」のN国党が主張するスクランブル放送と併せて実現して欲しい。

「政治報道冤罪」
毎日新聞と戦う(原英史)


朝日新聞だけでなく、毎日新聞と戦う原英史氏の寄稿もある。
原氏は「ニュース女子」でいつも恥ずかし気に笑いながら論争に加わらず、いったんコメントを求められると的確なコメントをしていたのが印象的だった。
好きなキャラである。
加計問題でもワーキンググループの委員として国会で答弁していた。
毎日新聞による冤罪被害に対し反論している。

田北眞樹子編集長は「あとがき」で・・・

「メディアの報じる主張や内容が、みな同じである必要はない。正反対でもいい。多様であることがいいのだ。いまや、「クオリティペーパー」の代名詞が半ばジョークになっている朝日新聞でも、鋭く、ハッとさせられるような良質な記事はたまにある。一方で、自分が所属する産経新聞でも、首をかしげたくなるような記事が載ることもある。
(中略)
逆説的ではあるが、日韓関係と同様、極めて難しい時だからこそ、正常化する好機である。メディアを取り巻く現状を "どん底" にしなければ将来はない。と、自分自身にも言い聞かせながら、別冊正論35号を作った次第である。」

と書いている。
韓国との関係を正常化する好機とは思わないが、メディア同士が言論を通じて批判し合うことは大歓迎である。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:00  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★やっとGHQの仕掛けが、瓦解し始めた。

100年掛かるだろうと言われたGHQ洗脳が、前倒しで瓦解し始めている。
フェイク情報で民意操作が、通用しなくなったからである。
これもネットのお蔭である。
似非ユダヤのやる事は、必ず両刃の剣である。
物事は、元来両刃の剣なのかもしれない。
完璧を期すフェイクは、存在しない。
出発点が嘘だらである。
katachi |  2019.09.21(Sat) 04:49 |  URL |  【コメント編集】

★ちょうにち新聞と言われる謂われ

慰安婦問題、靖国批判、東電吉田調書捏造、サンゴ捏造 等々
挙げれば切がないほどの日本毀損。
本当にどこの国の新聞なのかと。

朝日の反対が正解と分かり易いが、今ではネットで真実を知り
殆どの日本人から相手にされていないのに
何時まで悪あがきを続けるのか。
日本が好き |  2019.09.21(Sat) 09:40 |  URL |  【コメント編集】

私の家は近所の神社の氏子をしていますが
その神社の寄付金から、とある右翼団体へ
お金が流れていることを知りやり切れない
気持ちになりました。
右翼団体にお金を取られるくらいなら
氏子を辞めようかと思い今検討中です。
実話です |  2019.09.21(Sat) 10:34 |  URL |  【コメント編集】

★相互主義に基づいて鮮人に何をやっても言っても良い。

常に基本は、相互主義である。
鮮人は、併合解除で所属不明の民族である。
朝日が、日本批判なら日本人は、徹底的に朝日を貶めれば良い。
在日が、日本に逆らうなら徹底して追い出せばよい。
そんな他民族をを日本で養う義務も意味も無し。
在日の反日コールに対して在日極悪犯罪公表を。
在日を日本に居辛くすれば、朝日・毎日・東京も脱日するだろう。
katachi |  2019.09.21(Sat) 13:45 |  URL |  【コメント編集】

★朝鮮人に乗っ取られたウリナラ朝日

朝鮮人に乗っ取られた

「ウリナラ朝日」

は全く信用できません。
ニック(元祖) |  2019.09.21(Sat) 14:03 |  URL |  【コメント編集】

★乗っ取られているのは全報道界といっても過言ではない

 朝鮮人だけではなくもっと巧妙で強烈な悪意を持った中国人に乗っ取られたところは、朝日新聞系だけでなく、NHK、読売新聞系、毎日新聞系、フジテレビ系、日経新聞系、中日・東京新聞系、忘れてならないのが共同通信社。
 
 これらの、我が国の報道界のすべてがchina、南北koreaに牛耳られているから、彼らの視点は常にchina、koreaからのものとみて間違いない。

 早急に我が日本の立ち位置に立つ報道機関を立ち上げるよう我が政府にお願いしたい、さもなくば武力によらずともわが国は崩壊してしまうのは時間の問題だ!
tbsasahinhk |  2019.09.21(Sat) 14:49 |  URL |  【コメント編集】

★報道しない自由

>メディア同士が言論を通じて批判し合うことは大歓迎である。

個人的に「護送船団報道」とでも呼んでますが、
ライバル局の新聞記者や局アナの不祥事に対して、
まったく攻撃しない状況にウンザリです。
ワイドショーの新聞読み上げのコーナーが、いまや「アリバイ作り」のための利用でしかない。
そこで不祥事を読み上げるだけで、コメンテーターに振ることはしないですからね。
「我々も襟を糾さなければならないですね」と言うだけでも大分救いがあるのに。
gor☆geous |  2019.09.21(Sat) 17:11 |  URL |  【コメント編集】

堕ちた朝日というより堕ちっぱなしの朝日だと思います。共産党の機関紙かって言うほどに酷い新聞です。
名前非公開 |  2019.09.22(Sun) 14:30 |  URL |  【コメント編集】

★コリアンクオリティーの朝日紙。

息を吐くように嘘報道。
チャイナからか似非ユダヤからか朝日に金が、流れているんだろう。
でなければとっくに存在しないだろう。
誰が、存命させているの?
似非ユダヤは、今でもアメリカ本体と別行動ができる団体何だろう。
なぜならアメリカ中央銀行は、アメリカ政府の物では無く似非ユダヤの物になっているからである。
CIAも似非ユダヤの配下と考えた方が、良い。
軍隊も一部は、似非ユダヤに組しているのではないか?
アメリカも何処までが似非ユダヤでどこまでがアメリカ国民が、選んだ政府なのか解り辛い国である。
katachi |  2019.09.23(Mon) 13:13 |  URL |  【コメント編集】

フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒに
鋭く、ハッとさせられるような良質な記事はたまがあるという指摘は
どう見てもフェイクだろwww
くるみ |  2019.09.25(Wed) 10:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5478-2310ddb7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |