FC2ブログ

2019.03.22 (Fri)


金正恩さまが文在寅にいたくご立腹


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

韓国 歴史教科書の訂正を約束

今日の産経新聞一面で韓国の教育省が産経記者の取材に対し、社会科教科書に掲載されたいわゆる「徴用工」正しくは朝鮮人戦時労働者と解説した写真は間違いだとして訂正すると述べたと報じた。

産経新聞 GJ!

それにしても日本政府はいままで何もしてこなかったのか?

産経新聞は既に2年前にも同様の指摘をしていたというのに。

産経新聞(2019/3/22)
韓国・小6教科書の「徴用工写真」 教育省が誤り認め訂正へ


20190322000.jpg
記載内容と異なる写真が掲載されていた韓国の小学6年生用の国定教科書

【ソウル=名村隆寛】韓国の小学校で今月の新学期から使われている6年生用の社会科教科書(国定)に、日本の朝鮮半島統治時代の徴用について、朝鮮人ではない人々が写った無関係の写真が掲載されている問題で、韓国教育省は21日、誤りを認め、訂正する方針を明らかにした。
 教科書に掲載された問題の写真には「強制労役に動員されるわが民族」との説明が付けられている。しかし、この写真は1926年9月、当時、北海道にあった旭川新聞が道路建設現場での虐待致死事件を報じた際に掲載したもので、太平洋戦争末期の44年9月に始まった「徴用」とは時期が大きくかけ離れている。また、同紙に朝鮮人の存在をうかがわせる記述はない。
 教科書を担当する同省の教科書政策課は産経新聞の取材に対し、間違いを認めた上で、「写真掲載の箇所は4月中旬ごろに学校で教える予定だが、生徒が学ぶ前に、今月22日から訂正を各学校に通知していく」と説明した。
 訂正方法としては、問題の写真をシールで隠し、横に掲載された「戦争に動員される少年兵」の写真1枚だけにするといった対処を考えているという。


訂正印刷は間に合わないから、問題写真にシールを貼るとは情けない話だ。
ついでに担当教員は、何故シールが貼られたのか、この写真をもとに韓国は「徴用工」の銅像を作り、「慰安婦像」も米軍の装甲車に轢かれて死んだ女子中生だという真実を教えるべきである。
韓国が日本に対し、如何に歴史を捏造する国であるかを教え、反省するいい機会である。
まあ出来はしまいが。

しかし海外には偽の「慰安婦像」だけでなく、この偽の「徴用工像」も出回っている。
海外に住む抗日活動団体が暗躍しているからである。

日本政府は徹底した対抗手段を取るべきである。

韓国は麻生財務相が国会で報復手段もあると具体的な方法を述べただけで、ビビッているぐらいだから時期を見計らって具体的な行動に移るべきである。

徴用工訴訟の原告側も韓国内の日本企業資産の現金化をいまだに着手していない。
日本政府は日本企業に損害が生じた場合には直ちに報復手段に出ると言っているから手が出せないのだ。

時事ドットコム(同上)
韓国・徴用工原告側、現金化着手を慎重に見極め=対抗措置警戒か


【ソウル時事】韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟の原告側関係者は22日、差し押さえた韓国内資産を現金化するための売却命令申請について「きょう、あすには行わない。準備が整い次第、申し立てる」と述べ、タイミングを慎重に見極める姿勢を示した。
 原告側弁護士らは2月15日、東京都千代田区の新日鉄住金本社を訪問。最高裁判決の履行に向けた協議を要請したものの、対応を拒否されたため、「早期に現金化の手続きに入る」と表明したが、手続き着手を先送りしている
 日本政府は「対抗措置を含め、あらゆる選択肢を検討している」と警告しており、現金化手続きを踏めば、対抗措置発動の契機となるのは必至。このため、原告側は対抗措置を警戒し、申請時期を再検討しているもようだ。


それもそのはず文在寅政権の足元に火が付いている。
アジアのバランサー役を気取った廬武鉉大統領は自殺という哀れな最期を遂げたが、その廬武鉉の最側近だったのが今の文在寅大統領。

文も勝手に米朝の仲立ちを目論んだが、哀れにも米朝会談は決裂。
アメリカにも北朝鮮にも愛想を尽かされて立つ瀬がない。

金正恩サマは文在寅にいたくご立腹。
鉦や太鼓で騒がれた南北連絡事務所から北朝鮮の所員が撤退してしまった。

日テレNews24(同上)
韓国に不満か 北が南北連絡所から撤収


20190322001.jpg

北朝鮮は22日、開城に設置されている韓国との共同連絡事務所から、担当者撤収させた。アメリカとの首脳会談が物別れに終わった中、米朝の仲介役を目指す韓国に対し不満を示す狙いがありそうだ。

韓国統一省によると、北朝鮮の開城にある南北の共同連絡事務所から担当者が撤収した。連絡事務所は去年9月に設置され、南北の担当者北朝鮮側は撤収の理由について、「上層部の指示によるもの」と説明したという。
先月の米朝首脳会談が物別れに終わり、制裁の解除にメドが立たない中、連絡事務所からの撤収で、米朝の仲介役を目指す韓国に対し、不満を示す狙いがありそうだ。
一方、韓国統一省は「北朝鮮が早期に復帰し、共同連絡事務所が正常望む」と強調していて、連絡事務所に担当者を残留させる方針。


文さんは南北朝鮮の境界線近くに埋め込まれた多数の地雷を撤去したが、もう一度埋め戻した方がいいではないか。

 韓国は朝鮮半島戦争で北朝鮮軍と中国軍に追い詰められて危うく海に落ちそうになった時に、アメリカ軍が仁川上陸作戦で北朝鮮側の攻撃を辛うじて食い止めてもらったのに、その被害を補償せよと言っている。
助けてもらったというのに本当に恩知らずだ。
日本に近代化してもらったのに、賠償せよというのと同じメンタリティだ。
韓国紙の中でも保守系の中央日報が伝えている。

中央日報(同上)
仁川上陸作戦被害補償推進…韓国与党「壬辰倭乱も補償するのか」


20190322003.jpg

歴史的事件に対する被害補償はどこまで拡大していくのだろうか。
仁川市(インチョンシ)議会が15日、仁川上陸作戦で被害を受けた「月尾島(ウォルミド)原住民」または相続人に生活安定支援金を支給する内容の「過去事被害住民生活安全支援条例案」を通過させたことが政界の論争イシューに浮上した。仁川市議会は1950年9月15日に起きた仁川上陸作戦時当時、国連軍の爆撃によって月尾島住民が死亡もしくは離郷を余儀なくされたために、彼らに対して補償が必要だという立場だ。


(中略)

野党「自由韓国党」の全希卿(チョン・ヒギョン)報道官は「仁川上陸作戦による被害を補償するべきだと主張するのであれば、これに先立って韓国戦争で韓国に莫大な被害をもたらした北朝鮮政権に対して被害補償を請求してこそ正しい」とし「戦犯である北朝鮮には何も言えないくせにわれわれをサポートしてくれた国連軍に被害を補償しろと、市民団体側の声に歩調を合わせるのが文在寅(ムン・ジェイン)政府がいう正しい社会なのか」と批判した。

(中略)

韓国党関係者は「この有様では、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)被害の補償や四大士禍被害者名誉回復の話が出るのでは」としながら「民主党は、民生を改善させる自信がないから歴史にばかり執着している」と主張した。

古田博司教授の非韓三原則「助けず、教えず、関わらず」がまさしく名言であることを証明している。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:09  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★【 疑問? 】

 新天皇の祝賀式典に、日本政府は韓国の要人を招待する積もりなのだろうか?

 招待しては絶対駄目だと思う。

 何故なら、韓国国会議長の今上天皇に対する侮辱発言の撤回と謝罪が未だ無いからだ!
 本人は、絶対に撤回・謝罪しない等と生意気な事を言って居る。

 違う事なら、招待しても良いと思うけれど、天皇そのものを馬鹿にしているのだから、招待したらもっと馬鹿にされると思う。
 従って、韓国国会議長の撤回・謝罪が無ければ、招待してはいけないと思う!

 韓国の首相は、大統領が行くのが規定路線に成って居るみたいだが。
三角四角 |  2019.03.23(Sat) 22:23 |  URL |  【コメント編集】

★【 検証「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」はデマ㉓ 】

【 ファクト・チェック「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」という主張はデマである㉓ 】

『 海外の大学のHPなんかをみても、日本の韓国支配を colonization(植民地支配)としています。結局のところ、「朝鮮は植民地じゃない」と言っているのは、世界中見渡したって日本の一部のバカだけだってことです。 』

 自分の考え方に自信がないから、海外の事例を引っ張ってくる。

 情けない!

 海外の宗主国国家の大学は、自分達が植民地支配をしたから、深く考えもせずに、日本も同じ事をしただろうと云う考えで「日本の韓国支配を colonization(植民地支配)として」いるだけ。

 海外の宗主国国家で、契約で植民地支配を開始した国が有るなら教えて下さい。
三角四角 |  2019.03.23(Sat) 22:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5241-4a72e0c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |