FC2ブログ

2019.03.20 (Wed)


厚労省のお役人が「韓国人は嫌いだ」とヘイトして更迭哀れ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

言論の自由を損なうヘイト法

酒に酔った厚労省の課長が韓国の空港で「韓国人が嫌いだ」と本音を吐いて更迭された。
いまの日本人の大半は酒に酔っていなくても「韓国は嫌いだ」と思っている。
しかし最近、ヘイト法案とか言うものが出来たらしく、そう思っても口に出してはならないのである。
家の物置から密かに古い壺亀でも探し出してきて、その中に怒鳴り込むしかないのである。

20190320000.jpg

産経ニュース(2019/3/20)
「韓国人が嫌いだ」韓国の空港で酒に酔い暴言、厚労省課長を更迭


 厚生労働省は20日、私用で韓国に渡航中の労働基準局賃金課長(47)がソウルの金浦(キンポ)空港で、空港の職員とトラブルを起こし、警察の取り調べを受けたとして、大臣官房付に異動したと発表した。酒に酔い、暴言を吐いたという。
 韓国側の報道によると、課長は19日朝、金浦空港で、酒に酔った状態で搭乗しようとして空港職員に止められた。職員に物を投げつけ、英語で「俺は韓国人が嫌いだ」などと叫んだ。職員らに取り押さえられ、暴行容疑で取り調べを受けた。
 課長は既に帰国しており、厚労省が事情を聴いている。同省人事課は「誠に遺憾であり、おわび申し上げる」とコメントした。


前記事で文在寅を馬鹿にしたアメリカの記者を与党の「共に民主党」が実名を上げて批判したが、国内外のメディアの批判を浴びて実名を削除し撤回した。

TBSニュース(2019/3/20)
韓国与党、米記者 非難の論評を事実上撤回


 韓国の与党「共に民主党」は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の「首席報道官になった」と報じたアメリカメディアの記者を名指しで非難する論評を出したことについて、「反省の余地がある」として一部の表現を削除すると発表しました。
 この問題は、アメリカのブルームバーグ通信が去年9月、文在寅大統領が金正恩党委員長の「首席報道官になった」と報じた記事について、韓国の与党「共に民主党」の報道官が今月13日、記事を書いた記者の実名などを挙げ、「国家元首を侮辱する売国に近い内容だ」と非難する論評を出したものです。
 この論評に対しては、海外メディアが加盟する「ソウル外信記者クラブ」が「言論の自由に冷や水を浴びせる行為」との声明を発表するなど、国内外のメディアから批判が相次いでいました。
 こうしたなか、「共に民主党」は19日、「記者の主観的な評価を記事に活用したのは問題だ」などとする見解を発表。一方で、問題となった論評について「適切な表現だったのか反省の余地がある」として、論評から記者の実名などを削除する方針を明らかにしました。
 相次ぐ批判を受けて、事実上の撤回に追い込まれた形です。


それにしても韓国政府の程度は低い。日本の野党レベルである。
そう言ったら野党が怒るかもしれない。

今日の産経新聞は一面で、韓国の小学校の教科書に載っているいわゆる「徴用工」(正しくは朝鮮人戦時労働者)の写真は大東亜戦争以前の日本人だと報じている。
この韓国教科書の捏造は産経新聞が3年前に取り上げており、ブログ友も記事にしているから、何をいまさらという感がしないでもない。

まあ嘘も100回言えば本当になるというから、本当の事なら何回言っても構わないが。
日本政府は文在寅に対して日本の名誉を毀損する間違った教科書は撤回破棄せよとねじ込むべきである。

産経新聞(2019/3/20)
韓国の小6教科書、無関係写真を「徴用工」写真と掲載


 【ソウル=名村隆寛】韓国で今月の新学期から使われている小学校6年の社会科教科書(国定)に、日本の朝鮮半島統治時代の徴用に関し、朝鮮人ではない人々が写った無関係の写真が「強制労役に動員されるわが民族」との説明とともに掲載されている。
 教科書には「日帝は1937年に中国と戦争を起こした。以後、わが国の人々は兵器工場で働く労働者や戦争軍人として強制動員された。女性たちは日本軍『慰安婦』として戦地に引っ張られ、むごい苦痛を受けた」とも記されている。
 しかし、この写真は1926年9月に、北海道にあった旭川新聞が道路建設現場での虐待致死事件を報じた際のもので、同紙に朝鮮人の存在をうかがわせる記述はない。しかも、太平洋戦争末期の44年9月に始まった法的強制力をもつ「徴用」とは20年近く時期が離れている。
 写真は韓国の高校の歴史教科書(教学社以外)に2014年版まで掲載されていたもので、釜山(プサン)の国立日帝強制動員歴史館にも「朝鮮人被害者」として展示されている。その問題点は、産経新聞が17年4月12日付朝刊で指摘済みで、教科書を発刊した韓国教育省や編纂(へんさん)・監修に当たった国史編纂委員会も写真の問題を認識しているはずだ。
 韓国ではソウルの竜山(ヨンサン)駅前に「徴用工像」が設置され、今月1日には釜山の日本総領事館前にも同じ像の設置が試みられた。問題の写真が徴用工像の「モデル」だとの指摘もある。


「徴用工」像はあきらかに日本人労働者だ。
韓国が官民を挙げて嘘をつき、世界中に日本の名誉を毀損するフェイクを触れ回っている現状を安倍政権は見過ごしてはならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:53  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

「保育園落ちた日本〇ね」で流行語大賞として表彰されていた左側の人が
いたような気がします。これこそヘイトではないでしょうか。大阪の警察官
が沖縄のデモ対応で「土人」と言っただけで懲罰を受けています。日本は
左翼天国で、真ん中から右の人にとってはきわめて強力な言論統制がな
されています。〇にしなければ投稿を拒否されるようです。これも言論統制
でしょう。
おっさん |  2019.03.21(Thu) 06:34 |  URL |  【コメント編集】

 あまり褒められることでもないけれど、支那や朝鮮人を嫌いだと言ったからって、罰せられるのはホントにおかしい。

 それを咎める側が差別意識が高いだけであって、アメリカやドイツ人を嫌いといっても問題にならないのがおかしい。

 ヘイト条例をつくるなら、日本を貶める言動こそその対象にすべきなのに、なんで日本の中で外国人の悪弊を評価をしたらヘイトになるのか判らない。

 日本人として日本に反抗的な外国人を嫌い、排斥しようとする動きを闇雲に妨害することは許されない。

 本当に日本は敵性外国人に乗っ取られた奇妙奇天烈な国であることよ。
tbsasahinhk |  2019.03.21(Thu) 13:17 |  URL |  【コメント編集】

単なる酔っぱらいの戯言レベルの話ですよ。
しかも動画の一部は公開されてるが、部分的で作意的に見えますし、音声データは無い状態で、テレビが勝手にヘイトかのように煽ってる状態です。
仮に言ったとしても個人の意志レベルの話で、思考や発言の自由も奪われかねない因縁に相当します。
これでテレビの情報操作が通れば、好き嫌いを口に出来ない社会が到来します。
共産主義ですね。
私的には有田ヨシフや香山りかがヘイト法に罰則を設けると五月蝿い状況下に、この騒動が起きた事にも作意的な物を感じてしまいます。
一つ言えることはヘイト法に罰則を盛り込みたい勢力が暗躍してると云う事です。
そう言えば櫻井誠にも北朝鮮からメッセージが来てましたね。これは予兆です。
何せ日本は世界一のスパイ天国ですから、内政干渉、主権侵害が起こりやすい訳です。
スパイ防止法が欲しい所ですね。
まー、そう言う事ですよ。
シベリア帰り |  2019.03.21(Thu) 22:07 |  URL |  【コメント編集】

この厚労省の課長は、日本の評判を落とすためにワザと暴れてたのではないかと想像してます。何の理由かは知りませんが、酔って出て来た言葉がいきなり「韓国人が嫌いだ」はストレートすぎて驚きだ。動画を見ると、体格もいいし元気もあって、酔っているとはいえ動きもいい。しかもカメラは、背後から事件を起こす前から撮られている。私の考えすぎなのかあ・・・。
しかも、警察に拘束されても、すぐに釈放され、既に帰国している。
韓国を変な国といい、いつもの日本人の特徴である謝罪も反省の言葉もない。これで日本はヘイト民族という印象をつけられて、成功したと思っているのだろうか、この傲慢で変な日本の役人は・・・。
なつみ |  2019.03.22(Fri) 00:17 |  URL |  【コメント編集】

★なつみ さん

「ワザと暴れた」!
そうかもしれません。
テレ朝がその暴れている滑稽な姿をこれでもかと10回以上も流す。
役人、テレ朝、韓国、国内の反日勢力の合作と思えば合点が行きます。
ponko |  2019.03.22(Fri) 10:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5238-ae5796f5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |