FC2ブログ

2019.03.04 (Mon)


日本の社交ダンス業界にも中国資本が入って来た?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本は台湾と安全保障で協力せよ

昨日・今日と2日間にわたって千葉幕張メッセで某社交ダンス協会が年一回開催するプロとアマの大競技会があった。
少子老齢化のせいか、このところダンス業界もめっきり社交ダンス人口が減って来て年々空席が増えて来たようだ。

20190303002.jpg

1996年当時は周防正行監督、役所広司、草刈光代、竹中直人の映画「シャル・ウィー・ダンス」が話題になり、一時的に社交ダンス人口が増えた。
ウッチャン、ナンチャンも競技会に出たりして、たまたま同じヒートで踊り、避けていたのにテレビに映り込んでしまったこともあった。

2004年には日本映画「シャルウィーダンス」のリメイク版がリチャード・ギア、ジェニファー・ロペス主演で制作された。

最近は「金スマ」のダンス番組で芸能人のキンタローがシニア世界選手権大会に出場して入賞し、何とか社交ダンスの普及に貢献していたが、そのキンタローも引退するとか。

で、話を元に戻すと、今日の大会で中国資本のスポンサーが2社初めて現れた。
そのためかどうか、使われる音楽に中国語のヴォーカルが結構あった。
去年まで無かった事なので異様に感じた。

中国資本がここまで入り込んできたのかと慨嘆した。

もうひとつ。
いつものように車椅子のダンスを観た。
フォーメーションと言って広いアロア一杯に多数のそれぞれ違った障害を持つダンサー達が懸命に踊る姿は感動的だった。
しかしアナウンサーが「タイトルは『This is Me』、私達はそれぞれ違った多様性を持って・・・」と解説したのには「多様性」という言葉にいつも胡散臭さを感じるPonkoはウンザリした。

今年は車椅子の男女一組のデモンストレーションがあった。
互いに離れて車椅子を操作しながら踊っていた男女が近づいて、両手を取り合った瞬間、不覚にもウルウルしてしまった。

テレビでは社交ダンスは「ボケ防止」に一番いいとよく言う。
男性(リーダー)は女性をどの方向に、どういうステップでリードして行くか常に考えていなければならない。
女性は男性のリードを素早く感じ取って対応して行かなければならない。
混んでいるダンスパーティでは衝突しないように立ち止まったり、隙間を狙って新しい方向に進まなければならない。
ボケている暇などないのだ。
時々、乱暴なカップルが横や後ろからドンとぶっつかって来ることがある。
男性はか弱い女性(か弱くない女性も居るが)をナイトとしてこのような乱暴者から守らなければならない。

それと男女が接触することは「精神的な」若返りにいいとも言われている。
そして何より音楽に合わせて身体を動かす事がいいらしい。

中国資本ということで2日の産経新聞一面トップ記事を思い出した。
産経新聞の単独インタビューで台湾の蔡英文総統が中国を念頭に日本との安保対話を要請したと言う。
日本は中国に遠慮して台湾を国として認めていない。
しかし親日台湾と日本は中国の第一列島線上に位置する台湾と協力関係を結ぶべきである。
いままで日本の自然災害に際しても真っ先に多額の援助をしてくれた。
「親日を清算する」文在寅大統領の韓国とは大違いである。

産経新聞(2019/3/2)
蔡英文総統、日本に安保対話要請 本紙インタビューで初明言


20190303001.jpg
台北市内の総統府で産経新聞の単独取材に応じる蔡英文総統(2月28日 田中靖人撮影)

【台北=田中靖人】台湾の蔡英文総統は1日までに台北市内の総統府で、産経新聞の単独取材に応じた。蔡氏は強まる中国からの脅威を念頭に、安全保障問題やサイバー攻撃に関して日本政府と対話したいとの意向を表明した。対話形式は「日本の考え方を尊重する」としつつも中国軍の動向に関する即時情報の共有も含め、日本との安全保障協力に強い意欲を示した。
 蔡氏が日本との直接対話の意向を明言したのは初めて。日本と台湾の間には外交関係がなく、安全保障に関する対話は現在、民間・学術レベルにとどまっている。蔡氏は「東アジアに位置する台湾と日本は同じ脅威に直面している」と強調し、「安全保障協力の対話のレベルを上げることが非常に重要だ」と日台の当局間対話を呼びかけた。
 蔡氏は「安倍晋三首相は台湾に非常に友好的で、就任以来、(日台関係で)思い切った決定をしてきた。次の段階として安全保障対話を強化する必要がある」と述べ、安倍首相の指導力に期待を表明。台湾や沖縄の周辺を通過して西太平洋に進出する中国の海空軍の動向に関する即時情報の共有についても「非常に重要だ」と意欲を示した上で、「日本側には法律上の障害を克服してほしい」と外交関係の有無を超えた日本側の対応を求めた。対話の内容については「伝統的な軍事面以外にサイバー戦争など新たな脅威についても意見交換したい」と述べた。
 蔡氏は、ネット上の偽情報にも言及。昨年9月に関西国際空港が台風21号の影響で浸水した際、「中国の総領事館がバスを手配し中国人を優先的に救助している」との情報がネット上に拡散し、蔡政権の対応が批判された事案を挙げ、「一つの偽情報が台湾に大きな混乱をもたらした」と指摘した。蔡氏は、中国の「網軍(サイバー部隊)」は昨年11月の台湾統一地方選でも、中国寄りの野党と「協力関係にあった」と述べ、中国の選挙介入に強い警戒感を示した。その上で「台湾が今日直面する課題は、他国も将来、直面する可能性がある」と警鐘を鳴らし、「多くの人々が台湾の経験を参考にしようとしているが、台湾も他の国と協力して網軍の効果を抑制する必要がある」と国際社会での一致した取り組みが必要だと訴えた。


中国に配慮して親日的な台湾に冷淡な態度を取るべきではない。
李登輝元総統は日本の学校を出て親日派だ。
時々日本を訪れるが、左翼メディアは一切無視して報道しない。
李登輝氏を支えていた金美齢氏は日本に帰化して櫻井よしこ氏と共に日本の代表的なオピニオンリーダーだ。

中国の一国二制度は香港を見ても明らかに失敗だ。
香港の二の舞を台湾にさせてはならない。
日本は近隣アジア諸国で唯一の親日国台湾といずれ安保同盟を築くべきだろう。
アメリカも海軍艦艇を派遣し、台湾海峡を通過させて中国の海洋覇権を牽制している。
日米台は安全保障上の協力をして中国、韓国、北朝鮮に備えるべきだろう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:58  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★日本人は自民党をふくめて能天気

中国はどんどん入り込んでますよ。
それは日本がまぬけ丸出しで入り込ませているのが根本的な問題。

森林・水・中国の買占め。
中国は民間とか関係なく結局は独裁共産党が後ろにひかえているというのに日本人は甘くみているのだ。

沖縄、尖閣
あいかわらず中国が狙っているにもかかわらずだ。

で、ダンスもそんないったんだが、
大阪・西成
中華街だよ。

どんどんどんどん
日本は中国
これ政治の責任・政治の怠慢も
あるというものだ。

M |  2019.03.04(Mon) 07:20 |  URL |  【コメント編集】

★【 中国に入れ揚げるな! 】

 余り、安倍総理も財界も経済的に中国に深入りすると、安全保障上の深刻な危機に見舞われてしまうかも知れない!

 大塚家具も、父娘とも会社を乗っ取られるかも知れない。
 中国人による無制限の不動産取得を認めるべきでは無い。
三角四角 |  2019.03.06(Wed) 21:46 |  URL |  【コメント編集】

★【 検証「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」はデマ⑧ 】

【 ファクト・チェック「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」という主張はデマである⑧ 】

『以前、「ネトウヨは辞書を引かない」という記事を書きましたが、今回も辞書で「植民地」の定義を引けば、朝鮮半島が日本の植民地であったことに疑いを挟む余地はないのです。
その統治が善政だろうが悪政だろうが、植民地は植民地。統治内容の評価は別として、「朝鮮は日本の植民地だった」ということは単純な事実であり、それを否定するのは、自分の脳内で「植民地」という言葉を都合よく捻じ曲げているだけの無知な愚説に過ぎません。』

 当時、朝鮮半島の統治が善政だったので、植民地と云う言葉を使う事に違和感は些かも有りませんでした。
 しかし、欧米の苛酷な植民地収奪で、植民地に悪い色が付きました。
 なのに、植民地は欧米を批判する言葉として使われず、日本を批判する言葉としてのみ使われたのです。
 こんな、間尺に合わない事は有りません。
 故に、悪いイメージの着いた植民地と云う言葉で、日本の朝鮮統治を説明するのは、適当では有りせん。
 だから、「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」のです。
 
三角四角 |  2019.03.06(Wed) 21:49 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5220-44737daf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |