FC2ブログ

2019.03.01 (Fri)


米朝首脳会談決裂 各紙社説を読み比べてみた


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

やはり産経新聞がいい

喧嘩両成敗、高みの見物、上から目線が得意の朝日新聞はトランプ大統領の会談失敗と断じている。
その部分を抜粋すると・・・

朝日新聞
米朝首脳会談 実質交渉を仕切り直せ


 ベトナムで開かれた2回目の米朝首脳会談は、事実上決裂して終わった。あれほど楽観していたトランプ大統領の言葉は何だったのか、空しさが漂う。

 国同士の問題の解決は本来、事務方の地道な交渉の積み重ねを要する。それを経ずにいきなり首脳会談に踏み切ったトランプ流の外交を本紙社説は「賭けに近い実験」と評した。

 金氏は核・ミサイル実験については今後も控えると述べたという。だが、国連の専門家による調査では、北朝鮮は開発をひそかに続けているとされる。

 そのうえで対米交渉に強気で臨む金氏は、米国の内政で苦境に立つトランプ氏の足元を見たのかもしれない。そもそも、核を本当に完全放棄する用意があるのか疑念は尽きない。


(足元を見たと言うよりも世間知らずの傲慢な餓鬼大将というべきだろう。
お土産も持たずに最初から「全面的な」経済制裁の停止を求めた金正恩は世間知らずのお馬鹿さんである)


 このまま膠着(こうちゃく)状態が長引けば、結果として、北朝鮮が自称する核保有国としての地位固めにつながりかねない。非核化をめぐる交渉が核軍縮協議になれば、北朝鮮の思うつぼだ。

(朝日新聞が疑問視する経済制裁をより一層強化することだ。国連決議を守らずに北朝鮮を援助する韓国も徹底的に締め上げる)

 会談後の記者会見でトランプ氏は、日本と韓国との連携に触れ、「築いてきた信頼を損ねることはしたくない」と語った。そう考えるのなら、今後は拙速な外交を改め、堅実で周到な朝鮮半島政策を進めてほしい。

(同盟国アメリカの大統領に「拙速な外交」と批判するより、手ぶらで会談に臨んだ金正恩を批判すべきだろう
トランプ大統領が「俺はニューヨークタイムズに勝った」と言い、それに応じて安倍首相が「私は朝日新聞に勝った」と言ったという逸話がある)。

毎日新聞
不首尾の米朝首脳会談 非核化で見えた深い「溝」


大統領再選をめざす同氏がノーベル平和賞を意識して朝鮮戦争(1950~53年)の終結宣言、あるいは南北経済交流を一部認める方向へ踏み出すとの観測もあった。
 こうした「前のめり」の姿勢を察知した北朝鮮は制裁全面解除という強気の要求を突きつけ、裏目に出た格好だ。
トランプ氏が非核化に向けて妥協しなかった点は評価したい。


とトランプ大統領を評価。
かと思うと・・・

「にもかかわらず決裂に近い結果に終わったことは謙虚に反省する必要があるだろう。」

と上げたり下げたり。

「トランプ氏は自らを交渉の達人のようにみなし、過去の米政権の北朝鮮対応を軽んじる言辞も目立った。今回、対北朝鮮交渉の難しさを思い知らされたのではないか。核をめぐる交渉では特に慎重さが求められる。まずはトランプ氏自身が自信過剰の傾向を反省しトップダウン方式を見直す必要があろう。」

とやっぱり落ちはトランプ批判。
そして最後は・・・

内政も難問山積だが、トランプ氏は米朝交渉に引き続き力を入れ、北朝鮮非核化の約束を守ってほしい。

と期待を示した。

読売新聞
米朝首脳会談 完全な非核化へ仕切り直しを


 「米国が拙速な合意を避け、協議継続を決めたのは当然である。交渉戦略を練り上げ、仕切り直しを図らねばならない。」

と安易な妥協をしなかったトランプ大統領を評価する一方・・・

「部分的な非核化と引き換えに、制裁の全面解除を求める金委員長の主張は到底容認できない。」

と金正恩を批判。

「日本は、核・ミサイルと拉致問題の包括的解決に向けて、米国との連携を深めていかなければならない。」

と日米連携の深化を提言。

産経新聞
【主張】米朝合意見送り 最大限圧力の原点に戻れ トランプ氏の退席は妥当だ


「北朝鮮が示した非核化措置は極めて不十分だったということだ。米国が制裁の完全解除要求をのまなかったのは当然である。」

・・・と冒頭から北朝鮮を批判。

「浮き彫りになったのは、微笑を前面に「非核化する」と言いながら、実際には核・弾道ミサイル戦力の保有にこだわり続ける北朝鮮の頑(かたく)なな姿勢である。」

「金委員長は、対北制裁の完全解除を要求した。核・ミサイルの放棄を求め、国際社会が国連安全保障理事会などで積み上げてきたものだ。容易に応じられない。」

 「今回の首脳会談に対する大きな不安の一つは、最小限の措置を小出しにして、米国から最大限の譲歩を引き出そうとする、北朝鮮得意の「サラミ戦術」にトランプ氏が取り込まれることだった。そこに至らなかったのは幸いだ。」

「北朝鮮の時間稼ぎが続けば、トランプ政権の対応が軍事的圧力へと傾斜する可能性もある。金委員長のとるべき道は一つしかない。世界が納得できる非核化措置を示し、速やかに実行することだ。それなしに北朝鮮の未来はない。」


こうして読み比べると、朝日新聞の異様さが分る。
やはり産経新聞が一番妥当と思うのは思い過ごしか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:02  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★【 新聞の傾向(上) 】

『 朝日新聞
 国同士の問題の解決は本来、事務方の地道な交渉の積み重ねを要する。それを経ずにいきなり首脳会談に踏み切ったトランプ流の外交を本紙社説は「賭けに近い実験」と評した。 』

 事務方の地道な交渉の積み重ねが効を奏するのは、価値観・制度が同じ国同士の事だろう。

 アメリカ:自由・民主主義・資本主義・人権重視
 北朝鮮 :専制・独裁主義・社会主義・人権無視

 この様に、価値観・制度が全く掛け離れて居る国同士で、事務方がチマチマ交渉しても意味は無いのである。
 両国のトップ同士が、角突合せ、是だけは譲れないものを確認し合う方が早いのである。
 両者の会談で、大筋が決まったら、細かい事は、事務方の地道な交渉で詰めれば良いのである。

 朝日新聞は、原理原則に拘り過ぎて、考え方が硬直して居る傾向がある。
 もっと、柔軟性を身に着けるべきでしょう。

三角四角 |  2019.03.02(Sat) 15:54 |  URL |  【コメント編集】

★【 新聞の傾向(下) 】

『 毎日新聞
 にもかかわらず決裂に近い結果に終わったことは謙虚に反省する必要があるだろう。」 』

 交渉は纏めなければ成らないと、日本の外務省の様に勘違いして居る!
 不利になっても、交渉を纏めなければ成らないと云うのは大間違いで、不利に成るのなら、決裂も辞さないと云う覚悟が大切である。


『 読売新聞
 日本は、核・ミサイルと拉致問題の包括的解決に向けて、米国との連携を深めていかなければならない。」 』

 問題は無いのであるが、拉致問題を日本独自で解決できず、アメリカに頼らなければならないのは情けない。
 軍事力が無いと半人前国家に落ちぶれてしまうのだ。


『 産経新聞
 金委員長のとるべき道は一つしかない。世界が納得できる非核化措置を示し、速やかに実行することだ。それなしに北朝鮮の未来はない。」 』

 確かに、正論だが、実現可能性は低そうだ、米朝が決裂した場合の日本の備えに付いても言及して欲しかった。
三角四角 |  2019.03.02(Sat) 15:57 |  URL |  【コメント編集】

★【 検証「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」はデマ③ 】

【 ファクト・チェック「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」という主張はデマである③ 】

『 ほとんどの人は、学校で「日本は朝鮮半島を植民地化した」と習ったと思いますが、『マンガ嫌韓流』などのせいなのか、ここ最近「日本は朝鮮を併合して日本の一部にしたのであり、植民地化したのではない」という主張が声高に叫ばれるようになりました。
そして、朝鮮を「植民地」と呼ぶと「左翼」だの「反日」だのの扱いを受けるということが起きています。 』

 「ほとんどの人は、学校で「日本は朝鮮半島を植民地化した」と習ったと思います」

 教育指導要領に「日本は朝鮮半島を植民地化した」と書いてあれば、教師はそう教えるし、生徒はそう云うもんだと思って、記憶して行く。

 私が言いたいのは、教育指導要領が自虐史観や、近隣諸国条項によって歪められているんじゃないかと云う疑問です。
三角四角 |  2019.03.02(Sat) 16:11 |  URL |  【コメント編集】

朝日新聞はかなり知能の低い新聞ではないか。なぜそういうのかと言えば
朝日の記事見れば行間にじみ出ているのは常に特ア持ち上げの雰囲気である。しかもそのことに朝日はお気づきでない様子。
朝日の記事の行き着くところは日本否定、特ア持ち上げで、日本の不利益、シナ朝鮮の利益誘導である。日本を批判することで日本のためになるなど
と勘違いした記事を書く。従軍慰安婦などの捏造記事書いたのも全く大きな
勘違いであった。
そんな態度を続けていれば多くの日本人は朝日の異常さに気づく。そして今はもうかなりの日本人が朝日の異常さに気づいている。そのことに気づいていないのは朝日新聞である。だから相変わらず慰安婦記事書いた時と今も同じ態度である。そう言う意味で朝日は知能の低い新聞と言えよう。日本には不要の新聞である。
K&G |  2019.03.03(Sun) 08:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5216-1b75213f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |