FC2ブログ

2019.03.01 (Fri)


米朝首脳会談決裂 日本のメディアの報道姿勢で分ること


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

金正恩に妥協しなかったトランプ大統領は正解

トランプ大統領はハノイからワシントンに向けて帰国するエアフォースワンから安倍首相に米朝首脳会談について電話で報告した。

安倍首相
「安易な譲歩を行わず、建設的な議論を続け、北朝鮮の具体的な行動を促していくトランプ大統領の決断を日本は全面的に支持する」


産経新聞は26日の社説【主張】で「米朝首脳再会談 政治ショーなら要らない」と題して・・・

「昨年6月の初会談は米朝の緊張緩和をアピールした。だが、「政治ショー」はもはや不要だ。その後、非核化で何ら進展のない事実を直視すべきである。

(中略)

 金氏から納得できる言質を得て停滞を打破する。そうでなければ交渉全体を失敗と認める覚悟がトランプ氏には必要だ。
 北朝鮮は、米国による「相応の措置」を求めている。制裁緩和などの見返りを要求するものだが安易に取引に乗ってはなるまい。


(中略)

 歴代米政権の二の舞いを演じたくないというなら、いまがトランプ氏の正念場だ。対北制裁の厳格履行を中心とする圧力路線を最後まで貫くべきである。」

と主張していたのは正しかった。
トランプ大統領は産経新聞の主張通り北朝鮮に対する圧力路線を譲らなかった。

しかし朝日新聞は米朝首脳会談が何ら成果を生まなかったことを・・・

「米朝首脳会談、合意見送り 準備不足の稚拙なトップ外交」

と揶揄し批判している。

トランプ大統領が金正恩に安易な譲歩をしてもらっては困るという日本人の視点ではない。

TBS「Nスタ」(2019/2/28)

津川卓史(TBS外信部長)
「やっぱりホワイトハウスはちょっと、ちゃんとした、体をなしていない」


とアメリカ批判。

しかし金正恩がトランプ大統領を甘く見ていたというのが真相ではないのか。
トランプ大統領は海千山千のビジネスマンで、お世辞たっぷりで相手を油断させるのは常套手段だ。

津川
「日本は出来れば韓国とも徐々に関係を作って行かないと、なかなか、ちょっと外されたりというような事が起きかねない。
今回は日本政府としてはちょっとホッとしたのではないか」


反日をますます強める文在寅との関係を改善せよと?
日本を貶める常套句、「日本は蚊帳の外」がまた反日メディアに復活しそうである。

20190228001.jpg

しかしトランプ大統領は北朝鮮に対する経済制裁は国連や日本も重要だから止めるわけにはいかないと発言している。
蚊帳の外に追い出されるのは北朝鮮に前のめりの文在寅の韓国の方だろう。

反日メディアはトランプ大統領が帰国すれば女優との不倫口止めを計った弁護士の証言で立往生するだろうと嬉々として報道しているが、金正恩こそ首脳会談に失敗して手ぶらで帰国すれば顔は丸潰れ、国民に対し示しが付かないだろう。

もっとも独裁政権の独裁者だから得意の処刑をほのめかせて批判封じをするだろうが。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:32  |  -北朝鮮  |  TB(1)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

トランプの誉め殺しの罠にはまって真っ青になっているにちがいない。
ベトナムではもう視察も出来ず帰るしか無さそう。やるなあトランプ!
名前非公開 |  2019.03.01(Fri) 06:39 |  URL |  【コメント編集】

★消えて、無くなれ。高級を食む、マスコミの徒。

報ステ・平石アナ「トランプ大統領、言ってみれば手ぶらで、
このハノイから帰っていきました。」

恐らくは、一杯の宿題を課されて帰途に就く、
巨大なゼイ肉のカタマリに関して、何故触れないのか・・・

浮かれて、トランプ大統領を一方的に批判する日本のマスコミに
感じるのは、ただ嫌悪。・・・殆ど見ないけれど。

一方、今日の産経新聞に掲載された、
横田早紀江さんの冷静なコトバに感動を覚える。

  「安倍首相の要請を伝えて下さった。誠意を感じ、有難かった。」
  「変なところで妥協して欲しくなかった。
   北朝鮮の要望に乗らないことは良かった。」

高齢の夫が病床に臥す中、我が子の、可能の限りの、早期の帰国を、
どれほど、どれほど、望んでいる事か・・・
そんな中での、この、あり得ない冷静なコトバ・・・

それに対して、日本マスコミの、上から目線の、賢しら、軽薄、汚濁・・・
自身の汚濁は、マア顧みず、「消えて、無くなれ」と、つい思ってしまう。
山桜花 |  2019.03.01(Fri) 09:45 |  URL |  【コメント編集】

★報道の異常性

我が国の報道は異常だ。ゴロツキ国家の頭目を、委員長閣下と、崇め、どこの高貴な方かと思うような動静を伝える。同盟国の元首、自国の総理を貶める。特にTBSのBS1930には驚いた。馬づらのキャスターの横のコメンテータに朝鮮大学校準教授がいる。番組の見出しは、米朝和解、笑う韓国、取り残される日本だと。今回はトランプの冷静な判断でこいつらの思う通りにはならなかった。ざまあみろといいたい。朝日、毎日、東京も含め商業マスコミにはもう少しスポンサー企業も鉄槌を下すべきではないか。NHKはスクランブル制導入が必要だ。

月光仮面 |  2019.03.01(Fri) 10:54 |  URL |  【コメント編集】

トランプはエアフォースワンで悠々と帰国したけど
黒電話は鈍行列車でこれから北京参り笑
強面キンペーにドヤされるので戦々恐々でしょうw
名前非公開 |  2019.03.01(Fri) 13:24 |  URL |  【コメント編集】

★【 日本にばかり要求するな! 】

『 津川
「日本は出来れば韓国とも徐々に関係を作って行かないと、なかなか、ちょっと外されたりというような事が起きかねない。
 今回は日本政府としてはちょっとホッとしたのではないか」 』

 日韓の関係を崩したのは、韓国の所為であるのに、何故日本の方から、関係を作って行かなければならないのか?

 津川さんと云う方は、筋が分かって居ないと思う。
 筋が違うんだよね!

 また、韓国が一方的に悪いのに、ちょっと外されるからと云って、日本の方から、関係修復に動くのは違うと思う。

 武士は食わねど高楊枝と云うが、痩せ我慢が大事だと思う。

 津川さんは、ちゃんと付いてるものは付いて居るんでしょうか?
三角四角 |  2019.03.01(Fri) 23:40 |  URL |  【コメント編集】

★【 検証「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」はデマ② 】

 【 ファクト・チェック「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」という主張はデマである② 】

『 「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」という主張はデマである 2017年11月20日
“ざっくり言うと
•日本の朝鮮支配を「併合だから植民地じゃない」「統治だから植民地じゃない」と言う人たちがいる。
•辞書の定義を見れば、朝鮮は植民地の定義にぴったり当てはまる。
•大日本帝国政府も朝鮮や台湾を「植民地」と呼んでいた。
•「日本は朝鮮を発展させたから、植民地じゃない」という言い分も間違い。イギリス植民地やフランス植民地も、植民地化以前より教育も経済も人口も発展している。 』

 「辞書の定義」は辞書を作成した人の価値観が表れている。
 私の価値観とは違います。

  「大日本帝国政府も朝鮮や台湾を「植民地」と呼んでいた」
 外に適当な名前がなかったのでしょう。
 また、当時の日本人は、「植民地」に悪いイメージを持って居なかったのでしょう?
 しかし、今は、「植民地」のイメージが汚されて居ますので、台湾は兎も角、朝鮮に「植民地」を使う訳には参りません!
三角四角 |  2019.03.01(Fri) 23:45 |  URL |  【コメント編集】

植民地、慰安婦、徴用工、売春婦、従軍・・・・言葉は正しく使わないと議論が成り立たない。多くのマスメディアは国民を騙そうとしており態と定義を曖昧にして自らに都合の良い使い方をする。キャスターやコメンテータの方々にはそのような疑問・問題意識すら頭の隅に欠片もないようである。自然に口から垂れ流し発言している。即ち、実にアホで、頭の回路が切れている無価値な物体である。
竜胆干城 |  2019.03.02(Sat) 10:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5215-29ddee51

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★米朝会談とトランプの英断  デマ報道に惑わされてはならない

米朝首脳会談、一見失敗に終わったように見えるが、トランプは、制裁解除を求める北朝鮮の主張に対し、安易な妥協をしなかったと評価したい。 安倍首相は、トランプの決断を支持すると一早く表明した。―― 参考情報 ――――――――――安倍首相「トランプ氏の決断を全面支持する」 トランプ氏と電話会談 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-51197.html―...
2019/03/01(金) 18:11:45 | 祖国創生

▲PageTop

 | BLOGTOP |