FC2ブログ

2019.02.08 (Fri)


「正論」3月号は特集「韓国許すまじ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

韓国特集以外にも読みどころ満載

20190208000.jpg

思いあがる韓国について日本はどう対応すべきか。
「Hanada」「WILL」「正論」の言論誌を読み比べると、最後に刊行された「正論」が最新の韓国の恥知らずな外交を取り込んだということからか軍配が上がった。
つまりそれだけ韓国の反日行為が激化したということだ。

日本を仮想敵国とする現実(阿比留瑠比)

韓国が常識外れな国であることを再確認できた。

「韓国人が中国に対して諦めに似た恐怖心」があることも再確認できた。

「韓国は価値観も美意識も共有できぬ隣国」であることも再確認できた。

私が日韓議連を辞めた理由(城内 実)

日韓議連のメンバーを批判するつもりは毛頭ないとしつつも批判。
立憲民主党がこの件に関して沈黙を続けていることも批判。
一方で外務省の担当者として大学入試センターの試験科目に韓国語を新たに導入したことは忸怩たる思いだと反省。
韓国は日本に対する甘えを捨てろとした。

「多くの日本人は今回の件で『韓国の真の姿』に気付きました。我が国が今後、隣国の身勝手な言い分に唯々諾々従うことはもはやないでしょう」

まず日韓議連を解散することだ。

大韓民国を否定する文在寅(久保田るり子)

文在寅は左翼従北史観の持ち主だと切り捨てその事実を彼の言動から具体的に立証。

北朝鮮はかつては「抗日」いまは「統一」で韓国を利用する。
従北の文政権にはこの本質が見抜けない。

見抜けないというより最初から一心同体ということだろう。

3月1日のバカ騒ぎが心配される。

軍人同士の信頼をふみにじった韓国レーダー照射(伊藤俊幸)

いままでの自衛隊と韓国軍の人的交流と友好関係からは理解できない行動だとして、青瓦台からの指示または忖度があったのではないかと推測。

「北朝鮮が一切コメントしないのは、直接韓国に救助を依頼したことは口が裂けても言えない屈辱的なことだったからだろう」

としている。
色々な専門家が指摘しているように救助か逃亡者の確保かのどちらかだろう。

「まさにすべての主張が海軍の活動を全く知らない人間だけが関わって作ったとしか思えない。一番いたたまれなかったのは、韓国海軍参謀総長以下の海軍士官たちだと思う」

おなじ船乗り同士の立場で理解を示している。
青瓦台の文がオバカさんだったということだ。

「いまは日韓でいがみ合っているときではありません。一刻も早く、自衛隊と韓国軍の関係が正常に戻る事を願っています」

国同士が正常化しなければ軍の関係の正常化も不可能だ。
いまのところ正常化する必要は日本側には無い。

韓国にモノ申さず・・・
河野外相と岩屋国防相の不甲斐なさ(島田洋一)


岩屋国防相は拉致議連と対立する日朝議連の幹部。

「発信力もなく、収拾能力もないというのでは、防衛相がいないも同然である」

と厳しい。

河野外相は麻生大臣によれば・・・

「英語はうまいし、それなりの存在感は出来上がっているが、常識に欠ける」

そうな。
島田氏も「口だけで行動が伴わない」「部下の官僚を怒鳴り上げる」「韓国への制裁措置に消極的」と酷評。
河野外相はよくやってるという印象を受けるが、実はそうではないらしい。

これでは韓国との情報戦に勝てない(山岡鉄秀)

慰安婦像問題などで活躍し、国際社会での情報戦の重要性を訴えている山岡鉄秀氏。

「全ての戦争は情報戦から始まる。戦争を避けたければ、情報戦を制する必要がある。情報戦を制するためには『言うべきことを言うべきタイミングで言う』ことが必須なのだが、日本の政治家はそれが理解できず、沈黙したり、もしくは逆効果なことを呟いて情報戦に敗れ、国益を失い続けている。
しかし日本にはもう時間は残されていない。
今覚醒しなければこの国をあるべき形で子孫に残すことができなくなるだろう」


日本は民族性から言っても情報戦が下手だ。
もっと積極的に海外に発信し、日本の立場を国際社会に理解してもらわなければならない。
それにはまず国内の反日勢力を退治する必要がある。

韓国特集と同様、あるいはそれ以上に読みどころ満載は「特集 タブーなき日本防衛論」
憲法改正が喫緊の課題であると同時に日本防衛論が展開。

敬愛する葛西敬之JR東海名誉会長は日米の核シェアリングを主張しているが賛成である。

日米の核シェアリングが東アジアの平和を守る  葛西敬之

「日本は平和憲法のお陰で平和が担保されていると誤解する人が少なくありませんが、戦争に巻き込まれなかった最大の原因はこのパランスドパワーも言ってしまえば米国の核兵器の存在です」

今後、宇宙分野とそれを支えるサイバー分野で日本は日米同盟の深化に寄与すると予言。

「アメリカとの核シェアリングを議論せよ」
「安倍政権の継続が国益に資する」


と断言。
本誌のなかでも必読の一文である。

番外編として・・・

【連載】対中最前線 国境の島からの報告
沖縄県紙が報じない県民投票 "拒否" の理由(仲新城誠)


筆者は言わずと知れた八重山日報の編集長。
沖縄の反日新聞2紙に対抗して発刊された沖縄の真実を伝える新聞である。

安倍首相が埋立地の珊瑚移植は終わっているとNHKで語ったことを琉球新報はフェイクニュースだと大々的に一面トップに載せたが、それは2日遅れであり、翌日の玉城知事のツイッターを読んだからだろうと指摘。

「のっけから『首相が事実を誤認して発言した』と断定する琉球新報の記事は、新聞記者としての私の常識から言うと、報道機関としての一線を越え、言うなら『知事べったり』である。報道というより一種のプロパガンダだ」

ただ、沖縄タイムズは自然保護団体が「現実と違う」と批判したと冷静に書いた。
ちなみに火つけ役となった知事のツイッターはその後削除されたと言う。
事実誤認は玉城知事にあったのだ。
連民投票を拒否した市が政府からの圧力を受けたからというのもフェイクだと解説。
フムフム

沖縄タイムズは6日の1面でも反日学者の木村草太センセの「県民投票不参加は違憲」「法の下の平等反する」という大見出しを躍らせた。
しかし沖縄市の桑江市長が名護市のような住民を分断した住民投票はしたくないとその苦しい心情を述べたことに仲新城氏は心を打たれたと言う。

「県民投票の不参加について全国でも『市民の投票権を奪うことだ』と批判するメディアは多い。しかしそれは問題の矮小化で、核心はそんなことではない。県民投票が基地反対派の政争の具に使われている現状を是認していいのか。市町村には拒否する権利も認められるべきではないのかということだ」

八重山日報ガンバレ!

なお最近、アマゾンはこのような言論誌も2000円以上の「合わせ買い」を要求している。
ただしKindle判でスマホやIPADにダウンロードすれば書架を圧迫することもなく、文字の拡大も出来て安価なのでお勧めしたい。

【目次】
大特集  許すまじ!
緊急寄稿 歴史を否定する愚 韓国に反省を促す  石原慎太郎
毅然として制裁を発動せよ  門田隆将
私が日韓議連を辞めた理由  城内 実
大韓民国を否定する文在寅 連載特別版  久保田るり子
日本を仮想敵国とする現実 連載特別版  阿比留瑠比
軍人同士の信頼をふみにじったレーダー照射  伊藤俊幸
気は確かか? 韓国はアメリカとも決別する  鈴置高史
スクープ 金正恩暗殺未遂事件  西岡 力

なぜ今、百田尚樹の日本国紀なのか こちらも売れ行き好調!「副読本」の共著者が語る  有本 香

作家 竹田恒泰 緊急寄稿 父・恆和の無実を訴える

対談 内閣総理大臣 安倍晋三×バイオリニスト 五嶋龍  司会・ジャーナリスト 櫻井よしこ
「宿命の人」拉致問題と外交を語り合う
対談 櫻井よしこ×五嶋節 天才・五嶋姉弟を育てた母の教育
この母にしてこの子あり 五嶋節さんとの対談を終えて思う  櫻井よしこ

米大統領〝番記者〞が語る NYタイムズも実はトランプ大好き? 「ボイス・オブ・アメリカ」記者 スティーブ・ハーマン

第34回「正論大賞」受賞記念論文
今こそ憲法改正へ歩みを進めよ  西修
「国家論なき憲法学」からの脱却  百地章
第19回「正論新風賞」受賞記念論文
「邪悪な国家」中国と世界、そして日本  楊 海英

特集 タブーなき日本防衛論
自主的防衛と中国シフト大綱の狙い  三浦瑠麗
日本の空母が機能するためには  香田洋二
衆議院安全保障委員長 岸信夫インタビュー 敵基地攻撃能力 米国頼りでいいか
日米の核シェアリングが東アジアの平和を守る  葛西敬之
※新防衛大綱の要旨

特集 IWC脱退
国際機関の〝神話〞崩壊 クジラ愛護の「絶対正義」が暴走している  湯浅博
マイノリティー捕鯨国への弾圧をやめよ  八木信行
商業捕鯨再開へ 外交工作の舞台裏  田北真樹子
反捕鯨 この非科学的なるもの  佐々木正明

ビルマに斃れた御霊のために― 阿含宗開祖・桐山靖雄師の思い  上島嘉郎

神田明神 文化交流館開業イベント
《対談》月刊Hanada編集長 花田紀凱×本誌発行人 有元隆志
Hanada vs 正論 平成ジャーナリズムを論ず


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:40  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★岩屋ってラサール出てるのな。

勉強は、出来たんだろうけど実戦で役に立たない。
こう言うのが国を軟弱にする。
今、自民にこう言った類の人間が、多いんじゃないか?
そう見えるんだけど。
katachi |  2019.02.09(Sat) 02:16 |  URL |  【コメント編集】

★自民党政治家はもっとちゃんと勉強・外交しなさい

国民意識とのギャップ
国民多数は韓国をおかしな付き合いきれない国と思っている。
一部表面的に生きている日本人が韓国の実態を知ろうともしないで韓国旅行ではしゃぐ

そんな国民意識
政府 自民党 防衛大臣
岩屋なんかが

「韓国と仲良くしましょう」なんてバカな失言をしているもんだから
韓国がまたまた図に乗るのだ

外務大臣
河野も同じようなもん

自民党政治家自体が

ちゃんと常識を持って
対韓外交をしないで
どうするのだよ。
M |  2019.02.09(Sat) 08:54 |  URL |  【コメント編集】

★戦争に関して

第二次世界大戦は、最初から最後まで マルクス主義者によって引き起こされた革命戦争。
以下3点が証拠。
国立国会図書館にて見られます。
下2点は第二次世界大戦のモデルとも言えるもので、米国人発案の万歳突撃や特攻隊が出て来ます。

●日支連携の基礎観念/一水社 請求記号 255-741
●東洋平和の鍵 /アルフイド・バルク 請求記号772-6
●米国武官の見たる日米未来戦/フィールヂング・エリオット(ジョージフィールディングエリオット) 請求記号517-724 or 特214-464

以前「戦後が終わる日」でマルクス主義者(社会主義者の宮崎龍介)が戦争を敢行するように指令した「日支連携の基礎観念/一水社」について綴りましたが、「戦後が終わる日 続(sengogaowaruhizoku.blog.fc2.com)」では「東洋平和の鍵」と「米国武官の見たる日米未来戦」について綴っています。
月寺硯 |  2019.02.09(Sat) 22:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5190-770d0b37

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |