FC2ブログ

2019.01.13 (Sun)


TBS「サンモニ」日韓問題で初めて異論


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

目加田説子センセが日韓が冷静に話し合え、
沖縄県民投票は強行すべし
安倍首相のサンゴ撤去は嘘だと


TBS「サンモニ」(2019/1/13)
文大統領「日本は謙虚であるべき」発言に
日本政府は反発


20190113000.jpg

岡本行夫
「韓国の大統領がどういう対応をするかで、韓国国民の国民感情が変わっていく。
90年代最後の金大中大統領の時は日韓関係を良い方向に持って行こうと随分努力されたが、その後の大統領はことごとく国民を日本嫌いにさせる方向に指導してきたような気がする。


20190113001.jpg

日本が一方的に提訴して国際世論を味方に付けるという事しかない

岡本氏のコメントは正論だが、目加田センセが反対した。
TBS「サンモニ」は「伝言ゲーム」だとブログ主はいつも言っているが、初めて続くコメンテーターが反論した。

20190113002.jpg

目加田説子(中央大学教授)
私はまたちょっと違って、これは日本と韓国の間で時間を掛けて解決して行くべき問題だと思っている。
中央日報の社説の中で

『今のこの日韓の対立は誰のための何のための対決なのか』

と書いていた。
私もそう思っていて、北朝鮮の非核化ひとつ取っても、やはり日本と韓国が協力して行くということが何よりも大事な時期に対立している場合なのかなと。
現場で話合って、レーダー照射の場合についても、解決出来た筈なのにと思う。
日本も韓国政府も両方共ちょっと頭を冷やして、冷静になって、出来るだけ両者で話し合って解決して行くことを目指して欲しいと思う」


朝日新聞や毎日新聞の論調と同じだ。

しかし、これまでの文在寅大統領の対応を見て、話し合える相手か?
文はすでに北朝鮮への隷属による統一に舵を切った。
日本は両国の共通の敵という位置づけだ。

第一、「現場で話し合え」というが、日本の哨戒機が「This is Japan Navy」と言って照射の理由を問うたのに対し、韓国の駆逐艦は「英語が下手」だとか「よく聞き取れなかった」と後で弁解しているではないか。
分らなかったら問い返すのが「現場の話合い」というものだ。

大宅映子(評論家)
「(前略)間違って日本の記者を名指ししたとワザワザ大統領の口から言うということ自体が、ワアッと苛立たせる様な不信感をいやが上にも増すような、そういう事が一番根っこにあるような気がする」


大宅オバさんも今度は怒った。

田中秀征(福山大学客員教授)
「いまの大宅さんか言った事に関して大統領の態度は『不謹慎』という感じがした。
記者会に期待していた。ボールは向こうにあるから良いボールを投げ返してもらいたいと細やかに期待した。
基本的に間違いは国と国との条約や協定は当事国の司法権も拘束する。
司法と行政の違いがあるとしたら、それは国内問題だ。
大統領は最高裁の判断を尊重すると言った。
だから日本に尊重しろという話じゃない。
条約はその国も司法権も拘束している。

行政、政府の側で何とか説得して条約に合わせる努力をするのが先決だ。
それをやってない。そういう認識に欠けている、根本的に。
真摯な所が感じないので、本当にガッカリした」


いまさらガッカリするのはおかしい。
文は一地方の裁判所長でしかない反日サヨクの金命洙を引き立てて最高裁長官にしたのだから確信犯である。

松原耕二(BS-TBS「週刊報道LIFE」キャスター編集長)
「これを見ると出口が見えない。日本の記者を当ててしまった部分を除くと、すべてが悪い経済と進まない北朝鮮だけと言っていいぐらいの会見だ。
それだけもう国内的に相当厳しい。
秀征さんが言ったことで、朴槿恵政権は徴用工の判決を遅らせようとしていたのではないかと文在寅さんがいま追求しているが国際問題を考える余裕があまりない。
レーダー照射の問題も韓国の説明には無理があるが、日本側がトップダウンでビデオを出した事も相当反発を強めている
実務者よりも政治家同士がかなり熱くなっている。
出口を見付けるために大局に立って政治家が頭を冷やすしかない」


悪いのは日韓の政治家だというご宣託。
しかし国民は政治家以上に熱くなっているぞ。
ビデオを公開した政府の判断に間違いはない。

沖縄の県民投票の実施は4市が反対した。
民主主義に基づく市議会の採決の結果である。
態度保留も含めると有権者のおよそ3割に達する。

目加田センセがそれを批判した。

目加田説子(中央大学教授)
「この件で昨日、沖縄の弁護士会が声明を発表した。
県民の中で、投票できる県民と出来ない県民が出て来てしまうという事は、法の元の平等の見地からも不合理だと指摘している。
ほんとにその通りだと思う。
県民投票の権利は全県で保証されるべきだと思う」


沖縄の赤い弁護士は市会議員の採決結果を無視しろというのか。
それこそ民主主義に反する行為だ。

目加田
「もうひとつ・・・
首相が珊瑚は移植していると言ったが、その後埋め立てした所は移植していない事が明らかになった。
生放送でないのにNHKの中で編集されることなく、字幕で訂正されることもなくそのまま流した。
自分達の番組の中で、政治家が間違った発言をしたのであれば、検証して裏付けを取るなりして、指摘する責任があると思う。
それをしないと放送の後も安倍さんを守っていると取られかねないので、キチンと検証して報道して欲しいと思う」


この件については⇒「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんが・・・

「オール沖縄こそ珊瑚の敵」と題して毎日新聞琉球新報が問題化しようと企んでいると解説している。

来月のなんら法的根拠をもたない辺野古県民投票で
反基地派を勝たせるためにまたマスゴミお得意のご飯論法で
問題を「作って」きました。

国は沖縄県が許可したものについて移植を完了。
ただし、そのご翁長らオール反日陣営が
サンゴを人質に取れると考えたらしく
移植を認可しないようになったため移植ができていないだけです。


沖縄の弁護士会は県民(国民)の命よりも珊瑚礁の命の方が大切らしい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:39  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

条約を結んでも無視する、約束してもすぐに破るような国と話し合っても無
駄だと言うことが理解できないのが大学の教授だから日本が狂うのも当然
ですね。
弁護士と言う連中は揉め事がないことには仕事にありつけないので、揉め
事を作ることに必死なのでしょう。
おっさん |  2019.01.14(Mon) 06:09 |  URL |  【コメント編集】

★弁護士センセイの頭のコワレぶり・・・

百田氏著『日本国紀』の「サイン本販売」の広告を打った
紀伊国屋書店に対して、弁護士・太田啓子さんは

「この国の民主主義に敢然と喧嘩を売って来た。・・・
ならばこちらもサクッとこの書店を潰しましょう」と
ツイートした由。・・・恐ろしい人。

太田弁護士の願い叶って、書店が潰れる・・・
紀伊国屋書店の従業員の方々、そのご家族・・・
・・・百田氏の本以外の沢山の本・・・
太田さん、何か考えてます・・・

『日本国紀』の「サイン本販売」が、どうして、
民主主義に喧嘩を売ることになるのだろうか・・・

コチラの頭が壊れていないならば、
・・・近頃の山桜花怪しい・・・壊れているかも・・・
アチラの頭が壊れている。

言論に生きているであろう弁護士が
「この書店を潰しましょう」・・・だなんて・・・

民主主義に喧嘩を売っている自身の姿に、完璧に盲目。

目加田センセのコトバから、太田センセイを連想。
山桜花 |  2019.01.14(Mon) 10:37 |  URL |  【コメント編集】

★根本の歴史が、違えば話し合いは無理。

同じ事を繰り返すだけだ。
わざわざ韓と繋がる必要性はない。
レーダー照射で宣戦布告も同然の行為をされ話し合いは無いだろう。
何を話すのだ。
遺憾砲の応酬は、もういい。
韓の歴史が、出鱈目な以上断交以外に道はない。
憎しみを煽る嘘の歴史しか知らないハングルマン。
話し合いは、時間の潰し合いである。
其れより仕事をしてくれ。
katachi |  2019.01.14(Mon) 11:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5161-842ccb75

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |