FC2ブログ

2018.12.06 (Thu)


「Hanada」1月号は韓国への反撃特集


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

特集以外にも読みどころ満載

20181206003.jpg

言論誌「Handa」1月号は「"徴用工"判決を裁く!」総力大特集。
韓国の判決を逆に裁いてやろうという日本人の決意を前面に打ち出している。

その中での一部のキー・センテンスを拾い読みすると・・・

慰安婦問題も徴用工問題も韓国に知恵を付けたのは日本の左翼知識人だということは定説である。

「焚きつけたのは反日日本人」(櫻井よしこ・西岡力対談)

その代表的な反日日本人のリスト「日韓併合100年日韓知識人共同声明のメンバー」は前記事でご紹介した。
廬武鉉大統領は2005年に徹底調査した結果、韓国側に請求する権利はないとした。
その時の秘書官が文在寅であったから、実情はよく知っている筈だと西岡氏。
今回の判決を下した最高裁裁判長は「反米親北の筋金入りの左派」で地方裁判所の所長に過ぎなかったのを文在寅が異例の大抜擢をした。

西岡
「韓国で革命が起きている。韓国は滅びつつある。半島全体が北朝鮮の手に落ち、38度線が対馬海峡にまで下りてくる。我が国にとって最悪の地政学的な危機が襲来する」


朴槿恵大統領憎しのローソク革命が文在寅を大統領にした時からその危惧は予想されていた。

「韓国の知的レベルはこの程度」(室谷克実)

「自分で喧嘩を売っておいて、相手に『互いに知恵を出そう』と一段高いところに入る第三者のような顔をしていう。これが韓国の対日外交の伝統的な戦術だ」

Ponkoも朝日新聞の社説や論説は「当事者の癖に一段高い所から第三者のような書き方だ」再三指摘している。
やっぱり朝日は韓国キャラか。

韓国のゲリラ戦術には充分に注意が必要だ(中略)日本国内の有力者・知識人の一本釣りも狙うだろう。狙われるのは石破茂村上春樹氏らではなかろうか。一度ならず、韓国に尻尾を振ってみせた人々だ」

石破センセは「韓国併合を反省シル」ともう尻尾を振っている。

「韓国を困らせる5つの対抗策」(八幡 和郎)

過去記事で引用させてもらったが・・・

①日本人が半島に残した企業・個人財産への補償を要求
②対北朝鮮経済協力の拒否(統一時も含む)
③在日韓国人三代目以降には特別永住者という扱いをしない(日韓基本条約上は可能)
④歴史教科書における近隣諸国条項を韓国に限って撤回
⑤韓国大衆文化の流入制限(韓国が日本にしているのと同じ程度)


いずれも効果的だと思うが、①は日韓基本条約を日本自らが破るからダメという意見もある。
しかし姿勢だけでも示すべきか。
これ以外にも韓国に対するビザ免除廃止という意見もある。
韓国が北朝鮮並みになって来ているという現状を考えればアリである。
NHKの紅白から韓国のBTSとやらは排除されたようだが、他局では類似の韓国人タレントを出演させている。
成形顔の韓国人が身体をくねらせたり、飛び跳ねているのを見るのはまことに苦々しい限りだ。

百田尚樹X有本香『日本国紀』を語り尽くす(百田尚樹・有本香対談)


本書はウィキペディアの盗用という批判もあるが、つい本書を買って読みたくなる対談。

「移民排除が民主主義の本質だ」(蒟蒻問答 堤 暁・久保紘之 対談)

まずはアメリカの中間選挙を語り、好景気と移民集団「キャラバン」がトランプ勝利の追い風になったと分析。

ABC、NBC、CBCの三大ネットワークが世論を形成してきたが、今やネットの時代だと堤氏。

日本では「朝日は誤報、虚報の連続で、日本最大のフェイク・ニュース・メーカーだ」(堤)

「信頼できるのは安倍」としながらも・・・


「もし安倍に躓きの石があるとすれば、いま持ち出している移民拡大を意図する改正案と、来年秋の消費税増じゃないかと危惧している」


そのほか米中問題など話題満載。

「『移民社会』なんて御免だ」(山際澄夫)


「日本を取り戻すと言って総理大臣になった安倍晋三氏が日本を壊そうとしているとしか思えない移民推進政策は疑問だ。」

いくら労働人口が激減しているからといって安易な移民受け入れは日本を滅ぼすことになる。
日本が壊れるくらいなら、少子化のなかでつつましく生きていくという算段はどうか。
日下公人氏がその昔、そう言っていたような記憶がある。
小さくこじんまりと生きていくか、それとも移民を受け入れて成長し膨張し、行き詰って爆発するのがいいのか。
ヨーロッパなどの移民政策の失敗を見るからに、不安が先立つ。
自分はどうせ早晩この世におさらばするから知ったことではないとは言え、次世代の行く末が気にかかる。


「ましてや、それを「移民政策はとらない」と言い続けてきた安倍首相が率先して提案するとなると、本気かと思えるほどの唐突感がある」

「朝日新聞などは、〈多民社会〉という造語を作って、外国人に頼らなければ、もはやこの国は成り立たない〉と囃したてるが、文化も宗教も違う移民が社会に大きな断絶を生むことは、欧米を見れば明らかだろう。
日本を飛び越して、地球市民などという朝日新聞はそれでいいかもしれないが、古い伝統と文化を持つ日本でそんな社会実験はお断りだ」>


このところ売り出し中のブロガー、藤原かずえ氏が新シリーズ「TV偏向報道メッタ斬り」の連載を開始した。
当ブログも反日テレビ番組のウォッチをしているから期待するところ大だ。
一回目は・・・


『サンデーモーニング』は二時間サスペンス」(藤原かずえ)

「画一的な偏向報道をする報道機関が主流派を形成し、疑うことを知らないナイーブな日本の大衆を操作している。
なぜなら日本のメインストリームメディアの報道には詭弁が横行し、その論調も一部(産経新聞など)を除き、『反政府』という価値観でほぼ一致はしているからです」

「(サンモニは)反政府の論調を持つ司会者とコメンテーターが、番組制作者が用意した説明VTRに込められた主張をスタジオトークで一糸乱れず肯定するという定番のパターンは、情報番組というよりは、むしろ通販番組の要件を具備しています」


心理学用語や論理学用語を駆使して分析する藤原氏の解説が素晴らしい。
かつて柚木道義議員がテレビカメラを意識して振る舞う仕草を分析した記事を読んだことがある。
これからますます「Hanada」を読むのが楽しみになってきた。

(注)262ページの「2013年河野太郎の発言」とあるのは父「河野洋平」の間違いだと思う。

最後に「ペンス副大統領の対中宣戦布告演説 全文一挙掲載」と島田洋一氏の解説も必読。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:24  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★焚きつけたのが、日本人ですか。

だとしたら、その日本人が、韓を亡ぼした事になるね。
歴史的人物になる。
教科書に出さなければいけない。
焚きつけただけで韓が、亡びるなんて笑い話だよ。
アメリカも失敗作を造ったものだ。
katachi |  2018.12.07(Fri) 02:16 |  URL |  【コメント編集】

外国人労働者の導入に力を入れるのは間違い。仕事の自動化に全力を
投入すべきだ。そのために、国として大金を支出すべきだ。自動車の自動
化に成功しただけでも、今の運転手の仕事がなくなるわけだから、その人
たちを他の仕事に回せばよい。
おっさん |  2018.12.07(Fri) 06:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5114-717b12de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |