FC2ブログ

2008.11.30 (Sun)


党首討論で「返り血浴びた」?麻生首相

実りなき党首討論

なんとも盛り上がらない党首討論で失望した。
テレビ中継を観た有権者も失望した人が多かったに違いない。

小沢代表は、二次補正世予算を今国会で提出せよ、早く解散せよの一点張り。

一方、麻生首相は相手の挑発に乗せられまいと失点を恐れて慎重な受け答えに終始し、守勢一方。

結局、党首会談の中味を公開しただけというような内容だった。

やはり、小沢代表は政局を操る寝技的な才能には長けていても、論争で相手を追い詰める才能は欠けているようだ。

選挙をするのかしないのか、二次補正予算はいつ出すのかというような政局がらみの論争ばかりで、国家の根幹に関わる問題すなわち、憲法改正、安全保障、核武装、教育などについてはいっさい俎上にあがらなかった。

また、外国人参政権付与、人権擁護法案、国籍法改正など国の根幹を揺るがす法案をどう考えるのかという論点も無かった。

選挙を控えた有権者が自民党か民主党かを選択するにはこのような争点に絞って討論して欲しいものだ。

「麻生首相の圧勝」(細田幹事長)でもなければ、「小沢代表の勝ち」(鳩山幹事長)でもなく、 「両者とも政局がらみの話に終始した」(穀田共産党国対委員長)というのが正しい。

それから、どうでもいい事だが、鳩山幹事長が小沢氏に軍配を上げて、

「どう見ても小沢の勝ちだ。(麻生首相は)自分が仕掛けた党首討論で、むしろ返り血を浴びたなと

と言うのは間違った言い回しで、麻生首相が「返り血を浴びた」と言う事は小沢代表が麻生首相に斬られたと言う事である。
それを言うなら「返り討ちにあった」であろう。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00144998.html

麻生首相の数々の失言を槍玉に挙げながら、鳩山幹事長も負けず劣らず国語力が不足していて、まことにあきれ果てた政治家たちのレベルである。


もっと実のある党首討論をと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

01:34  |  2008衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/509-f363311a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |