FC2ブログ

2018.09.30 (Sun)


曽野綾子氏「新潮45」の休刊を悼む


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

言論の自由とLGBT

今日の産経新聞の連載コラム「小さな親切大きなお世話」にカトリック教の信者で人生経験が豊富な小説家の曽野綾子氏が言論誌「新潮45」の突然の休刊について語っている。

曽野さんは「新潮45」に連載中の原稿を書いていた最中だったという。
これを知って、「言論への圧力に対する屈服」という側面でしか考えていなかった自分はアッと思った。
新潮社の社長は「苦渋の決断」かどうか知らないが、保守路線を走っていながら、「保守」ならぬ「保身」に走って自分勝手に休刊を宣言したのだ。
寄稿者は従業員ではないが、仕事の途中に突然工場を閉鎖し、従業員を解雇したも同然である。

曽野氏以外にも原稿を書いていた関係者が沢山居た筈である。
社長は原稿料という従業員への報酬をどうするつもりなのか。
編集者に対しても同様であり、済みませんでは済まない問題である。

執筆者の一人でもあった古谷経衡は販売部数激減で経営困難に陥った「新潮45」が「正論」「Handa」「WILL」のネット右翼迎合記事の真似をして失敗したと突き放している。

⇒「『新潮45』休刊の背景~貧すれば鈍する名門雑誌の最期~」
「ヘイト雑誌」「ネトウヨ雑誌」とはほど遠い連載陣

「ネット保守」という言葉を創ったと言われる古谷経衡は「偉大な保守の政治家、翁長雄志氏の愛国心(2018/8/10)」を書き、総裁選前に石破茂氏と対談しているからその脳内構造は知れたものである。
(石破氏は他にもノイホイこと菅野完や左翼紙のインタビューを受けている)

曽野氏は「新潮45」創刊時から立ち会っているが、当時のマスコミは左翼的なポーズを取らないと進歩的ではないという風潮で、産経以外の全国紙に原稿を書かせてもらえなかったという。

今それがネットという新しい媒体でようやく正常な状態に戻りつつある。

「もう少し生きれば1世紀となる」曽野氏は「友人がLGBTでも区別したことは一度もなく『友人』という立場の人間が関わることではない」と結んでいる。

これが平均的な日本人の立ち位置なのである。
LGBTでもない政治家がそれを政治的に利用しようとする姿こそ醜悪である。

2018093000.jpg


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

09:00  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★共産主義者の色使いは、何故かスッキリしない。

共産主義者が、デモで使う様々な色が、生理的に受け付けない汚さを感じる。
全く美しくないのである。
現象的な表れは、共産主義者の心の現れでもある。
結構解らないところで、共産主義者の性質を表している。
katachi |  2018.09.30(Sun) 11:11 |  URL |  【コメント編集】

古谷経衡氏は野田聖子さんともガクトコイン騒動発覚前で総裁選前のSAPIO上で対談して持ち上げるだけ持ち上げて応援、掩護してるんですよね。
氏の発言や行動からは保守らしさは微塵も感じられません。

今は消されてしまいましたが数年前のWIKiには氏が学生中に取り組んでたテーマが部落問題と原発問題だという記述が乗って居ました。
保守派を自称する者が取り組む課題とも思えませんが、彼の発言は非左派系と保守派系にネットウヨとレッテル張りをする特徴から見ても古谷氏が保守派とはとても思えません。
氏の動画を見た事が有りますがにわか仕込み感が強く、たどたどしい保守振り、右派振りに白けさせられたのを覚えて居ます

古谷氏を保守派だとするのは無理が有り過ぎます。
私は彼をズバリ似非保守で小林よしのり的な者だと見てますが。
 
其の彼に新潮45上で反論文を乗せさせるとは編集部にも又、俄臭さを感じろと同時に似非臭さを感じ、炎上狙いの線も感じますね。
一説では元々営業成績の悪い新潮45を廃刊したかったとも言われて居り、其の事で杉田水脈さんが利用されたのでは無いのかと見られて居ります。
シベリア帰り |  2018.09.30(Sun) 12:12 |  URL |  【コメント編集】

★多様な言論は、許しませんよ。

ブログ主様の指摘によって、放ってあった新聞を手に取り、一面に掲載されている曽野さんのエッセーを、切り抜いて読みました。
休刊を知った曽野さんは、丁度『新潮』連載の執筆中だったので、「ほんのちょっとほっとした」と書いています。思わず、笑っちゃいました。
曽野さんは、「私は産経を除く多くの全国紙に、なかなか原稿を書かせてもらえなかった」とも書いています。
これ、朝日などの言論弾圧の貴重な証言でしょう。
近くは、提訴までして言論弾圧をする。
自分の気に入らない言論を退ける、その狭隘な姿勢は、一貫しています。
山桜花 |  2018.09.30(Sun) 15:18 |  URL |  【コメント編集】

★偽善者の群れ

LGBTでもないのに、これをネタに
騒ぐ政治家。一見、理解者のようで、
実はこれを利用しているだけ。
こんな連中に関わっていると、
却って、嫌われるに違いない。
茶どら |  2018.09.30(Sun) 17:54 |  URL |  【コメント編集】

★LGBTについて

僕には医学の知識は全くありませんが、論理的に考えて、
「トランスジェンダーは医学的に見て脳の障害だから、国民の税金を使って性適合手術などの支援をしても構わないが、
レズビアン・ゲイ・バイセクシャルは障害ではなく個人的な性の趣味に過ぎないので、国民の税金を使っての支援はおかしい」
という杉田水脈議員や小川栄太郎氏の主張は正しいと思います。

この問題について考えるポイントは「障害か否か」なんですよね。
障害のある人を税金で支援するのは結構だが、障害の無い人を税金で支援するのはおかしい。それだけです。

もし国民の個人的な趣味を国が税金を使って支援すべきだというなら、個人的に阪神タイガースファンである僕の甲子園球場での「阪神戦の観戦料」もぜひ税金を使って支援して欲しいですね(笑)。そうでなければ不公平です。

LGBへの支援を表明している立憲民主党さんには、LGBTへの権利拡大だけでなく、私けんの「阪神戦の観戦料の税金を使っての支援」を、ぜひ来年の参院選での選挙公約にして欲しいです。
頑張れ、立民!(笑)。
けん |  2018.10.02(Tue) 17:46 |  URL |  【コメント編集】

★政治的な左右の対立構造についての対処法

古谷経衡氏・小林よしのり氏・鈴木邦男氏のような保守だか左翼だかよく分からない人間や、むかし右だったのにすっかり左に来てしまった田原総一郎みたいな人が出てくる原因は、彼らが保守対革新・右対左という「政治的な左右の対立構造」に基づいて政治を考えているからだと思います。

左右の対立構造の中で政治を考える人は、右に絶望したり危険性を感じれば左に行くしか無い。
大切なのは「政治的な左右の対立構造からいかに抜け出すか」なんです。

そのために重要なのは、
「愛国心と博愛主義と民主主義に立脚して、相反する複数の(主に二つの)価値観の間でバランスを取るのを良しとする」という「友愛主義」に基づいて政治を考えることです。
友愛とは、フランス革命の左翼のスローガンである「自由・友愛・平等」の「友愛」ですね。
友愛は相反する複数の価値観を結び付ける接着剤のような役割を果たす概念なんです。この友愛主義を用いて自由主義・平等主義・保守主義を結び付ければ、政治的な左右の対立構造から抜け出せるんですよ。

インテリの皆さん、どなたか是非ご検討を。

けん |  2018.10.02(Tue) 18:16 |  URL |  【コメント編集】

今更「友愛」かよ
使い古された先導手法なんて流行らないぜ?
名前非公開 |  2018.10.05(Fri) 21:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5029-71dda3a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |