FC2ブログ

2018.09.15 (Sat)


総裁選討論で見えた石破氏の限界


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相が共産党に言及したのは問題だと朝日新聞

14日、日本記者クラブ主催の総裁選討論が行われた。
石破氏は安倍首相への批判を込めて問題点を指摘したが、安倍首相に・・・


「問題点を指摘することも大切だが、大切なのは具体的な政策を進めることだ」

と切り返されて万事休す。勝負あった。

たとえば石破氏は・・・

「国民に向けて一人一人誠実な説明なくして、私は憲法改正なんてやっていいと全く思っていない。」

と言ったが、とんでもない大間違い。

「国民に向けて一人一人誠実な説明」など全然必要ない。

何のために選挙をしているのか。
総選挙で選ばれた議員が党是に従って憲法改正をめざす。
試案を出す。
国民投票で是非を問う。

賛成多数なら改正する。多数でなければ改正しない。

以上。

これが民主主義というものだ。

国民一人一人に聞くなどと言うのは悪しき愚衆政治(ポビュリズム)であり、知見のある政治家に任せればいいのだ。

産経新聞の阿比留瑠比論説委員が今日の討論会を正確に報じている。

産経ニュース(2018/9/14)
阿比留瑠比の総裁選討論会観戦記 安倍首相がうっちゃる 石破氏、問題提起すれど解決


(「うっちゃる」は相撲用語で言えば、土俵際に追い詰められた関取が徳俵に踏ん張って相手を「うっちゃる」という印象があるから、ここは「突き倒す」という表現の方が適切か。
それとも捨てるという意味もあるから「うっちゃる」の方が適切か)


【追記】産経新聞(15日)は3面で阿比留氏の記事を取り上げ、見出しは「実績の首相、石破氏の理想論いなす」としていた。
「いなす」は適語である。


安倍晋三首相(自民党総裁)が実務に精通する現職の強みを生かし、石破茂元幹事長をうまくうっちゃったとの印象を受けた。14日の日本記者クラブ主催の総裁選討論会のことである。石破氏は政策面でさまざまな問題提起はしたものの、自ら解決に向けた具体策を示す場面は少なく、物足りなさを覚えた

 「日本をどうして維持していくのか」「財源をどのように見いだしていくか」「どうやってそれをつなげていく仕組みをつくるか」「いかにして地方に雇用と所得を…」

 石破氏は現在の日本が抱えている多くの課題や危機を指摘し、「私がやらなければならないのは、(日本が)今やらねばならないことは何なのかを明確にすることだ」と強調した。
 これに対し、安倍首相は第2次安倍政権発足以降の5年9カ月の実績を数字を挙げて示して、こう主張した。

 「問題点を指摘することも大切だが、(もっと)大切なのは具体的な政策を進めていくことだ

 実際に政権を運営して種々の政策を実行中の安倍首相と、挑戦者である石破氏との立脚点の相違が、ここに表れている。
 また、石破氏が強く訴えたのが、国民に誠実に「説明」する姿勢だった。例えば、安倍首相が秋の臨時国会での自民党案提出を目指す憲法改正については、こう述べた。

 「国民に向けて一人一人誠実な説明なくして、私は憲法改正なんてやっていいと全く思っていない。そういうやり方が、方法論として異なる」

 ただ、誠実に説明するのはいいが、自民党は昭和30年の結党時から「党の使命」として憲法改正を掲げ続けてきたのではないか。何を今さら言っているのかとの感がある。
 石破氏がこの日も指摘したように、安倍首相が提唱した自衛隊を憲法に位置づける改正が実現したとしても、戦力の不保持を定めた9条2項が存在する限り、「自衛のための必要最小限度の実力」とは何かといった抽象的で曖昧な議論は残り続ける。
 その意味では、石破氏の2項削除論は筋が通っており、「(国民の)理解をいただく努力を一生懸命やる」という考えは理解できる。だが、そのために石破氏はこれまで、連立を組む相手であり、2項削除に拒否感を持つ公明党を説得する活動をしてきたのか。
 そしてそれにある程度成功したと言えなければ、単なる理想論にすぎず、一国の首相の座を狙う政治家の言葉としては軽い。


 「政治家は学者でもないし、評論家でもない。正しい論理を述べていればいいということではない」

 安倍首相は、この点についてこう述べ、衆参両院で国会発議に必要な3分の2議席を確保することの必要性を指摘した。首相はそのうえで強調した。

 「与党の中で賛成を得られる条文にしていくという責任が、自民党のリーダーにはあるのではないか」

 安倍首相の現実主義者の側面が際立った討論会だった。(阿比留瑠比)


石破氏は日露首脳会談は失敗だったと安倍首相を批判していた。
しかし、世界の民主主義国では内政では与野党が熱い議論を交わすが、外交に関しては異を唱えずに一本化すると聞いている。
ましてや石破氏は与党である自民党の議員である。
安倍首相の外交が失敗だったと指摘することは外交の相手国を利する売国行為である。

朝日新聞は今日の論戦をどう伝えたか。

朝日新聞(同上)
寸評 森友・加計「審判仰いだ」 安倍氏、にじむ本音


 「やっている感」を演出すれば、都合の悪い問題は国民に忘れ去られる――。自民党総裁選で初めての討論会を通じて、安倍晋三首相のこんな政治手法と狙いが垣間見えました。

(ハナから印象操作で安倍不信説)

(中略)

石破氏は「同じ自民党なので、(安倍氏と)方向性が違うはずはない」と言いました。そうであったとしても、疑惑であれアベノミクスや改憲の行方であれ、「国民が知りたいこと」を首相から引き出せるのはいまや石破氏しかいないのも事実なのです(斎藤太郎)

安倍首相を引きずり落とすために石破氏に期待する朝日新聞。
しかし石破首相になれば安倍首相より簡単に落とせるという計算がそこにはある。

朝日新聞
安倍氏、共産党の改憲反対に言及「状況変えていく必要がある」


 憲法改正で論点となっている自衛隊の位置づけをめぐり、安倍氏が「共産党バッシング」ともとれる言葉を連発した。
 質問者が「安倍さんはそもそも2項の削除論だった。公明党への配慮と現実可能性で変えたなら、(2項の)火だねは残るが目をつぶったということか」と尋ねた。これに対し、安倍氏は「自衛隊が誇りをもって任務をまっとうできる環境をつくることは私の責任」と強調した。
 そのうえで共産党について「彼らは憲法改正に反対することを明確に打ち出している。これは変わらないです。共産党ですから」と切り出し、「自衛隊と地域の人たちの様々な催しがある。でも結構、反対運動をされていて、中止になったものもずいぶんある。そういう状況を変えていく必要がある」と指摘した。9条に自衛隊の存在を明記する必要性を訴えるために共産党にわざわざ言及したことは議論を呼びそうだ


共産党に言及して何が問題か。
共産党とプロ市民が自衛隊の催し物の開催を中止させ、子供との交流を遮断した。
こんな事を許していいのか。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:10  |  2018総裁選  |  TB(1)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★国防をおろそかにする軍事おたく

今石破候補がしゃべっている事は
地方票を取り込みたいということを

目的としたコメントで、
しんしな主義主張ほどのものが
見えてこない。
M |  2018.09.15(Sat) 04:38 |  URL |  【コメント編集】

空虚な話
人相の悪さ
気持ち悪い喋り方
出戻り石破、安倍さんとの格の違い
バカな記者どもの質問
酔人 |  2018.09.15(Sat) 07:10 |  URL |  【コメント編集】

谷口智彦氏の「安倍晋三の真実」を半分ばかり読みました。
総理の激務と人間性の豊かさに、深く感じ入りました。この内外ともに困難な状況下、安倍さんを総理に得たことは、天の恵みと感謝します。
安倍さんが語っている時の、傍らの石破さんのにやついた汚れた顔相は、この人を総理にしてはいけないと、語らずして雄弁に発信していましたよね。
石破さんて、空疎な理屈をこねくり回すだけの人。政治家に最も、縁遠い人。この人に推薦人がいることは、不思議。石破さんの何を見ているの・・・
山桜花 |  2018.09.15(Sat) 08:54 |  URL |  【コメント編集】

主さんの「世界の民主主義国では内政では与野党が熱い議論を交わすが、外交に関しては異を唱えずに一本化すると聞いている。」っていうのは
流石に強引過ぎませんか?
それって要は「上の決めた事に部下はあれこれ文句を言うな」も同然じゃないですか。
そんなともすれば強権的な手法を是とする考えは見識を疑ってしまいます。
例え諸外国がそうだとしても日本はそれらとは異なる方針をとっても問題無いと思います。

それに少なくともこの日露会談は得るものが何も無かった以上失敗ととられても仕方ないのではないでしょうか?
確かに日露会談の躓きがあっても総裁選に影響はないでしょうが懐疑的な気持ちが芽生えたのも事実です。
日々是好日 |  2018.09.15(Sat) 11:56 |  URL |  【コメント編集】

★石破支持

いったいどこが万事休すなのか?
このような国になってしまった現在、石破に建て直してもらうと考えるのがまともな日本人である。
ネトウヨやレイシストなどが押す候補者が良いというはずがない。
第一、デマを飛ばして二回も名誉毀損が成立したような人物が絶賛応援していること自体どういうことか考えるべき。

民主党時代には何でも多数決で決めると非難していたものが安倍自民になるや総選挙で選出された議員が党に従って決めるものだ言い出すのだから呆れたものだ。
因みに米では党是に従って決める仕組みではないことを知っておいた方がいいだろう。
相変わらず |  2018.09.15(Sat) 12:28 |  URL |  【コメント編集】

日露首脳会談が失敗ときめつけるのは、政権与党の議員として 問題だと思う。外交の相手国を利するようなことを言ってほしくない。
総理は多くの人たちの支えを得て 国益を第一に働いている。
拉致問題の解決も安倍政権だけができるものではない。党派を超えて 拉致された人たちを助けてほしい。
討論会を聞いていて 新聞記者の総理とは言わず、あなた呼ばわりにあきれて 安倍総理も大変だなと思ったしだいです。
なずな |  2018.09.15(Sat) 14:11 |  URL |  【コメント編集】

「党派を超えて解決にあたるべき」と言うけど討論会でのあの発言は、今更感アリアリだし、現政権においてギブアップしたも同然って事じゃないですか。
当初は超党派で営んでたのが野党の想像以上にポンコツだったので見限った経緯なのに。
それに今の百害あって一利無しの野党議員に協力を仰ぐ事が本当に取るべき施策なのか?
そして実際そうなった場合、心から賛成出来ます?
日々是好日 |  2018.09.15(Sat) 16:38 |  URL |  【コメント編集】

「相変わらず」という者は ツイッターで何度もアカウント停止になって、また小坪しんや議員ブログで数回IPを晒された挙句叩き出されている「匿名希望MAN(匿名希望MAN2)」とそっくりですね。
「匿名希望MAN」は最近も瀬戸弘幸氏のブログでも嫌がらせ行為をしているみたいです。Ponkoさんも気を付けてください。
  |  2018.09.15(Sat) 18:47 |  URL |  【コメント編集】

★憲法改正して正規の軍事力を持てとロシアは、言っている。

そうでなければ北方領土は、何時までも棚上げ状態だ。
ある意味強い日本で無いと北の熊は、相手にしない。
外交の限界を見せてくれた。
未だ昔ながらの残滓は、残っている。
日本だけ飛びぬけても誰も相手にしない。
韓だって、日本がそうだから何時までもネチネチしている。
日露戦争時代の環境に戻っている事を認識すべきだ。
アメリカの似非ユダヤの本心も日本を叩き潰したいのだ。
似非ユダヤを潰すのは、日本の大和民族しかないとおもっている。
似非ユダヤを倒すことは、世界の解放である。
今度はグローバルで解放となる。
これは日本の役目かも知れない。
katachi |  2018.09.15(Sat) 20:15 |  URL |  【コメント編集】

★「相変らず」は荒らしとの警告

有難うございました。
ponko |  2018.09.15(Sat) 21:22 |  URL |  【コメント編集】

★共感

山桜花さんおしゃる通り!「石破さんのニヤついた、汚れた顔は、この人を総理にしてはいけないと、語らずして雄弁に発信している。
空虚な理屈をこねくり回すだけの人」
一言一句ピッタリビンゴです。 久々に気持ちの良いウフフを密かに楽しみました。
団塊の主婦(同年齢)達は反安倍なので理由を聞くと、「独裁者」との事。 「代わりには誰?」と聞くと答えられない。まっったくもって、WGIPから抜け出て無い彼女達です。
yamannba |  2018.09.15(Sat) 21:37 |  URL |  【コメント編集】

確かに野党の協力をもとめるのは 甘い考えでした。
拉致されてもう40年が過ぎ、被害者、家族の苦しみは言葉に尽くせない。
横田早紀江さんは 拉致された国民を救えない日本は国かと ずっと問い続けている。
歴代首相の中で安倍首相ほど拉致解決に向けて 力を尽くし続けている政治家はいないと 櫻井良子さんも言っている。
記者クラブの討論会の総理の発言でさわいでる人たちがいるが、真意を理解しようとしない。拉致解決の足をひっぱるばかり。
困難な相手だが、なんとか解決のチャンスを逃さず、打開してほしい・・・
なずな |  2018.09.16(Sun) 01:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/5002-a7bb8012

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★自民党総裁選  石破茂はかなり前から読み間違った?

どうやら、石破茂は、自民党総裁選で、再起不可能なレベルで大敗北を喫するような気がしてきた。 「石破氏は安倍首相への批判を込めて問題点を指摘したが、安倍首相に『問題点を指摘することも大切だが、大切なのは具体的な政策を進めることだ』との、強烈な反論を食らったのはその証左と言えよう。―― 参考情報 ――――――――――総裁選討論で見えた石破氏の限界 http://ponko69.blog1...
2018/09/15(土) 12:59:51 | 祖国創生

▲PageTop

 | BLOGTOP |