FC2ブログ

2008.11.21 (Fri)


国籍法改悪は日本の崩壊を招く

国籍法「改正」という名の「改悪」を目指した法案が成立する見通しだ。
このような日本の国の根幹を揺るがすような法律が審議されているというのにマスコミは全くスルーして、麻生首相の失言だの、末期症状だの、厚生省元幹部の殺人事件を連日騒ぎ立てている。
厚生省関係者の殺傷事件も、もとはといえばテレビメディアが年金々々と毎日のように大騒ぎし、後期高齢者医療制度を悪者にしたせいで起こったようなものだ。
その意味でマスメディアは殺人教唆犯である。

恐ろしい事は、与党も野党も選挙の準備で地元入りしている間に、そして誰も法案の及ぼす影響を理解せぬままに成立の運びとなっている事だ。
一部の良識ある議員とネットユーザーが事の重要さを感じて懸命に阻止しようとしている。
もちろん、なかにはこの法案に賛成する売国奴のブロガーも居る。
この法案がたとえ通っても、必ずボロが出る。
私達は手を変え品を変え悪法を廃止すべく全力で阻止しなければならない。


産経ニュース(2008/11/20)
国籍法改正“誰も理解せぬまま”参院も審議入り
「偽装認知」など議論尽くせるのか


 未婚の日本人の父と外国人の母の間に生まれ、出生後に認知された子の日本国籍取得要件から「婚姻」を外す国籍法改正案は20日、参院法務委員会で趣旨説明が行われ、審議入りした。法務委は同日の理事懇談会で、26日に1時間45分の参考人意見聴取、27日に4時間の一般質疑を行った後に委員会で採決することで合意。このため、改正案は28日の参院本会議で成立する見通しとなった。

 衆院法務委がわずか3時間の審議で改正案を採決し批判を受けたことから、参院側は「慎重な対応をしたい」(自民党国対幹部)として倍近い審議時間(5時間45分)を確保した形だ。だが、これで懸念される偽装認知への歯止めをどうするかなど、十分な議論が尽くせるかどうかは疑問だ。
 「この中で、国籍法改正案を全部理解している人は手を挙げてください」
 20日昼の自民党津島派の総会で、戸井田とおる衆院議員はこう呼びかけたが、手を挙げた議員は1人もいなかった。改正案は国会議員も内容をよく把握しないまま、成立へと向かって突き進んでいるようだ。
 改正案は今月4日に閣議決定されたが、国会議員らが問題点や危険性に気付いたのはその後のことだった。無所属の平沼赳夫元経済産業相は19日の「国籍法改正案を検証する会合に賛同する議員の会」で、こんなエピソードを紹介した。
 「現役閣僚から『とんでもない法律が通りそうだから何とかしてくれ』と電話があった。『あなたはそれに閣議でサインしたんだろう』と言ったら、『流れ作業で法案の中身は分からなかった』と話していた」
 自民党では、改正案が衆院を通過した18日の役員連絡会や参院執行部会で問題指摘が相次いだ。執行部会では、国対幹部が「運用で(犯罪に)歯止めをかけていく工夫が必要だ」と述べ、尾辻秀久参院議員会長も「もう一度検討した方がいい」と語ったが、成立の流れを押しとどめるまでには至っていない。
 一方、民主党の改正案を問題視する議員からも「うちの法務部会(部門会議)も、『次の内閣』会合も通っちゃっているんだよな」との嘆息が漏れている。


国籍法改悪に反対の方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:32  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/500-72351499

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |