FC2ブログ

2008.11.21 (Fri)


冷酷だと言われようとも

ふやけたニッポン

不法滞在したフィリピン人夫婦の間に出来たフィリピン国籍の子供が日本在住を求めているニュースが連日取り上げられて同情をかっている。

TBS「ピンポン!」(2008/11/21)

埼玉県の公立中学校に通うフィリピン国籍のカルデロンのり子さん(13歳)が特別理由がある場合に法務大臣が裁量で日本に残ることを認める「在留特別許可」を求めている。
のり子さんは2年前に両親の不法滞在が発覚、一家は今月27日までに国外退去するよう命じられている。
しかし、日本で生まれて日本の学校に通うのり子さんは、フィリピンの言葉も文化も分からないとして、昨日2300人の署名や嘆願書を法務大臣と文部科学大臣あてに提出していた。

森英介法相
「こういった事案はこれ一つにとどまらないので、個別の事案についてはコメントは差し控える」

塩谷立文科相
「今回の問題はすでに最高裁で判決が出ている問題だ。不法な滞在であって、これについては法的に守って頂かねばならない」

ナレーション
「のり子さん一家の国外退去の期限は後六日に迫っています」


のりこさんが利発そうな中学生であるだけに、悲しい思いをさせた両親の無責任さに怒りを覚える。
法を犯した両親は恥じる事も無く子供と該当で署名運動したり、テレビの取材に応じている。
2年前に不法滞在が発覚して、いままで両親は何をしていたのか。
不法滞在を摘発してなお2年も日本への滞在を許した政府はいったい何をしていたのか。
この情報だけで判断すれば、少なくとも13年以上日本に不法滞在していた事になる。
同情的なマスメディアの取り扱いにも腹が立つ。
日本は外国人に対してなんと甘い国なのかと思う。
このうえ参政権付与、国籍法改悪で日本はますます崩壊に向かって進んでいる。

もうひとつは9年前の割り箸事故。
綿飴を食べていて転んで割り箸が口蓋に突き刺さった少年が医者が見落として死亡した。
両親が医療過誤だとして訴訟を起こしたが二審でも医師の無罪判決が出た。
これも親の悲しみは理解するものの、結局は親の監督責任だろう。
自分の責任を感じないで嘆願したり訴訟したりする。それを厳しく批判する世論も無い。
いつから日本はこんなにふやけた日本になったのか。
田母神論文が問うている問題のひとつがここにもあると思う。



ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:36  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/498-d0f8a75d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |