FC2ブログ

2018.08.19 (Sun)


米メディアのトランプ総攻撃に加担するTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本でもいまメディアファシズムが

 アメリカの新聞社が申し合わせて一斉にトランプ大統領批判の社説を書いたことが話題なっている。
これはメディアのトランプ大統領のメディア批判に対する危機感というより、うぬぼれでしかない。
トランプ大統領に「フェイクニュースだ」と批判されて反論するのは自由だが、申し合わせて400社超が一斉に社説を掲げるというのは間違いなくメディアファシズムだ。

TBS「サンモニ」が今日も得々と取り上げて一方的に解説。
しかし、なぜ落選確実と言われた共和党のトランプ候補が民主党のヒラリー・クリントンを破ったのか。
日本ではトランプ氏の当選を言い当てたのは藤井厳喜氏、木村太郎氏他数名しか居なかったという。
トランプ氏は確かに危うい一面もある。
しかし中国や北朝鮮に対して経済制裁を加えるなどやるべきことはやっている。

TBS「サンモニ」(2018/8/19)
全米新聞社がトランプ氏に抗議

関口 宏(司会)
「さあ、そんな中で困った問題・・・」

橋谷能理子
「困った問題です。お伝えします。
問題発言が止まらないトランプ大統領。全米のメディアと全面対決の様相です。
「白人至上主義者」数十人のデモ、広場の反対には人種差別に反対する人達数千人が集結」


数十人の白人至上主義者と数千人の反対デモ隊の衝突の模様?
とても勝負にならないだろうに、使っているのは昨年の乱闘のVTR
これだからフェイクニュースだと言われるのだ。

橋谷
「トランプ大統領の就任から1年7ヶ月、"白人至上主義者" が勢い付いています。
白人至上主義者やネオナチなどの団体数はここ3年でおよそ2割増加。
カリフォルニア州立大学の調査では、就任から1年で全米10大都市に於ける人種差別などに基づく犯罪が12.5%増加しています」


トランプ氏に差別発言をされたというマニゴールドと言うアフリカ系女性の元側近が告発したとか。
ケリー大統領首席補佐官からその仕事ぶりを問題視されていて今年1月退任。

それが今頃になってなぜ告発したかという不思議については当番組は追求しようともしない。
今月14日にこの女性は告発本を出版したというから売名行為だろう。

橋谷
「さらにツイッターでマニゴールド氏を犬呼ばわりし、報じるメディアをフェイクニュース扱いしたのです。
自身の都合の悪いニュースに対し繰り返されるトランプ大統領のフェイク発言に新聞社など全米のメディアが立ち上がりました」


・・・で、例の400紙超(正しくは350紙)の全米メディアが「報道の自由」を訴える社説を掲載した。

橋谷
「これに対しトランプ大統領は『フェイクニュースメディアは野党だ。だが我々は勝っている』と反論し、トランプ大統領とメディアの溝は深まる一方です」


安倍首相はトランプ大統領のように表立って反論こそしないが、「フェイクニュースメディアは野党だ」と思っているに違いない。

橋谷
「メディアは国民の敵だと思う人が29%、そう思わない人が48%}

関口
「これだけ(29%)あること自体が不思議だと思う」

20180819001.jpg

橋谷
「しかし共和党支持者は48%が『そう思う』としている。こうした動きに対して、国連で表現の自由を担当している特別報告者デビット・ケイ氏が『発言は戦略的であると。政権監視などメディアの役割の弱体化を狙ったものだ』と指摘しています」


日本にもやって来て下らないイチャモンをつけて帰っていったあのデビット・ケイか(笑)

朝日新聞を辞めて初代バズフィード編集長になった古田大輔が、いままで権力者はメディアを通じて国民や市民に訴えていたが、インターネットを使うようになった。
だからメディアは権利者からも国民/市民の両方から攻撃されるようになった。
しかし、トランプ発言の70%が間違っていると言われていると解説。

20180819002.jpg

可哀相に、メディアは権力者と国民の両方から叩かれる存在なのか(笑)

権力者の発言をチェックするのがメディアの責任だといつもの決まり文句。

古田
「ただ、メディア側が団結して報道の自由を訴えるようなことは、まだ日本では起こっていません


日本でも起こっている。

20180819003.png

もとも、正しくはこうだが・・・

20180819004.png

関口
「他人事じゃないです。日本でもそういう空気が出てくることは間違いありません」

寺島実郎
「アメリカはリーダーとしての忍耐がブチ切れた。アメリカファーストで自分の国の利害にしか目が行かないくらい自分自身が追い詰められ、トランプ現象が起こっている。長い目で見ればヒットラーという存在もあったけど歴史は必ず条理の側に向かうというのが、長い間、歴史を分析している僕の本音だ。
アメリカもギリギリの所で民主主義を持ちこたえている。
メディアのある種の存在感というか、司法もそうだし、アメリカのデモクラシーを支えているギリギリの仕組みが機能している。アメリカ自身も歯をくいしばっている」


相変わらずの自己陶酔。

大宅映子(評論家)
「私達が思っていたアメリカとは違うものだったと、日々トランプさんの発言で感じさせられている。
あの発言はまるで居酒屋のオッサンだ。


以下、くだらなさ過ぎて省略。

昨年以来続いた反日偏向メディアと野党のモリカケ問題の追及。これは明らかに政権転覆を狙うメディアスクラムである。
「権力をチェックする」と言いながら正しい報道を怠った読売・産経を除くメディアは万死に値する。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:22  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4968-bbad1048

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |