FC2ブログ

2018.08.08 (Wed)


津川雅彦氏の逝去を悼む


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

パヨクメディアに利用される弱者の愚

憂国の士・津川雅彦氏が亡くなられた。
最近、政治討論会でもお見掛けしないと思っていたが、最愛の妻・朝丘雪路さんの後を追っていった。

新聞もテレビも津川氏が愛国の士であったことを伝えようとしない。
産経が・・・

産経新聞(2018/8/8)
【津川雅彦さん死去】
安倍晋三首相「悲しい。総理辞職後、背中を押していただいた」

安倍晋三首相は8日、俳優の津川雅彦さんが亡くなったことについて「突然の訃報にショックを受けている。悲しい。寂しい思いだ」と述べた。そのうえで「(第1次政権で自身が)総理を辞職した後、本当に津川さんには温かく励ましていただき、背中を押し続けていただいた。改めて感謝申し上げたい」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は津川氏について「優れた俳優、監督として才能を発揮してこられた。昭和・平成を代表する映画人だった」と偲んだ。
 一方、菅義偉官房長官も同日の記者会見で「北朝鮮による拉致問題の広報・啓発に関して政府のポスターのモデルを務めていただき、力強いメッセージをいただいた」と述べた。
 津川氏がフランスで開かれた日本文化の紹介イベント「ジャポニスム2018」の実現に携わったことを挙げ、「政府の取り組みに多大に貢献された」と謝意を表した。


人は自分が一番落ち込んでいるときに背中を押してくれた恩は決して忘れない。
パヨクブログは津川雅彦の軍国主義ネトウヨ脳が安倍首相を賛美していたとか下らないことを言っている。

翁長県知事も先程亡くなった。
膵臓ガンが肝臓に移転したとは聞いていたが、次の知事選にもまだやる気満々だったのにあっけない幕切れとなった。
オール沖縄は主柱を失い、県知事選で保守派が勝利し辺野古基地移転もスムーズに動き出すだろうか。

辺野古ではいまだに暴力団まがいの傷害事件が起きている。

産経新聞(同上)
辺野古反対派の押し倒され防衛相職員が大けが
被害届提出 嘉手納署が傷害事件で捜査

沖縄防衛局(沖縄県嘉手納町)は8日、米軍普天間飛行場=宜野湾(ぎのわん)市=の名護市辺野古移設に反対する活動家が職員を押し倒し、全治1カ月の大けがを負わせたとして、沖縄県警嘉手納署に被害届を出した。これを受け、嘉手納署は傷害事件として調べている。
 沖縄防衛局によると、8日午前8時ごろ、50歳代の職員が活動家ともみ合いになり転倒した。職員は救急車で病院に搬送され、右小指靱帯(じんたい)損傷、左肩と左太ももの打撲で全治1カ月と診断された。事件当時、活動家が沖縄防衛局の玄関で座り込みを行っており、職員は通路を確保するため対応に当たっていた。
 活動家らは7日も8時間以上にわたり沖縄防衛局の玄関で座り込みを行っていた。沖縄県が辺野古埋め立て承認を撤回するため9日に予定している防衛省からの聴聞に応じることなどを求める要望書を手渡すため沖縄防衛局を訪れ、60人以上の反対派全員が庁舎内に入ることを拒否されたことに反発した。


「活動家」と言っているが「暴力団」「甘えたテロリスト」言っても過言ではない。
いったん外国に逃げて、また日本に舞い戻ってきた辛淑玉がテロリストと言われたと訴訟中だが、ネットで実情を知っている国民は誰が悪いかよく分かっている。

秋篠宮ご夫妻がアメリカ留学した小室クンにNO!を突き付けた。
ご決断を歓迎したい。

産経新聞(同上)
「納采の儀」困難とのご意向 秋篠宮ご夫妻、小室圭さんに

 秋篠宮ご夫妻が、長女の眞子さまとの婚約が内定している小室圭さん(26)と母親に対し、正式な婚約となる「納采の儀」を行うことが現状では困難であるとの考えを伝えられていたことが8日、関係者へ取材で分かった。結婚の前提として、昨年末から週刊誌で報じられている小室さん側の「金銭トラブル」を解決することが必要と判断されたとみられる。
 眞子さまと小室さんは昨年9月、ご婚約が内定。天皇陛下が2人のご結婚を認める「裁可」をされている。その後、週刊誌が小室さんの母親と元婚約者との間に「金銭トラブル」があると報じたが、秋篠宮家側はこの内容を事前に知らされていなかったという。
 秋篠宮ご夫妻は昨年末から今年にかけ、小室さんと母親から複数回説明を聞かれたが、小室家側はトラブルを一貫して否定している。小室家側には、記者会見などで事実関係を公表するようにも求めたが、果たされていない。ご夫妻はこうした中で「納采の儀」の実施が難しいとの意向を示されたとみられる。
 宮内庁は今年2月、「準備不足」などを理由に、3月予定の「納采の儀」や11月予定の結婚式など一連の儀式を平成32年まで延期すると発表。当時は、週刊誌報道との関連について否定していた。宮内庁関係者によると、眞子さまと小室さんのご結婚の意思は延期後も変わっていない。
 小室さんは米国のロースクールで3年間留学するため、今月7日に渡米した。


まだ正式に婚約もしていない若者にSPがいつも付いているというのは税金の無駄遣いだと腹が立っていた。
皇族の方は由緒正しい人と結ばれるべきであり、その点で小室青年との婚約には反対だった。
母親の所業とか父親の自殺とか決して国民が祝福したい相手ではない。
イギリスの皇室も乱れてきた。日本は十分注意すべきだ。
秋篠宮ご夫妻のご決断を歓迎したい。

ところが、アメリカに行っても小室クンにはSPが付くという。
狂気の沙汰だ。
3年間に費やされる国税が2億5千万とか。
そのうえ、3年間ロースクールで学んだところで、使い物にならないらしい。
国際弁護士を名乗る八代英輝コメンテーターはTBS「ひるおび」で時々いい事を言うが、はっきり無駄だと言って欲しい。

さて、自民党の杉田水脈議員に対して難病患者や身体障害者の団体なるものが抗議した。
ちょっと違うだろう。

東京新聞(同上)
杉田氏寄稿は偏見と差別 難病患者らの団体が抗議

20180808001.png
杉田水脈衆院議員の発言に対し、抗議声明を発表し記者会見する全国自立生活センター協議会の中西正司副代表(前列右から2人目)ら「生きてく会」の呼び掛け人=7日、東京・霞が関の厚労省で

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)が性的少数者(LGBT)に対し「生産性がない」などと表現した寄稿をめぐり、難病患者や身体障害者で結成した「すべての人が差別されることなく安心して生きていく会」(生きてく会)が七日、厚生労働省で記者会見し「出産の可否を行政支援の根拠とするのは偏見と差別だ」などとする抗議声明文を発表した。
 生きてく会は、難病患者や身体障害者団体の役員ら八人が呼び掛け人となり、六日に結成した。三百近い個人や団体が賛同者として加わっている。
 呼び掛け人の一人で、頸椎(けいつい)損傷で電動車いすを利用している全国自立生活センター協議会(東京都八王子市)副代表の中西正司さん(74)は会見で「杉田議員の発言は、相模原施設殺傷事件の被告と同質だ。社会の中の異質な要素を排除しようとする風潮が高まっている」と危機感を示した。
 声明文は、杉田氏の寄稿を「出産しない人は生産性がないから、行政的支援に値しないと断じたもので、出産を巡り思い悩んでいる障害者、特に難病者の心を深く傷つけた」と批判。「国会議員としての適性に疑問があると言わざるを得ない」として、杉田氏には謝罪を、安倍晋三首相には自民党総裁として杉田氏に対する処分を行うよう求めた。今後は、政治家の発言をウオッチし、差別や偏見を認めない活動を展開するという。 (小松田健一)


まったくの筋違いだ。
あなた方は大切にするから静かにしていて欲しい。
下手に政治に巻き込まれてもらいたくない。
マスゴミに安易に利用されたりすると「弱者の恐喝」という言葉が浮かんでしまう。

朝日新聞(2018/8/7)
杉田氏の「生産性ない」に抗議声明 障害者や難病患者ら


反日パヨク新聞のいいネタになっている。
利用されては駄目だ。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:50  |  政治  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

>自民党の杉田水脈議員に対して難病患者や身体障害者の団体なるも
>のが抗議した。

家内が頸椎後縦靭帯骨化症でこのような団体に入ろうとしていました。
大変参考になりました。
私自身は杉田議員の発言を応援したいと思っています。と言うより、自分
自身がそのように考えています。
おっさん |  2018.08.09(Thu) 05:49 |  URL |  【コメント編集】

津川雅彦さんの活動はかねてより応援していました。渡辺昇一さんも亡く
なられ、これからの日本がどうなるか心配です。
おっさん |  2018.08.09(Thu) 05:54 |  URL |  【コメント編集】

★翁長知事急死により「辺野古移転撤回」を争う県知事選など沖縄は慌しくなりそうです……

ガンで入院しながらもあえて知事を辞任せずに代理を任命していた翁長氏でしたが、急死の報道で判明した所では、7月末に入院した後、意識混濁など、急に容態が悪くなって亡くなったそうですね。
ご冥福を祈ります、と申し上げたいのは山々ながら、もう県知事の任期満了まであとわずか(12月まで)だったわけですし、入院の時点で円満退職なり代理を立ててスムーズに知事の職権を移行させておれば、基地に反対であれ賛成であれ、沖縄県もスムーズに県政が進んだろうと思うと残念な最期ではありますね?

翁長氏急死を報じた産経新聞社によると、「共産党や社民党、労組などでつくる『オール沖縄会議』は翁長氏擁立を目指すことを決定していたが、翁長氏は態度を明確にしてこなかった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する勢力の知事選候補はゼロからの選考を余儀なくされることになる」うんぬん、という状況ですが……?https://www.sankei.com/politics/print/180808/plt1808080020-c.html
元々、同氏は7月27日に「辺野古移転」の認可を撤回する、と発表しており、数年来スッタモンダしてきた米軍基地「移転」問題もフリだしに戻る動きとなっておりましたので、ここで知事が急死した、ということで元々あった混乱にさらに拍車をかけることになったと思いますね?

もうふた昔も前になりましたが、米海兵隊基地の「辺野古移転」は、昔、この移転計画が浮上した際のこと、わが国の造船業界などが出していた「メガフロート」プラン(海上に浮遊する人工島に移転する案)があり、わが国の産業界の技術力を活用できる、として大きな期待を集めたプランがありましたね?
しかし、その後はなぜか(笑)「メガフロート」という言葉さえ口にしてはいけないかのような風潮が生まれてしまいましたし、「辺野古」(あるいは別件で反対運動が盛り上がりを見せた「高江」)で「保革(保守政党と左翼系の「革新」政党)対決」をするしかあり得ない、という論調に誘導されてしまって今に至りますが?……

まあ、メガフロート基地、などという新機軸が防衛政策に投入されてしまうと、左翼系の「革新」(?)政党の皆さんは「基地反対」運動で票を集めることが難しくなりますからね?WW
左翼系の方たちこそ、「なるべく米軍基地は地上にお願いします」と言いたい所なのでしょうが?WWW

その後、2003年春になり、多くの反対論を押し切る形でアメリカ(当時はジョージ・W・ブッシュ政権)がイラク侵攻に踏み切ったため、今もイラク(のスンニ派住民が多い中部)は廃墟のまま、とされる惨禍をもたらす結果を招きました……
ブッシュと協調して「侵略戦争」を強引に進めた当時のイギリス・ブレア元首相とわが国の(今では親子で安倍バッシング中の)小泉純一郎・元首相が、ブッシュの「飼い犬」と揶揄されるに至りましたが、最近、病死したジョージ・マイケルの「Shoot The Dog」がブレア首相をそんな風に描いたのがキッカケではありましたね?WW

当時、わが国ではあまり真面目な論議もありませんでしたが、ブッシュ政権が侵攻の理由としていたイラクの「大量破壊兵器」は存在しませんでした。
つまり、2003年「イラク戦争」は、かつてニュルンベルク裁判の打ち立てた戦後の国際法に照らして、あくまで「侵略戦争」であり「戦争犯罪」であったわけです……
イラク侵攻では、イラク軍側が都市ゲリラ戦術でアメリカ軍その他の駐留軍を徹底的に痛めつける作戦をとりますが、実はそれもイラク側が長年、準備していたものであったと分かりました。

こうしてアメリカ軍がイラクで多大の損失をこうむった結果、「イラク撤退」と打ち出して当選したオバマの政権の後、オバマの「ドローン戦争」なるものを除けば、アメリカ軍もイラクから「撤退」して尻尾を巻いて逃げる結果となっております……
この「イラク侵略」を転換点として、アメリカの世界戦略は「世界のポリスマン」政策から後退しておりますが、まあ今後もアメリカが「世界のポリスマン」に復帰することは二度とないでしょうね?WWWW

つまり、尖閣諸島に中国軍が上陸した場合も含め、アメリカ軍は世界各地の紛争に駆けつけるわけではない、というのが今の時代の事実関係なのですが?
これは、「辺野古」や「高江」や沖縄県民に限らず、わが国の一般国民は良く覚えておくべきだろうと思いますね?

辺野古と高江はわが国の防衛政策で「絶対、譲れない基地だ」などと考えているのは愚の骨頂で、地上基地にこだわるよりわが国は「メガフロート」プランを再検討するなりするべき時だし、ただちに「航空母艦(空母)の建造・運用」政策くらいは内閣から出て来てほしいものだと僕は思いますね?
わが国の防衛、とりわけ尖閣諸島のように10年来、中国とにらみ合いが続く防衛問題では、わが国は自国の「軍」の完全な復権を優先させるべき時であり、アメリカ軍を当てにしている時代ではない、といい加減ここら辺りで一般国民も悟るべき時ですね?

「メガフロート」プランは、沖縄県に地上基地を集中させることの「リスク」(まあ中国から見れば「ターゲットが集中しているので狙いやすい」のですがWW)を回避することも可能でしたが、ふた昔前のわが国ではそんな「リスク」すら理解されなかったようです……
「メガフロート」プランは、わが国の造船業界の「国益」も守れる「安全保障」政策ですし、空母艦隊の建造ともども、今のわが国には必須な時代でしょう?

今春、内閣も自民党議員もひと言も「空母」などと発言していないにもかかわらず、日本共産党トップの志位議員は「空母の建造などもってのほかだ!」と公式発言で息巻いておられましたが?……WW
これはつまり、空母艦隊(やメガフロート基地)はわが国の安全保障を強化する、と旧「コミンテルン工作員」(?)でもある志位氏が「お墨付き」を与えた、ということでもありましたけどね?WWWW

まあ、今の日本経済の状態はまだまだ「好景気」と言うほどの「活況」ではありませんし(天才エコノミストのケインズが考えた「完全雇用」状態を享受する「自由主義経済」を前提とするならば、ですが)、わが国もこの秋口に「補正予算」7兆円くらいの有効需要を作り出す政策は必要でしょう?
7兆円くらい、というのは今春、高橋洋一教授がツイッターその他で語っていた数値でしたが、日銀も金利引き上げを言い出したり財務省も消費税引き上げを言い出したりしている今、安倍内閣はもっと経済を「活況」に導くべき時でしょうね?

それと合わせて、空母艦隊の建造・運用を早期に実現できるよう、安倍内閣は「補正予算」で何らかの政策提案を速やかにしてほしいものだと僕は思いますね。
そして、財務官僚の「専制国家」(?)を終焉させるべく、来年秋の(消費税の)増税は、景気失速のためのトリックであるからこれを中止、と発表してほしいものですが?WW

今夏の西日本豪雨災害では、自衛隊「災害派遣」も少しは進化したそうで、いわゆる「ヘリ空母」が民間会社のタンクローリーなどを積んだ状態で被災地近くに送られたそうで、「護衛艦」の本来的な有効利用が少しスタートしたらしくホッとさせられました。
「災害派遣」の自衛隊が、陸路をえっちらおっちらと(タイヤをすり減らして)被災地に向かうようでは(鳩山由紀夫・元首相の一家のようにタイヤメーカーの株主なら莫大な利益が上がりますが)、時間も燃料・タイヤもムダだし、隊員に無用の疲労・負担を負わせるだけでしょう?

現地入りした自衛隊員は、顔を洗う水もなく、泥水をすくって洗顔している写真がネットで人気になったりしましたがね?
かつて、「イラク派遣」された陸上自衛隊の主任務には「給水任務」がありましたが、イラクでも利用したモバイルの浄水機・車両はいまだに不足(ここでも「ハードウェア不足」)しているということであり、言語道断!と言うしかありませんが、そんな写真を「美談」だと賛美する「ネトウヨ」的な俗論には寒気がしますね?WW

この辺りも、まだまだわが国は防衛「投資」の不足が明らかになっているわけですね?
そんな現実を考えれば、「アベノミクス第二の矢・200兆円インフラ投資」とやらを今、先取りしてしまうべき時でしょうし、インフラのみならず防衛にキチンと「投資」してほしいものだと改めて思います。

津川雅彦さんの急逝には驚きましたが、まさに「妻の後を追う」とはこのことでしょう?
かつて東条英機首相を演じた津川さんは、かつて子供を誘拐された事件でバッシングをした「東京新聞」(笑)の編集長の姿勢を見ていて、それ以後、メディア「不信」となり、終生その姿勢を続けたとされますが、昨今の「東京新聞」の反アベ主義の報道姿勢といい、皮肉な巡りあわせですね?WW

4年ほど前に、わが国の「映画産業」の左傾化(?)につき、津川さんが雑誌に語った話が面白かったと思うのですが、この場でちょっとご紹介しておきたく思いました。https://www.news-postseven.com/archives/20140108_234597.html
「それがまあ、ひとつはテレビによって日本映画はだめになった。もうひとつは左翼思想。いっとき、左翼にあらずば映画人にあらずの風潮が吹き荒れた。左翼思想は別に悪くないが、反資本になる。私もマキノ雅彦を名乗って、いくつか監督をやった。叔父である雅弘にマキノを名乗るには条件がひとつあると言われました。自分でカネを出すな。自分でカネを出すと、客を喜ばそうとせずわがままになる。俺が損すりゃいいんだろうと自分の喜ぶ作品をつくる。それはダメだ。金主にカネを出させる。そして必ず儲けさせる。これがマキノの鉄則ですね。ところが左翼は、資本家を儲けさせたらだめだという。」……

映画は、あくまで芸能・娯楽であり芸術ですからね?
それを「何でもかんでも政治化しろ!」とハッパをかけると、こうして津川さんが批判せざるを得なかったような「反・資本家」の「プロパガンダ作品」にしかならないものです……。

三谷幸喜の監督した「ザ・有頂天ホテル」の津川さんも味がありましたが、今ではかなり昔になりましたが、同じく三谷氏が脚本家だった2000年のフジTVのドラマ「合言葉は勇気」で演じた「悪徳弁護士」も良かったなあ……
また一人、楽しい芸能人がこの世を去りましたが、後進の方たちが津川さんの後に続いてくれることを僕も願いたいと思います。
赤色革命おことわり(笑) |  2018.08.09(Thu) 12:23 |  URL |  【コメント編集】

 芸能界、特に映画や舞台関係者のほとんどが左翼系で占められている中でテレビ業界の意向に沿わぬ正論を述べる珍しい国士がまた一人旅立たれた。

 芸能界にも口には出さないけれど左翼を嫌っている芸能人は居ると思うけれど、テレビや映画、舞台で生きていこうと思えば口をつむぐ知恵を持たなければならないのは素人の私でも理解できる。

 昔に比べれば、それでもテレビ界の意向に沿わない出演者が少しずつではあるが散見されるようになってきたのは、それだけ一般世論も新聞テレビのフェイクニュースに気づき始めたのかもしれないと少しだけの希望を持っている。

 本当に賢い芸能人は、テレビなどに出て、政治の話を浅知恵で喋ったりはしないものだ。
 政治の流れは予期せぬ方に走る不安定なものだから、芸に生きる人が安易に評論するのは危険である。

 何はともあれ、惜しい人を亡くしてしまった。
 雪路さんと一緒に安らかにお眠りください、本当にお疲れ様でした。
 謹んで哀悼の意をささげます、合掌。
tbsasahinhk |  2018.08.09(Thu) 14:27 |  URL |  【コメント編集】

★FBで一部使用させていただきました。

こんにちは!
拝読させていただきました。
身障者、難病患者の団体の杉田水脈議員に対する
抗議行動に対して、完全なる場違いで見当違いである事、
政治に巻き込まれて欲しくないというお気持ちが果たして
彼の人たちに通じれば良いんですが。
そこで、一説をFBにて拝借させていただきました。
多少の啓蒙になればと思います。
岡 義雄 |  2018.08.09(Thu) 14:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4951-85f9ebe2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |