FC2ブログ

2018.07.31 (Tue)


参院竹下派の石破支持に期待するメディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍総理では参院選に勝てないと

 9月の自民党総裁選はどうやら安倍総理と石破候補の戦いになりそうだ。
石破は今のところ盛んにジャブを繰り出して、自民党の安倍擁護派を牽制している。
反アベの反日メディアもしきりに石破の言動をアピールして安倍三選を阻もうとしている。

2001年の自民党総裁選で小泉純一郎が意外にも橋本龍太郎に勝ったのは、田中真紀子の応援があったからだとして、今回も純一郎の息子の進次郎が石破の応援に回れば大逆転するのではないかと希望的な観測をしている。

TBS「Nスタ」(2018/7/31)
総裁選 ポイントは地方票


与良正男(毎日新聞専門編集委員)が「来年の参院選を安倍首相で勝てるのかという危機感の表れだ」と解説していた。

与良正男
「このまま安倍一強でいいのかどうかという事も含めて、これは僕もいろんな幹部に直に聞いている話だが、安倍さんの自民党の支持は底固いけど、地方でほんとに人気があるかどうか自信がないねと。まあいろんな要因があるけど。そのギャップを物凄く心配している人が居ると。ただしこれ迄いろんな選挙で大勝して来た人をここで降ろすわけにはいかない。そういうジレンマ。
来年の参院選を考えると、ここでイメージチェンジした方がいいかも知れないなと思ってる議員は選挙を控えた参議院議員の中にいる。だから竹下派の参院議員が石破さんを支持した。度胸の要ることだがそういう危機感の表れでもある」


安倍総理から石破総理にイメージチェンジ!?
自民党は大敗すること間違いなしである。
どうして政治評論家はこのように国内の政局だけしか見ないのか。
日本というコップの中の嵐しか見ないのか。
石破総理が国際会議で演説したり外国の要人と会談している姿を想像して欲しい。

女性レポーター
「杉田水脈議員が「LGBTは子供をつくらない、つまり生産性が無い」と新潮45に寄稿して物議を醸した。それに対し、石破氏は『そんな心ないことを自民党は許してはならならない』『あんな話は全然論外です。考え方が全く間違っています』と批判を続ける姿勢を示している。また立候補を断念した岸田氏を『人事で徹底的に干しあげろ」というような自民党であって欲しくないと言っている」


メディア、野党、言論界、芸能界のパクヨ達が安倍一強を倒す絶好のチャンスだと杉田議員に集中的なリンチを加えているというのが実情だ。
石破はそれに乗っかろうとしているだけである。
岸田は脅されて降りたとも言っている。
自分が総理になるためには自民党をなんでもかんでも貶めたいという姿勢では総理になれないし、またその資格もない。

与良
「ここで石破さんを応援すれば人事で冷遇されるというのが先に立つのだと思う。
杉田発言も自民党はどういう政党かと考えるためにも真剣に議論しなくちゃいけないと思う」


杉田水脈議員は自民党の真正保守の姿である。
「真剣に議論」する必要どなさらさら無い。

テレ朝「報ステ」(同上)
参院選 竹下派は石破氏支持へ
二階氏 "安倍再選 疑いない"

後藤謙次(ジャーナリスト)
「竹下亘のお兄さんの青木幹夫は参議院のドンと言われたが、来年の参院選はこのままでは自民党は勝てないと言っている。もう一つは竹下派の名門派閥を復興させるという野望がある。
数の上では圧倒的に安倍さんが有利だが、質的な変換が行われてくるのではないか」


与良も後藤も「自民党は来年の参院選に勝てない」と言っているソースは青木周辺か。

二階幹事長は韓国で派閥の研修会を開いたが、何もわざわざ韓国まで出掛けて行かなくてもいいではないか。

20180801002_0000.jpg

昨日ご紹介した「嘘の新聞と煽るテレビ」の中で著者の和田政宗参院議員が「有効求人倍数が上がったといっても、日本の総労働人口が減っているから上がって当たり前」と批判した後藤謙次(ジャーナリスト)を・・・

「後藤氏は数字の誤認も含めて、経済が苦手なのでしょうか。であれば、視聴者のためには自身がよくわからない分野についての不用意な発言は控えるべきですし、コメンテーターをお辞めになってはどうでしょうか」(106頁)

・・・  こき下ろしていたが、今夜もアベノミクスを「日本だけが出口戦略が見えない。自ら撒いた種を刈り取れない」と批判していた。
誰が言ったか忘れたが、アベノミクスはまだ完了していないのに「出口戦略と言うのはバカだ」と言っていた。

富川悠太(キャスター)も調子に乗って「世界は出口戦略に向かっているのに日本だけが・・・」とオベンチャラを言っていた。


>



ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ ↓


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  反日政治家  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

大東亜戦争は日本の侵略戦争だと言っている石破が首相になったら日本
はお終いです。あの顔も見たくない。大分以前に、守るべき航空幕僚長を
率先して切り捨てた。最低の人間が国会議員で居られる日本がおかしい。
おっさん |  2018.08.01(Wed) 05:41 |  URL |  【コメント編集】

>大東亜戦争は日本の侵略戦争だと言っている石破が首相になったら日本
はお終いです

全くの侵略戦争と認識している人達は沢山います。その人たちの行動や主張を調べるとその目的は日本の破壊にあることがよく分かります。渡邊昭一氏が石破を総理にしてはダメだと貴重な言葉を残しています。
竜胆干城 |  2018.08.01(Wed) 10:36 |  URL |  【コメント編集】

★反安倍が左翼の願望で有れば、安倍氏が当選すれば日本は、未だ上手く行く。

ただ似非ユダヤ貼りのグローバリズム政策だけは、反対だ。
移民・tpp・特区・水道自由化などは、国民の意思に反する行為である。
安倍氏は、移民に関してアメリカ国会で発言しているだけにどこまで似非ユダヤと繋がっているのか?
戦後からだから中々抜けないだろうが。
日本は、自民も左翼野党も結果的には似非ユダヤの手下の存在であり選挙するのもバカらしい気がする。
全て演出。
似非ユダヤの脱却が無ければ日本自立は、難しいのかな。
似非ユダヤが、絡んだ歴史を見れば、安土桃山時代からだから結構歴がる。
日本の先人達は、上手く切り抜けたよ。
katachi |  2018.08.01(Wed) 11:30 |  URL |  【コメント編集】

★日本破壊集団から日本を守ろう。

石破を首相にして日本を駄目にしたい意思を持つ人物または集団が日本には潜んでいる。日本人だけとは限らない。目に見えない敵である。目には見えないが確かにいると想定して日本を守らねば日本は守れない。
NHKもだんだんひどくなってきた。8月の恒例終戦記念日とかでいろいろ、日本軍のやったこととかそれに関するドラマなど流し、日本は悪いことしたんだよと情薄洗脳の番組をつぎ次ぎ流す。日本放送協会とかの名称をやめよ。そんな名称使ってほしくない。Nの一本棒を動かしてKHKにしろ、そのほうが語呂もよいし内容もぴったりだ。Kとはもちろん皆が承知の国だ。かわりに真の日本国営放送局で公務員が担当すればよい。KHKは日本には要らない。
*** |  2018.08.01(Wed) 11:48 |  URL |  【コメント編集】

★石破氏ら「反アベ」勢力が増殖した場合、恐らく来年には不動産価格の暴落も起きるでしょうね

今年の「総裁選挙」さえまだ実施していない内から、「来年の参院選」を口実にするのは、自民党も変わった「政党」になったものです……。
来年のことは来年、議論したらどうか?、今年は先に憲法改正、「9条」の処理問題、という大事な「政治」を考えたらどうか?と思われてなりませんが、まあ古いタイプの「自民党政治家」が参院には多いのかも知れませんね?

わが国では来年の話をするのはタブーですが、まあ来秋には例の「消費税」の引き上げ・値上げ(今の8から10%へ)を断行することが先日、「閣議決定」の形で決定されてしまっておりますね。
これは、明らかに財務省が首相秘書官として送り込んだ役人が推進した「断行」でしょうが、財務省は一種の「倒閣運動」を今も進めている、ということのようですね?WW

今の安倍内閣のように、かつての佐藤栄作内閣が記録した最長不倒距離の「長期政権」を実現しかねない「内閣」がいつまでも存在しては、財務省を頂点として戦後のわが国を我が物顔で支配して来た、自分たち「官僚」の立場が危うくなりますから?……
そこで、来秋には消費税を是が非でも上げさせて、そのいわゆる「増税効果」(増税で不況を引き起こす効果)により、安倍内閣が来秋かその後には「退陣」に追い込まれるよう、今から「時限爆弾」(?)を仕込んだというわけでしょうね?

最近も、「文芸春秋」その他がノンフィクション作家の森功(もりいさお)氏を起用した記事を掲載し続けておりますが、森氏は昨年末『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』を出版して賞を受賞した作家です……
今や、あの「週刊文春」さえもが「反アベ主義」の週刊誌に転向した状況にありますが、彼らは例の「加計疑惑」をあくまで「善玉文科省VS悪玉官邸」というストーリー展開で考えている勢力ですね?
言うまでもありませんが、例の「内閣人事局」がけしからん、という守旧派「官僚」勢力の意向をくんだ「ストーリーテリング」であると言って良いでしょう?WW

同「人事局」が作られた理由は、官僚の横暴を抑制し、あくまで「国民の代表」(「選挙で選ばれた」国会の「議員」、政治家)が行政セクターをコントロール出来るようにする、そのためでした……
しかし、例の「南京大虐殺は事実」説を流布する福田康夫・元首相のように、「政治家は官僚人事をやるな!」と公式発言していたような「プッツン首相」もいたわけですね?WWWW

福田氏のような無責任「首相」がいたのでは、その後、わが国で原発が事故を起こしたのも当然だろうなあ、と改めて思いますね?WW
とはいえ、実は今の時点でさえ「内閣人事局」の官僚「コントロール」は十分なわけではないでしょう?……

何しろ、戦後70年あまり、財務官僚を頂点とするわが国の「官僚」機構は、かつての「軍部」もいなくなりましたので「鬼のいぬ間に生命の洗濯」(?)とばかりにやりたい放題のムダ使いやら無用な公共事業のために国債を印刷する「借金財政」を長年、続けていたわけですから?
とりわけ、予算編成という最高権力を掌握するわが国の「財務官僚」が、「人事局」の言うことをすんなりと聞いて引き下がる、などということはあり得ませんからね?WWW

来年の消費税の引き上げにより、一気に景況感が冷え込むことは火を見るよりも明らかでしょう?
となると、今まだ高値で値上がりを続ける首都圏の不動産価格も、いわゆる「バブル崩壊」がスタートすることとなりますし、株価をはじめとする金融市場も今の2万円余りという株価が一気に下落……と「アベノミクス」も地に落ちることになるでしょうね?……
まだまだ「トリクルダウン」も起きておらず、わずかに失業率が歴史的な低水準(「超・低失業」の経済)になったのに過ぎないにもかかわらず、です……。

参院の自民党では、来夏の参院選の前後にそんな消費税変更をめぐって「反アベ」世論が巻き起こる、と踏んででもいるのでしょう?
確かに、そういう「世論形成」メカニズムが発動される運びになっているように思われますが(森氏と「文芸春秋」社のコラボレーションぶりを考えても)、安倍内閣も財務省が送り込んだ「秘書官」の意向には逆らえませんから、来秋には苦境に立たされそうです……。

まあ、安部首相本人がそんな来年の予想される苦境をどう考えているのか、その点は「文芸春秋」社でもインタビューさえしようとしておりません。WW
なので、「反アベ世論」の形成は、今のまま一方的に続き、進められて行くものと思われますが、まあ「増税効果」(増税で不況を引き起こす効果)は理論的にも分かり切っている効果ですからね?

分かっている「増税効果」を今のまま勃発するに任せているのでなく、消費税の引き上げ・値上げなどやめてしまえば良いわけですが(消費税などなくしても良いですから)、さすがの安倍内閣も財務官僚まではコントロールが効かないわけですね、残念ながら?WW

かりに、安倍内閣が来年秋ころに「退陣」するとなると、佐藤栄作の内閣の記録も抜けませんし、今の状況が続くならば、「改憲」も全く手つかずのままで終わる、と予想されますね?
愛国者はそれでも良いのですか?、と今こそ真の愛国者たちは(官僚らの流す俗論を受け売りするだけの「ネトウヨ」は別として)考え直さねばなりませんね?

少なくとも、石破議員は財務省の官僚らの完全な「あやつり人形」にしかなれない政治家ですからね(文科省の官僚にもあやつられておりましたし)?WWW
もしも今秋、石破氏が自民党総裁(そして首相)になったりすれば、首都圏の不動産市場に見られる「バブル」景気など年内にも「崩壊」するでしょうね?W
そして、わが国は「中国に謝罪すべきだ」とのたまう石破議員は(1927年「南京事件」で中国国民党らしき「便衣兵」のテロで被害を受けたのはわが国なのですが?)、「改憲」論議も自らが冷水を浴びせて、すぐに「中止」を発表するのではないでしょうか?……

そうこうする内、今春、中国「海警」(海保)を中央軍事委の直轄化においた中国軍はといえば、すでに尖閣諸島の周辺に展開している「海警」を操って魚釣島その他に「上陸」を命じるかも知れません……。
まあ、少なくとも中国軍側は、「日本側が憲法を改正して軍を復権させ、艦船や強襲揚陸艦の建造・増強をすませるまで待ってやろう」などとは考えませんからね?WW
当然ながら、中国側は、日本側の海軍力が増強されない今の内に事を起こそう」と考えているわけですし?……

それを考えれば、来年の秋に消費税を上げる、と「閣議決定」させられた安倍内閣は、今ちょっとした窮地の入り口にあるのでしょうね?
悲願であったはずの9条「改憲」さえ出来ず、あまつさえ、まだ少し回復したのに過ぎないわが国の経済・景況も、今からあとわずか1年ほどで「バブル崩壊」に追いやられる……
そして、財務官僚らは庶民が塗炭の苦しみをなめているのをよそ目に、税負担の引き上げに成功したわい!、と再び「わが世の春」をエンジョイするわけですから、まあ「亡国の官僚」とはわが国の官僚(特に財務官僚)のことでしょうね?

ちょうど最近、文科省がらみの汚職事件・接待疑惑がメディアをにぎわせております……
昨日辺りから、この接待疑惑については、歴代の「事務次官もか」と報じられ始めましたので、どうやら今度の「文科省スキャンダル」における「本丸」は、あの前川喜平・元次官のスキャンダルを暴くことにあるようですね?

昨年の突然の辞任の後、急に「反アベ」に転向した前川氏は、今年も野盗(党)の「疑惑追及」キャンペーンで援護射撃を続けておられましたね?
そこに噴出して来た今度の「文科省スキャンダル」が同氏の接待汚職の追及を狙っているとすると、まあ今度の日曜の「サンモニ」辺りでは「これは前川氏に対する首相官邸による国策捜査ではないか?」などなどと議論に花を咲かせるかも知れません。WWW

今はもう、世間も半分、夏休みモードになっており、メディアもネタの「夏枯れ」シーズンだそうですが、前川氏「国策捜査」(?)の動きはその分を補って余りあるかも知れませんね?WW
いずれにしろ、来年の参院選があ~!、と叫ぶよりその前に、自民党の参院議員も石破氏も少しは、庶民の経済状態を改善するためには何をすべきか?、消費税の「増税効果」で経済が破綻するのをどう避けるべきか?、そしてどうしたら改憲を進められるのか?、と真剣な「政治家」らしい議論をしてほしいものだと改めて思いました。
赤色革命おことわり(笑) |  2018.08.01(Wed) 15:50 |  URL |  【コメント編集】

竜胆干城さん

 ご主旨大賛同です。

 私の尊敬する故渡部昇一先生のお名前の漢字が変換間違いだと思われますので、僭越ですが訂正されるようにお願いします。
tbsasahinhk |  2018.08.01(Wed) 23:54 |  URL |  【コメント編集】

★面白かったです。

ありがとうございます。
参考になりました。
山田 |  2018.08.02(Thu) 09:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4944-97eade0d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |