FC2ブログ

2008.11.19 (Wed)


贖罪が足りぬと村田晃嗣センセイ

空疎な村田晃嗣の「正論」

今朝の産経新聞「正論」欄は村田晃嗣(同志社大学教授)が書いている。
題名は「国民は対米追随の発想脱却を」とあるので期待して読んだが、どのように脱却すべきかはいっさい語られていない。

政府や外務省は対米追随主義であり、それを批判するメディアや世論も対米追随だと批判している。そして、アメリカの新政権はイメージ・チェンジしようとしているから日本もイメージ・チェンジせよという。
では、どのようにイメージ・チェンジすべきかというと、

「『過去を反省しない日本』や『謝罪しない日本』というイメージは、明らかに不正確なものである」

筆者は国際会議で欧米人や中国人、韓国人とこの「イメージの歪み」を是正すべく努力してきたという。つまり、「十分に謝罪している」と主張してきたというのである。

「精緻な歴史研究に立脚しつつ、さらに冷静で説得力のある『語り口』も重要ではあるまいか」

早い話が、もっと歴史研究を進めて、日本は謝罪しているのだと冷静に説得せよというのだ。
この伏線のあとに「正論」は次のように結論される。

「自分たちの持論だけが『真の近現代史』や『正しい歴史認識』であり、異論を唱える者は『反日的』といった狭量な発想では、論敵はおろか幅広い第三者の支持と理解を獲得することも困難である。日米ともにイメージ戦略を再考する時期に来ていよう」

田母神論文を激しく批判した村田氏は、その「歴史認識」を「狭量な発想」と断定している。
私は村田晃嗣を反日勢力の一人とみているが、異論を唱えるものを「反日的」と断定するのは「狭量な発想」と自己弁護している。

表題からすれば親米保守派に対する批判かと勘違いする。
「対米追随の発想を脱却」するということは、日本の真の独立を目指すことであり、東京裁判史観からの脱却を意味する筈である。
このような羊頭狗肉の「正論」、意味不明の「正論」を載せる産経新聞のジャーナリスとしての良識が疑われる。

オバマ政権は「慰安婦問題」で対日非難決議を主導したマイクホンダ議員を教育長官のポストに推す動きがある。
アメリカのこのような左傾化「チェンジ」に日本も対応せねばならぬ。
「話せば分かる」というこのような学者の空疎な論文はまっく無意味である。


国民も対米追随の発想脱却を
http://sankei.jp.msn.com/world/america/081119/amr0811190319000-n1.htm

謝罪外交からの脱却をと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

15:48  |  妄言・暴言・失言集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/494-be5b1d7e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |